オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第3幕
第1幕と同じ森

森はアッティラとエツィオの陣営を分けている

ロマンツァ

【フォレスト】
ここが待ち合わせの場所だ...
ここであの酷い婚礼の
時刻をウルディーノから聞き出すのだ...
この胸に収めておくのだ おお怒りよ...
時がくれば 雷が炸裂するように
襲い掛かってやるぞ

【ウルディーノ】
フォレスト!

【フォレスト】
何だ!

【ウルディーノ】
動き出した
今 祝いの行列が
アッティラの花嫁をテントへと
花嫁を連れて行くぞ

【フォレスト】
おお わが怒りよ!
ウルディーノ 行け!...良く知っているだろう
森の向こうには
武装したローマの軍団がいるのを...
エツィオはお前だけを待っているのだ あの不遜な者どもを
全軍で襲うために
(ウルディーノは去る)
不実な女め!
お前が待ち望んだ日がこれか
見るのだ お前のもとにどうフォレストが戻ってくるかを!
この哀れな男が
オダベッラに与えなかったものがあったか?
ああ、天よ許したまえ
不滅なる御身の花輪までをも
なぜにその邪悪な顔が
御身の清らかさを発しているのだ?...
なぜ天使に等しいのか
心にそんなに悪いものを持っているのに?


三重唱

【エツィオ】
(ローマ軍の宿営地より急いでやってくる)
われらはもはやぐずぐずできぬ?...待っておるのだ
わが戦士たちは合図を...
稲妻のような突撃が
あの邪悪な怪物に襲いかかるのだ

【フォレストとエツィオ】
ただ一人の 一人の蛮族も
故郷に戻ることはできないのだ

【合唱】
(舞台裏から)
拍手でお入りなさい おお乙女よ
このテントはお前に開かれている
入って そして光輝に包まれるのです
歓喜なさっておられる王様の
あなたの白いお顔は美しい
まるで朝の光のよう...
優しい息吹にも似ています
太陽が沈んで行く時の

【フォレスト】
聞こえるか?...仲人の歌だ!...

【エツィオ】
葬送の歌に変わるだろう

【フォレスト】
ああ 邪悪な女め!

【エツィオ】
耐えろ
高貴な企てがそうすることを求めているのだ

【フォレスト】
オダベッラが野蛮人の花嫁!...
彼女の望み通りになったのだな!...

【エツィオ】
お前の嫉妬の逆上を
もう少しだけ抑えてくれ

【フォレスト】
地獄のすべての悪魔が
私の頭と心を掻き乱すのだ

オダベッラは怖がって、蛮族のキャンプから逃げてくる


【オダベッラ】
(アッティラのキャンプから)
やめて いいえ やめて...ああ 離して
父の怒りの影が...
分かってくださいますか?...私は新婚のベッドから逃げ出す...
ええ...そう...復讐よ...

【フォレスト】
もう手遅れだ アッティラの花嫁よ
後悔してもう遅いぞ

【エツィオ】
合図を...合図を... 急ぐのだ
さもないと見つかってしまうではないか

【オダベッラ】
あなたがここに フォレスト?... 聞いてちょうだい
私の苦しみにお慈悲を

【フォレスト】
もう遅い

【オダベッラ】
あなただけを あなただけをこの魂は
愛しています 巨大な愛で
私を信じて、私の心は純潔です
私はずっと貞淑だったわ

【フォレスト】
私はあまりに騙され過ぎたのだ
あなたの偽りの言葉に!
この上まだ 愛情のことを
私に話しかけるのか 残酷なひとよ?

【エツィオ】
今は嘆きの時ではない
嫉妬心を燃やす時ではない
事を急ぐのだ
天がほほ笑んでくれてる間に

アッティラ登場

フィナーレ

【アッティラ】
(オダベッラへ)
飛び出すでない わしの後について来い
なぜお前を愛している者のもとから逃げるのだ?...
わしは一体何を見ておるのだ?...ここに邪悪な者共めらが
貴様ら 新たな陰謀を巡らしに来たのか?
(そっとオダベッラへ)
邪悪な女め かつての奴隷が
今はわが花嫁だというに
(フォレストに)
悪党め 貴様の命を助けてやったのだぞ
(エツィオに)
ローマ人よ ローマも救ってやったのに
わしに対して今さらの陰謀か?...
邪悪な奴め...貴様に血なまぐさい
王の復讐が来るぞ

【オダベッラ】
テントの中 お前のベッドのそばで
脅かしているのよ 今 血まみれとなって
わが父の巨大な影が...
お前に殺されて倒れた父の!

【アッティラ】
邪悪な女め!

【フォレスト】
そんな下らない恩を自慢しているのか?
貴様は私から祖国と恋人を奪ったのだ
わが悲しみの人生の淵へと
残酷な男め 私を突き落としたのだぞ!

【エツィオ】
ローマは救われた!.. だが世界中からの嘲笑は
貴様に対する崇高な復讐を誓わせたのではないか?
まだ果たせぬ復讐を待ち望む血のことを
覚えていないのか? 恐れよ 王よ

【オダベッラ】
この抱擁は呪われているわ
私を王の花嫁にしようとする
(王冠を遠くへと放り投げる)

【フォレスト】
おお暴君め...死によってのみ
貴様に対するこの憎悪を鎮めることができるのだ

【エツィオ】
限度を越えたお前の罪のために
天の怒りがお前の上に落ちるのだ


急襲の騒音が突如舞台裏から聞こえてくる
アッティラの宿営地へと

【合唱】
(舞台裏から)
死だ...死だ...復讐だ!...

【アッティラ】
何の音だ?

【エツィオとフォレスト】
貴様の死を告げる音だ

ローマの兵士たちが舞台に突入してくる

【アッティラ】
裏切り者!

