オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

対訳完成作品一覧

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

"パルジファル"border="0"

目次


第1幕

  • かつて十字架上のイエス・キリストの血を受けたといわれる「聖杯(グラール)」と「聖槍」は、天使たちにより聖者ティトゥレルに託され、「聖杯城」の「聖杯騎士団(グラールの騎士)」によって守られていた。ティトゥレルの跡を継いで、この聖杯騎士団のリーダーとなったアンフォルタスの苦悩は、そのような聖なる地位にありながら絶世の美女であるクンドリーに誘惑され、あろうことか彼女を操る「聖者くずれ」のクリングゾルに聖槍までも奪われたことである。
  • 一方、クンドリーもまた、遠い昔、十字架へ向かうイエス・キリストに激しい恋情を抱きつつもその姿を嘲笑ったため、泣くこともできないまま、狂ったように世界を永遠にさすらう運命を負わされている。彼女の願いは、イエスのような聖者に出会い、その癒しを得ることなのだが、彼女が誘惑する「聖者」は誰ひとりとして彼女の容姿の美しさに抵抗することができない。
  • クンドリーとアンフォルタスの二人が心から願っていることは「彼らとともに悩む清らかな愚か者」と出会うことであり、その愚か者こそパルジファルである。第1幕では、高齢の聖杯騎士グルネマンツが、パルジファルを「清らかな愚か者」だと直感し、彼を聖杯城内に導く。しかし、儀式を執り行うアンフォルタスの苦悩を見ても、パルジファルは何も理解せず突っ立ったままなので、グルネマンツは失望して彼を追い出す。

第2幕

  • 第2幕は、クリングゾルの「魔法の園」。クリングゾルもかつては聖者を志したのだが、その道に挫折したために聖杯騎士団を恨み、砂漠に歓楽の園を作りだし、彼らを性的欲望の道に誘惑しているのである。クリングゾルは黒魔術でクンドリーを呼び出し、はじめはいやがっていたクンドリーも「花の乙女たち」とともにパルジファルを誘惑しはじめる。
  • しかし、クンドリーがパルジファルに初めての口づけを与えた瞬間、パルジファルはアンフォルタスの「愛の苦しみ」を理解し、飛び起きる。この人こそ自分の探していた「救い主」だと確信したクンドリーは、歓喜に満ちてますますパルジファルを誘惑しようとするが、ついに彼に拒否される。
  • クンドリーはクリングゾルを呼び出し、彼は「聖槍」をパルジファル目がけて投げつけるが、槍はパルジファルの頭上で静止する。槍を取り戻したパルジファルが十字を切ると「魔の園の偽りの栄華」は崩れ落ちる。

第3幕

  • 第3幕では、迷いの道をさすらってきたパルジファルが聖杯の領地へと帰ってくる。そこには、すでにかつての荒々しさをなくしたクンドリーとグルネマンツとがいて、彼を祝福する。時あたかもイエス・キリストが十字架に架けられた「聖金曜日」。野は明るく輝き、救い主になるための苦しみを味わい尽くしたパルジファルの口づけに、クンドリーはついに救いを見出し、その頬には初めて涙が浮かぶ。
  • パルジファルはグルネマンツに導かれ、ふたたび聖杯城の中に入るが、聖杯騎士団の状態はすでに末期症状を呈している。彼らはティトゥレルの遺骸を前に儀式の執行をアンフォルタスに強要するが、彼はあくまで抵抗し「死なせてくれ」と叫ぶ。そこにパルジファルが聖槍を差し出すと、アンフォルタスの顔は喜びに輝く。悩み続けてきた彼もついに救いを得た。聖槍の帰還を受けて聖杯(グラール)は赤々と輝き、人々がパルジファルを「救い主」として称えると幕が閉じられる。


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ wagnerianchan



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|