オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第3幕

第1場
ブリトンの兵士たちはサクソン要塞の周りにかけられてそれを守り敵を撤退させようという魔法の恐怖でパニックになっている アーサーはしかし一人で魔法を貫いてみようと試みる準備をしている マーリンは呪文が破られた後まで待つように彼にアドバイスしたが 囚われのエメラインを救い出し彼女の視力を回復することをも約束する


第2場
深い森

フィリデルはエメラインを見つけようとしたがグリムバルドによって捕らえられる、だが彼は逃げてその悪霊に強力な呪文を投げつける マーリンとアーサーが入ってくる マーリンはフィリデルにエメラインの視力を回復する薬の入った小瓶を与え 森にかけられた魔法を解くために去ってゆく
エメラインとマチルダが森の端の方から登場 アーサーは後に下がりフィリデルがエメラインに近づいて小瓶から彼女の目の上に薬の数敵を振りかける エメラインは生まれて初めてアーサーを見るが 同時に彼に告げる オズワルドだけでなくオズモンドまでもが彼女の愛を望んでいるのだと言うことを 大気の精霊が現れ彼女の視力が回復したことを祝福するがフィリデルが彼らの敵の襲来を告げると消えてしまう エメラインとマチルダだけがそこに残る エメラインが今初めて見ることができたオズモンドは熱烈に彼女に求愛し 牢屋にオズワルドを捕らえたことを誇る 恐怖で凍りついたエメラインは彼が近づくのを拒むが オズモンドは彼女にこの愛が彼女を蕩かすであろうことを確信し 彼の魔法の杖を使ってブリタニアの穏やかな気候を氷の地そして遥か彼方のトゥーレの霜に変えてしまえることを見せつける



森のシーン

前奏曲

オズモンドが彼の杖で地面を打つと舞台は変わって凍った国の冬の情景となる

キューピッドが降りてくる

【キューピッド】
何たることだ!この島の守護神よ 何たることだ!
お前は横たわり眠っているのか 雪の山々の麓で?
お前の怠惰な手足を伸ばせ 目を覚ませ 目を覚ませ!
そして冬をお前の毛皮のマントから振り落とせ

前奏曲

守護神が起き上る

【凍れる守護神】
どのような神なのだお前は 下から呼び掛け
わしを心ならずもゆっくりと起き上らせるのは
この永遠の雪のベッドから?
お前は分からぬか どれほどこわばってひどく老いているのかを
厳しい寒さに耐えるのはとても無理なのだ
ほとんど動くことも 息をすることもできぬのを?
わしを再び凍れる死に戻してくれ

【キューピッド】
この耄碌した愚か者め 我慢だ 我慢だ!
ここで凍りつくとはどういうつもりだ?
愛が現れれば 全天は晴れ渡り
嵐の風もその怒りを控えるのだぞ
冬は鎮圧され
春が新たにやってくる
僕の光線がもっと輝かしい年を生み出すのだ
この耄碌した愚か者め 我慢だ 我慢だ!
ここで凍りつくとはどういうつもりだ?

【凍れる守護神】
偉大なる愛の神よ わしは今やっと分かった
神々の中でも最も年長なのだ お前は
天も大地もお前によって作られた
人間もまた お前の創造物
どこにあってもお前は従わせる

【キューピッド】
僕の支配するいかなる場所も無駄ではない
僕の支配を広げ 僕への賛美を歌うように
僕はここでも人間を育てよう
抱擁し 抱擁される恋する人々を

キューピッドが彼の杖を振ると 舞台が開けて氷と雪に覆われた背景が現れる 歌手や踊り子 男たちや女たちが現れる


前奏曲

【凍える人々のコーラス】
ご覧あれ ご覧あれ われらは集まっております
あなた様の祝宴を開くために
寒さに震えてはおりますが
われらはおしゃべりし 心震わせています

ダンス

【キューピッド】
それは僕さ それは僕さ あなた方を暖めてきたのは
この寒い天候にもかかわらず
僕はあなたたちを一緒に集めたんだ
それは僕さ それは僕さ あなた方を暖めてきたのは

リトルネロ

【コーラス】
それは愛 それは愛 それは愛なのだ
それはわれらを暖めてきたのだ
この悪天候にもかかわらず
彼は私たちを一緒に集めてくれた
それは愛 それは愛 それは愛なのだ
それはわれらを暖めてきたのだ

【キューピッド & 凍れる守護神】
和平の談判だ お前たち美しき者よ 降伏せよ
自分自身も恋人も安らがせよ
彼は好ましい罪人なのだ
喜びをあえて掴もうとする者は
しかし、泣き言を言う偽者は
確実に人を不快にする
和平の談判だ お前たち美しき者よ 降伏せよ
欲望の果実は手に入れることなのだ
ため息をつき 不平を言うのは軟弱なこと
救済を求めて跪く時
われらはお前たちを軽蔑するぞ
愛は祝福のために作られたのだ
苦しみのためにではない

リトルネロ

【コーラス】
それは愛 それは愛 それは愛なのだ
それはわれらを暖めてきたのだ...

