オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第一幕

第1場
城塞の外
ブドウ棚のある居酒屋。海沿いで、後ろに城壁が見える。夕方である。雷と嵐が吹き荒れている。
イアーゴー、後からロデリーゴ、カッシオ、モンターノ、オテロ。キプロスの兵士やベネツィア人たち

【キプロス人たち】
帆だ、帆だ!旗だ!旗だ!
[稲妻と雷鳴]

【モンターノ】
翼を持ったライオンの旗だ!

【カッシオ】
[舞台奥から登場して]
稲妻に浮かび上がって見えるぞ

【新たにやってきた人々】
ラッパの音だ!
[大砲の音]

【全員】
大砲の音だ!

【カッシオ】
あれが司令官の船だ!

【モンターノ】
沈んだ,,,いや、また浮かび上がったぞ!

【カッシオ】
へさきが波から浮かび上がった!

【幾人かのキプロス人】
[絶え間ない閃光]
雲や波が船を覆い隠そうとしても
稲妻の閃光がその姿を浮かび上がらせるのだ

【全員】
[稲妻と雷鳴]
稲妻だ!雷鳴だ!大渦だ!荒れ狂う嵐と閃光!
[稲妻]
波は立ち騒ぐ! 風は震える! 海も山も震えるのだ
[舞台奥より地元の女たちが大勢登場してくる]
冷たく盲目の荒れ狂った精霊が、天空を引き裂く
神はこの暗い空を揺るがしている、黒いベールのような空を
全てが煙のようだ、全てが火のようだ!恐ろしい闇が
炎と燃え、消えて再び深い闇へと還る
宇宙は苦悶し、幻の北風が吹き過ぎる
巨人のトランペットが天に鳴り響く
[女たちは怯え、祈りながら岸壁の方に向かって行く]

[稲妻、閃光と雷鳴が続く]
神よ、大嵐の中に輝けるお方!
神よ、砂丘の中にほほ笑まれたるお方!
救い給え あの船と
ヴェネツィアの幸運の旗を!
御身 星と運命を支配されるお方よ!
御身、世界と天界を統べるお方よ!
穏やかな海の底深く
忠実なる碇を沈めさせたまえ

【イアーゴー】
[閃光]
帆が裂けたぞ!

【ロデリーゴ】
[再び閃光]
へさきが岩にぶつかる!

【合唱】
救い給え!救い給え!

【イアーゴー】
[ロデリーゴへ]
[再び閃光]
(あの激しい海がやつの墓になればいい!)

【キプロス人たち】
助かった!助かった!

【舞台裏からの声】
ボートを下せ!
[遠くの雷鳴 閃光]
ロープを渡せ!しっかり結べ!

【キプロス人たち】
[遠くで雷鳴]
力一杯漕げ!岸辺まで!
[岸壁の階段を降りながら]

舞台裏からの声
上陸だ!上陸だ!

【キプロス人たち】
やったぞ!やったぞ!やったぞ!

【オテロ】
[水夫や兵士たちと共に岸壁の階段を登ってきて]

喜べ!傲慢なムスリムどもは
海に葬られた、われらと天に栄光あれ!
いくさの後 嵐がやつらを打ちのめしたのだ

【キプロス人たち】
ばんざいオテロ!ばんざい!ばんざい!ばんざい!
勝利だ!勝利だ!勝利だ!
殲滅され 蹴散らされ 破壊され 葬り去られたのだ
騒乱のうちにやつらは
やつらを弔うのは 波のしぶきと
旋風の渦
それに海の深淵だけだ
嵐は静まった

【イアーゴー】
[そっとロデリーゴへ]
ロデリーゴ殿、さて、何を考えておられる?

