オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第10場
いくつかのドア、鏡やテーブルのある部屋
ドラベッラとデスピーナ 後からフィオルディリージ

<レシタティーヴォ>

【デスピーナ】
今ようやく分かりましたよ お嬢さまが
イケてる女だってこと

【ドラベッラ】
無理だったのよ デスピーナ
なんとか抵抗しようと試みたんだけど あの誘惑魔
策略も 口先も 物腰も
たとえお前が石でできてても陥落させたでしょうよ

【デスピーナ】
すばらしいですわ!
それだけ良く分かっておられるなんて!めったにないんですよ
あたいたちみたいな貧乏な少女には
そういうちょっとうれしいことは
だからチャンスは逃さないのが大事なんです
(フィオルディリージが入ってくる)
あら お姉さまがいらっしゃいました
どうしたのです そのお顔!

【フィオルディリージ】
ひどいひとたち!
あんたたちのせいよ
あたしがこんな目に遭ったのは!

【デスピーナ】
何があったのですか
親愛なるお嬢さま?

【ドラベッラ】
どこか具合でも悪いの お姉さま?

【フィオルディリージ】
あたしの中に悪魔がいるのよ そいつに連れ去ってもらいたいわ
あたしも あんたたちも ドン・アルフォンソも あの外人たちも
それからこの世のイカレた人たちみんな

【ドラベッラ】
どうしちゃったのよ?

【フィオルディリージ】
もっと悪いわ もっと悪いのよ…
驚くでしょう あたし愛してるの でもその愛は
グリエルモだけに向けられたものじゃないわ

【デスピーナ】
とっても結構じゃございませんか!

【ドラベッラ】
じゃあ 姉さんも愛してしまったのね
あのステキな金髪を?

【フィオルディリージ】
(ため息をついて)
ああ あたしたちには不幸なことにね

【デスピーナ】
でもお見事です!

【ドラベッラ】
受けてね
七万回のキスを
あなたはブロンドの あたしは黒髪の男の
これでふたりとも花嫁だわ!

【フィオルディリージ】
何言ってんの?
あのかわいそうな人たちのことを考えないの
今朝お別れしたばかりなのに?あの涙を
あの誠実さを あなたはもう忘れたの?
そんな野蛮なやり方を
あなたはどこで学んだの?
どうしてそんなに変わっちゃったのよ 今までのあなたから?

【ドラベッラ】
聞いてよ:確信できるの
あのひとたちが戦争で死ぬことはないって
あたしたちの今までの恋人が?そのときは二人とも
途方にくれて残されるだけじゃないのよ
確実なことと不確かなこととの間には
いつも大きなギャップがあるんだから!

【フィオルディリージ】
だけど もし戻ってきたら?

【ドラベッラ】
もし戻ってきたら 可哀そうね!
あたしたちは人妻になってるし 逃げちゃってるんだから
千マイルも離れたとこに

【フィオルディリージ】
だけど あたしには分からないわ どうして
たった一日で心がこんなに変わってしまうのかが

【ドラベッラ】
なんてバカな疑問なの!女だからじゃない!
で 姉さんはどうするの?

【フィオルディリージ】
あたしは自分に打ち勝って見せるわ

【デスピーナ】
あなた様には何もできませんわ

【フィオルディリージ】
目に物見せてやるわよ

【ドラベッラ】
ねえ お姉さま 降参した方がいいわよ

N. 28 - アリア

【ドラベッラ】
愛はカワイイ泥棒
カワイイ蛇こそが愛なのよ
与えたり 奪ったりするの 安らぎを
思いのままよ 心を相手に

目から胸へと あっという間に
通り道を作ったかと思うと
魂を縛りつけて
そして自由を奪うの

甘美さと喜びを運んできてくれるわ
もしも愛のなすがままにされているのなら
だけど嫌な思いでいっぱいにされちゃうのよ
もしも逆らおうとするならば

もしもあなたの胸に居座っているのなら
もしもあなたのここを突いたのなら
すべて 愛の求めるがままにすることよ
あたしもそうするつもりだからさ

(ドラベッラとデスピーナ退場)


第11場
フィオルディリージ一人 別の部屋にはフェルランドとグリエルモとドン・アルフォンソ 後からデスピーナ

<レシタティーヴォ>

【フィオルディリージ】
全員で共謀して
あたしの心を誘惑してる!でもダメよ…死んだって
負けないわ…だけどまずかったわね 妹に
本心を明かしたのは それからあのメイドにも
あの子たち 彼に全部話して 彼をつけあがらせ
もっと積極的にさせちゃうわ…あたしの目の前に
二度と現れないようにしなければ…召使い全員を
クビにすると脅かしておきましょう
(フェルランド、グリエルモとドン·アルフォンソは最初のドアから見える別の部屋に入る)
もしあの人を中に入れたりなんかしたら…
あたしはもう絶対会いたくないのよ
あの誘惑者には

【グリエルモ】
(友に)
いいぞ!
俺の清らかなアルテミシア!お前も聞いただろ?

【フィオルディリージ】
でももしかしてドラベッラが
あたしに知らせずに…そうだ…いい考えが
浮かんだわ : あたしの家には
たくさん軍服があるでしょ
グリエルモとフェルランドの…やるっきゃないわね!…
デスピーナ!デスピーナ!

【デスピーナ】
(入ってくる)
何でございますか?

【フィオルディリージ】
ちょっと この鍵を持って 訊き返したりせず
返事もしないで
クローゼットの中に入って ここに持ってきてちょうだい
二本の剣とふたつの帽子 それに二着の軍服を
あたしたちの婚約者の

【デスピーナ】
それで何をなさるんです?

