オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第3幕

第1部

広場
右手にガーター亭 その外の看板には 「邪悪な思いの者に災いあれ」という標語が書かれているのが見える 時は夕暮れである
(ファルスタッフはドアの横にあるベンチに座っている)

【ファルスタッフ】
(一人で)
おい!亭主!
泥棒の世界だ 悪党どもの世界だ
ひどい世界だ!
(亭主が入ってくる)
亭主 熱いワインのグラスを頼む
(亭主は注文を聞いて中に入る)
俺は長年生きてきた 
大胆にして手だれの騎士として 
それがどうだ カゴの中に押し込められて
ドブに放りこまれるとは 
汚い洗濯物と一緒に
まるで捨て猫か
まだ目も開いてない子犬がされるみたいに
もしも俺のために浮いてくれなかったらな
このでかい腹が 間違いなく溺れていたぞ
悲惨な死に方だ 水で膨れあがって
むごい世の中だ 美徳なんぞありゃしない
すべて堕落している
行くぞ、老練なジョンよ、行け 行くのだお前の道を
歩き続けるのだ お前が死ぬまで
その後には消えてしまうだろう 真の
男はこの世界から
何というひどい日なんだ!
天よわれを助け給え! あまりに太り過ぎた
白髪も増えちまった
(亭主がホットワインの大きなグラスをトレイに乗せて戻ってくる そのグラスをベンチの上に置くと居酒屋に戻る)
少々ワインを注いでやるか
テムズ川の水の中に!
(ワインを啜りながら味わう チョッキのボタンを外して寝そべり また啜りながら飲む 少しずつ機嫌が良くなってくる)

旨い 甘口のワインを飲んで 
太陽に胸をはだける 実に良いぞ!
旨いワインは忘れさせてくれる
絶望の暗い物語をな
そして目と頭を活性化させ 
唇から脳みそまで昇って行って
そして目覚めさせる
震えてる小さな鍛冶屋
黒いコオロギが震えるのだ
ほろ酔いの男の中に
心臓の全部の筋も振動し 
陽気な大気も震えに合わせてちらついて 
楽しげな地球はおかしくなるのだ
震えに合わせて!
この震えは世界中を侵食するぞ! ...
(クイックリイが入って来てお辞儀し ファルスタッフの言葉を遮る)

【クイックリイ】
恐れ入ります! あの美しいアリーチェ様が...

【ファルスタッフ】
(起きて飛び上がり)
あんたなんぞ美しいアリーチェと地獄に行っちまえ!
俺は乗せられるのはもうたくさんだ!
俺の腹ん中ももうたくさんだ!

【クイックリイ】
あなたは間違っておられますわ...

【ファルスタッフ】
この悪魔め!
俺はまだあの角を感じてるぞ
あの嫉妬深い雄ヤギ野郎の!
俺の骨はまだズキズキするんだ
ねじ曲がった状態でじっとしてたからな
まるで良く出来たビルバオ製の剣の刃みたいに
女どものカゴの中の狭い隙間の中で!
あの匂うところ!あの暑いところ!
俺みたいに熱い男が
汗をダラダラ流しながら
とろかされ続けたんだぞ!
その上 すっかり加熱調理された後で
真っ赤に 熱々にな
あいつらめ 水に俺を放りこんでくれたんだぞ
悪党ども!!!
(アリーチェ メグ ナンネッタ フォード カイウス フェントンが店の裏から現れる ひとりひとり順番にファルスタッフに見えないように身を隠しながら覗き見する)

【クイックリイ】
あの方は無実です あの方は無実ですわ
誤解されておいでです

【ファルスタッフ】
出て行け!

【クイックリイ】
あれは召使いたちのせいですわ!
アリーチェ様は泣きながら聖人の名を呼んでおられますわ
可哀想な奥様!あなた様を愛しておいでなのに お読み下さい
(ポケットから手紙を取り出す。ファルスタッフはそれを受け取り読み始める)

【アリーチェ】
(奥から小声で他の人たちに)
読んでるわ

【フォード】
読んでいるな

【ナンネッタ】
もう一度引っ掛かりそうね

【アリーチェ】
あの男は学習しないのよ

【メグ】
(アリーチェに)
隠れて

【Dr.カイウス】
また読んでいるぞ

【フォード】
読み返してる 餌を飲み込んだな

【ファルスタッフ】
(声を出して、注意深く再読する)
お待ち申しております ロイヤルパークで
真夜中に お越しください
黒ずくめの狩人の格好で ハーンの樫の木のところに

【クイックリイ】
恋はミステリーが好きなのです
再びお会いするためにアリーチェ様は 
有名な伝説を利用されたのです
あの有名な あの樫のところは悪魔の宴があるとか
その黒の狩人は
枝で首を吊ったのです
今でもその姿が見えると信じられているんですよ ...