【ロデリーゴ】
身を投げようかと

【イアーゴー】
愚か者のすることじゃ 女のために身を投げるなど
[何人かの人々が傍らに薪を積み上げる 群衆たちは興味深げにがやがやとまわりに集まってくる]

【ロデリーゴ】
その女を征服するすべもないのだ

【イアーゴー】
まあ、冷静になりなされ、待ちなされ
時がくるのを。美しいデズデモナを
貴殿は憧れて密かに夢に見ておられるようですが
すぐに彼女も嫌になるのですから おぞましいくちづけなど
あの野蛮人のむくれた唇の
なあロデリーゴ殿、貴殿の誠実な友として
申し上げれば、いかなる苦悩におられようと
私は貴殿をお助けできましょうぞ。もしも脆い誓いが
あの女の誓いが 解きほぐせる程のものであれば
私や地獄の知恵によって、お約束できましょう
あの女が貴殿のものになることを。まあお聞きを -
愛しているふりはすれど、私はあのムーア人が大嫌いなのです
[カッシオ登場 兵士の一団も彼に加わる]

【イアーゴー】
[ずっとロデリーゴのそばにいて]
私の怒りの理由は見ての通り
[カッシオを指さす]
あのめかしこんだ副官殿が奪ったのです
[奥の方を下級船員たちが通り過ぎ続けている]
私の地位をね、その地位は何百もの
戦いを戦った私にこそふさわしいものでした
オテロの考えは違ってたようですな、私は相変わらずの
あのムーア人殿下の...旗手のままです!
[薪の山から煙の雲が立ち昇り始める]

まあ、貴殿が確かにロデリーゴであられるように
あのムーア人の身になって見れば
イアーゴーのような奴を近くで見たくないのは事実でしょうな
貴殿が私の言うことに耳を傾けるなら...
[火が燃え上がる。給仕たちは祝宴のため葡萄棚を明るく照らす]

【合唱】
喜びの火、陽気な炎は
その輝きで夜を追い払う
揺らぎ 火花を散らし はじけ 燃え上がる
明るい炎は私たちの心に忍びこんで
描き出すのさ おぼろげな姿を
その姿はあたりを巡り 群れをなしてうつろう
陽気な歌を歌う乙女たちとなるかと思えば
火のように舞う蝶々となる
ヤシの木が イチジクの木が燃やされて
花嫁たちは歌う 誠実な夫と共に
黄金の炎の幸せなコーラスの上に
天国の熱い精霊たちが息づいている
喜びの炎は、すばやく輝く!
すばやく消え去る、愛の炎は!
輝き、翳り、ときめき、揺れて、
最後にちらつき、きらめき、そして消える
[炎は少しずつ消えてゆく、嵐はやんでいる]
[イアーゴー、ロデリーゴ、カッシオと他の幾人かの武装した男たち ワインがあるテーブルの周りに集まる:何人かは立って、何人かは座っている]

【イアーゴー】
ロデリーゴ殿、飲みましょうぞ!こちらに杯が、副官殿

【カッシオ】
いや もう飲まん

【イアーゴー】
[カッシオの杯にボトルを近づけて]
一口くらいはお飲み下され

【カッシオ】
[杯を引いて]
いいや

【イアーゴー】
ご覧ください!今日はキプロス中が盛り上がっております!
喜びの夜なのですから...

【カッシオ】
やめてくれ。もう頭の中がくらくらしてるんだ
一杯空けただけで

【イアーゴー】
いや まだまだお飲みくださいよ
オテロとデズデモナの結婚を祝して!

【キプロス人たち】
ばんざい!

【カッシオ】
[自分のグラスを上げて、少し飲み]
あの方はこの浜辺の花だな

【イアーゴー】
[そっとロデリーゴに]
(あやつの言うことを聞いておきなさい)

【カッシオ】
彼女の輝く美しさは多くの心を魅了する

【ロデリーゴ】
だが彼女はとても慎ましいのだ

【カッシオ】
君も、イアーゴー、彼女を讃えて歌えよ!

【イアーゴー】
[ロデリーゴにそっと]
(あやつの言うことを聞いておきなさい)
[強い調子でカッシオに]
私は単なる評論家ですからな

【カッシオ】
そして彼女はどのような賞賛にもまして美しいのだ

【イアーゴー】
[前と同じようにロデリーゴに、離れて]
(あのカッシオにはご注意召されよ)

【ロデリーゴ】
何を恐れているのだ?

【イアーゴー】
[なおも静かにロデリーゴに]
(あの話し方は
もうあまりにも熱くなっております、あの屈強な
若さが駆り立てるんでしょうな、やつは抜け目ない
女たらし 貴殿の恋の邪魔をします
お気をつけて...)

