オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





<第3部>
(失われた理性)


<第1場>

(ウォルフェルグの塔の前室に隣接した一階の大広間。装飾を排したテーブルが一つ、古い椅子が一つ、これらが全ての家具である。奥の方には外に続く扉があり、扉の両側に二つの窓がある。窓ガラスは割れているので、塔の廃墟の大部分、そして海に迫り出した塔の側面が見てとれる。今は夜。場面はおぼろげな淡い光で照らされている。空は恐ろしく黒い。稲妻が走り雷鳴がとどろく。風の鋭い音と土砂降りの雨の音が混ざっている。)




【エドガルド】
(エドガルドは陰鬱な考えに沈んだまま、テーブルの近くに座っている。少し経ってから身を動かし、窓の外を見る)

今夜は恐ろしい、
私の運命のようだ!

(雷鳴がとどろく)

そうだ、天よ、雷鳴をとどろかせてくれ・・・
おお嵐よ、怒り狂え・・・錯乱しろ
自然の秩序など、
そして世界など消え去ればいいのだ・・・
だが私は間違わない!聞こえるのだ、駿馬の
地面を蹴る音が近づくのが!・・・止まった!
誰なんだ、嵐の
脅威と怒りの中、
誰が私のもとにやって来るのだ?

<第2場>

【エンリコ】
(巻きついていたマントを投げる)
私だ。

【エドガルド】
なんという厚かましさだ!・・・
アストンか!

【エンリコ】
そうだ。

【エドガルド】
この建物の中に、
あえて私の前に姿を現すとは!

【エンリコ】
(残酷な喜びを表し)
私はお前の災いのためにここにいる。

【エドガルド】
私のために?

【エンリコ】
お前は私の屋敷に来なかったのか?

【エドガルド】
ここでは父上の復讐を果たしていない影が、
未だ息をしている・・・そして震えているようだ!
ここでは全ての空気がお前に死の息吹をもたらす!
地面はお前のために震えている!
恐ろしい境界を越えた時、
激しい動悸を感じたはずだ。
生きながら自らの墓に入るために
降りていく者のように!

【エンリコ】
(残酷な喜びを表し)
ルチアは神聖なる儀式に、
それから新婚の床に連れていかれたのだ。

【エドガルド】
彼は傷を負った心をさらに引き裂く!・・・
おお、何という苦悩!おお、嫉妬よ!
それで?それで?

【エンリコ】
聞くのだ、
私の居間には喜びと、
歓喜の声がとどろいていた。
だが心の周辺ではさらに強く、
復讐が私に話しかけていたのだ!
私は自らを引き寄せた・・・風の中に
常にその声を聞いていたのだ。
四元素が猛威を振るう様は、
私の激情に呼応していた!

【エドガルド】
(誇り高く、しかし苛立ちながら)
私に何を望むのだ?

【エンリコ】
注意して聞くのだ、
冒涜に対して罰をあたえるため、
私たちの復讐のための剣が、
お前の上に吊るされたままだ・・・
誰がお前を絶命させるのかだと?
ああ!駄目だ・・・
誰がお前に血を流させねばならぬのか、お前は知っている!

【エドガルド】
勿論知っている。父上の遺灰に
お前の心を引きちぎってやると誓ったことを。

【エンリコ】
貴様!・・・

【エドガルド】
そうなのだ!

【エンリコ】
貴様!・・・

【エドガルド】
(気高くありながらも、蔑む)
いつなのだ?

【エンリコ】
夜明けの最初の光が上がるとき。

【エドガルド】
どこでだ?

【エンリコ】
レイヴンズウッド家の
氷のような墓の間で

【エドガルド】
行くぞ

【エンリコ】
そこに留まる準備をしておくのだ。

【エドガルド】
そこで・・・お前を虐殺してやる。

【エドガルド、エンリコ】
ああ!太陽よ、素早く昇るように用意してくれ・・・
血の苦悩を与える花冠を身につけてくれ・・・
お前は身の毛もよだつ対立を照らすのだ。
死に至る憎しみと、盲目的な激情の。

【エドガルド】
お前の心を引きちぎってやると誓ったことを。

【エンリコ】
剣がお前の頭上に吊られている。

【エドガルド】
レイヴンズウッド家の墓の間で

【エンリコ】
夜明けに来る。

【エドガルド、エンリコ】
地獄の精霊は私たちの魂を
破滅させるだろう、
復讐を叫びながら・・・

(嵐は最大限に激しくなっている)