【エツィオとフォレスト】
運命は決まった...

フォレストはアッティラを刺そうと進むがオダベッラに邪魔される

【オダベッラ】
(アッティラを突き刺して)
父上! ああ父上 あなたへの生贄を
(フォレストに抱きつく)

【アッティラ】
(死にかけつつ)
そしてお前もなのか オダベッラ?...
(倒れる)

【全員】
復讐は全うされた
神よ 民よ 王よ!...
ATTO TERZO
Bosco come nell'atto primo

Il quale divide il campo di Attila da quello di Ezio.
È il mattino

Romanza

FORESTO
Qui del convegno è il loco...
Qui dell'orrende nozze
L'ora da Uldino apprenderò...
Nel petto frènati, o sdegno...
A tempo, come scoppiar di tuono,
Proromperò.

ULDINO
Foresto!

FORESTO
Ebben!

ULDINO
Si move
Ora il corteo giulivo,
Che d'Attila alla tenda
Accompagna la sposa.

FORESTO
Oh mio furore!
Uldino, va!... ben sai
Di là della foresta
In armi stanno le romane schiere...
Ezio te attende sol, perchè sull'empio
Piombino tutte.
Uldino parte
Infida!
Il dì che brami è questo:
Vedrai come ritorni a te Foresto!
Che non avrebbe il misero
Per Odabella offerto?
Fino, deh, ciel perdonami,
Fin l'immortal tuo serto.
Perchè sul viso ai perfidi
Diffondi il tuo seren?...
Perchè fai pari agli angeli
Chi sì malvagio ha il sen?


Terzetto

EZIO
viene frettoloso della parte del campo romano
Ce più s'indugia?...attendono
I miei guerrieri il segno...
Promoperan, quai folgori,
tutti sul mostro indegno.

FORESTO ed EZIO
Non un, non un de' barbari
Ai lari tornerà.

CORO
interno
Entra fra i plausi, o vergine,
Schiusa è la tenda a te;
Entra, ed il raggio avvolgati
Dell'esultante re.
Bello è il tuo volto candido,
Qual mattutino albor,...
A dolce spirto è simile
Ora di sol che muor.

FORESTO
Tu l'odi?... è il canto pronubo!...

EZIO
Funereo diverrà.

FORESTO
Ah scellerata!!

EZIO
Frenati.
Lo esige l'alta impresa.

FORESTO
Sposa è Odabella al barbaro!...
A' suoi voler s'è resa!...

EZIO
La tua gelosa smania
Frena per poco ancor.

FORESTO
Tutti d'Averno i demoni
M'agitan mente e cor.

Odabella viene spaventata e fuggente dal campo
barbaro

ODABELLA
dal campo di Attila
Cessa, deh cessa... ah lasciami,
Ombra del padre irata...
Lo vedi?... Io fuggo il talamo...
Sarai... sì... vendicata...

FORESTO
È tardo, o sposa d'Attila,
È tardo il tuo pentir.

EZIO
Il segno... il segno... affrettati,
O ci farem scoprir.

ODABELLA
Tu qui, Foresto?... ascoltami,
Pietà del mio martir.

FORESTO
È tardi.

ODABELLA
Te sol, te sol quest'anima
Ama d'immenso amore,
Credimi, è puro il core,
Sempre ti fui fedel.

FORESTO
Troppo mi seppe illudere
Il tuo mendace detto!!
Ed osi ancor d'affetto
Parlare a me, crudel?

EZIO
Tempo non è di lagrime,
Non di geloso accento;
S'affretti l'alto evento,
Finchè ne arride il ciel.

entro Attila

Finale

ATTILA
ad Odabella
Non involarti, seguimi;
Perchè fuggir chi t'ama?...
Che mai vegg'io?... qui, perfidi,
Veniste a nuova trama?
sottovoce ad Odabella
Tu, rea donna, già schiava,
Or mia sposa;
a Foresto
Tu, fellon, cui la vita ha donata;
ad Ezio
Tu, romano, per Roma salvata,
Congiurate tuttor contro me?...
Scellerati...su voi sanguinosa
Piomberà la vendetta del Re.

ODABELLA
Nella tenda, al tuo letto d'appresso,
Minacciosa e tuttor sanguinante
Di mio padre sta l'ombra gigante...
Trucidato ei cadeva per te!

ATTILA
Rea donna!

FORESTO
Di qual dono beffardo fai vanto?
Tu m'hai patria ed amante rapita;
In abisso d'affanni la vita
Hai, crudele, cangiato per me!

EZIO
Roma hai salva!.., e del mondo lo sdegno,
Che t'impreca superna vendetta?
Ed il sangue che inulto l'aspetta
Non rammenti? Paventane, o re.

ODABELLA
Maledetto sarebbe l'amplesso
Che me sposa rendesse del re.
scaglio lungi da sè la corona

FORESTO
O tiranno.., con morte soltanto
Può frenarsi quest'odio per te.

EZIO
De delitti varcasti già il segno;
L'ira pende del cielo su te.


S'ode internamente il rumore dell'improvviso assalto
al campo d'Attila.

CORO
di dentro
Morte... morte... vendetta!...

ATTILA
Qual suono?

EZIO e FORESTO
Suono è questo che segna tua morte.

I soldati romani entrano precipitosamente in scena.

ATTILA
Traditori!

EZIO e FORESTO
Decisa è la sorte...

Foresto va per trafiggere Attila, ma è prevenuto da Odabella.

ODABELLA
ferrendo Attila
Padre! ah padre, il sagrifico a te.
abbraccia Foresto

ATTILA
morente
E tu pure, Odabella?...
cade

TUTTI
Appien sono vendicati
Dio, popoli e re!!!...


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|