【フィオルディリージ】
行きなさい 答えなくてもいいわ

【デスピーナ】
(独白)
簡潔な御命令だこと ゴーマンなお嬢さま!
(退場)

【フィオルディリージ】
他には手がないのよ 私は願っているけど
ドラベッラも同じように
この良い手本に従ってくれると 戦場へ 戦場へ行くの:
他に手立てはないのよ
あたしたちが清らかでいるためには

【ドン・アルフォンソ】
(独白)
策は読めたぞ
(戻ってきたデスピーナに)
行ってこい 心配いらん

【デスピーナ】
(フィオルディリージに)
持って参りました

【フィオルディリージ】
じゃ 行って
六頭の馬車用の馬を
召使いに用意するようにと… ドラベッラには
あたしが話しをしたいと伝えて…

【デスピーナ】
すぐに仕度しますわ
(独白)
このひと 壊れちゃったみたいね
(退場)


第12場
フィオルディリージとフェルランド 別の部屋にグリエルモとドン・アルフォンソ

<レシタティーヴォ>

【フィオルディリージ】
フェルランドの服は
あたしにぴったりね ドラベッラには
グリエルモのが着られるでしょう この格好で
合流するのよ あたしたちの婚約者のところに あの方たちの
おそばで戦うこともできるし
必要とあらば死ぬこともできるのよ こんなものいらないわ
(頭に着けていた髪飾りをかなぐり捨てて)
くだらないアクセサリーなんて!…大っ嫌い

【グリエルモ】
(友に)
これほどの愛が他にあると思うか?

【フィオルディリージ】
あたしの髪に戻りたいなんて思わないことよ
あたしが愛しいお方とここに戻って来るまでは お前たちの代わりに  あたしはこの軍帽をかぶるわ…ああ すっかり
あたし 雰囲気も顔つきも変わったわよね!
すぐには自分でも分からないほどよ これがあたしだって!

N. 29 - デュエット

【フィオルディリージ】
また腕の中なのね あと少ししたら
誠実な婚約者の腕の
気付かれずに あの方の前に
この扮装で行きましょう
ああ どれほどの喜びを あの方の美しい心は
感じて下さるのでしょう あたしだと分かったなら!

【フェルランド】
(フィオルディリージに 入って来て)
でも一方で 苦しみのあまり
哀れなワタシは死ぬのでーす

【フィオルディリージ】
何でここで出てくるの?ヤラレたわ
ああ 出てってください!

【フェルランド】
オー ノー マイ ラブ!
(テーブルの上から剣を取り 鞘を抜く)
この剣を あなたの手で
ワタシのハートに突き刺してくーださい
もしもあなたのパワーが足りないのなら
ワタシがこの手を添えましょう
(ひざまずく)

【フィオルディリージ】
黙ってよ もーイヤ!あたし目いっぱい
苦しんでて不幸なんだから!

【フィオルディリージとフェルランド】
ああ 今はもう あたしの/彼女の貞節は
このまなざしに この言葉に
よろめき始めている!

【フィオルディリージ】
立って お立ちになって…

【フェルランド】
それはムリでーす

【フィオルディリージ】
お願いです あたしに何をお望みなの?

【フェルランド】
あなたの心です さもなければワタシの死を

【フィオルディリージ】
ああ あたしはもう あたしはもう力が出ない…

【フェルランド】
降参なさい 愛しい人よ!
(彼は彼女の手を取りキスする)

【フィオルディリージ】
神様 お導きを!

【フェルランド】
ワタシに向けてください 慈悲深いそのまなざしを
ワタシの中にあなたは ただひとり見つけることができるのです
フィアンセを 恋人を そしてお望みならそれ以上の者を
(優しく)
ワタシの崇拝する人よ もうためらわないで

【フィオルディリージ】
(震えて)
降参よ!…残酷なお方…あなたは勝ったの
あたしを好きにして

(ドン・アルフォンソはグリエルモが入って行こうとするのを押さえ付ける)

【フェルランドとフィオルディリージ】
抱き合いましょう おお愛しい人
そしてたくさんの苦しみへの慰めを願いましょう
甘い愛に溺れ
喜びにため息をつくことで!

(退場)


第13場
グリエルモとドン・アルフォンソ その後フェルランド

<レシタティーヴォ>

【グリエルモ】
ああ ショックだ!俺は何を見たんだ
何を聞いたんだあああ!

【ドン・アルフォンソ】
頼むから黙っててくれ!

【グリエルモ】
俺はこの髭をむしり取り
自分の肌を引っぺがして
星たちを間抜け亭主の角で突き刺してやりたいぞ!
あれがフィオルディリージだったってか!かのペネロペにして
世紀のアルテミシアが!淫売!
人殺し…悪女…泥棒女…雌犬…

【ドン・アルフォンソ】
(嬉しそうに 独白)
奴にはガス抜きが必要だな

【フェルランド】
(入ってくる)
どうだい!

【グリエルモ】
どこに行った?

【フェルランド】
誰がだ?お前のフィオルディリージか?

【グリエルモ】
俺のフィオル…悪魔の花め 絞め殺されちまえ
まずはあいつが それから俺だ!

【フェルランド】
(皮肉っぽく)
お前も良く分かったろ
何ごとにも違いがあるってことに…
少しばかり多くの取り柄が…

【グリエルモ】
ああ やめてくれ
やめてくれ 俺を苦しめるのは
そうじゃなく 何か手立てを
考えようぜ あいつらを罰する
小気味よくな

【ドン・アルフォンソ】
それなら分かっとる:あいつらと結婚することさ

【グリエルモ】
むしろ結婚したいぜ
地獄の渡し守の小舟と

【フェルランド】
バルカンの洞窟と

【グリエルモ】
地獄の門と

【ドン・アルフォンソ】
だったらいつまでも独身でいろ

【フェルランド】
女がいないって言いたいのか
俺たちみたいな男には?

【ドン・アルフォンソ】
たくさんおるとも
だがそいつらがマシだと思うかね あの二人でさえこうなのに?
結局のところ あの娘たちを愛しとるんだろ
あの羽根をむしられたお前たちのカラスを

【グリエルモ】
残念だが そうだ!

【フェルランド】
俺もそうなんだ!

【ドン・アルフォンソ】
だったら 受け入れるんだ
彼女たちをあるがままに 自然にはできなかったんだ
例外や 特注品に
別の練り粉を使って二人の女性を創造するようなことを
お前たちのアホな面に似合いのな 何事においても
哲学が必要だ さあ わしと一緒に来い
事態を収める
方法を考えよう
わしはまだ望んでおるぞ 今夜にも
ダブルで結婚式が行われることを ちょっとここで
八行詩をひとつ聞いてくれ
幸せになれるぞ これを覚えれば

N. 30 - アンダンテ

【ドン・アルフォンソ】
男はみな 女を責める だがわしは許す
たとえ一日に千回恋人を変えようともだ
ある者はそれを罪といい 別の者はそれを本性と呼ぶ
だがわしにはそれは心からの欲求に思えるのだ
恋する者は 自分が騙されたと気付いたら
相手を非難するな 自分の過ちを責めろ
若かろうと 老いていようと 美人だろうと そうでなかろうと
わしと一緒に繰り返して見ろ「女はみんな そういうものだ!」と

【フェルランド グリエルモとドン・アルフォンソ】
女はみんな そういうものだ!