【ロデリーゴ】
それで?

【イアーゴー】
[なおも静かにロデリーゴに]
(やつは酔い潰れると正気を失う!
もっと飲ませてしまいなされ)
[給仕たちに]
さあ、ボーイども、ワインだ!
[イアーゴーは3つのグラスを満たす 自分のために1つ、ロデリーゴに1つ、カッシオに1つ]
[給仕たちはピッチャーを持って歩き回る]
[カッシオ、手にグラスを取る、群衆は近づいて来て、興味深そうに眺める]
喉を潤そう!
飲もう 飲もうぞ!
燃え尽きてしまうまで
歌と酒とが

【カッシオ】
[イアーゴーに、グラスを手に]
ブドウのこの
強烈な飲み物は
ぼんやりと曇らせるのだ
霧で私の頭の中を

【イアーゴー】
[全員に]
取りつかれてしまった者は
酒の神の誘惑に
大胆で気まぐれになるぞ
一緒に飲もう!一緒に飲もう
飲め、飲め、一緒に飲め!

【全員】
取りつかれてしまった者は
酒の神の誘惑に
大胆で気まぐれになるぞ
貴殿と一緒に飲もうぞ

【イアーゴー】
[ロデリーゴに カッシオを指さして]
(あと一杯で やつはつぶれますぞ)

【ロデリーゴ】
[イアーゴーに]
(あと一杯で やつはつぶれるな)

【イアーゴー】
世界が動悸を打つぞ 酔いつぶれれば!
挑戦してやろうぞ 皮肉な神と運命に!

【カッシオ】
[再び飲んで]
まるで 美しい
リュートの響きのようにふらつき
喜びが踊っているぞ
私のよろめく先には!

【イアーゴー】
取りつかれてしまった者は...

【全員】
取りつかれてしまった者は...

【イアーゴー】
[ロデリーゴに]
あと一杯で やつはつぶれますぞ!

【ロデリーゴ】
[イアーゴーに]
あと一杯で やつはつぶれるな!

【イアーゴー】
[全員に]
活気あふれる杯から臆病者が逃げるぞ ...

【カッシオ】
[さえぎって]
私の心の底を見られてるようだな!
[飲む]

【イアーゴー】
この心の中...悪だくみが隠れている

【カッシオ】
私は恐れぬぞ 恐れたりせぬぞ真実を

【イアーゴー】
取りつかれてしまった者は...
... 酒の神の誘惑に ...

【カッシオ】
[よろめき]
恐れたりせぬぞ真実を...
...恐れたりせぬぞ真実を

【イアーゴー】
...一緒に飲もう...

【カッシオ】
恐れたりせぬぞ真実を...

【イアーゴー】
飲もう、一緒に飲もう......

【カッシオ】
そして飲んで飲んで飲んで...

【キプロス人たち】
[コー​​ラスの半分ほど 笑う]
アハ!アハ アハ!ハハ!ハハ!...
アハ...アハ!ハハ!ハハ!

【カッシオ】
[最初のメロディを繰り返そうとするが、思い出せない]
さかずきの...

【イアーゴー】
[ロデリーゴへ]
(彼はしこたま酔っていますぞ)

【カッシオ】
杯の...
縁まで......

【イアーゴー】
(けしかけなされ
争いに引きずり込むのです
奴はすぐに怒りだしますよ)

【キプロス人たち】
[カッシオを笑う]
ハハ!ハハ!

【イアーゴー】
(貴殿を罵るでしょう...騒ぎになりますぞ!)

【カッシオ】
[また歌い始めるが、喉を詰まらせて]
杯の縁まで......

【イアーゴー】
(考えても見なされ あの幸せなオテロの
婚礼の初夜をめちゃくちゃにするのですぞ!)

【ロデリーゴ】
[心を決めて]
(そして、それが私を駆り立てるのだ)

【カッシオ】
まっ ......... まっ まっ赤な

【キプロス人たち】
アハ!ハハ!ハハ!

