オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_revolve



"タンホイザー"

対訳

アリアへジャンプ!

全幕(動画対訳)

殿堂のアリア(動画対訳)

夕星の歌(動画対訳)



訳者より

  • この作品の正式名称は『タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦』です。これだけ具体的なタイトルなので、登場人物はほぼ実在の人物ですが、もちろんストーリーはかなり脚色されています。ワーグナーは、別々の話を一つのプロットにまとめており、史実では時系列的に一番古いのが「ヴァルトブルクの歌合戦」で1206年または1207年(「聖女エリーザベト」の誕生日である1207年7月7日に行われたというのは後世の脚色か?)、エリーザベトの死が1231年(享年24歳)、タンホイザーの活躍年代は1245-65年なので、かなり後の時代になります。
  • もちろん、テューリンゲン方伯ヘルマン(ヘルマン1世)も実在の人物です。この頃、ドイツは「皇帝派」(ウィーベリンまたはギベリン)と「教皇派」(ヴェルフェンまたはゲルフ)に分かれて争っていますので、第2幕の歌合戦直前でヘルマンが歌うセリフ(「また我らは、苛酷な流血の戦いで、ドイツ帝国の偉大さのために剣を振るい、怒り狂うヴェルフェン家に抵抗し、帝国の分裂を阻止したが、そのことで、お前たち歌びとの名誉も増したのだ」)は、それを踏まえています。
  • しかし、史実上のヘルマン1世は必ずしも皇帝派に忠誠を尽くしていたわけではなく、情勢に応じて忠誠先を変えながら自家の繁栄を図っていたとのことなので、したたかな名君といえましょう。また、フランスの宮廷文学を移入した芸術振興にも取り組み、文芸を庇護したので、ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハによる『パルツィヴァール』などの叙事詩を始め、中世ドイツ文学の興隆に寄与したという功績を歴史に刻んでいます。
  • さて、第2幕の「ヴァルトブルクの歌合戦」でテューリンゲン方伯ヘルマンが示す「歌合戦のテーマ」は、「der Liebe Wesen」は何か?です。これは通常「愛の本質」と訳されていますが、ちょっと硬すぎる訳語ですので、私は「愛のほんとうの姿」と訳しました。
  • このテーマに対して、まずはヴォルフラムが「愛」を「奇蹟の泉」と譬えます。「この泉を汚したくはありません。けがらわしい心で触れたくはありません。私は祈りのうちに身を捧げ、命を喜んで捧げましょう・・・最後の血潮の一滴まで。」と彼は歌いますが、これは典型的な中世騎士道の「ミンネ」(Minne 夫を持つ貴婦人に対して騎士が見返りを求めずに尽くす愛)の立場です。
  • これに対して、主人公タンホイザーは、愛のほんとうの姿は、Genussにあると歌います。このGenussの訳語について色々考えてみたのですが、私は、最終的には「楽しむこと」という訳語にしてみました。候補としては「快楽」や「享楽」などが考えられますが、同じ箇所で多用される動詞形geniessenと整合させるのが自然なので、どちらにも通用する日常的な訳語にしてみました。
  • しかし、「楽しむことの中にしか愛は見い出せないのだ!」とのタンホイザーの宣言は、周囲の人々の共感を得られず、彼は孤立します。ところが一人だけ彼に共感する人物がいます。それがエリーザベトです。

ワーグナー聴けば聴くほど

rss 「タンホイザー」翻訳作業の経過などを綴った訳者のブログです

Blogs on タンホイザー

タンホイザーとは

  • タンホイザーの半分は真空で出来ています。
  • タンホイザーの45%は明太子で出来ています。
  • タンホイザーの1%は犠牲で出来ています。
  • タンホイザーの1%は勢いで出来ています。
  • タンホイザーの1%は株で出来ています。
  • タンホイザーの1%は度胸で出来ています。
  • タンホイザーの1%は下心で出来ています。






|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|