第14場
フェルランド、グリエルモ、ドン・アルフォンソとデスピーナ

<レシタティーヴォ>

【デスピーナ】
(入ってくる)
凄いじゃないですか 旦那さま方!
結婚する気になったんです
間違いなく愛するお嬢さま方はね あなた方に代わって
あたいは約束してきましたよ 三日のうちには
あなた方と一緒にここを出発するって お命じになったんですよ
公証人を見つけてこいって
婚約の立会をするための あの方たちはご自分の部屋で
あなた方を待ってます
ご満足ですか?

【フェルランド、グリエルモとドン・アルフォンソ】
嬉しいよ

【デスピーナ】
決して結果が出ないことはありませんのよ
このデスピーナが計画に加わったときにはね

(退場)


第15場
豪勢な明るい部屋 一番奥にはオーケストラ 銀燭台の載った四人掛けのテーブル などなど
デスピーナ 召使いたち メイドたちや楽師たち それからドン・アルフォンソ

N. 31 - フィナーレ

【デスピーナ】
急いでよ ねえあんたたち
松明に火をつけて
食卓を用意してちょうだい
豪華で それから上品にね

あたいたちのお嬢さま方の
結婚式はもう準備できたんだから
(楽師たちに)
あんたたちも 自分の席についててよ
新郎新婦がここにくるまでには

【召使いや楽師たちのコーラス】
さあ みんな
松明を灯して
食卓の用意をしよう
豪華で それから上品に

【ドン・アルフォンソ】
(入ってくる)
でかした でかした!見事だ!
なんと豪勢!なんと優雅!
気前よくチップを
新郎たちははずんでくれるだろう
(ドン・アルフォンソが歌っている間に楽師たちは調弦する)
もうすぐ二組のカップルがやってくる
到着したら拍手を頼むぞ
幸せな歌と陽気な音楽で
この場を盛り上げてもらおうか

【デスピーナとドン・アルフォンソ】
(小声で 別々の戸口より出て行きながら)
これ以上ない楽しいコメディは
今まで見られなかったし これからも見られないだろう!


第16場
フィオルディリージ ドラベッラ フェルランド グリエルモ 召使いたちと楽師たち

【コーラス】
祝福あれ 二組の花婿と
そして美しい花嫁に!
恵み深い天が彼らに輝き
そしてメンドリのように
常に子宝に恵まれますように
親の美しさを受け継いだ子宝に

【フィオルディリージ、ドラベッラ、フェルランドとグリエルモ】
ここでは約束されているよう
あらゆる喜びと あらゆる愛が!
かわいいデスピーナの
もちろん 大変な功績だ

幸せな音を二倍に響かせ
甘い歌を繰り返そう
そして私たちはその間 ここに座っていよう
最高の幸せの中に

(新郎新婦たちはテーブルに向かう)

【コーラス】
祝福あれ 二組の花婿と
そして美しい花嫁に!
恵み深い天が彼らに輝き
そしてメンドリのように
常に子宝に恵まれますように
親の美しさを受け継いだ子宝に

(コーラスは退場 :新郎新婦の給仕のため四人の召使いが残る)

【フェルランドとグリエルモ】
あらゆるものが あらゆるものが 愛するダーリン
わたしのパッションにこたえてまーす

【フィオルディリージとドラベッラ】
あたしの血の中で 喜びが
大きく育ち 広がって行くのよ

【フェルランドとグリエルモ】
あなたはとてもビューティフォーでーす!

【フィオルディリージとドラベッラ】
あなたはとてもイケてるわ!

【フェルランドとグリエルモ】
何てキレイな瞳でしょう!

【フィオルディリージとドラベッラ】
何てステキな口元!

【フェルランドとグリエルモ】
乾杯して飲みましょう!
(グラスを手に持つ)

【フィオルディリージとドラベッラ】
飲んでグラスを重ねましょう!

【フィオルディリージ、ドラベッラとフェルランド】
あなたの そしてわたしのグラスの中で
すべての思いが沈んで行きますように
そして消えてしまいますように 思い出は
わたしたちの心の中の過去の
(女たちが飲む)

【グリエルモ】
(独白)
ああ、毒でも飲みやがれ
この恥知らずの女狐どもめ!


第17場
フィオルディリージ、ドラベッラ、フェルランド、グリエルモとドン·アルフォンソ。その後公証人に扮したデスピーナ

【ドン・アルフォンソ】
(入ってくる)
皆さま方 すべて整いましたぞ
結婚の契約書を携えて
公証人は階段上におります
すぐにここに来るでしょうぞ

【フィオルディリージ、ドラベッラ、フェルランドとグリエルモ】
ブラボー、ブラボー!お通しください

【ドン・アルフォンソ】
呼びに行きましょう いや もう来てますな

【デスピーナ】
(入ってきて 鼻声で)
皆皆様方に幸多きことを願いたてまつりまして
この公証人ベッカヴィーヴィ
みなさまの前に参上つかまつりましてございます
公証人の尊厳をもちまして

取り交わしますこの契約につきましては
通常のルールに則りました上で
法的な形式を整えてはございまするが
まずは咳払い それから着座いたしまして
明瞭なる声にて読み上げることといたします

【フィオルディリージ ドラベッラ フェルランドとグリエルモ】
ブラボー ブラボー すばらしい!

【デスピーナ】
私が作成いたしました契約によりまして
婚姻が成立いたします
フィオルディリージはセンプローニオと
そしてティーツィオがドラベッラ
先の新婦の実の妹たる者と
新婦両名はフェラーラの貴婦人
新郎両名はアルバニアの貴族
さらにまた持参金と結納金としては…

【フィオルディリージ ドラベッラ フェルランドとグリエルモ】
全部分かってます 全部分かってます
信頼して お任せしましょう
サインしますから ここにください

【デスピーナとドン・アルフォンソ】
でかした でかした お見事!
(契約書はドン・アルフォンソの手の中にある ドラムの大きな音と遠くの歌声が聞こえてくる)

【コーラス】
(舞台裏で)
すばらしき哉 軍隊生活!
毎日 われらは場所を変える
今日は大幅に 明日はほんの少しと
今は陸の上 今は海の上と

【フィオルディリージ、ドラベッラ、デスピーナ、フェルランドとグリエルモ】
何の騒ぎ!何の歌声!