【ロデリーゴ、イアーゴー、カッシオ、キプロス人たち】
飲もう、一緒に飲もう、一緒に飲もうぞ
[皆飲み続ける]

【モンターノ】
[城からやって来て、カッシオに向かって]
副官殿
砦で番兵たちが待っております

【カッシオ】
[よろめきながら]
よし行こう

【モンターノ】
何と言う光景だ?

【イアーゴー】
[モンターノに]
(毎晩このように
カッシオは眠りの前準備ですぞ)

【モンターノ】
[イアーゴーに]
(オテロ様に知って頂かなくてはな)

【カッシオ】
さあ砦に行こう

【ロデリーゴ キプロス人たち】
アハ、アハ!アハ、アハ!

【カッシオ】
誰だ 笑ってるのは?

【ロデリーゴ】
[挑発する]
酔っ払いを笑ってるのさ...

【カッシオ】
[ロデリーゴに掴みかかる]
貴様の背中に気をつけろ!悪党!

【ロデリーゴ】
[防御しながら]
酔っ払い野郎!

【カッシオ】
悪党め!誰も貴様を助けられんぞ!

【モンターノ】
[力ずくで引き離し、カッシオに向かって]
手を引きなされ、副官殿、お頼み申す

【カッシオ】
[モンターノ]
じゃま立てすると 貴様の脳天をぶち割るぞ

【モンターノ】
酔っ払いのたわ言か

【カッシオ】
酔っ払いだと!
[彼の剣を抜く。モンターノも自分の武器を取り激しく戦う。群衆は引く]

【イアーゴー】
[そっとロデリーゴへ]
(港へ行かれよ そこであらん限りの声で
叫ぶのです 暴動だ 暴動だ!と
さあ!騒ぎを広めるのです、恐怖を。半鐘も
鳴らしてしまいなされ)

[ロデリーゴ駆け出す。 イアーゴーは争っている二人に急いで向き直り]

【イアーゴー】
お二人とも!ひどい争いはお止めくだされ!

【キプロスの女たち】
逃げましょう
逃げましょう!

【イアーゴー】
ああ!モンターノはもう血を流しておるぞ!
何という狂った争いだ!

【女たち】
逃げましょう 逃げましょう!

【イアーゴー】
やめなされ!

【男たち】
やめなされ!

【女たち】
死んでしまうわ!

【男たち】
やめなされ!

【イアーゴー】
[まわりの者たちに]
誰もこの争いは止められぬ!
叫んで警告してくれ!こやつらは悪魔に魅入られたのだ!
[戦いは続く。女たちや他の者たちはその場から逃げ出す]


【合唱】
争いだ!争いだ!助けて!助けて!!
[鐘が打ち鳴らされる]


第2場
オテロ、イアーゴ、カッシオ、モンターノ、群衆、兵士たち、少し後からデズデモナ

【オテロ】
[松明を持つ人々を引き連れて登場]
剣を引け!
[二人は争いを止める。群衆たちも次第に離れていく]
おい!一体何ごとだ。私はサラセン人の中にいるのか?
それともトルコ人の怒りがお前たちの血の中に混じって
お互いを引き裂いたのか?忠実なイアーゴーよ
私を慕ってくれるなら お前から説明してはくれぬか

【イアーゴー】
分かりません.....ここではみな礼儀正しい友人でした
今しがたまでは、陽気な.....ところが突然 まるで
悪の星が現れたかのように
彼らの心を惑わし 武器を取らせて
怒りに任せて争わせたのです.... 私はまず
ここにやってきたこの足を切り落としたいほどの思いです

【オテロ】
カッシオよ
どうしたらそれほどまでに自分を忘れられる?

【カッシオ】
お慈悲を..お許しを..返す言葉もございません..

【オテロ】
モンターノ..

【モンターノ】
[兵士に支えられながら]
私は負傷してしまいました..

【オテロ】
負傷しておると!..何たること
私の血が煮えたぎるぞ。ああ!この怒りのため
われらの守護天使が逃げ去って行く!
[デズデモナが現れる]
どうしたのだ?私の愛しいデズデモナまでもが
お前たちのせいで夢から覚まされたのか?
カッシオ、お前はもはや副官ではない
[カッシオは剣を落とし、それをイアーゴーは拾い上げる]
[兵士へカッシオの剣を手渡す]

【イアーゴー】
[ひとりごと]
(ああ、俺の勝利だ!)