【ファルスタッフ】
(怒りを鎮めて彼女の腕を取り、一緒に居酒屋に入っていく)
中に入りましょう
あそこの方が話しやすいですから
あなたのお話を詳しく聞かせてください

【クイックリイ】
時計が真夜中を打つときに...

【フォード】
罠に落ちたな

【クイックリイ】
...それは暗く響き渡るのです 恐ろしい静けさの中を
さまよう霊たちが群れをなして現れ出で...
(ファルスタッフと一緒に店の中へ入って行く)

【アリーチェ】
(全員の前に進み出て 物語を続ける)
時計が真夜中を打つときに
それは暗く響き渡るのです 恐ろしい静けさの中を
さまよう霊たちが群れをなして現れ出て
そして公園にやってくるのは黒い狩人
彼は歩み出る ゆっくり ゆっくり ゆっくり
死者の重々しい歩みで
やってくるのです 青ざめて...

【ナンネッタ】
ああ!何て怖いの!

【メグ】
私はもう恐怖で震えてしまうわ!

【アリーチェ】
これは子供たちにする作り話よ
おばあちゃんが話す
長い前置きと一緒に
子供たちを寝かせるために

【アリーチェ、ナンネッタ、メグ】
女の復讐は決して失敗しないのよ

【アリーチェ】
青ざめて歩み出て その足取りは近づいて行く
自分の魂を捨てた枝のところへと
すると妖精たちが現れるのよ その頭に立っているのは
二本の長い角よ 長い 長い...

【フォード】
すばらしい 
その角こそが私の喜びだ!

【アリーチェ】
(フォードに)
気を付けて!
あなたも多少は罰を受けなくてはいけないはずよ!

【フォード】
許してくれ 私の過ちは分かっている

【アリーチェ】
只じゃ済みませんよ もし二度とあんな
激しい狂気で
クルミの殻の中まで探そうなんてしたら
あなたの妻の愛人とやらを
もう時間がないわ おとぎ話を急いで済ませましょう

【メグ】
急ぎましょう

【フェントン】
仮面舞踏会の準備をしよう

【アリーチェ】
ナンネッタ!

【ナンネッタ】
ここにいるわ!

【アリーチェ】
(ナンネッタへ)
妖精をやってちょうだい 妖精の女王を
白いドレスを着て
バラに囲まれ、白いベールに包まれた

【ナンネッタ】
そして 調和のとれた言葉を歌うのね

【アリーチェ】
(メグに)
あなたは、緑の森のニンフよ
クイックリイさんは魔女を
(夜は更けてきて 舞台は暗くなる)

【ナンネッタ】
ステキ!

【アリーチェ】
私は子供たちと一緒に行きましょう
子供たちは扮するの 小鬼や
小妖精や 悪魔や
コウモリや 小悪魔にね
そしてマントや角で変装したファルスタッフに
みんなで飛びかかって...

【メグ ナンネッタ フェントン】
みんなで! みんなで!

【アリーチェ】
...思い切りひっぱたくのよ
最後に彼が自分の悪行を懺悔するまでね
そしたらマスクを外して
やがて空が明るくなる頃に
陽気な軍団は家に帰るの

【メグ】
暗くなってきたわ 家に帰りましょう

【アリーチェ】
約束の場所はハーンの樫の木のところよ

【フェントン】
承知した

【ナンネッタ】
ステキだわ!
ああ!何てわくわくする恐怖でしょう!

【アリーチェ ナンネッタ フェントン】
さようなら

【メグ】
さようなら

【アリーチェ】
(メグに)
ランタンを持ってきてね
(アリーチェ メグ ナンネッタ フェントンは退場 その時同時にクイックリィ夫人が居酒屋から出てきて フォードとDr.カイウスが話しているのを見て 戸口のところで盗み聴きする)

【フォード】
お疑いなく あなたが私の娘と結婚することについては
娘の仮装をよく覚えていますかね?

【Dr.カイウス】
バラの冠、白いベールと長いドレスですな

【アリーチェ】
(遠くから)
マスクを忘れないでね

【メグ】
(遠くから)
忘れないわ あなたも鳴りものを忘れないでね!

