オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

対訳完成作品一覧

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

第6節

【天使】

もうすぐあなたの裁きです。
ベールで隠された神のまえに着きました。

【魂】

地上に残してきた人々の声が聞こえます。

【天使】

それはあなたのベッドの周りにいる人々の声です、
司祭とともにSubvenite(レクイエムの一節)を唱えています。
こだまがこちらまで聞こえているのです。王座の前には
偉大なる苦悩の天使が立っています、
彼(イエス)を力づけたあの天使です、彼(イエス)が跪きながら
庭の木陰で一人、血の涙をながした時に。
あの天使が、彼に最良の嘆願をするのです、すべての
苦しむ魂、死にそうな魂、死んでしまった魂に代わって。

【:苦悩の天使】

イエスよ、
 あなたに降りかかったあの身震いするほどの恐怖によって、
イエスよ、
 あなたを苛んだあの冷たい不安感によって、
イエスよ、
 あなたを通り抜けた心臓の激痛によって、
イエスよ、 
 あなたを不自由にした罪の山によって、
イエスよ、
 あなたを息苦しくさせる罪の意識によって、
イエスよ、
 あなたを取り巻く潔白によって、
イエスよ、
 あなたの中に君臨する聖性によって、
イエスよ、
 あなたとともにある唯一の神性によって、
イエスよ、
 あなたにとってとてもいとしいこれらの魂を助けてください。
囚われの魂たちは心静かに辛抱強くあなたを待っています。
主よ、彼らの時を早め、あなたのもとにくるように命じてください、
あの神々しい住まいに来て、
いつもあなたを見つめることができるように

【魂】

私は、審判者の前に進みます。

【地上の声】
慈悲深く、恵み深く、彼を助けて下さい、主よ。
慈悲深く、恵み深く、主よ、彼を救い出して下さい。

【天使】

彼の名を賛美しなさい。
The eager spirit has darted from my hold,
And, with the intemperate energy of love,
Flies to the dear feet of Emmanuel;
But, ere it reached them, the keen sanctity,
Which with its effluence, like a glory, clothes
And circles round the Crucified, has seized,
And scorched, and shrivelled it; and now it lies
Passive and still before the awful Throne.
幸せで、苦しむ魂よ、心配ありません。
消耗しつつも、神を一瞥して活気づいた魂よ。

【魂】
(眩しすぎて全能の神を見ることができなかった
ゲロンティアスは、自分が神を直視するに足る準備が
できていないことを悟り、その身を煉獄に送るよう嘆願します。)

私を運び去ってください。そして
最も低いところに私をおいてください。
そこで続く孤独で眠れない夜が、私のために
数えられるという希望を抱かせてください。
私を静止させ、苦悩のなかにあって幸せにしてください。
見捨てるのではなく、孤独にしてください。
そこで私は、悲しく永久なる調べを、
朝まで歌います。
そこで私は歌い、打ちひしがれた胸を慰めます。
その胸は決して止めることはありません、
うずくこと、切望すること、思い焦がれることを、
唯一の平安を手にするまでは。
そこで私は、そこにおられない主と愛を歌います。
私を運び去ってください、
いずれよみがえり、上に昇り、
永遠なる日の真実の中で彼に会えますように。
SIXTH PHASE

ANGEL:

THY judgment now is near, for we are come
Into the veiled presence of our God.

SOUL:

I HEAR the voices that I left on earth.

ANGEL:

IT is the voice of friends around thy bed,
Who say the “Subvenite;” with the priest.
Hither the echoes come; before the Throne
Stands the great Angel of the Agony,
The same who strengthened Him, what time He knelt
Lone in the garden shade, bedewed with blood.
That Angel best can plead with Him for all
Tormented souls, the dying and the dead.

ANGEL OF THE AGONY:

JESU!
 by that shuddering dread which fell on Thee;
Jesu!
 by that cold dismay which sickened Thee;
Jesu!
 by that pang of heart which thrilled in Thee;
Jesu!
 by that mount of sins which crippled Thee;
Jesul
 by that sense of guilt which stifled Thee;
Jesu!
 by that innocence which girdled Thee;
Jesu!
 by that sanctity which reigned in Thee;
Jesu!
 by that Godhead which was one with Thee;
Jesu!
 spare these souls which are so dear to Thee,
Souls. who in prison, calm and patient, wait for Thee;
Hasten, Lord, their hour, and bid them come to Thee,
To that glorious Home,
Where they shall ever gaze on Thee.

SOUL:

I go before my Judge. Angel

Voices on Earth
Be merciful, be gracious; spare him, Lord
Be merciful, be gracious; Lord, deliver him.

ANGEL:

Praise to His name!
The eager spirit has darted from my hold,
And, with the intemperate energy of love,
Flies to the dear feet of Emmanuel;
But, ere it reached them, the keen sanctity,
Which with its effluence, like a glory, clothes
And circles round the Crucified, has seized,
And scorched, and shrivelled it; and now it lies
Passive and still before the awful Throne.
O happy, suffering soul! for it is safe,
Consumed, yet quickened, by the glance of God.

SOUL:




TAKE me away, and in the lowest deep
There let me be,
And there in hope the lone night-watches keep,
Told out for me.
There, motionless and happy in my pain,
Lone, not forlorn,—
There will I sing my sad perpetual strain,
Until the morn.
There will I sing, and soothe my stricken breast,
Which ne’er can cease
To throb, and pine, and languish, till possest
Of its Sole Peace.
There will I sing my absent Lord and Love:—
Take me away,
That sooner I may rise, and go above,
And see Him in the truth of everlasting day.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|