【ドン・アルフォンソ】
静かにしなさい わしが見てこよう
(窓のところに行く)
たいへんだ!
天の神様!
何と恐ろしいことだ!
わしは震え 凍りつくぞ!
お前たちの婚約者が…

【フィオルディリージとドラベッラ】
あたしの婚約者ですって…

【ドン・アルフォンソ】
なんでこんな時に
帰ってくるんだ 畜生め!
もう岸に
上陸しておるぞ!

【フィオルディリージ、ドラベッラ、フェルランドとグリエルモ】
なんということでしょう!
残酷な運命の星よ!
こんなときには
いったいどうすれば?

(召使いたちはテーブルを片付け 楽師たちはあわてて去る)

【フィオルディリージとドラベッラ】
(恋する男たちへ)
すぐに逃げて!

【フェルランド、グリエルモ、デスピーナとドン・アルフォンソ】
だけどもしも奴らに見つかったら?

【フィオルディリージとドラベッラ】
すぐに逃げて!

【フェルランド、グリエルモ、デスピーナとドン・アルフォンソ】
だけどもしも奴らに出くわしたら?
(ドン·アルフォンソは別の部屋にデスピーナを連れて行く)

【フィオルディリージとドラベッラ】
あそこに あそこに 隠れてください
どうか お願いですから!
(別の部屋に男たちを行かせる。彼らは見つからないように退場する)
神さま お助けください!

【ドン・アルフォンソ】
安心しろ…

【フィオルディリージとドラベッラ】
神さま お導きを!

【ドン・アルフォンソ】
落ち着くんだ…

【フィオルディリージとドラベッラ】
(ほとんど半狂乱で)
だれがこの難局から
あたしたちを救ってくださるの?

【ドン・アルフォンソ】
わしに任せろ
すべてうまく行くから

【フィオルディリージとドラベッラ】
何千もの恐ろしい考えが
あたしの心を苦しめるわ
もしもこの浮気がバレたら
あたしたち いったいどうなるのかしら?


最終場
フィオルディリージとドラベッラ。軍服のマントと帽子をつけたフェルランドとグリエルモ 別の部屋の中にはデスピーナ それとドン·アルフォンソ

【フェルランドとグリエルモ】
元気に 無事で 愛に抱かれて
俺たちのサイコーに貞淑な婚約者のもとに
喜びにみちて戻ってきたぞ
彼女たちの貞節に報いるために

【ドン・アルフォンソ】
驚いたぞ グリエルモ!フェルランド!
ああ 何という喜びだ ここには どうして いつ?

【フェルランドとグリエルモ】
陛下が命令を取り消されて
幸せと喜びに胸を膨らませ
俺たちは愛する花嫁のもとに戻った
あんたの友情のもとに戻ったのさ

【グリエルモ】
(フィオルディリージに)
どうして蒼ざめて黙ってるんだい?

【フェルランド】
(ドラベッラに)
俺のフィアンセはどうして悲しげなんだよ?

【ドン・アルフォンソ】
喜ぶあまりに混乱しボーッとして
すっかり何も言えなくなったのさ

【フィオルディリージとドラベッラ】
(独白)
ああ この唇からは言葉が出ない
もし死ななかったら これは奇跡だわ

(召使いたちがトランクを持ってくる)

【グリエルモ】
置いてくれないか
そのトランクはあっちの部屋に
(デスピーナが出て行った部屋の戸口に行き すぐに戻ってくる)

なんだよ おい!男が隠れてるじゃないか?
公証人か?ここで何してるんだ?

【デスピーナ】
(帽子なしで戻ってきて)
いいえ 旦那さま 公証人じゃありません
デスピーナの変装なんです
舞踏会からたった今戻ってきて
服を着替えにここに来たんです

【フェルランドとグリエルモ】
(独白)
これほどずる賢い女は
なかなか居らんだろうな?

【デスピーナ】
あたいほどの賢い女が
他にいると思いまして?

(ドン·アルフォンソはちゃっかりと女たちが署名した契約書を落とす)

【フィオルディリージとドラベッラ】
デスピーナ?デスピーナなの?
さっぱり分かんないわ あたしどうなってるのか

【ドン・アルフォンソ】
(そっと男たちに)
契約書は落としたぞ
上手に拾ってくれよ

【フェルランド】
(契約書を拾って)
何だ この書類は?

【グリエルモ】
結婚契約書では?

【フェルランドとグリエルモ】
(娘たちに)
何だこれは!お前たちのサインがあるじゃないか
誤魔化したって無駄だぞ
裏切ったな 裏切ったな!
さあ はっきりさせようじゃないか
それから小川に 大河に 海に
血が流れることになるぜ!
(他の部屋に行こうとする 女たちはそれを引きとめようとする)

【フィオルディリージとドラベッラ】
ああ あなた あたしが悪かったわ
死だけをあたしはあなたに求めます
あたしの間違いに気付くのが遅かったの
その剣でこの胸を刺してください
この全く同情に値しない胸を!

【フェルランドとグリエルモ】
どういうことなんだ?

【フィオルディリージとドラベッラ】
(ドン・アルフォンソとデスピーナを指して)
あたしたちの代わりに話しなさいよ
むごい男 誘惑した女!

【ドン・アルフォンソ】
こいつの言うことはあまりにも真実だ
そしてその証拠はあそこに閉じこめてある
(彼ら恋する男たちが今入っていった部屋を指さす)

【フィオルディリージとドラベッラ】
(独白)
恐ろしさのあまり 凍りついてしまうわ
どうしてバラすのよ!

(フェルランドのとグリエルモはちょっとの間部屋に入り それから帽子とマントをつけず 口ひげもなしで今までの変装の服をまとって恋人たちとデスピーナをからかう)


【フェルランド】
(フィオルディリージに)
ご挨拶いたしましょう
うつくしいお嬢さま
騎士でございますよ
アルバニアの!