【フォード】
私はもう仕掛けて置きましたよ 私の網をね
この馬鹿騒ぎが終わったら
あなたは私のところへ顔を覆って来るんです
娘の方はヴェールで あなたは僧侶のマントで
私は夫婦としてあなたを祝福しましょう

【Dr.カイウス】
分かりました
(退場する)

【クイックリイ】
そうは行きませんわよ!
(急いで去って行く)
ナンネッタ!ねえ! ナンネッタ!ねえ!

【ナンネッタ】
(舞台裏から)
どうしたの?どうしたの?

【クイックリイ】
妖精の歌を準備してね

【ナンネッタ】
準備はできたわ

【アリーチェ】
(舞台裏から)
あなた 遅れないでね

【クイックリイ】
(舞台裏から)
最初に着いた人がみんなを待ちましょう
(すっかり夜は更けてゆく)
ATTO TERZO

Prima parte

Una piazzale
A destra, l’esterno dell’osteria della Giarrettiera coll’insegna e il motto: “Honi soit qui mal y pense”. È l’ora del tramonto.
(Falstaff è seduto sulla panca di fianco al portone.)

FALSTAFF
(solo)
Ehi! Taverniere!
Mondo ladro. Mondo rubaldo.
Reo mondo!
(Entra l’oste.)
Tavernier: un bicchier di vin caldo.
(L’oste parte per eseguire l’ordine.)
Io, dunque, avrò vissuto tanti anni,
audace e destro Cavaliere,
per essere portato in un canestro
e gittato al canale
co’ pannilini biechi,
come si fa coi gatti
e i catellini ciechi.
Che se non galleggiava per me
quest’epa tronfia, certo affogavo.
Brutta morte. L’acqua mi gonfia.
Mondo reo. Non c’è più virtù.
Tutto declina.
Va, vecchio John, va, va per la tua via;
cammina finché tu muoia.
Allor scomparirà la vera
virilità dal mondo.
Che giornataccia nera!
M’aiuti il ciel! Impinguo troppo.
Ho dei peli grigi.
(Ritorna l’oste portando su d’un vassoio un gran bicchiere di vin caldo. Lo posa e poi parte.)
Versiamo un po’ di vino
nell’acqua del Tamigi.
(Beve sorseggiando ed assaporando. Si sbottona il panciotto, si sdraia, ribeve a sorsate, rianimandosi poco a poco.)
Buono. Ber del vin dolce
e sbottonarsi al sole, dolce cosa!
Il buon vino sperde
le tetre fole dello sconforto,
accende l’occhio e il pensier,
dal labbro sale al cervel
e quivi risveglia
il picciol fabbro dei trilli;
un negro grillo che vibra
entro l’uom brillo.
Trilla ogni fibra in cor,
l’allegro etere al trillo guizza
e il giocondo globo squilibra
una demenza trillante!
E il trillo invade il mondo!!!
(Quickly entra, inchinandosi e interrompendo Falstaff.)


QUICKLY
Reverenza! La bella Alice...

FALSTAFF
alzandosi e scattando
Al diavolo te con Alice bella!
Ne ho piene le bisaccie!
Ne ho piene le budella!

QUICKLY
Voi siete errato...

FALSTAFF
Un canchero!!
Sento ancor le cornate
di quell’irco geloso!
Ho ancor l’ossa arrembate
d’esser rimasto curvo,
come una buona lama di Bilbao
nello spazio d’un panierin di dama!
Con quel tufo! E quel caldo!
Un uom della mia tempra,
che in uno stillicidio continuo
si distempra!
Poi, quando fui ben cotto,
rovente, incandescente,
m’han tuffato nell’acqua.
Canaglie!!!
(Alice, Meg, Nannetta, Ford, Cajus e Fenton sbucano dietro una casa, or l’uno or l’altro spiando, non visti da Falstaff.)


QUICKLY
Essa è innocente, essa è innocente.
Prendete abbaglio.

FALSTAFF
Vattene!

QUICKLY
La colpa è di quei fanti malaugurati!
Alice piange, urla, invoca i santi.
Povera donna! V’ama. Leggete.
(Estrae di tasca una lettera. Falstaff la prende e si mette a leggere.)

ALICE
(sottovoce agli altri)
Legge.

FORD
Legge.

NANNETTA
Vedrai che ci ricasca.

ALICE
L’uomo non si corregge.

MEG
(ad Alice)
Nasconditi.

DR. CAJUS
Rilegge.

FORD
Rilegge. L’esca inghiotte.

FALSTAFF
(rileggendo ad alta voce)
“T’aspetterò nel Parco Real,
a mezzanotte. Tu verrai travestito
da Cacciatore Nero alla quercia di Herne.”

