オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第1幕

序曲

第1場
カプレーティ家の宮殿の一室

カプレーティ家の支持者たち
もうすぐ日の出だ...
こうして起き出して
夜明け前に集まっては来たが
一体何事なのだ?
何度も 慌ただしく
われらに招集がかかるとは
既に騎士と兵士で
街はいっぱいだ
深いわけがあればこそ
カペッリオ様もそうなさったのだろう
おそらくは 突然の嵐が
今グエルフィの頭の上にかかろうとしているのだろう
おそらくは、モンテッキどもが
新たな敵対行為をなそうと!
滅びよ 大胆な奴らめ ああ!滅びるのだ
邪悪なギベリンどもめ!
この町の門が開かれるその前に
あの凶悪な集団に
不屈のカプレーティの上に
ヴェローナは崩れ落ちてくるだろう
滅びよ 大胆な奴らめ...
...ヴェローナは崩れ落ちてくるだろう

レチタティーヴォ

テバルド
おおカペッリオの寛大な友人諸君
親族よ 支援者の方々よ
深刻かつ重大なのだ
諸君に集まって頂いたわけは
今日 この集会に
かのエッツェリーノ公が取られたのだ
われらに反対の立場を
そしてモンテッキ側を支持されると
表明されたのだ
強力な軍勢を
討伐に向かわせている ...
その指揮官にはギベリン党のうちで
最も忌まわしく邪悪で
粗暴な者が

カプレーティ家の支持者たち
それは誰です?

テバルド
ロメオだ

カプレーティ家の支持者たち
ロメオですって!

カペッリオ
そうだ あのロメオだ 残虐なる
わが息子の殺人者だ
奴は...
そなたらのうちで信じられる者がおるか?
奴は以外にも和平の
協定を申し出て 大使を
寄こし われらに助言しようとしておる

カプレーティ家の支持者たち
和平を!閣下.!

カペッリオ
だめだ!

ロレンツォ
言うことは聞かれぬと?
おそらく有用であり守られましょうぞ
この協定は
このような長い争いごとは
今こそ終わらせられるべきでしょう
血ですっかり染められて流れていますぞ
アディジェの川は あまりの

カペッリオ
復讐はなされてきた
わしのだけがまだ終わっておらぬ
あの血を流したものはまだ息をしておる
幸運にも 奴には与えられなかったのだ
わしの目に触れる機会が...
誰にも知られることなく
少年の時にこの地を離れ
ロメオは 土地から土地へとさまよいおった
だがこのヴェローナにもその本人が大胆にも
繰り返し忍び込んでおるようなのだ

テバルド
私が見つけ出してやりますとも
そう誓ったのですから

アリア

テバルド
この剣に託されています
あなたの血の復讐は:
私はジュリエッタに誓いました:
イタリア中が 天がそのことは知っています
あなたは私にとってとても望ましい絆を
急いで結んで下さることをお考えください
恋する者の誓いは
夫となってこそ果たされましょう

カペッリオ
よし 私を抱擁してくれ
そなたに結婚の祭壇が
今こそ用意されようぞ

ロレンツォ
何と!今日にもですか?

カペッリオ
なぜそのような驚きが
そなたを捉えているのだ?

ロレンツォ
ああ!閣下 熱にうかされながら...
悲しみ 苦しんでいます ずっと横たわったままで
彼女を...あなたもお分かりでしょう...
連れていけるのはただ
力ずくでしかないことを 聖なる祭壇へと

テバルド
何だと!力ずくでか!

カペッリオ、支持者たち
ですがあなたにも誇りがございましょう
彼女の苦しみに終止符を打つことができるであろうと

カバレッタ

テバルド
私は彼女をとても愛し とても大切な人なのだ
私を照らす太陽よりもずっと
安らぎ 息づいているのだ 彼女の中に
私の心のすべての喜びは
しかし もしも私の満足が
彼女にとっては苦しみにしかならぬのならば
ああ!むしろ、私は選ぶだろう 千もの
悲しみの日々の方を
そう 千もの ああ 悲しみの
悲しみの日々の方を

カペッリオ
恐れることはない:そなたの疑念は鎮めよ
娘が晴れ晴れと 幸せになるのを見るであろう
そなたがあやつの兄の
仇を討った者を胸に抱いた時には

カプレーティ家の支持者たち
われらの指揮官にしてわれらの守護者よ
剣を抜き 戦場に出でよ
ジュリエッタさまの手が
立派な報酬となりましょう あなたの勇気への
ジュリエッタさまの手が...

ロレンツォ
(独白)
ああ、ジュリエッタ 今明かされようとしている
あの不幸な秘密が
ああ!何人にもできはしないのだ
そなたの父を宥めることは
ああ!何人にもできはしないのだ...

テバルド
私は彼女を愛し ああ 彼女を愛している
とても大切な人なのだ
私は彼女を愛し... 
私は彼女をとても愛し 
とても大切な人なのだ...

レチタティーヴォ

カペッリオ
行け ロレンツォ :そなたはできるであろう
ジュリエッタに婚礼の支度をさせるのだ
日が沈む前に
成就させたいのだ わしの意志を
娘も明日には幸せとなり
この父の屋敷を喜びで満たすであろう
(ロレンツォは何か話そうとする)
従うのだ

テバルド
ああ!閣下....

ロレンツォ退場

カペッリオ
安心するがいい
わしと異なる考えを
ジュリエッタが持っておろうはずがない
あやつにも好ましかろう われらと同様
気高き戦士が 分かち合おうとする
わしの運命をな

テバルド
素晴らしき幸せを 私に愛は語りかけます
そしてわが心は傾いています
真実だと信じようとする方に
一番私にとって望ましいことを

カペッリオ
だがともかく われらのもとに遣わされてくるのだ
敵の使者が
お前たちの中におるか
モンテッキの
申し出に屈する者は?

カプレーティ家の支持者たち
永遠の憎悪をモンテッキに
ギベリン党に

ロメオ登場

レチタティーヴォ

ロメオ
幸せで喜ばしい任務に私は
ギベリン党の大公によって選ばれて
私は高貴なるグェルフィ党の方々の前に参りました
あなた方の
同様に喜ばしく
皆様にもお話をお聞き頂きたく...
なぜならば 真の言葉で
私は有効と平和を語りますので

テバルド
誰がモンテッキの者などに
信を置くことができるというのだ?

