オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第3幕


(第一幕と同じ舞台 フリッツひとり)

【フリッツ】
色々試してはみたが すべてが無駄になっている...
私は彼女をあそこに残して行った お別れも言わずに
けれど彼女のイメージは 遠くにいても
悲しげに私の前に現れて 私に彼女のことを思い出させる

【声】
(舞台裏から)
花輪を編みましょう おお若い娘さんたち!
若者たちよ、花をボタンの穴に挿しなさい!
ブロンドの粉屋の娘は嫁入りです
今朝 恋人のところへ!

【フリッツ】
どこでも恋ばかりだ! 運命が常に
私を苦しめる...ああ!フランジェスでは婚礼が
メズニルで洗礼式が...年老いた夫婦まで
白髪で陽気に
金婚式を祝う!

【声】
(舞台裏から)
花輪を編みましょう おお若い娘さんたち!
若者たちよ、花をボタンの穴に挿しなさい!
ブロンドの粉屋の娘は嫁入りです
今朝 恋人のところへ!

【フリッツ】
ああ!なんとこの平和が心を乱すことか!
すべてが私に歌いかけているようだ  恋よ 恋よ!と

(ベッペが入ってくる)

【ベッペ】
こんにちは フリッツ!ご挨拶をしたくてね...
なぜそんなに悲しそうなんです?

【フリッツ】
何でもない...

【ベッペ】
前は笑顔で応えていたのに...
どうしたんです?

【フリッツ】
悲しみが私を苦しめているんだ!
どうしたら心が落ち着くか分からない... 

【ベッペ】
気の毒な友!
ああ!私には分かりますよ あなたが苦しんでいる病が...
私もかかったことがあります 私も治りませんでした!
それで私は自分を慰めるために歌を書きました
あなたはご存じないでしょう?歌いましょうか?

おお色白のひとよ ある日私を見つめてくれた
夢の中で戻ってきておくれ!
あまりの愛らしさが私に引き起こした
まだ私はうっとりしているのだ
ああ!あなたの目は何を求めていたのだろう?
喜び それとも涙?
色白のひとよ 戻ってきて あなたが望むものを教えて
私は何も拒みはしない!
何も、私の色白のひと あなたに何も拒まない
私はあなたに魂を捧げたのだ...
もしあなたのくちづけが死をもたらすのだとしても...構わない
おお来て くちづけしておくれ!

【フリッツ】
君もか ベッペ 君も私を苦しめに来る
想像で作りだした偽りのエクスタシーで!
ひとりにしてくれ ほっといてくれ!

【ベッペ】
じゃあ行きますよ!
気の毒な友よ!

(出て行く)

【フリッツ】
(一人で)
ベッペも恋をしていたのか...
彼の心もまた知ったのだな
人生のこの致命的な熱情を!
彼もまた火と燃えたのだな
この喜ばせもし 苦しませもする病に!

(溜息をついて)

おお愛よ おお心の美しき光よ
永遠の炎よ この世界はその内にある
悲しい愛撫よ 幸せな痛みよ
人生はお前の中にあるのだ!
やさしいのだ 夜が注ぐ光は
力強いのは太陽が常に照らす光
だがお前の輝きはすべての人を照らすのだ
心の光よ!
おお!きらめけ 永遠の明るいたいまつよ
広がってゆけ おお創造の鼓動よ!
おお!歌え 歌うのだ やすらぎの賛歌を
人生は愛なのだ!
愛よ!愛よ!

(ダヴィド入ってくる)

【ダヴィド】
(独白)
友人フリッツは恋にわずらっているな!

(進み出て)

さて、どういたしましたかな?

【フリッツ】
一人にしておいてくださいよ!

【ダヴィド】
分かります 分かりますよ あなたの気分がすぐれないのは...
聖書にあります: 「寂しき者は災いである」とね!

(意味ありげに)

すべて準備ができましたよ

【フリッツ】
何のことか分からないが...

【ダヴィド】
スゼルの婚礼のですよ...

【フリッツ】
何だって?

【ダヴィド】
顔色が変わりましたね?

【フリッツ】
具合が悪いんです
だが..本当に... スゼルは花嫁に?

【ダヴィド】
素敵な若い男のね 陽気で金持ちで...
彼女の父が今日来ますよ
あなたの承諾を貰いにね

【フリッツ】
だが.. スゼルは何も知らないのでは?

【ダヴィド】
すべて承知してます

【フリッツ】
私は承諾しないぞ...

【ダヴィド】
おお!そう言わないでください!