【オテロ】
イアーゴーよ、お前は怯えている町に行け
この一隊と共に そして平静を取り戻すのだ
[イアーゴー退場]
モンターノを介抱してやれ。自分の家に
[モンターノは城に連れられて行く]
みな帰るのだ。私はここに留まっていよう
[誰も逆らえない仕草で]
この城壁から誰もいなくなるまで
[舞台には誰もいなくなる。オテロは松明を持って付き従ってきた男たちにも城に帰るように言い渡す]


第3場
オテロとデズデモナ

【オテロ】
すでに厚い夜の闇に
すべてのざわめきも消えた
怒りに燃えていた私の心も既に
この抱擁になだめられ 静かになった
いくさよ轟け 世界よ崩れ去れ
もし巨大な怒りの後に
この巨大な愛が現れるのならば!

【デズデモナ】
私の誇り高き戦士さま!どれほど多くの苦しみが、
どれほどの悲しみのため息が そしてどれほどの希望が
甘い抱擁に私たちを導いたことでしょう!
ああ!何と甘美なことでしょう 一緒に囁き合うことは
覚えていらっしゃいますか!
あなたはよく話してくださいました 亡命生活のこと
誇り高き出来事のこと、長く続いた悲しみのこと
魂を奪われて私は聞き惚れました
ある時は恐れながら あるときは心を魅了されながら

【オテロ】
話したな 剣の響きのこと、戦いのこと
そして、死の突破口への勇敢な突撃のこと
恐ろしいツタのようによじ登った襲撃のこと
この爪を使って矢が飛び交う中を

【デズデモナ】
それから私を誘って下さいました、輝く荒野や
焼けつく砂地、あなたの故郷に
そしてお話し下さいました 苦しみのことを
鎖に繋がれた奴隷の悲しみを

【オテロ】
涙でこの物語は磨きあげられたのだ
お前のきれいな顔と唇のため息で
降りてきたのだ、私の暗闇の上に栄光が
天国が そして祝福の星たちが

【デズデモナ】
そして、私はあなたの暗いこめかみの間に見出したのです
この世のものと思えない美しさの本物の輝きを

【オテロ】
そして、お前は私の不幸のゆえに私を愛して
私はその慈愛のためにお前を愛したのだ

【デズデモナ】
そして、私はあなたの不幸のゆえにあなたを愛し
そしてあなたはこの慈愛のために私を愛して下さった

【オテロ】
そして、お前は私を愛した...

【デズデモナ】
そして、あなたは私を愛した...

【オテロ】
そして、私はお前を愛して...

【オテロ、デズデモナ】
...お前の(私の)慈愛のため

【オテロ】
[とても甘美に]
来たれ 死よ!捕らえるがいい 恍惚の中
この抱擁の
最高の瞬間に!
[空はすっかり晴れ渡る:地平線の端でいくつかの星たちが輝き 昇っていく月の青い反映が見える]

このような魂の喜びを私は恐れている、
恐れているのだ それがもう二度と許されないのではないかと
このすばらしい瞬間が
私の運命の未知の明日にあって

【デズデモナ】
神様がそんな心配を払いのけて下さいますわ
この愛が年月を経ても変わりませんように

【オテロ】
お前の祈りに
「アーメン」と、天使たちの一団が答えるだろう

【デズデモナ】
「アーメン」と答えるでしょう

【オテロ】
[城壁の階段にもたれて]
ああ!喜びがあふれてくる
誇らしげに...私は喘いで横たわっている...
さあ くちづけを...

【デズデモナ】
オテロ様!

【オテロ】
くちづけを...今一度のくちづけを
[立ち上がって空を見上げ]
すでに燃えるプレアデスの星たちは海に沈んだ

【デズデモナ】
夜も更けました

【オテロ】
おいで...金星が輝いている

【デズデモナ】
オテロ様!
[抱き合いながら城に向かう]
ATTO PRIMO

SCENA I
L'esterno del Castello.
Una taverna con pergolato. Gli spaldi nel fondo e il mare. È sera. Lampi, tuoni, uragano.
Jago, Roderigo, Cassio, Montano, più tardi Otello. Ciprioti e Soldati veneti.