カペッリオ
千回もの和平が結ばれたが
千回とも破られたのだぞ

ロメオ
あなたの手にかかっているのです
それが神聖にして犯さざるべきものになるには
ヴェローナでも平等に
モンテッキの者が議員となれること
そしてジュリエッタがロメオの花嫁となることが

カペッリオ
われらの間にはそそり立っておるのだ 血の
致命的な障壁が
それが取り去られることはない
決して わしは誓うぞ

テバルド、支持者たち
われら皆 それを誓うぞ

ロメオ
酷い方々だ!

アリア

ロメオ
お聞きください
ロメオが あなたのご子息を死なせたとはいえ
それは戦にて彼を斃したのです
責められるべきは運命でしょう
そのことで彼は泣いています 未だに泣いているのです
責められるべきは運命でしょう...
どうか!お気を静めて下さい されば別のご子息を
わが主人のうちに見出すことができましょう
別のご子息を...

カペッリオ
貴様の陣営に戻り あの愚か者に告げるが良い
別の息子はすでに見つかっていると

ロメオ
何ですって!それは?...

テバルド
私だ

ロメオ
あなたが?
(独白)
何ということだ!おお天よ!
(声を上げて)
ですがお聞きを...

カペッリオ
もう十分しゃべったろうが

テバルド、支持者たち
ここでは誰もが声を合わせ
戦争だ と貴様に叫んでいるぞ
戦争だ 戦争だ 戦争だ...

ロメオ
頑固者ども ならばそうするがいい

カバレッタ

恐るべき復讐の剣を
ロメオは振るう用意ができているぞ
死を呼ぶ稲妻のように
幾千人の死がもたらされるだろう
だがお前たちは責められるのだ 怒れる天に
これほどまでの血を無駄に流すことを
そしてお前たちの上に更に血が降るのだ
故国に犠牲を強いた血が

カペッリオ、テバルド
死への戦争だ 凶悪な戦争だ!

カプレーティ家の支持者たち
止めろ 不埒者め 神のみが
われらの間で裁きを下されるのだ
そうだ われらの間で裁きを下されるのだ

ロメオ
頑固者ども!

テバルド、カペッリオ、支持者たち
ここでは誰もが声を合わせ
戦争だ と貴様に叫んでいるぞ!
戦争だ 戦争だ 戦争だ!

ロメオ
頑固者ども ならばそうするがいい
恐るべき復讐の剣を...

テバルド、カペッリオ、支持者たち
止めろ 不埒者め...

ロメオ
だがお前たちは責められるのだ ...

テバルド
貴様の陣営に帰れ

ロメオ
...これほどまでの血を無駄に流すことを

カペッリオ、支持者たち
...神のみが
われらの間で裁きを下されるのだ
そうだ 裁きを...

ロメオ
そしてお前たちの上に更に血が降るのだ
故国に犠牲を強いた血が
そしてお前たちの上に...

テバルド、カペッリオ、支持者たち
...われらの間で...


第2場
ジュリエッタの居室の小部屋

レチタティーヴォ

ジュリエッタ
こうして私は晴れ着を着せられて...
こうして私は飾りたてられて...
まるで祭壇の上の生贄みたいね
ああ!せめてできたらいいのに 生贄となって
祭壇の下で死ぬことが!
おお 婚礼の松明よ 憎らしいわ
こんなにも こんなにも忌まわしいわ
なって頂戴 ああ!なってよ 私のために
死の松明に
焼けるようだわ ...炎が 火が
すっかり私を焼き尽くした
(窓の外を見てまた戻ってくる)
気を紛らわせようと
風に当たろうとしたけど ダメだわ
どこにあなたはいるの ロメオ?
どこの土地をさまよっているの?
どこへ どこへ送ればいいの
どこへ私のため息を?

アリア

ジュリエッタ
ああ!どれほど多く どれほど多く
あなたを天に向かって呼んだことでしょう 泣きながら
どんなに焦がれてあなたを待ったことでしょう
でも裏切られるのです 私の願いは!
あなたの顔の輝きのように
ああ!私には思えます 太陽の輝きが
ああ!あたりを吹くそよ風が
私には感じられるのです あなたのため息と
ああ!あたりを吹くそよ風が...

彼女は悲嘆にくれて座っている ロレンツォが入ってくる

レチタティーヴォ

ロレンツォ
良い時が巡ってきましたよ
思いもよらぬ喜びに
心の準備をなさい
ジュリエッタ!

ジュリエッタは彼の腕の中に倒れ込む

ジュリエッタ
ロレンツォ!

ロレンツォ
(彼女を支え)
さあ 自分を落ち着かせなさい

ジュリエッタ
すぐに落ち着きますわ
すっかり静かに
でも少しまた少しと弱ってきて
ゆっくりと私はやつれて行きます...
ああ!もう一度だけでも
再びロメオさまに会えたなら...
ロメオさまなら繋ぎとめて下さるでしょうに
私の魂が飛び去るのを

ロレンツォ
しっかりなさい ジュリエッタ...
...彼はヴェローナに来ています...

ジュリエッタ
おお天よ!私のもとへ連れて来て下さいませんの?

ロレンツォ
突然の喜びに
あなたは耐えられますかな?

ジュリエッタ
苦しみよりはずっと

ロレンツォ
それでは彼に会う準備をなさい
私が連れて来ますから あの秘密の
私たちだけが知る入口を使って

秘密の扉を開く ロメオが入ってくる

レチタティーヴォ

ロメオ
(ジュリエッタの腕の中に駆け寄って)
ああ!ぼくのジュリエッタ!

ジュリエッタ
ああ...ロメオ!

ロレンツォ
静かにお話しなさい

ロレンツォ退場

ジュリエッタ
(穏やかな喜びで)
私は再びあなたに会えたのね うれしいわ!
ええ あなたにとうとうまた会えたの

ロメオ
おお ぼくのジュリエッタ!
何というあなたにぼくは再会してしまったのか!

ジュリエッタ
希望もなく
病み やつれ果てて
見て お墓に入るところだったのよ
それで あなたはどうして戻ってきたの?

ロメオ
同じく不幸だったさ ついには疲れ果てた
この人生に
悩み多く 暗い
決して慰められることのない
君の笑顔によって
それで戻ったんだ 戻ったんだ 死を覚悟して
君を永遠に連れ去ってしまおうと
君の敵から
一緒に君は逃げるんだ

ジュリエッタ
逃げる?あなたは何をおっしゃいますの?