【フリッツ】
あなたを困らせるために私は反対するぞ...

【ダヴィド】
ご勝手に!

(フリッツは出て行く)

【ダヴィド】
(ほほ笑んで)
可哀そうにフリッツ 愛があなたの中に目覚めたんだな...
そして本当の嵐が
あなたの心にかき立てられている!

(呼び出す)

カテリーナ...

(スゼルが入ってくる ダヴィドは振り向く)

スゼルじゃないか!

【スゼル】
旦那さま!
私は果物を持って来ました。

【ダヴィド】
なぜそんなに悲しそうなんだい?かわいい娘さん
いつも幸せそうなあなたを見ていたいんだ 分かるよね?
どうしたんだい?涙なんか流して?しっかりなさい!
私が戻ったときには 笑顔を見せてくれ!

(出て行く)

【スゼル】
(ひとり)
私には涙と苦しみしか残っていません...
私にはもう夢見ることしかできない あの方の足元に倒れて
この心のすべてを告白することを
あの方の心のままに生きたいのですと!
言いたいの あなたは私の苦しみのことを
恐ろしい苦しみを分かっては下さらないのでしょうか?と
ああ!あなたの心は感じて頂けないのでしょうか
私は死んでしまいそうなのに?

(フリッツが戻ってくる)

【フリッツ】
スゼル!

【スゼル】
旦那さま!

【フリッツ】
(独白)
何て青ざめているんだろう!

(スゼルに)

何か私に言いたいことでも?

【スゼル】
私がですか?...何も...

【フリッツ】
じゃあ私に伝えに来たの さっきダヴィドが言っていたことを?
あなたは素敵な若い男と婚約したと?

【スゼル】
えっ!

【フリッツ】
(苦々しく)
私は思っていたよ あなたが来たのは
結婚式の招待状を持って来るためじゃないかと

【スゼル】
ああ!おっしゃらないでください!

【フリッツ】
なぜあなたは泣いているの?
もしかすると あなたはその男を愛していないのでは?...
それなら なぜあなたは彼と結婚するんだい?

【スゼル】
父がそうしろと

【フリッツ】
父上が?でも あなたは彼を愛していないんだろ?

【スゼル】
ええ!

【フリッツ】
なら結婚なんてやめなさい!

【スゼル】
私には勇気がないのです...
でもあなた様ならできるでしょう
私を救うことが 旦那さま!
ああ!私のためにその言葉を言ってください
言ってください 私の父に
もし私が世界でずっと一人でいるのなら
神さまは私をお救い下さるでしょう!
でもそれは 父には大きな悲しみでしょう
私は父を苦しめることになります...
だけど 心を鎖でつなぐくらいなら
私は死んだ方が良いです!

【フリッツ】
スゼル あなたは別の男を愛しているね!

【スゼル】
別の方を?いいえ 決して!

【フリッツ】
言ってくれ!教えてくれ その男の名を?

【スゼル】
ああ!

【フリッツ】
私は知りたいんだ!
そうすればその男とあなたを結婚させることもできるだろう

【スゼル】
無理です!

【フリッツ】
いいや 名前を教えてくれ!

【スゼル】
決して、決して、旦那さま たとえ死んでも!

【フリッツ】
あなたにお願いしてるんだ!

【スゼル】
ああ だめです!行かせてください!

【フリッツ】
じゃあ..もし私の腕をあなたに広げたとしたら?

【スゼル】
ああ、神さま!

【フリッツ】
もしあなたに言ったとしたら 私はあなたを愛していると!

【スゼル】
これは夢かしら?

【フリッツ】
私はあなたを愛してる あなたを愛してる 私の宝物よ
愛のやさしい姿よ!
あなたのためだけに
生きてきた 愛する人よ そしてこれからも!

【スゼル】
ああ! 言って 言ってください この心を天国に運んで!
とてもあなたに目を向けることなんてできません!
おお愛の命の光よ
ああ、輝いて 輝いて 私のために!
悩みも 涙も
私の苦しみも
今はみんな忘れられます!

【フリッツ】
おお私のスゼル ​​決して、
もうこれ以上愛せないくらい愛してる!

【スゼル】
あなたを愛しています とても愛して!私の人生はあなた!

(ダヴィドは他の人々を連れてテラスの端に現れる)


【ダヴィド】
友人たちよ 私の勝ちだ、私の勝ちだ!

【フリッツ】
おお司祭殿
愛の勝利ですな!ブドウ畑はあなたのものだ!