雷の咆哮よりも、轟音を発する黒雲よりも、
凄まじく恐ろしいぞ、
私の心の中で燃える憎しみは。

(エンリコは去り、エドガルドは下がる)

<第3場>

(レイヴンズウッド城の回廊、ルチアの結婚を祝うため優雅に照らされている。隣の大部屋からは陽気な舞踏曲が聞こえる。場面の奥の方は、ランメルモール城の小姓や住人たちでいっぱいになっている。騎士や貴婦人たちの多くの集団が到着する)


【コーラス】
大いなる喜びの
叫びが上がるように、
スコットランドの
浜辺から浜辺へ駆けるように、
そして、不誠実な我々の敵に
警告するのだ、
私たちには未だに
星々が微笑んでいると。
私たちを更に恐ろしいものにしてくれる、
高い
恩寵の風が

<第4場>

【ライモンド】
(息も切れ切れに、ふらつきながら進んでくる)
ああ!止めろ・・・止めろ、そんな喜びは・・・

【コーラス】
お前は蒼白だ!・・・

【ライモンド】
ああ!止めろ!

【コーラス】
天よ!何をもたらすのだ?

【ライモンド】
酷い出来事だ!

【コーラス】
お前は私たちを恐怖で凍りつかせる!

【ライモンド】
(皆が彼を囲むよう手で合図をする。そして呼吸を整えた後)
ルチアが彼女の夫と
使用していた部屋から、
呻き声が・・・叫び声がしてきた、
死に瀕した者のような!
私は直ちにその部屋に入った・・・
ああ!恐ろしい惨劇だ!
アルトゥーロが床に横たわり、
言葉も発せず、
冷たい血にまみれていたのだ!・・・
ルチアは剣を握り締めていた、
故人のものだったそれを!・・・

(皆が恐怖をいだく)

彼女は私の両の目を凝視して・・・
「私の花婿はどこに?」と言ったのだ。
それから彼女の青白い顔の中に
微笑みが煌いた!
哀れな!彼女は
理性の力を欠いていた!

【コーラス】
おお!なんと痛ましい出来事だ!・・・
陰鬱な恐怖が、私たち皆を塞いでいる!
夜の闇よ、この災難を
お前の暗く分厚いベールで覆ってくれ。

【ライモンドとコーラス】
ああ!あの不浄の右手が
私たちの上に天の怒りを呼ぶことが無いように。

【ライモンド】
彼女がここに!

PARTE TERZA:
"La ragion smarrita"


Scena Prima

(Salone terreno nella torre di Wolferag, adiacente al vestibolo. Una tavola spoglia di ogni ornamento, e un vecchio seggiolone ne formano tutto l'arredamento. Vi è nel fondo una porta che mette all'esterno: essa è fiancheggiata da due finestre che avendo infrante le invetriate, lasciano scorgere gran parte delle rovine di detta torre, ed un lato della medesima sporgente sul mare. È notte: il luogo viene debolmente illuminato da una smorta lampada. Il cielo è orrendamente nero; lampeggia, tuona, ed i sibili del vento si mescono coi scrosci della pioggia)

EDGARDO
(Edgardo è seduto presso la tavola, immerso ne' suoi malinconici pensieri; dopo qualche istante si scuote, e guardando attraverso delle finestre)
Orrida è questa notte
Come il destino mio!

(scoppia un fulmine)

Sì, tuona o cielo...
Imperversate o turbini... sconvolto
Sia l'ordin di natura,
e pera il mondo...
Ma non m'inganno! scalpitar d'appresso
Odo un destrier!... S'arresta!...
Chi mai nella tempesta
Fra le minacce e l'ire
Chi puote a me venirne?

Scena Seconda

ENRICO
(Gettando il mantello, in cui era inviluppato)
Io.

EDGARDO
Quale ardire!...
Asthon!

ENRICO
Sì.

EDGARDO
Fra queste mura
Osi offrirti al mio cospetto!

ENRICO
(con gioia feroce)
Io vi sto per tua sciagura.

EDGARDO
Per mia?

ENRICO
Non venisti nel mio tetto?