デュオ

ロメオ
そうさ 逃げるんだ
ぼくたちには残されていない
逃げること以外に このひどい苦境のもとでは
そうさ 別の救いの道はないんだ
このひどい苦境のもとでは
もっと良い故国が見つけられるだろう ここよりも
もっと素晴らしい世界が
どこへ行こうとも
どんな良いところでも
心の望むままに
ぼくたちに愛は土地を与えてくれるだろう
どんな良いところでも...

ジュリエッタ
ああ!ロメオ!
私にとって世界は
この戸口の中だけなのです
はい 私にとって世界は...
ここに私を縛り付け ここに私を留めるのです
愛よりもずっと強い力で
ただ ああ!私の魂だけならば
あなたと一緒に行くことを天は許して下さるでしょう
ただ ああ!私の魂だけならば...

ロメオ
何を言ってるんだ?一体どんな力が
君にとってこの愛よりも強いんだ?

ジュリエッタ
それは ああ!義務ですわ
掟 そして名誉が
そう そうよ 名誉だわ

ロメオ
ああ 残酷な人 名誉を理由にするのか
ぼくから君が奪われようとしているこの時に?
君がぼくに課している掟は
君の心には拒まれているはずだ
どうか!ぼくの願いを聞いてくれ
もしも君がぼくの命が大切と思うのなら
もしもまだぼくに誠実でいてくれるのなら ああ!
耳を貸さないでくれ ぼくたちの愛以外には

ジュリエッタ
ああ!私にこれ以上何をお求めになりますの
あなたに心も命も捧げているのに?
せめてお許しを せめてお譲りを ああ!
たったひとつの絆は
父上との
私は死ぬでしょう もしあなたのものになれないのなら
もしもすべての希望が私から奪われたのなら
けれど あなたもせめて私のために
あなたの心を犠牲にして欲しいの
ああ!... お願い!...心を...
心を

ロメオ
ああ!残酷な人よ ああ!お願いだ!
ぼくの願いを聞いてくれ 聞いてくれ
もしもまだぼくに誠実でいてくれてるのなら...

ジュリエッタ
けれど あなたも
けれど あなたもせめて私のために...
ああ!私は死ぬでしょう あなたのものになれないのなら...

祝宴の音楽が遠くから聞こえてくる

ロメオ
聞こえるかい?運命の祭壇が
もう飾られて 君を待ってるんだ

ジュリエッタ
逃げて さあ

ロメオ
嫌だ...ぼくは君と一緒にここにいる

ジュリエッタ
大変なことになるわ もし父があなたを見つけたら!

ロメオ
ぼくを殺せばいい
あるいは君の前に倒れるかだ

ジュリエッタ
ああ!ロメオ!

ロメオ
ぼくに祈っても無駄だ

ジュリエッタ
ああ!ロメオ!

ロメオ
いいや ぼくに祈っても無駄だ

ジュリエッタ
ああ!あなたに 私にお慈悲を!

ロメオ
ああ!ぼくのジュリエッタ!
おいでよ ああ!おいで ぼくの腕の中でお休み
ああ 君はぼくの愛する人
ぼくの花嫁なんだ
この瞬間をぼくたちが失えば
もう二度と戻ってはこないだろう
君の手の中にぼくの運命はあるんだ
ぼくの生も ぼくの死も...
ああ それなのに
ぼくを愛してはくれないの ぼくが君を愛するほどには
ああ!君はぼくに同情してはくれないんだね

ジュリエッタ
やめて ああ!やめてください ほんの一瞬だけ
私の悲しみのことを思って
私の恐れのことを
私たち破滅よ 死んでしまうわ
もしもこれ以上の無茶を愛があなたにさせるならば
お願い!この心にお与えになりませんように
これ以上の痛みを これ以上の恐れを
ああ!まだ私が生きているなら
それは私があなたを愛してるから
ああ!愛は私と一緒に死んでしまうのね

ロメオ
ああ それなのに
ああ!君はぼくに同情してはくれないんだね...
ああ! どうか!おいで

ジュリエッタ
ああロメオ!やめて ああ!やめてください

ロメオ
ああ!君は同情してはくれないんだね

ジュリエッタ
お願い!やめて

ロメオ
だめだ...残酷な人よ 君は同情してはくれないんだね

ジュリエッタ
ああ!私のロメオ!
やめて ああ!やめてください
ほんの一瞬だけでも...

ロメオ
おいでよ ああ!おいで...

ジュリエッタの哀願に負けて ロメオは秘密の扉から去って行く 彼女は震えながら立ち去る


第3場
カペッリオの宮殿の中の広間

カプレーティ家のコーラス
幸せな夜が 幸運な夜が
悪しき日々のあとにまたやってくる
怒りは鎮められ 武器はしまわれて
結婚の神が松明を灯し
微笑みを
愛の神は振りまいている
ここには喜びがあり
そして楽しみがある
祝おう 踊りと歌とで
この輝かしく幸ある結婚を
そうだ わずかな瞬間の喜びで
この大きな苦しみが償われるように
われらに付きまとうことがないように この屋敷の中で
いかなる陰鬱な考えも
微笑みを 愛の神は振りまいている...

彼らは階段を登るとバルコニーに消える ロメオが急いで入ってくる 続いてロレンツォ

レチタティーヴォ

ロレンツォ
どうか!お願いです おやめください
これ以上先に進むことは
あなたを隠すことはできません
このグェルフィの変装でも

ロメオ
自分の危険など考えていられないさ
恋敵が今まさに
ぼくの愛する人を奪おうとしてるのに!
そんなことは絶対にさせない
ぼくはそう誓ったんだ

ロレンツォ
ああ 何と!
それではすべての希望が失われますぞ

ロメオ
ひとつ残ってるんだ...聞いてくれよ
ひそかに
グエルフィの変装に身を包み
夜陰に乗じて
このヴェローナに
千人の武装したギベリン党の手の者が

ロレンツォ
何ですと!

ロメオ
予期せぬ
敵の来襲で
婚礼は中断させられるでしょ

ロレンツォ
恐ろしい夜!
そして私に 血の
虐殺の手助けをしろと?
私にこの一族の裏切り者に
なれと?

