オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_revolve



"小マハゴニー(歌芝居マハゴニー)"

対訳

アリアへジャンプ!

  • アラバマ・ソング Win Mac

アラバマ・ソング(動画対訳)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19335425

訳者より

作品について

  • 「小マハゴニー(歌芝居マハゴニー)」はブレヒトとヴァイルの最初の共同作品で、1927年のバーデン=バーデン音楽祭で初演されました。ヴァイル夫人のロッテ・レーニャも出演しています。リブレットは新たに書き下ろしたものではなく、ブレヒトが既に出版していた詩集「家庭用説教集」の中の「マハゴニー歌集」から取ったものでした。
    ブレヒトはギターの弾き語りで自作の歌をキャバレーで披露するような人だったので、「マハゴニー歌集」にも既にブレヒトがメロディーを付けていて、「アラバマ・ソング」についてはブレヒトの楽譜も残っていたりします。ヴァイルは作曲の際にブレヒトのメロディーも参考にしています。「三文オペラ」の中の「バルバラ・ソング」「海賊ジェニー」についてもブレヒトの楽譜が残っています。
  • 歌い手にはそれぞれジェシー、ベッシー、チャーリー、ビリー、ボビー、ジミーと言う役名が振られていますが、現在残っている台本には台詞やト書きはありません。資料によっては台詞・ト書きは散逸したと書かれていたり、元々そんなものはなかったと書かれていたりします。バーデン=バーデン音楽祭の様子はボクシングのリングを模した舞台で歌い手たちが演技している写真が残っています。
  • 元々、ブレヒトもヴァイルも「マハゴニー歌集」を元にオペラを制作つもりであったので、「歌芝居マハゴニー」はさらに発展した形で1930年に「マハゴニー市の興亡」として実を結ぶのでした。

幻のパリ版

  • ナチスにドイツを追われたヴァイルはオペラ「マハゴニー市の興亡」を完全な形で上演することは不可能と考え、「歌芝居」に「マハゴニー市の興亡」のソングのいくつかを取り入れ、再編集したものを作りました。30年代、このパリ版が「小マハゴニー」として上演されていたのでした。

アラバマ・ソング

  • この歌芝居の中で一番有名な曲は「アラバマ・ソング」。わざと拙い英語で書かれていて、マハゴニーの独特な雰囲気を形作っています。この詩については、あえて訳さない事も考えたのですが、ドイツ語の文章の中に英語の文章がある違和感と、日本語の文章の中に英語の文章がある違和感とではギャップがあり過ぎるので、ちょっと変な日本語でカタカナと平仮名を逆転させると言う方法で訳してみました。もしかしたら機械翻訳をそのまま載せると言う方法でも良かったかも知れません。
    「アラバマ・ソング」はオリジナルのレーニャの他にも、様々なアーティストが取り上げていますが、一番有名なのはザ・ドアーズが歌ったものでしょう。ドアーズのデビューアルバム 「ハートに火をつけて」 の中に納められています。

Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ hanmyo

Blogs on マハゴニー


小マハゴニーとは

  • 小マハゴニーの29%は歌で出来ています。
  • 小マハゴニーの24%は希望で出来ています。
  • 小マハゴニーの21%は陰謀で出来ています。
  • 小マハゴニーの20%はむなしさで出来ています。
  • 小マハゴニーの4%はやさしさで出来ています。
  • 小マハゴニーの1%は努力で出来ています。
  • 小マハゴニーの1%は勇気で出来ています。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|