EDGARDO
Qui del padre ancor respira
L'ombra inulta... e par che frema!
Morte ogn'aura a te qui spira!
Il terren per te qui trema!
Nel varcar la soglia orrenda
Ben dovresti palpitar.
Come un uom che vivo scenda
La sua tomba ad albergar!

ENRICO
(con gioia feroce)
Fu condotta la sacro rito
Quindi al talamo Lucia.

EDGARDO
Ei più squarcia il cor ferito!...
Oh tormento! oh gelosia!
Ebben? Ebben?

ENRICO
Ascolta:
Di letizia il mio soggiorno
E di plausi rimbombava;
Ma più forte al cor d'intorno
La vendetta a me parlava!
Qui mi trassi... in mezzo ai venti
La sua voce udia tuttor;
E il furor degli elementi
Rispondeva al mio furor!

EDGARDO
(con altera impazienza)
Da me che brami?

ENRICO
Ascoltami:
Onde punir l'offesa,
De' miei la spada vindice
Pende su te sospesa...
Ch'altri ti spenga?
Ah! mai...
Chi dee svenarti il sai!

EDGARDO
So che al paterno cenere
Giurai strapparti il core.

ENRICO
Tu!...

EDGARDO
Sì!

ENRICO
Tu!

EDGARDO
(con nobile disdegno)
Quando?

ENRICO
Al primo sorgere del mattutino albore.

EDGARDO
Ove?

ENRICO
Fra l'urne gelide
dei Ravenswood.

EDGARDO
Verrò.

ENRICO
Ivi a restar preparati.

EDGARDO
Ivi... t'ucciderò.

EDGARDO, ENRICO
Ah! O sole più rapido a sorger t'appresta...
Ti cinga di sangue ghirlanda funesta...
Con tu rischiara l'orribile gara
d'un odio mortale, d'un cieco furor.

EDGARDO
Giurai strapparti il core

ENRICO
La spada pende su te

EDGARDO
Fra l'urne di Ravenswood

ENRICO
All'alba verrò.

EDGARDO, ENRICO
Farà di nostr'alme atroce governo
Gridando vendetta,
lo spirto d'Averno...

(l'uragano è al colmo)

Del tuono che mugge, del nembo che rugge
più l'ira è tremenda,
che m'arde nel cor.

(Enrico parte: Edgardo si ritira)

Scena Terza

(Galleria del castello di Ravenswood, vagamente illuminata per festeggiarvi le nozze di Lucia. Dalle sale contigue si ascolta la musica di liete danze. Il fondo della scena è ingombro di paggi ed abitanti di Lammermoor del castello. Sopraggiungono molti gruppi di Dame e Cavalieri)

CORO
D'immenso giubilo
S'innalzi un grido:
Corra la Scozia
Di lido in lido;
E avverta i perfidi
Nostri nemici,
Che a noi sorridono
Le stelle ancor.
Che a più terribili,
Ne rende l'aura
d'alto favor

Scena Quarta

RAIMONDO
(trafelato, ed avanzandosi a passi vacillanti)
Ah! Cessate... ah cessate quel contento...

CORO
Sei cosparso di pallor!...

RAIMONDO
Ah! Cessate!

CORO
Ciel! Che rechi?

RAIMONDO
Un fiero evento!

CORO
Tu ne agghiacci di terrore!

RAIMONDO
(accenna con mano che tutti lo circondino, e dopo avere alquanto rinfrancato il respiro)
Dalle stanze ove Lucia
Tratta avea col suo consorte,
Un lamento... un grido uscia
Come d'uom vicino a morte!
Corsi ratto in quelle mura...
Ahi! terribile sciagura!
Steso Arturo al suol giaceva
Muto freddo insanguinato!...
E Lucia l'acciar stringeva,
Che fu già del trucidato!...

(tutti inorridiscono.)

Ella in me le luci affisse...
"Il mio sposo ov'è?" mi disse:
E nel volto suo pallente
Un sorriso balenò!
Infelice! della mente
La virtude a lei mancò!

CORO
Oh! qual funesto avvenimento!...
Tutti ne ingombra cupo spavento!
Notte, ricopri la ria sventura
Col tenebroso tuo denso vel.

RAIMONDO E CORO
Ah! quella destra di sangue impura
L'ira non chiami su noi del ciel.

RAIMONDO
Eccola!


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ SuperSE



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|