ロメオ
ならばぼくがここに居ることを明かして
ぼくの恋敵を助けてやるがいい

奥から騒ぎが聞こえてくる トランペットの音 叫びがこだまし
回廊を招待客たちが右往左往しているのが見える


ロレンツォ
何という騒ぎ!

カプレーティの者たち
(舞台裏から)
モンテッキどもだ!

ロメオ
おお 最高の喜び!

カプレーティの者たち
(バルコニーで)
武器を! 武器を!

ロレンツォ
お逃げください...さあ...

ロメオ
テバルドめ!震えるがいい
すぐに復讐してやるからな

ロレンツォ
お静かに お静かに

ロメオ
あのトランペットは...

ロレンツォ
人が集まってきます...

ロメオ
...あれは運命の響きだ
ぼくの恋敵に死を告げる音...
斃れるのだ...ああ!奴は斃れるのだ

ロレンツォ
...お静かに お静かに
あらゆる方角から
人が集まってきます... みな武装して...
ああ!お逃げを...ああ!お行き下さい...
ああ!お願いですからお逃げを...

カプレーティの者たち
ああ!
誰かわれらに武器をくれ!
誰か助けを おお天よ くれないか?
武器だ! 武器だ!
誰か助けを...

ロメオはすぐに消え、ロレンツォは彼に従う ジュリエッタが回廊から降りてくる

カヴァティーナ

ジュリエッタ
収まったのね 騒ぎは...
静けさが支配している
このお屋敷の中は...
私はお前に感謝するわ おお運命よ
私はまだ自由なんですもの
ああ!...私はまだ自由よ
でも 一族の血が
私のせいで また流されるなんて
もしかしたら 傷つき 死んで
倒れているのかも 私の愛する人も...
もしかしたら...ああ何て冷たさが!何て炎が
私の心の中を駆け巡っているの!
ああ!ロメオさまのために祈ります
天よ 運命よ 愛の神よ
ああ!ロメオさまのために...
...愛の神よ

ロメオが入ってくる

ロメオ
ジュリエッタ!

ジュリエッタ
ああ...誰を見てるのかしら?

ロメオ
君のロメオさ... 気を静めて

ジュリエッタ
ああどうして...そんな無茶を?

ロメオ
ぼくは戻ったのさ 君を救い 幸せにしようと
ついておいでよ

ジュリエッタ
まあ!どこへ?まあ!どうやって?

ロメオ
さあ

ジュリエッタ
あなたは破滅だわ 私も

ロメオ
ジュリエッタ!

ジュリエッタ
ああ だめです

ロメオ
ああ!行こうよ

ジュリエッタ
ああ!どこへ?

ロメオ
ああ!行こうよ

ジュリエッタ
ああ だめ ああ だめなの

ロメオ
行こう
ぼくは頼んでるんだ
あの誓いの名にかけて
ああ!頼んでるんだ...

カプレーティの者たち
(舞台裏から)
モンテッキどもに死を!
死だ!死だ!

ジュリエッタ
ああ!私のことは放っておいて
人が私たちめがけて集まってくるわ

ロメオ
ぼくは君に切り開くんだ 残酷な奴らの中
この剣で 君の逃げ道を

彼女を引きずって行こうとする カペッリオ テバルド 武装した男たちが一方の側から入ってくる 他からはロレンツォ

カペッリオ
止まれ

テバルド
何をしておる?
裏切り者の敵の使者めが!

ロレンツォ
(独白)
まずい!

ジュリエッタ
ああ!...

ロレンツォ
(独白)
哀れな若者は破滅だ

ロメオ
ああ チクショウ!

ジュリエッタ
おお 恐ろしいわ!

カペッリオ
武装してこの屋敷の中に!

テバルド
しかも変装して!
いかなる新たな悪計を
邪悪な者め しようと企んでおるのか?
兵士ども 出あえ...

ジュリエッタ
お止め下さい...父上...
あなた様も...お慈悲を...

カペッリオ
どいておれ...

ジュリエッタ
お慈悲を...

ロメオ
ああ!チクショウ!

テバルド
だが 一体何の考えあって
この嘘つきを気に掛けるのだ?

カペッリオ
ジュリエッタ!

テバルド
答えぬのか?
震えておるのか? 困惑しておるな?

ジュリエッタ
おお天よ!おお恐ろしい!

カペッリオ
震えておるのか? 困惑しておるな?

ロメオ
おお腹立たしい!おお 復讐だ!

テバルド
(ロメオに)
悪党め!...貴様は誰だ?

ロメオ
ぼくは...

ジュリエッタ
ああ!名乗ってはだめ

ロメオ
ぼくはお前の恋敵さ

ロレンツォ
(独白)
無茶な!

ロメオ
おお 酷い苦痛だ!

テバルド
恋敵だと!どういうことだ?

ジュリエッタ
ロレンツォ 助けて

ロレンツォ
ああ恐ろしい瞬間!

ロメオ
ああ!彼女に背いてしまった

ジュリエッタ
救いを 支えを
あの方にお授け下さい おお天よ
私だけに向けさせてください
皆の怒りを

ロメオ
救いを 支えを
彼女にお授け下さい おお天よ
ぼくだけに向けさせてください
奴らの怒りを

カペッリオ、テバルド
おお夜よ 深めてくれ
空の闇を
ヴェールで覆い隠してくれ
われらの恥辱を

ロレンツォ
おお夜よ!...おお夜よ!...
恐怖のヴェールよ
恐怖のヴェールよ...

ジュリエッタ
あの方にお授け下さい おお天よ
救いを 支えを...
...おお天よ

ロメオ
彼女にお授け下さい おお天よ...
救いを 支えを...
...おお天よ

テバルド
夜よ 深めてくれ...

カペッリオ
ヴェールで おお夜よ
深めてくれ 恐怖のヴェールで...

ロレンツォ
...おお!夜よ おお夜よ
私の血管には満ちています
恐怖の冷気が
おお夜よ
夜 恐怖のヴェールよ...

剣のぶつかり合う音が聞こえてくる

モンテッキ家の人々
(舞台裏から)
お逃げください ...ロメオ!ロメオさま!

テバルド、カペッリオ
何の叫びだ!

ロメオ
ぼくの手の者たちだ!

ジュリエッタ
おお嬉しい!おお嬉しいわ!