第三幕の終曲:ホーンパイプ

ダンス それが終わった後歌手やダンサーは去って行く エメラインはオズモンドの貪欲な誘惑から救われる 罠にかかったグリムバルドの叫びで この魔術師が自らの邪悪な妖精を救いに行った隙に
ACT THREE

FIRST SCENE
The Britons are panicked by the magic horrors that have been put around the Saxon fortress to protect it and want to retreat. Arthur, however, is prepared to attempt to penetrate them alone. Merlin advises him to wait until after the spells have been broken, but does promise to spirit him off to the captive Emmeline, and to restore her sight.


SECOND SCENE
A Deep Wood

Philidel is captured by Grimbald while trying to find Emmeline, but he escapes and casts a strong spell over the evil spirit. Merlin and Arthur enter; Merlin gives Philidel a vial containing the drops that will restore Emmeline's sight and leaves to attempt to dispel the dire enchantments in the wood. Emmeline and Matilda enter from the far end of the wood. Arthur withdraws as Philidel approaches Emmeline, sprinkling some of the water out of the vial over her eyes. Emmeline sees Arthur for the first time, and tells him that not only Oswald, but also Osmond desires her love. Airy spirits appear to congratulate her on the recovery of her sight, but then vanish when Philidel announces the approach of their foes. Emmeline and Matilda are left alone. Osmond, whom Emmeline now sees for the first time, ardently woos her and boasts how he has thrown Oswald into prison. Emmeline, frozen with terror, refuses his advances, but Osmond assures her that Love will thaw her, and demonstrates by using his magic wand to change Britain's mild clime to Iceland and farthest Thule's frost.


THE FROST SCENE

Prelude

Osmond strikes the ground with his wand, the scene changes to a prospect of winter in frozen countries.

Cupid descends.

CUPID
What ho! thou genius of this isle, what ho!
Liest thou asleep beneath those hills of snow?
Stretch out thy lazy limbs. Awake, awake!
And winter from thy furry mantle shake.

Prelude

Genius arises

COLD GENIUS
What power art thou, who from below
Hast made me rise unwillingly and slow
From beds of everlasting snow?
See'st thou not how stiff and wondrous old,
Far unfit to bear the bitter cold,
I can scarcely move or draw my breath?
Let me, let me freeze again to death.

CUPID
Thou doting fool forbear, forbear!
What dost thou mean by freezing here?
At Love's appearing, All the sky clearing,
The stormy winds their fury spare.
Winter subduing,
And Spring renewing,
My beams create a more glorious year.
Thou doting fool, forbear, forbear!
What dost thou mean by freezing here?

COLD GENIUS
Great Love, I know thee now:
Eldest of the gods art thou.
Heav'n and earth by thee were made.
Human nature is thy creature,
Ev'rywhere thou art obey'd.

CUPID
No part of my dominion shall he waste:
To spread my sway and sing my praise
E'en here I will a people raise
Of kind embracing lovers, and embrac'd.

Cupid waves his wand, upon which the scene opens, discovers a prospect of ice and snow. Singers and dancers, men and women, appear.

Prelude

CHORUS OF COLD PEOPLE
See, see, we assemble
Thy revels to hold:
Tho' quiv'ring with cold
We chatter and tremble.

Dance

CUPID
'Tis I, 'tis I, 'tis I that have warm'd ye.
In spite of cold weather
I've brought ye together.
'Tis I, 'tis I, 'tis I that have warm'd ye,

Ritornello

CHORUS
'Tis Love, 'tis Love, 'tis Love
that has warm'd us.
In spite of the weather
He brought us together.
'Tis Love, 'tis Love, 'tis Love
that has warm'd us.

CUPID & COLD GENIUS
Sound a parley, ye fair, and surrender,
Set yourselves and your lovers at ease.
He's a grateful offender
Who pleasure dare seize:
But the whining pretender
Is sure to displease.
Sound a parley, ye fair, and surrender.
Since the fruit of desire is possessing,
'Tis unmanly to sigh and complain.
When we kneel for redressing,
We move your disdain.
Love was made for a blessing
And not for a pain.

Ritornello

CHORUS
'Tis Love, 'tis Love, 'tis Love
that has warm'd us, etc.

Third Act Tune: Hornpipe

A dance; after which the singers and dancers depart. Emmeline is saved from Osmond's lustful advances when the ensnared Grimbald cries out, compelling the magician to go to the rescue of his evil spirit.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|