【ダヴィド】
ブドウ畑はスゼルのものですよ!

【フリッツ】
どういうことです?

【ダヴィド】
はっきり決めていなかったでしょう
私たちの賭けではそれが私のものになるかどうかは?
それであなたの妻に与えられることにしたいんですよ
クレールフォンテーヌのブドウ畑は!

【ベッペ カテリーナ】
ブラボー 司祭さま ブラボー!

【フェデリーコ】
(フリッツに)
君は結婚するのか フリッツ?

【ハネゾー】
だけど俺たちは絶対しないぞ?

【ダヴィド】
あなた方のことも 私は考えますよ...
あなた方の胸の中に心があるのならね
遠くないうちに愛の夜明けが来るでしょう!

【全員】
おお愛よ おお心の美しい光よ
永遠の炎よ この世界はその内にある
悲しい愛撫よ 幸せな痛みよ
人生はお前の中にあるのだ!
ATTO TERZO


(La stessa scena del primo atto. Fritz è solo.)

FRITZ
Tutto ho tentato, tutto, è sempre invano...
L'ho lasciata laggiù, senza un addio:
ma l'immagine sua, pur da lontano,
m'appare mesta e mi richiama a sè.

VOCI
(interne)
Intrecciate ghirlande, o giovinette!
Giovani, un fior mettetevi all'occhiello!
La bionda molinara è andata sposa
stamane col suo bello!

FRITZ
E da per tutto amor! Sempre il destino
mi perseguita... Ahimè! Si sposa a Franges,
a Mesnil si battezza... e fin due vecchi,
bianchi ed allegri,
fan le nozze d'oro!

VOCI
(interne)
Intrecciate ghirlande, o giovinette!
Giovani, un fior mettetevi all'occhiello!
La bionda molinara è andata sposa
stamane col suo bello!

FRITZ
Oh! questa pace come turba il core!
Come tutto mi canta: "Amore! Amore!"

(Entra Beppe.)

BEPPE
Buon giorno, Fritz! Ti volli salutare...
Perché triste così?

FRITZ
Nulla...

BEPPE
Una volta, venivi incontro con un bel sorriso...
Che cos'hai?

FRITZ
La tristezza mi tortura!
Pace trovar non so...

BEPPE
Povero amico!
Oh! Io conosco il male che tu soffri...
E l'ho provato anch'io, né son guarito!
E scrissi una canzon per consolarmi.
Non la conosci tu? Vuoi che la canti?

O pallida, che un giorno mi guardasti,
in sogno tornami!
Una dolcezza tal mi procurasti,
che ancor ne ho l'estasi!
Oh! che chiedevi tu, con gli occhi tuoi?
Ebbrezze o lagrime?
Pallida, torna a me, dimmi che vuoi,
ch'io nulla negoti!
Nulla ti so negare, pallida mia,
t'ho dato l'anima...
E se un tuo bacio dà la morte... sial
O vieni, baciami!

FRITZ
Anche tu, Beppe, giungi a torturarmi
con le mendaci ebbrezze del pensiero!
Lasciami in pace, lasciami!

BEPPE
Men vo'!
Povero amico!

(Esce.)

FRITZ
(solo)
Ed anche Beppe amò...
Anche al suo cor si apprese
questa febbre fatale della vita!
Anch'ei si accese
del male che delizia e fa soffrir!

(Sospira.)

O amore, o bella luce del core,
fiammella eterna, che il mondo ha in sè,
mesta carezza, lieto dolore,
la vita è in te!
Blanda è la luce che a notte scende,
sfolgora il sole possente ognor,
pure il tuo raggio su tutti splende,
luce del cor!
Oh! splendi, eterna limpida face,
spanditi, o palpito generator!
Oh! canta, canta l'inno di pace:
la vita è amor!
Amore! Amore!

(Entra David.)

DAVID
(da sé)
L'amico Fritz fantastica d'amore!

(avanzandosi)

Ebbene, come va?

FRITZ
Lasciami stare!

DAVID
Lo so, lo so che non ti senti bene...
Dice la Bibbia: "Al solitario, guai!"

(con mistero)

Ho combinato tutto.

FRITZ
Io non intendo...

DAVID
Per le nozze di Suzel...

FRITZ
Che mi dici?

DAVID
Impallidisci?

FRITZ
Non mi sento bene.
Ma... di' la verità... Suzel è sposa?

DAVID
Con un bel giovinotto, allegro e ricco...
Suo padre oggi verrà
pel tuo consenso.