モンテッキ家の人々
(入って来て)
若殿だ 若殿だ
あなた様を救うため神がお導きになったのです
さあ ロメオ様 さあ ロメオ様
あなたの配下がここにおります

カペッリオ
貴様がロメオだと!まだ倒せてはおらなんだか?

テバルド
私から逃げるのか?...生きながらえるつもりか?

ロメオ
血を おお野蛮人どもめ 求めるのか
ならば血が流されよう...

ジュリエッタ、ロレンツォ
正しき天よ 彼らを止めてください
この死の争いを
彼らに同時に目覚めさせてください
後悔と同情とを

ロメオ、テバルド、カペッリオ、コーラス
目覚めつつある怒りに
始まりつつある虐殺に
地震によって揺すられるがごとく
すべてのイタリアは震えよう

ジュリエッタ、ロメオ
もしもすべての希望が
私たちから奪われたとしても
もう二度と生きては会えないとしても
この別れは最後のものではないのです
ああ!また会いましょう せめて
天国で
この別れは...
せめて天国で

テバルド、カペッリオ、コーラス
そうだ ああ!
目覚めつつある怒りの上に
始まりつつある虐殺の上に
いつもより早く
おお太陽よ 輝いて
暗闇のヴェールを振り払ってくれ
ああ!虐殺の上に...

ロレンツォ
そうだ ああ!
目覚めつつある怒りの上に
始まりつつある虐殺の上に
降り来たれ おお夜よ
天に拒むのだ
この残酷な光景を
ああ!虐殺の上に...
正しき天よ...

テバルド、カペッリオ、コーラス
ああ 目覚めつつある怒りに...

ロメオ
ああ ジュリエッタ!

ジュリエッタ
ああ ロメオ!

ロメオ
さようなら!ぼくは君を失った

ジュリエッタ
ああ 私のロメオ!

ジュリエッタ、ロメオ
もしもすべての希望が...

テバルド、カペッリオ、コーラス
そうだ ああ!
目覚めつつある怒りの上に...

ロレンツォ
そうだ ああ!怒りの上に
目覚めつつある...
...ああ 彼らにも目覚めさせて下さい
同時に同情の気持ちを
ATTO PRIMO

Sinfonia

SCENA PRIMA
Una sala nel palazzo dei Capuleti

PARTIGIANI DI CAPELLIO
Aggiorna appena...
ed eccoci surti
anzi l'alba e uniti.
Che fia?
Frequenti e celeri giunsero
a noi gl'inviti.
Già cavalieri e militi
ingombran la città.
Alta cagion sollecito
così Capellio rende.
Forse improvviso turbine
sul capo ai Guelfi or pende
Forse i Montecchi
insorgono a nuova nimistà!
Peran gli audaci, ah! perano
que' Ghibellin feroci!
Pria che le porte s'apran
all'orde loro atroci,
sui Capuleti indomiti
Verona crollerà.
Peran gli audaci, ecc.
...Verona, si, crollerà.

Recitativo

TEBALDO
O di Capellio, generosi amici,
congiunti, difensori,
è grave ed alta
la cagion che ne aduna
oggi a consesso.
Prende Ezzelino istesso
all'ire nostre parte,
e de' Montecchi sostenitor
si svela.
Oste possente
ad assalirne invia...
Duce ne viene de' Ghibellini
il più aborrito e reo,
il più fiero.

PARTIGIANI DI CAPELLIO
Chi mai?

TEBALDO
Romeo.

PARTIGIANI DI CAPELLIO
Romeo!

CAPELLIO
Si. quel Romeo, quel crudo
del mio figlio uccisor.
Egli...
Fra voi chi fia che il creda?
egli di pace ardisce
patti offerir, e ambasciator
mandarne a consigliarla a noi.

PARTIGIANI DI CAPELLIO
Pace! Signor!

CAPELLIO
Giammai!

LORENZO
Né udire il vuoi?
Utili forse e onesti
saranno i patti.
A così lunghe gare giova
dar fine omai:
corse gonfio di sangue
Adige assai.

CAPELLIO
Fu vendicato.
Il mio soltanto è inulto:
chi lo versò respira,
e mai fortuna non l'offerse
a' miei sguardi...
Ignoto a tutti
poiché fanciul partìa,
vagò Romeo di terra in terra,
ed in Verona istessa ardi
più volte penetrare ignoto.

TEBALDO
Rinvenirlo io saprò:
ne feci il voto.

Aria

TEBALDO
E serbato a questo acciaro
del tuo sangue la vendetta:
l'ho giurato per Giulietta:
tutta Italia, il Cielo lo sa.
Tu d'un nodo a me si caro
solo affretta il dolce istante:
ed il voto dell'amante
il consorte adempirà.

CAPELLIO
Sì: m'abbraccia.
A te d'imene fia l'altar
sin d'oggi acceso.

LORENZO
Ciel! sin d'oggi?

CAPELLIO
E donde viene lo stupor
che t'ha compreso?

LORENZO
Ah! signor, da febbre ardente...
mesta, afflitta, e ognor giacente,
ella... il sai...
potria soltanto
irne a forza al sacro altare.

TEBALDO
Come! A forza!

CAPELLIO, PARTIGIANI
E avrai tu il vanto
di por fine al suo penar.

Cabaletta

TEBALDO
L'amo tanto, e m'è si cara,
più del sol che mi rischiara;
riposta, viva in lei
ogni gioia del mio cor.
Ma se avesse il mio contento
a costarle un sol lamento,
ah! piuttosto io sceglierei mille
giorni di dolor,
si, di dolor, ah mille
giorni di dolor.

CAPELLIO
Non temer: tuoi dubbi acqueta;
la vedrai serena e lieta,
quando te del suo germano
stringa al sen vendicato.

PARTIGIANI DI CAPELLIO
Nostro Duce e nostro scampo,
snuda il ferro ed esci in campo:
di Giulietta sia la mano
degno premio al tuo valor,
di Giulietta sia la mano, ecc.

LORENZO
da sé
Ah, Giulietta, or fia svelato
questo arcano sciagurato:
ah! non v'ha poter umano
che ti plachi il genitor,
ah! non v'ha poter umano, ecc.

TEBALDO
L'amo, ah! l'amo,
e m'è più cara,
l'amo, ecc.
l'amo tanto,
e m'è si cara, ecc.

Recitativo

CAPELLIO
Vanne Lorenzo: e tu, che il puoi,
disponi Giulietta al rito:
anziché il sol tramonti
compiuto il voglio.
Ella doman più lieta fia
che rallegri le paterne mura.
Lorenzo vuol parlare
Ubbidisci.