【グリエルモ】
(ドラベッラに)
小さな肖像画を
あの小さなハートの代わりに
さあお返ししましょう
お嬢さま

【フェルランドとグリエルモ】
(デスピーナに)
磁気を扱う
お医者さまに
敬意を表しましょう
しかるべき敬意を!

【フィオルディリージ ドラベッラ デスピーナ】
まあ 何なの これ?

【フェルランド、グリエルモとドン・アルフォンソ】
驚いたか!

【フィオルディリージ ドラベッラ デスピーナ】
この気まずさには耐えられない!

【フェルランド、グリエルモとドン・アルフォンソ】
彼女たち マジギレだぞ

【フィオルディリージとドラベッラ】
(ドン・アルフォンソを指して)
こいつが詐欺師よ
あたしたちを騙したの

【ドン・アルフォンソ】
わしはお前たちを騙したさ だが騙したことで
お前たちの恋人の勘違いを直してやったぞ
これでこいつらもちっとは賢くなって
わしが望んだ通りのことをしてくれるだろうて
(彼らをペアにして抱き合わせる)
さあ右手を お前たちは新婚夫婦だ
抱き合うがいい 何も言わず
四人とも さあ 笑うんだ
わしが今まで笑ったように そしてこれからも笑うのと

【フィオルディリージとドラベッラ】
いとしいあなた もしこれが現実なら
誠実さと愛とで
あなたの心に償いをさせていただいて
あたしはあなたをずっと大切にするわ

【フェルランドとグリエルモ】
それを信じるぜ 美しい恋人よ
だがそれを試すのは もうこりごりだ

【デスピーナ】
夢か現実か さっぱり分かんない
取り乱しちゃって あたい恥ずかしいわ
ま いっか あたいもハメられたみたいだけど
今まであたいが大勢の男にしてきたことだからね

【全員】
幸せ者だ 考えることができるのは
あらゆることを 良い方に
そしてどんな事件や出来事にあっても
理性的に振舞えるなら

ほかの人間なら泣かされるようなことでも
彼にとっては 笑いの種
この世界の旋風の真っ只中にいても
心地よい静けさを見いだすのだ

(台本:L.ダ·ポンテ)
SCENA DECIMA
Camera con diverse porte, specchio e tavolini.
Dorabella e Despina; poi Fiordiligi.

Recitativo

DESPINA
Ora vedo che siete
Una donna di garbo.

DORABELLA
Invan, Despina,
Di resister tentai: quel demonletto
Ha un artifizio, un'eloquenza, un tratto
Che ti fa cader giù se sei di sasso.

DESPINA
Corpo di Satanasso!
Questo vuol dir saper! Tanto di raro
Noi povere ragazze
Abbiamo un po' di bene,
Che bisogna pigliarlo allor ch'ei viene.
entra Fiordiligi
Ma ecco la sorella.
Che ceffo!

FIORDILIGI
Sciagurate!
Ecco per colpa vostra
In che stato mi trovo!

DESPINA
Cosa è nato,
Cara madamigella?

DORABELLA
Hai qualche mal, sorella?

FIORDILIGI
Ho il diavolo che porti
Me, te, lei, Don Alfonso, i forestieri
E quanti pazzi ha il mondo.

DORABELLA
Hai perduto il giudizio?

FIORDILIGI
Peggio, peggio...
Inorridisci: io amo, e l'amor mio
Non è sol per Guglielmo.

DESPINA
Meglio, meglio!

DORABELLA
E che forse anche tu se' innamorata
Del galante biondino?

FIORDILIGI
sospirando
Ah, purtroppo per noi.

DESPINA
Mo' brava!

DORABELLA
Tieni
Settantamila baci:
Tu il biondino, io il brunetto,
Eccoci entrambe spose!

FIORDILIGI
Cosa dici?
Non pensi agli infelici
Che stamane partir? Ai loro pianti,
Alla lor fedeltà tu più non pensi?
Così barbari sensi
Dove, dove apprendesti?
Sì diversa da te come ti festi?

DORABELLA
Odimi: sei tu certa
Che non muoiano in guerra
I nostri vecchi amanti? E allora entrambe
Resterem colle man piene di mosche.
Tra un ben certo e un incerto
C'è sempre gran divario!

FIORDILIGI
E se poi torneranno?

DORABELLA
Se torneran, lor danno!
Noi saremo allor mogli, noi saremo
Lontane mille miglia.

FIORDILIGI
Ma non so come mai
Si può cangiar in un sol giorno un core.

DORABELLA
Che domanda ridicola! Siam donne!
E poi, tu com'hai fatto?

FIORDILIGI
Io saprò vincermi.

DESPINA
Voi non saprete nulla.

FIORDILIGI
Farò che tu lo veda.

DORABELLA
Credi, sorella, è meglio che tu ceda.

N. 28 - Aria

DORABELLA
È amore un ladroncello,
Un serpentello è amor;
Ei toglie e dà la pace,
Come gli piace, ai cor.

Per gli occhi al seno appena
Un varco aprir si fa,
Che l'anima incatena
E toglie libertà.

Porta dolcezza e gusto
Se tu lo lasci far,
Ma t'empie di disgusto
Se tenti di pugnar.

Se nel tuo petto ei siede,
S'egli ti becca qui,
Fa' tutto quel ch'ei chiede,
Che anch'io farò così

Dorabella e Despina partono


SCENA UNDICESIMA
Fiordiligi sola; poi Ferrando, Guglielmo e Don Alfonso in altra camera; indi Despina

Recitativo

FIORDILIGI
Come tutto congiura
A sedurre il mio cor! Ma no... si mora
E non si ceda... errai quando alla suora
Io mi scopersi, ed alla serva mia.
Esse a lui diran tutto, ed ei più audace,
Fia di tutto capace... agli occhi miei
Mai più non comparisca... a tutti i servi
Minaccerò il congedo.
Ferrando, Guglielmo e Don Alfonso entrano in un'altra camera che si vede per la porta della prima
Se lo lascian passar...
veder nol voglio,
Quel seduttor.

GUGLIELMO
agli amici
Bravissima!
La mia casta Artemisia! La sentite?

FIORDILIGI
Ma potria Dorabella,
Senza saputa mia... Piano... un pensiero
Per la mente mi passa: in casa mia
Restar molte uniformi
Di Guglielmo e di Ferrando... ardir!...
Despina! Despina!

DESPINA
entrando
Cosa c'è?

