"さまよえるオランダ人"

対訳

アリアへジャンプ!

全幕(動画対訳)

訳者より

  • Wagnerのテキストを読む時、いつも私の頭の中に沸いてくるのは、日本の歌舞伎の口調です。すっかり、そのとりこになってしまわないよう、戦いながらの翻訳です。だって、彼の、言葉の、誇張した身振り、一種の、うねりを持つ文章は、歌舞伎の台詞に似ているでしょう。

Blogs on さまよえるオランダ人