TEBALDO
Ah! signor...

Lorenzo parte

CAPELLIO
Ti rassicura.
Sensi de' miei diversi
non può nutrir Giulietta:
e a lei fia caro, come a noi tutti,
il pro' guerrier che unisce
i suoi destini ai miei.

TEBALDO
Di tanto bene mi persuade amor;
è il cor propenso
a creder vero
quel che più desia.

CAPELLIO
Ma già ver noi s'avvia
il nemico orator.
Avvi fra voi
chi de' Montecchi
alle proposte inchini?

PARTIGIANI DI CAPELLIO
Odio eterno ai Montecchi,
ai Ghibellini.

Sorte Romeo

Recitativo

ROMEO
Lieto del dolce incarco a cui mi
elegge de' Ghibellini il Duce,
io mi presento, nobili Guelfi,
a voi.
Lieto del pari
possa udirmi ciascun...
poiché verace favella
io parlo d'amistade e pace.

TEBALDO
Chi fia che nei Montecchi
possa affidarsi mai?

CAPELLIO
Fu mille volte pace fermata,
e mille volte infranta.

ROMEO
Stassi in tua man
che santa e inviolata sia.
Pari in Verona
abbian seggio i Montecchi,
e fia Giulietta sposa a Romeo.

CAPELLIO
Sorge fra noi di sangue
fatal barriera,
e non sarà mai tolta,
giammai, lo giuro.

TEBALDO, PARTIGIANI
E il giuriam tutti.

ROMEO
Crudeli!

Aria

ROMEO
Ascolta.
Se Romeo t'uccise un figlio,
in battaglia a lui diè morte:
incolparne dei la sorte;
ei ne pianse, e piange ancor:
incolparne dei la sorte, ecc.
Deh! ti placa, e un altro figlio
troverai nel mio signor,
altro figlio, ecc.

CAPELLIO
Riedi al campo, e di' allo stolto
che altro figlio già trovai.

ROMEO
Come! e qual?...

TEBALDO
Io.

ROMEO
Tu?
da sé
Che ascolto! oh ciel!
ad alta voce
Senti ancor...

CAPELLIO
Dicesti assai.

TEBALDO, PARTIGIANI
Qui ciascuno ad una voce
guerra a voi gridando va,
guerra, guerra, guerra...

ROMEO
Ostinati, e tal sarà.

Cabaletta

La tremenda ultrice spada
a brandir Romeo s'appresta,
e qual folgore funesta sto
mille morti apporterà.
Ma v'accusi al ciel irato
tanto sangue invan versato;
e su voi ricada il sangue
che alla patria costerà.

CAPELLIO, TEBALDO
Guerra a morte, guerra atroce!

PARTIGIANI DI CAPELLIO
Cessa, audace: un Dio soltanto
giudicar fra noi potrà,
si, giudicar fra noi potrà.

ROMEO
Ostinati!

TEBALDO, CAPELLIO, PARTIGIANI
Qui ciascuno ad una voce
guerra a voi gridando va!
Guerra! Guerra! Guerra!

ROMEO
Ostinati! E tal sarà.
La tremenda ultrice spada, ecc.

TEBALDO, CAPELLIO, PARTIGIANI
Cessa, audace...

ROMEO
Ma v'accusi...

TEBALDO
Riedi al campo.

ROMEO
...tanto sangue invan versato;

CAPELLIO, PARTIGIANI
...un Dio soltanto
giudicar fra noi potrà,
si, giudicar, ecc.

ROMEO
ma su voi ricada il sangue
che alla patria costerà;
ma su voi, ecc.

TEBALDO, CAPELLIO, PARTIGIANI
.. si, fra noi potrà, ecc.


SCENA SECONDA
Gabinetto negli appartamenti di Giulietta

Recitativo

GIULIETTA
Eccomi in lieta vesta...
Eccomi adorna...
come vittima all'ara
Oh! almen potessi qual vittima
cader dell'ara al piede!
O nuziali tede, aborrite
cosi, cosi fatali,
siate, ah! siate per me
faci ferali.
Ardo... una vampa, un foco
tutta mi strugge.
Si affaccia alla finestra, e ritorna
Un refrigerio
ai venti io chiedo invano
Ove sei tu, Romeo?
in qual terra t'aggiri?
Dove, dove, inviarti,
dove i miei sospiri?

Aria

GIULIETTA
Oh! quante volte, oh quante
ti chiedo al ciel piangendo!
Con quale ardor t'attendo,
e inganno il mio desir!
Raggio del tuo sembiante
ah! parmi il brillar del giorno:
ah! l'aura che spira intorno
mi sembra un tuo sospir,
ah! l'aura che spira, ecc.

Siede afflittissima. Lorenzo entra

Recitativo

LORENZO
Propizia è l'ora.
A non sperato bene
si prepari quell'alma.
Giulietta!

Giulietta si getta nelle sue braccia

GIULIETTA
Lorenzo!

LORENZO
sostenendola
Or via, ti calma.

GIULIETTA
Sarò tranquilla in breve,
appien tranquilla.
A poco a poco io manco,
lentamente mi struggo...
Ah! se una volta
rivedessi Romeo...
Romeo potria la fuggente
arrestare anima mia.

LORENZO
Fa cor, Giulietta...
...egli è in Verona...

GIULIETTA
Oh Cielo! né a me lo guidi?

LORENZO
All'improvvisa gioia
reggerai tu?

GIULIETTA
Più che all'affanno.

LORENZO
Or dunque ti prepara a vederlo:
io tel guidai per quel segreto
a noi sol noto ingresso.

Apre un uscio segreto e n'esce Romeo

Recitativo

ROMEO
correndo nelle braccia di Giulietta
Ah! mia Giulietta!

GIULIETTA
Ah!... Romeo!

LORENZO
Parla sommesso.

Lorenzo parte

GIULIETTA
con tenera allegria
Io ti rivedo, oh gioia!
Sì, ti rivedo alfin.

ROMEO
Oh mia Giulietta!
Qual ti ritrovo io mai!

GIULIETTA
Priva di speme,
egra, languente,
il vedi, e vicina alla tomba.
E tu qual riedi?