FIORDILIGI
Tieni un po' questa chiave, e senza replica,
Senza replica alcuna,
Prendi nel guardaroba e qui mi porta
Due spade, due cappelli e due vestiti
De' nostri sposi.

DESPINA
E che volete fare?

FIORDILIGI
Vanne, non replicare.

DESPINA
fra sé
Comanda in abrégé donna Arroganza!
parte

FIORDILIGI
Non c'è altro, ho speranza
Che Dorabella stessa
Seguirà il bell'esempio. Al campo, al campo:
Altra strada non resta
Per serbarci innocenti.

DON ALFONSO
fra sé
Ho capito abbastanza.
a Despina, che ritorna
Vanne pur, non temer.

DESPINA
a Fiordiligi
Eccomi.

FIORDILIGI
Vanne.
Sei cavalli di posta
Voli un servo a ordinar... di' a Dorabella
Che parlar le vorrei...

DESPINA
Sarà servita.
fra sé
Questa donna mi par di senno uscita.
parte


SCENA DODICESIMA
Fiordiligi, poi Ferrando; Guglielmo e Don Alfonso nell'altra camera.

Recitativo

FIORDILIGI
L'abito di Ferrando
Sarà buono per me; può Dorabella
Prender quel di Guglielmo. In questi arnesi
Raggiungerem gli sposi nostri, al loro
Fianco pugnar potremo
E morir se fa d'uopo. Ite in malora,
si cava quello che tiene in testa
Ornamenti fatali!... Io vi detesto.

GUGLIELMO
agli amici
Si può dar un amor simile a questo?

FIORDILIGI
Di tornar non sperate alla mia fronte
Pria ch'io qui torni col mio ben; in vostro
Loco porrò questo cappello... oh, come
Ei mi trasforma le sembianze e il viso!
Come appena io medesma or mi ravviso!

N. 29 - Duetto

FIORDILIGI
Fra gli amplessi in pochi istanti
Giungerò del fido sposo,
Sconosciuta a lui davanti
In quest'abito verrò.
Oh, che gioia il suo bel core
Proverà nel ravvisarmi!

FERRANDO
a Fiordiligi, entrando
Ed intanto di dolore
Meschinello io mi morrò.

FIORDILIGI
Cosa veggio! Son tradita.
Deh, partite!

FERRANDO
Ah no, mia vita!
prende la spada dal tavolino, la sfodera, ecc.
Con quel ferro di tua mano
Questo cor tu ferirai,
E se forza oddio non hai
Io la man ti reggerò.
s'inginocchia

FIORDILIGI
Taci, ahimè! Son abbastanza
Tormentata ed infelice!

FIORDILIGI E FERRANDO
Ah, che omai la mia/sua costanza
A quei sguardi, a quel che dice,
Incomincia a vacillar!

FIORDILIGI
Sorgi, sorgi...

FERRANDO
Invan lo credi.

FIORDILIGI
Per pietà, da me che chiedi?

FERRANDO
Il tuo cor, o la mia morte.

FIORDILIGI
Ah, non son, non son più forte...

FERRANDO
Cedi, cara!
le prende la mano e gliela bacia

FIORDILIGI
Dei, consiglio!

FERRANDO
Volgi a me pietoso il ciglio:
In me sol trovar tu puoi
Sposo, amante, e più se vuoi.
tenerissimamente
Idol mio, più non tardar.

FIORDILIGI
tremando
Giusto ciel!... Crudel... hai vinto,
Fa' di me quel che ti par.

Don Alfonso trattiene Guglielmo che vorrebbe entrare


FERRANDO E FIORDILIGI
Abbracciamci, o caro bene,
E un conforto a tante pene
Sia languir di dolce affetto,
Di diletto sospirar!

partono


SCENA TREDICESIMA
Guglielmo e Don Alfonso; poi Ferrando

Recitativo

GUGLIELMO
Oh poveretto me! cosa ho veduto,
Cosa ho sentito mai!

DON ALFONSO
Per carità, silenzio!

GUGLIELMO
Mi pelerei la barba,
Mi graffierei la pelle,
E darei colle corna entro le stelle!
Fu quella Fiordiligi! la Penelope,
L'Artemisia del secolo! Briccona!
Assassina... furfante... ladra... cagna...

DON ALFONSO
lieto, fra sé
Lasciamolo sfogar.

FERRANDO
entrando
Ebben!

GUGLIELMO
Dov'è?

FERRANDO
Chi? La tua Fiordiligi?

GUGLIELMO
La mia Fior... fior di diavolo, che strozzi
Lei prima e dopo me!

FERRANDO
ironicamente
Tu vedi bene:
V'han delle differenze in ogni cosa...
Un poco di più merto...

GUGLIELMO
Ah, cessa amico,
Cessa di tormentarmi
Ed una via piuttosto
Studiam di castigarle
Sonoramente.

DON ALFONSO
Io so qual è: sposarle.

GUGLIELMO
Vorrei sposar piuttosto
La barca di Caronte!

FERRANDO
La grotta di Vulcano.

GUGLIELMO
La porta dell'inferno.

DON ALFONSO
Dunque, restate celibi in eterno.

FERRANDO
Mancheran forse donne
Ad uomin come noi?

DON ALFONSO
Non c'è abbondanza d'altro.
Ma l'altre che faran, se ciò fer queste?
In fondo, voi le amate
Queste vostre cornacchie spennacchiate.

GUGLIELMO
Ah pur troppo!

FERRANDO
Pur troppo!

DON ALFONSO
Ebben pigliatele
Com'elle son. Natura non potea
Fare l'eccezione, il privilegio
Di creare due donne d'altra pasta
Per i vostri bei musi; in ogni cosa
Ci vuol filosofia. Venite meco;
Di combinar la cosa
Studierem la maniera.
Vo' che ancor questa sera
Doppie nozze si facciano. Frattanto
Un'ottava ascoltate:
Felicissimi voi, se la imparate.

N. 30 - Andante

DON ALFONSO
Tutti accusan le donne, ed io le scuso
Se mille volte al dì cangiano amore;
Altri un vizio lo chiama ed altri un uso,
Ed a me par necessità del core.
L'amante che si trova alfin deluso
Non condanni l'altrui, ma il proprio errore;
Già che giovani, vecchie, e belle e brutte,
Ripetetel con me: «Così fan tutte!»