FRITZ
Ma... Suzel non sa nulla?

DAVID
Approva tutto.

FRITZ
Io nego il mio consenso...

DAVID
Oh! non lo dire!

FRITZ
Per farti rabbia m'opporrò...

DAVID
Fa pure!

(Fritz esce.)

DAVID
(sorridendo)
Povero Fritz, l'amore in te si desta...
E una vera tempesta
s'agita nel tuo cor!

(chiamando)

Caterina...

(Entra Suzel. David si volta.)

Sei tu, Suzel!

SUZEL
Signore,
venni a portare i frutti al mio padrone.

DAVID
Perché mesta cosi? Piccina mia,
ti voglio sempre veder lieta, sai?
Che? Ti spuntan le lagrime? Fa' cuore!
Quando ritornerò sorriderai!

(Esce.)

SUZEL
(sola)
Non mi resta che il pianto ed il dolore...
Io non sogno che ai piedi suoi cader,
dirgli che tutto il core
vive del suo pensier!
Vorrei dirgli: ma tu dei miei tormenti
non comprendi l'orribile martir?
Ah! nel tuo cor non senti
che mi farai morir?

(Rientra Fritz.)

FRITZ
Suzel!

SUZEL
Signor!

FRITZ
(da sé)
Come s'è fatta pallida!

(a Suzel)

Che mi vuoi dire?

SUZEL
lo?... nulla...

FRITZ
E che mi venne allora a raccontare David?
Ch'eri già fidanzata ad un bel giovinotto?

SUZEL
Ahimè!

FRITZ
(con amarezza)
Credevo inver che tu venissi
a portarmi l'invito per le nozze.

SUZEL
Ah! non lo dite!

FRITZ
Perché piangi?
Forse non l'ami?...
E perché mai lo sposi?

SUZEL
Il babbo cosi vuol.

FRITZ
Il babbo? Ma tu non l'ami?

SUZEL
No!

FRITZ
Rifiuta le nozze!

SUZEL
Io non ho core...
Ma voi che lo potete,
salvatemi, signore!
Ah! ditela per me quella parola,
ditela al padre mio:
se anco dovessi al mondo restar sola,
m'assisterà il buon Dio!
Pel babbo, certo, è questa una gran pena,
io lo farò soffrir...
Ma, pria d'aver al cor quella catena,
preferisco morir!

FRITZ
Suzel, tu n'ami un altro!

SUZEL
Un altro? Ah, no!

FRITZ
Confessa! Dimmi, il nome suo qual'è?

SUZEL
Ahimè!

FRITZ
Saper lo voglio!
Ed io farò ch'egli ti sposi.

SUZEL
No!

FRITZ
Si, dillo a me!

SUZEL
Giammai, giammai, signor, prima morir!

FRITZ
Te ne scongiuro!

SUZEL
Ah, no! Voglio partir!

FRITZ
Ma... s'io t'aprissi le mie braccia?

SUZEL
Oh, Dio!

FRITZ
Se ti dicessi: t'amo!

SUZEL
É sogno il mio?

FRITZ
Io t'amo, t'amo, o dolce mio tesor,
soave immagine d'amor!
Di te soltanto
vivea, mio bene, e sol di te vivrò!

SUZEL
Oh! parla, parla, imparadisa il cor!
Non oso gli occhi volger su di te!
O vivo raggio d'amor,
Oh, splendi, splendi per me!
Il duolo, il pianto
e le mie pene,
tutto ora scorderò !

FRITZ
O Suzel mia, giammai,
giammai si amò di più!

SUZEL
Io t'amo, t'amo tanto! La vita mia sei tu!

(David compare seguito dagli altri sul limitare
della terrazza.)

DAVID
Amici, ho vinto, ho vinto!

FRITZ
O buon Rabbino,
vinse l'amor! La vigna è tua!

DAVID
La vigna è di Suzel!

FRITZ
Che dici?

DAVID
E non si strinse
patto fra noi che ne sarei padrone?
E sia data alla tua sposa
la vigna di Clairefontaine!

BEPPE, CATERINA
Bravo, Rabbino, bravo!

FEDERICO
(a Fritz)
Tu sposi, Fritz?

HANEZÒ
E noi che mai faremo?

DAVID
Per voi ci penseremo...
Se avete in petto il core,
Lontana non sarà l'alba d'amore!

TUTTI
O amore, o bella luce del core,
Fiammella eterna, che il mondo ha in sè,
mesta carezza, lieto dolore,
la vita e in te!


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|