QUICKLY
Amor ama il mistero.
Per rivedervi, Alice si val
d’una leggenda popolar.
Quella quercia è un luogo da tregenda.
Il Cacciatore Nero
s’è impeso ad un suo ramo.
V’ha chi crede vederlo ricomparir.

FALSTAFF
(rabbonito, s’avvia per entrare con essa nell’osteria)
Entriamo.
Là si discorre meglio.
Narrami la tua frasca.

QUICKLY
Quando il rintocco della mezzanotte...

FORD
Ci casca.

QUICKLY
...cupo si sparge nel silente orror,
sorgon gli spirti vagabondi a frotte...
(Entra con Falstaff nella taverna.)

ALICE
(avanzandosi cogli altri e continuando a narrazione)
Quando il rintocco della mezzanotte
cupo si sparge nel silente orror,
sorgon gli spirti vagabondi a frotte,
e vien nel parco il Nero Cacciator.
Egli cammina lento, lento, lento,
nel gran letargo della sepoltura.
S’avanza livido...

NANNETTA
Oh! che spavento!

MEG
Sento già il brivido della paura!

ALICE
Fandonie che ai bamboli
raccontan le nonne
con lunghi preamboli
per farli dormir.

ALICE, MEG, NANNETTA
Vendetta di donne non deve fallir.

ALICE
S’avanza livido e il passo converge
al tronco ove esalò l’anima prava.
Sbucan le Fate. Sulla fronte egl’erge
due corna lunghe, lunghe, lunghe...

FORD
Brava!
Quelle corna saranno la mia gioia!

ALICE
(a Ford)
Bada!
Tu pur ti meriti qualche castigatoia!

FORD
Perdona. Riconosco i miei demeriti.

ALICE
Ma guai se ancor ti coglie
quella mania feroce
di cercar dentro il guscio d’una noce
l’amante di tua moglie.
Ma il tempo stringe e vuol fantasia lesta.

MEG
Affrettiam.

FENTON
Concertiam la mascherata.

ALICE
Nannetta!

NANNETTA
Eccola qua!

ALICE
(a Nannetta)
Saria la Fata Regina delle Fate,
in bianca vesta
chiusa in candido vel, cinta di rose.

NANNETTA
E canterò parole armoniose.

ALICE
(a Meg)
Tu la verde sara Ninfa silvana,
e la comare Quickly una befana.
(Scende la sera, il giorno incomincia oscurarsi.)

NANNETTA
A meraviglia!

ALICE
Avrò con me dei putti
che fingeran folletti
e spiritelli e diavoletti
e pipistrelli e farfarelli.
Su Falstaff camuffato in manto e corni
ci scaglieremo tutti...

MEG, NANNETTA, FENTON
Tutti! Tutti!

ALICE
...e lo tempesteremo
finch’abbia confessata la sua perversità.
Poi ci smaschereremo
e pria che il ciel raggiorni,
la giuliva brigata se ne ritornerà.

MEG
Vien sera. Rincasiam.

ALICE
L’appuntamento è alla quercia di Herne.

FENTON
È inteso.

NANNETTA
A meraviglia!
Oh! che allegro spavento!

ALICE, NANNETTA, FENTON
Addio.

MEG
Addio.

ALICE
(a Meg)
Provvedi le lanterne.
(Alice, Meg, Nannetta e Fenton escono. In questo momento, Quickly esca dall’osteria e vedendo Ford e Cajus che parlano, sta ad origliare sulla soglia.)

FORD
Non dubitar, tu sposerai mia figlia.
Rammenti bene il suo travestimento?

CAJUS
Cinta di rose, il vel bianco e la vesta.

ALICE
(da lontano)
Non ti scordar le maschere.

MEG
(da lontano)
No certo. Né tu le raganelle!

FORD
Io già disposi la rete mia.
Sul finir della festa
verrete a me col volto ricoperto,
essa da un vel, tu da un mantel fratesco,
e vi benedirò come due sposi.

CAJUS
Siam d’accordo.
(Escono.)

QUICKLY
Stia fresco!
(Esce rapidamente.)
Nannetta! Ohè! Nannetta! Ohè!

NANNETTA
(di dentro)
Che c’è? Che c’è?

QUICKLY
Prepara la canzone della Fata.

NANNETTA
È preparata.

ALICE
(di dentro)
Tu, non tardar.

QUICKLY
(di dentro)
Chi prima arriva, aspetta.
(Si è fatta notte.)


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|