FERRANDO, GUGLIELMO E DON ALFONSO
Così fan tutte!


SCENA QUATTORDICESIMA
Ferrando, Guglielmo, Don Alfonso e Despina

Recitativo

DESPINA
entrando
Vittoria, padroncini!
A sposarvi disposte
Son le care madame; a nome vostro
Loro io promisi che in tre giorni circa
Partiranno con voi. L'ordin mi diero
Di trovar un notaio
Che stipuli il contratto; alla lor camera
Attendendo vi stanno.
Siete così contenti?

FERRANDO, GUGLIELMO E DON ALFONSO
Contentissimi.

DESPINA
Non è mai senza effetto
Quand'entra la Despina in un progetto.

partono


SCENA QUINDICESIMA
Sala ricchissima illuminata. Orchestra in fondo. Tavola per quattro persone con doppieri d'argento ecc.
Despina, servitori, servette e suonatori; poi Don Alfonso.


N. 31 - Finale

DESPINA
Fate presto, o cari amici,
Alle faci il fuoco date
E la mensa preparate
Con ricchezza e nobiltà.

Delle nostre padroncine
Gli imenei son già disposti.
ai suonatori
E voi gite ai vostri posti,
Finché i sposi vengon qua.

CORO DI SERVI E SUONATORI
Facciam presto, o cari amici,
Alle faci il fuoco diamo
E la mensa prepariamo
Con ricchezza e nobiltà.

DON ALFONSO
entrando
Bravi, bravi! Ottimamente!
Che abbondanza! che eleganza!
Una mancia conveniente
L'un e l'altro a voi darà.
mentre Don Alfonso canta, i suonatori accordano
Le due coppie omai si avanzano,
Fate plauso al loro arrivo,
Lieto canto e suon giulivo
Empia il ciel d'ilarità.

DESPINA E DON ALFONSO
sottovoce, partendo per diverse porte
No, più bella commediola
Non s'è vista, o si vedrà!


SCENA SEDICESIMA
Fiordiligi, Dorabella, Ferrando, Guglielmo, servi e suonatori.


CORO
Benedetti i doppi coniugi
E le amabili sposine!
Splenda lor il ciel benefico
Ed a guisa di galline
Sien di figli ognor prolifiche,
Che le agguaglino in beltà.

FIORDILIGI, DORABELLA, FERRANDO E GUGLIELMO
Come par che qui prometta
Tutto gioia e tutto amore!
Della cara Despinetta
Certo il merito sarà.

Raddoppiate il lieto suono,
Replicate il dolce canto,
E noi qui seggiamo intanto
In maggior giovialità.

Gli sposi si mettono alla tavola

CORO
Benedetti i doppi coniugi
E le amabili sposine!
Splenda lor il ciel benefico
Ed a guisa di galline
Sien di figli ognor prolifiche,
Che le agguaglino in beltà.

il coro parte: restano quattro servitori per servire gli sposi


FERRANDO E GUGLIELMO
Tutto, tutto, o vita mia,
Al mio fuoco or ben risponde.

FIORDILIGI E DORABELLA
Pel mio sangue l'allegria
Cresce, cresce e si diffonde.

FERRANDO E GUGLIELMO
Sei pur bella!

FIORDILIGI E DORABELLA
Sei pur vago!

FERRANDO E GUGLIELMO
Che bei rai!

FIORDILIGI E DORABELLA
Che bella bocca!

FERRANDO E GUGLIELMO
Tocca e bevi!
toccano i bicchieri

FIORDILIGI E DORABELLA
Bevi e tocca!

FIORDILIGI, DORABELLA E FERRANDO
E nel tuo, nel mio bicchiero
Si sommerga ogni pensiero.
E non resti più memoria
Del passato ai nostri cor.
le donne bevono

GUGLIELMO
fra sé
Ah, bevessero del tossico,
Queste volpi senza onor!


SCENA DICIASETTESIMA
Fiordiligi, Dorabella, Ferrando, Guglielmo e Don Alfonso; poi Despina in veste di notaio.

DON ALFONSO
entrando
Miei signori, tutto è fatto.
Col contratto nuziale
Il notaio è sulle scale
E ipso facto qui verrà.

FIORDILIGI, DORABELLA, FERRANDO E GUGLIELMO
Bravo, bravo! Passi subito.

DON ALFONSO
Vo a chiamarlo: eccolo qua.

DESPINA
entrando, con voce nasale
Augurandovi ogni bene
Il notaio Beccavivi
Coll'usata a voi sen viene
Notarile dignità.

E il contratto stipulato
Colle regole ordinarie
Nelle forme giudiziarie,
Pria tossendo, poi sedendo,
Clara voce leggerà.

FIORDILIGI, DORABELLA, FERRANDO E GUGLIELMO
Bravo, bravo in verità!

DESPINA
Per contratto da me fatto,
Si congiunge in matrimonio
Fiordiligi con Sempronio,
E con Tizio Dorabella
Sua legittima sorella,
Quelle, dame ferraresi,
Questi, nobili albanesi.
E, per dote e contradote...

FIORDILIGI, DORABELLA, FERRANDO E GUGLIELMO
Cose note, cose note,
Vi crediamo, ci fidiamo:
Soscriviam, date pur qua.

DESPINA E DON ALFONSO
Bravi, bravi in verità!
la carta resta in mano di Don Alfonso. Si sente un gran suono di tamburo e canto lontano

CORO
di dentro
Bella vita militar!
Ogni dì si cangia loco,
Oggi molto e doman poco,
Ora in terra ed or sul mar.

FIORDILIGI, DORABELLA, DESPINA, FERRANDO E GUGLIELMO
Che rumor! che canto è questo!

DON ALFONSO
State cheti; io vo a guardar.
va alla finestra
Misericordia!
Numi del cielo!
Che caso orribile!
Io tremo, io gelo!
Gli sposi vostri...

FIORDILIGI E DORABELLA
Lo sposo mio...

DON ALFONSO
In questo istante
Tornaro, oddio!
Ed alla riva
Sbarcano già!

FIORDILIGI, DORABELLA, FERRANDO E GUGLIELMO
Cosa mai sento!
Barbare stelle!
In tal momento
Che si farà?

I servi portano via la tavola, e i suonatori partono in fretta

FIORDILIGI E DORABELLA
agli amanti
Presto partite!