ROMEO
Infelice del pari, e stanco alfine
di questa vita
travagliata e oscura,
non consolata
mai da un tuo sorriso,
vengo, vengo a morir deciso,
o a rapirti per sempre
ai tuoi nemici.
Meco fuggir dei tu.

GIULIETTA
Fuggire? Che dici?

Duo

ROMEO
Si, fuggire:
a noi non resta
altro scampo in danno estremo,
si, null'altro scampo
in danno estremo.
Miglior patria avrem di questa,
ciel migliore
ovunque andremo:
d'ogni ben
che il cor desia
a noi luogo amor terrà,
d'ogni ben, ecc.

GIULIETTA
Ah! Romeo!
Per me la terra
è ristretta in queste porte:
si: per me la terra, ecc.
Qui m'annoda, qui mi serra
un poter d'amor più forte.
Solo, ah! solo all'alma mia
venir teco il ciel dar,
solo, ah! solo all'alma mia, ecc.

ROMEO
Che mai sento? E qual potere
è maggior per te d'amore?

GIULIETTA
Quello, ah! quello del dovere,
della legge, dell'onor,
si, si dell'onore.

ROMEO
Ah, crudel, d'onor ragioni
quando a me tu sei rapita?
Questa legge che m'opponi
è smentita dal tuo cor.
Deh! t'arrendi a' preghi miei,
se ti cal della mia vita:
se fedele ancor mi sei, ah!,
non udir che il nostro amor.

GIULIETTA
Ah! da me che più richiedi,
s'io t'immolo e core e vita?
Lascia almen, almen concedi ah!
un sol dritto
al genitor.
Io morrò se mio non sei,
se ogni speme è a me rapita:
ma tu pure alcun mi dei
sacrifizio del tuo cor,
ah!... deh!... del cor...
del cor.

ROMEO
Ah! crudele, ah! deh!
t'arrendi a' preghi miei,t'arrendi:
se fedele ancor mi sei, ecc.

GIULIETTA
Ma tu sì,
ma tu pure alcun mi dei, ecc.
Ah! ch'io morrò se mio non sei...

Odesi festiva musica di lontano

ROMEO
Odi tu? L'altar funesto
già s'infiora, già t'attende.

GIULIETTA
Fuggi, va.

ROMEO
No... teco io resto.

GIULIETTA
Guai se il padre ti sorprende!

ROMEO
Ei mi sveni,
o cada spento innanzi a te.

GIULIETTA
Ah! Romeo!

ROMEO
Mi preghi invano.

GIULIETTA
Ah! Romeo!

ROMEO
No. Mi preghi invano.

GIULIETTA
Ah! di te, di me pietà!

ROMEO
Ah! mia Giulietta!
Vieni, ah! vieni, in me riposa:
ah sei il mio bene,
sei la mia sposa;
questo istante che perdiamo
più per noi ritornerà.
In tua mano è la mia sorte,
la mia vita, la mia morte...
Ah no,
non m'ami siccome io t'amo,
ah! non hai di me pietà.

GIULIETTA
Cedi, ah! cedi un sol momento,
cedi al mio duolo,
al mio spavento;
siam perduti, estinti siamo,
se più cieco amor ti fa.
Deh! risparmia a questo core
maggior pena, orror maggiore.
Ah! se ancor vivo
è perchè t'amo,
ah! l'amor con me morrà.

ROMEO
No, no,
ah! non hai di me pietà...
Ah! deh! vieni.

GIULIETTA
Ah Romeo! cedi ah! cedi.

ROMEO
Non hai pietà.

GIULIETTA
Deh! cedi.

ROMEO
No...crudel, non hai pietà.

GIULIETTA
Ah! mio Romeo!
Cedi, ah, cedi
un sol momento, ecc.

ROMEO
Vieni, ah! vieni, ecc.

Vinto dalle preghiere di Giulietta, Romeo si parte per l'uscio segreto. Ella si allontana tremante


SCENA TERZA
Atrio interno nel palazzo di Capellio

CORO DI CAPULETI
Lieta notte, avventurosa
a rei giorni ancor succede.
Taccion l'ire e l'armi han posa
dove accende Imen le tede:
dove un riso
Amor discioglie
ivi è giubilo,
ivi è piacer.
Festeggiam con danze e canti
questo illustre e fausto Imene:
sì, il gioire di pochi istanti
sia compenso a tante pene:
né ci segua in queste soglie
alcun torbido pensier.
Dove un riso Amor discioglie, ecc.

Salgono le scalinate e si perdono nelle gallerie. Romeo entra in fretta, seguito da Lorenzo

Recitativo

LORENZO
Deh! per pietà, t'arresta:
non t'inoltrar di più:
mal ti nasconde
questa de' Guelfi assisa.

ROMEO
Al mio periglio pensar poss'io
quando un rival s'accinge
a rapirsi il mio ben!
Ma ciò non fia per certo,
il giuro.

LORENZO
Ah lasso!
È tolta forse ogni speme.

ROMEO
Una men' resta... Ascolta
Segretamente
e in guelfe spoglie avvolti,
col favor della notte,
entro Verona
mille si stanno Ghibellini armati.

LORENZO
Cielo!

ROMEO
Non aspettati
piomberan sui nemici
ed interrotte fian le nozze così.

LORENZO
Funesta notte!
E me di sangue
e strage complice fai?
Me traditor di questa famiglia
rendi?

ROMEO
Ebben mi svela,
e salva il mio rival cos

Odesi di dentro gran tumulto squillan le trombe, echeggiano strida e vedonsi dalle gallerie tutti i convitati in iscompiglio correr i qua e di là

LORENZO
Qual tumulto!

CAPULETI
di dentro
I Montecchi!

ROMEO
Oh gioia estrema!

CAPULETI
sulle gallerie
All'armi! All'armi!

LORENZO
Fuggi... va...

ROMEO
Tebaldo! Trema;
io già corro a vendicarmi.

LORENZO
Taci, taci;

ROMEO
Quella tromba...

LORENZO
gente accorre...

ROMEO
...è suon ferale,
suon di morte al mio rivale...
cadrà... ah! si cadrà.

LORENZO
...taci, taci:
d'ogni lato
gente acorre... ognum armato...
ah! fuggi... ah! va...
ah! fuggi per pietà...

CAPULETI
Ah!
Chi d'armi noi provvede!
Chi soccorso, o ciel, ne dà?
All'armi! All'armi!
Chi soccorso, ecc.