FERRANDO, GUGLIELMO, DESPINA E DON ALFONSO
Ma se ci/li veggono?

FIORDILIGI E DORABELLA
Presto fuggite!

FERRANDO, GUGLIELMO, DESPINA E DON ALFONSO
Ma se ci/li incontrano?
Don Alfonso conduce Despina in una camera

FIORDILIGI E DORABELLA
Là, là, celatevi,
Per carità!
conducono gli amanti in un'altra camera. Essi ne escono non veduti e partono
Numi, soccorso!

DON ALFONSO
Rasserenatevi...

FIORDILIGI E DORABELLA
Numi, consiglio!

DON ALFONSO
Ritranquillatevi...

FIORDILIGI E DORABELLA
quasi frenetiche
Chi dal periglio
Ci salverà?

DON ALFONSO
In me fidatevi,
Ben tutto andrà.

FIORDILIGI E DORABELLA
Mille barbari pensieri
Tormentando il cor mi vanno.
Se discoprono l'inganno,
Ah di noi che mai sarà?


SCENA ULTIMA
Fiordiligi e Dorabella; Ferrando e Guglielmo con mantelli e cappelli militari; Despina in camera; Don Alfonso.


FERRANDO E GUGLIELMO
Sani e salvi, agli amplessi amorosi
Delle nostre fidissime amanti
Ritorniamo, di gioia esultanti,
Per dar premio alla lor fedeltà.

DON ALFONSO
Giusti numi, Guglielmo! Ferrando!
Oh, che giubilo, qui, come, e quando?

FERRANDO E GUGLIELMO
Richiamati da regio contrordine,
Pieno il cor di contento e di giolito,
Ritorniamo alle spose adorabili,
Ritorniamo alla vostra amistà.

GUGLIELMO
a Fiordiligi
Ma cos'è quel pallor, quel silenzio?

FERRANDO
a Dorabella
L'idol mio perché mesto si sta?

DON ALFONSO
Dal diletto confuse ed attonite
Mute mute si restano là.

FIORDILIGI E DORABELLA
fra sé
Ah, che al labbro le voci mi mancano,
Se non moro un prodigio sarà.

i servi portano un baule

GUGLIELMO
Permettete che sia posto
Quel baul in quella stanza.
esce dalla porta per la quale è uscita Despina, e rientra immediatamente
Dei, che veggio! Un uom nascosto?
Un notaio? Qui che fa?

DESPINA
rientrando, ma senza cappello
No, signor, non è un notaio;
È Despina mascherata
Che dal ballo or è tornata
E a spogliarsi or venne qua.

FERRANDO E GUGLIELMO
fra sé
Una furba uguale a questa
Dove mai si troverà?

DESPINA
Una furba che m'agguagli
Dove mai si troverà?

Don Alfonso lascia cadere accortamente il contratto sottoscritto dalle donne

FIORDILIGI E DORABELLA
La Despina? La Despina?
Non capisco come va.

DON ALFONSO
sottovoce agli amanti
Già cader lasciai le carte,
Raccoglietele con arte.

FERRANDO
raccogliendo il contratto
Ma che carte sono queste?

GUGLIELMO
Un contratto nuziale?

FERRANDO E GUGLIELMO
alle ragazze
Giusto ciel! Voi qui scriveste;
Contradirci omai non vale:
Tradimento, tradimento!
Ah si faccia il scoprimento
E a torrenti, a fiumi, a mari
Indi il sangue scorrerà!
vanno per entrare nell'altra camera; le donne li arrestano

FIORDILIGI E DORABELLA
Ah, signor, son rea di morte
E la morte io sol vi chiedo.
Il mio fallo tardi vedo:
Con quel ferro un sen ferite
Che non merita pietà!

FERRANDO E GUGLIELMO
Cosa fu?

FIORDILIGI E DORABELLA
additando Don Alfonso e Despina
Per noi favelli
Il crudel, la seduttrice!

DON ALFONSO
Troppo vero è quel che dice,
E la prova è chiusa lì.
Accenna la camera dov'erano entrati prima gli amanti

FIORDILIGI E DORABELLA
fra sé
Dal timor io gelo, io palpito;
Perché mai li discoprì!

Ferrando e Guglielmo entrano un momento in camera, poi sortono senza cappello, senza mantelli e senza mustacchi, ma coll'abito finto ecc. e burlano in modo ridicolo le amanti e Despina

FERRANDO
a Fiordiligi
A voi s'inchina,
Bella damina,
Il cavaliere
Dell'Albania!

GUGLIELMO
a Dorabella
Il ritrattino
Pel coricino
Ecco io le rendo,
Signora mia.

FERRANDO E GUGLIELMO
a Despina
Ed al magnetico
Signor dottore
Rendo l'onore
Che meritò!

FIORDILIGI, DORABELLA E DESPINA
Stelle, che veggo!

FERRANDO, GUGLIELMO E DON ALFONSO
Son stupefatte!

FIORDILIGI, DORABELLA E DESPINA
Al duol non reggo!

FERRANDO, GUGLIELMO E DON ALFONSO
Son mezze matte.

FIORDILIGI E DORABELLA
accennando Don Alfonso
Ecco là il barbaro
Che c'ingannò.

DON ALFONSO
V'ingannai, ma fu l'inganno
Disinganno ai vostri amanti,
Che più saggi omai saranno,
Che faran quel ch'io vorrò.
li unisce e li fa abbracciare
Qua le destre, siete sposi.
Abbracciatevi e tacete.
Tutti quattro ora ridete,
Ch'io già risi e riderò.

FIORDILIGI E DORABELLA
Idol mio, se questo è vero,
Colla fede e coll'amore
Compensar saprò il tuo core,
Adorarti ognor saprò.

FERRANDO E GUGLIELMO
Te lo credo, gioia bella,
Ma la prova io far non vo'.

DESPINA
Io non so se veglio o sogno,
Mi confondo, mi vergogno.
Manco mal, se a me l'han fatta,
Che a molt'altri anch'io la fo.

TUTTI
Fortunato l'uom che prende
Ogni cosa pel buon verso,
E tra i casi e le vicende
Da ragion guidar si fa.

Quel che suole altrui far piangere
Fia per lui cagion di riso,
E del mondo in mezzo ai turbini
Bella calma proverà.

(libretto: L. da Ponte)


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|