Romeo si allontana velocemente, Lorenzo lo segue. Giulietta scende dalla galleria

Cavatina

GIULIETTA
Tace il fragor...
silenzio regna
fra queste porte...
grazie ti rendo, o sorte:
libera sono ancor,
ah!... libera io sono ancor.
Ma de' congiunti il sangue
Per me versato or viene;
forse trafitto, esangue
giace l'amato bene...
forse... oh qual gel! qual foco
scorrer mi sento in cor!
Ah! per Romeo v'invoco,
Cielo, Destino, Amore,
ah! per Romeo, ecc.
...Amor.

Romeo entra

ROMEO
Giulietta!

GIULIETTA
Ahimè!... chi vedo?

ROMEO
Il tuo Romeo... t'acqueta.

GIULIETTA
Ahi lassa!... e ardisci?

ROMEO
Io riedo a farti salva e lieta.
Seguimi.

GIULIETTA
Ahi! dove? ahi! come?

ROMEO
Vieni.

GIULIETTA
Te perderesti e me.

ROMEO
Giulietta!

GIULIETTA
Ah no.

ROMEO
Ah! vieni.

GIULIETTA
Ah! dove?

ROMEO
Ah! vieni.

GIULIETTA
Ah no, ah no.

ROMEO
Vieni.
Io te lo chiedo,
in nome della giurata fé,
ah! te lo chiedo, ecc.

CAPULETI
di dentro
Morte ai Montecchi!
Morte! Morte!

GIULIETTA
Ah! lasciami;
gente ver noi s'avvia.

ROMEO
Io t'aprirò fra' barbari
con questo acciar la via.

Per trascinarla seco. Capellio, Tebaldo, uomini armati entrano da un lato, Lorenzo dall'altro

CAPELLIO
Ferma.

TEBALDO
Che miro?
Il perfido, nemico ambasciator!

LORENZO
da sé
Ciel!

GIULIETTA
Ah!...

LORENZO
da sé
È perduto il misero.

ROMEO
Oh rabbia!

GIULIETTA
Oh mio terror!

CAPELLIO
Armato in queste soglie!

TEBALDO
Sotto mentite spoglie!
Quale novella insidia,
empio, tentavi ordir?
Soldati, olà...

GIULIETTA
Fermate... padre...
signor... pietade...

CAPELLIO
Scostati...

GIULIETTA
Pietà...

ROMEO
Oh! rabbia!

TEBALDO
E qual pensiero
prendi d'un menzognero?

CAPELLIO
Giulietta!

TEBALDO
Non rispondi?
Tu tremi? ti confondi?

GIULIETTA
Oh Cielo! oh terrore!

CAPELLIO
Tu tremi? ti confondi?

ROMEO
Oh rabbia! oh vendetta!

TEBALDO
a Romeo
Fellon!... chi sei?

ROMEO
Son tale...

GIULIETTA
Ah! non ti scoprir.

ROMEO
Io sono a te rivale.

LORENZO
da sé
Incauto!

ROMEO
Oh rio martir!

TEBALDO
Rivale! che intendo?

GIULIETTA
Lorenzo, m'aita.

LORENZO
Oh istante tremendo!

ROMEO
Ahimè! l'ho tradita.

GIULIETTA
Soccorso, sostegno
accordagli, o cielo,
me sola fa segno
del loro furor.

ROMEO
Soccorso, sostegno
accordale, o cielo,
me solo fa segno
del loro furor.

CAPELIO, TEBALDO
Oh notte, raddensa
le tenebre in cielo,
ricopri d'un velo
il nostro rossor.

LORENZO
Oh notte!... Oh notte!...
Un vel d'orrore,
un vel d'orrore...

GIULIETTA
Accordagli, o cielo
soccorso, sostegno, ecc.
...o ciel.

ROMEO
Accordale, o cielo...
Soccorso, sostegno, ecc.
... o ciel.

TEBALDO
Notte, raddensa, ecc.

CAPELIO
D'un velo, oh notte,
raddensa un vel d'orror, ecc.

LORENZO
...Oh! Notte, oh notte,
le vene m'invade
un gelo d'orror
Oh notte,
notte un vel d'orror, ecc.

Odesi strepito d'armi

MONTECCHI
di dentro
Accorriam... Romeo! Romeo!

TEBALDO, CAPELIO
Quai grida!

ROMEO
I miei fidi!

GIULIETTA
Oh gioia! oh gioia!

MONTECCHI
sortendo
È desso, è desso.
A salvarti un Dio ci guida:
vien, Romeo, vien, Romeo,
tuoi fidi hai presso.

CAPELLIO
Tu Romeo! Né ti svenai?

TEBALDO
E mi sfuggi?... e tu vivrai?

ROMEO
Sangue, o barbari, bramate,
ed il sangue scorrerà...

GIULIETTA, LORENZO
Giusto cielo, tu gli arresta
da battaglia si funesta;
sveglia in essi un egual moto
di rimorso e di pietà.

ROMEO, TEBALDO, CAPELLIO, CORO
Al furor che si ridesta,
alla strage che s'appresta,
come scossa da tremuoto
tutta Italia tremerà.

GIULIETTA, ROMEO
Se ogni speme
è a noi rapita
di mai più vederci in vita,
questo addio non fia l'estremo,
ah! ci vedremo almeno
in cielo,
questo addio, ecc.
almeno in ciel.

TEBALDO, CAPELLIO, CORO
Si, ah!
sul furor che si ridesta,
sulla strage che s'appresta
anzi tempo,
o sol, risplendi
e dirada all'ombre il vel,
ah! sulla strage, ecc.

LORENZO
Si, ah!
sul furor che si ridesta,
sulla strage che s'appresta
piomba, o notte,
al ciel contendi
lo spettacolo crudel.
ah! sulla strage, ecc.
Giusto cielo, ecc.

TEBALDO, CAPELLIO, CORO
Ah furor che si ridesta, ecc.

ROMEO
Ah Giulietta!

GIULIETTA
Ah Romeo!

ROMEO
Addio! ti perdo.

GIULIETTA
Ah mio Romeo!

GIULIETTA, ROMEO
Se ogni speme, ecc.

TEBALDO, CAPELLIO, CORO
Si, ah!
sul furor che si ridesta...

LORENZO
Si, ah! sul furor
che si ridesta, ecc.
...ah sveglia in loro
qualche moto di pietade.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|