CIPRIOTI
Una vela! Una vela! Un vessillo! Un vessillo!
Lampi e tuoni

MONTANO
È l'alato Leon!

CASSIO
Entro le scene lontano
Or la folgor lo svela.

ALTRI CHE SOPRAGGIUNGONO
Uno squillo!
Colpo di cannone

TUTTI
Ha tuonato il cannon!

CASSIO
È la nave del Duce.

MONTANO
Or s'affonda or s'inciela. . .

CASSIO
Erge il rostro dall'onda.

ALCUNI CIPRIOTTI
continui lampi
Nelle nubi si cela e nel mar,
e alla luce dei lampi ne appar.

TUTTI
Lampi, un Tuono
Lampi! tuoni! gorghi! turbi tempestosi e fulmini!
un fulmine
Treman l'onde! treman l'aure! treman basi e culmini.
entrano dal fondo molte donne del popolo
Fende l'etra un torvo e cieco spirto di vertigine.
Iddio scuote il cielo bieco, come un tetro vel.
Tutto è fumo! tutto è fuoco! l'orrida caligine
si fa incendio, poi si spegne più funesta.
Spasima l'universo, accorre a valchi l'aquilon fantasima,
i titanici oricalchi squillano nel ciel.
con gesti dipavento e di supplicazione e rivolti verso lo spaldo
Fulmini, lampi, e tuoni continui
Dio, fulgor della bufera!
Dio, sorriso della duna!
Salva l'arca e la bandiera
della veneta fortuna!
Tu, che reggi gli astri e il Fato!
Tu, che imperi al mondo e al ciel!
Fa che in fondo al mar placato
posi l'àncora fedel.

JAGO
un lampo
È infranto l'artimon!

RODERIGO
altro lampo
Il rostro piomba su quello scoglio!

CORO
Aita! Aita!

JAGO
a Roderigo
ancora un lampo
(L'alvo frenetico del mar sia la sua tomba!)

CIPRIOTI
È salvo! è salvo!

VOCI INTERNE
Gittate i palischermi!
Tuono lontano. Un lampo
Mano alle funi! Fermi!

CIPRIOTI
Tuono lontano
Forza ai remi! Alla riva!
scendono la scala dello spaldo

VOCI INTERNE
All'approdo! allo sbarco!

CIPRIOTI
Evviva! Evviva! Evviva!

OTELLO
dalla scala della spiaggia salendo sullo spaldo con seguito di marinai e soldati
Esultate! L'orgoglio musulmano
sepolto è in mar; nostra e del ciel è gloria!
Dopo l'armi lo vinse l'uragano.

CIPRIOTI
Evviva Otello! Evviva! evviva! evviva!
Vittoria! Vittoria! Vittoria!
Stermino, dispersi, distrutti, sepolti nell'orrido
Tumulto piombâr
Avranno per requie la sferza dei flutti,
la ridda dei turbini,
l'abisso del mar.
Si calma la bufera.

JAGO
in disparte a Roderigo
Roderigo, ebben, che pensi?

RODERIGO
D'affogarmi.

JAGO
Stolto è chi s'affoga per amor di donna.
Alcuni del popolo formano da un lato una castasta di legna: la folla s'accalca intorno turbolenta e curiosa

RODERIGO
Vincer nol so.

JAGO
Suvvia, fa senno, aspetta
l'opra del tempo. A Desdemona bella,
che nel segreto de' tuoi sogni adori,
presto in uggia verranno i foschi baci
di quel selvaggio dalle gonfie labbra.
Buon Roderigo, amico tuo sincero
mi ti professo, nè in più forte ambascia
soccorrerti potrei. Se un fragil voto
di femmina non è tropp'arduo nodo
pel genio mio nè per l'inferno, giuro
che quella donna sarà tua. M'ascolta -
benchè finga d'amarlo, odio quel Moro.
Entra Cassio: poi s'unisce a un crocchio di soldati

JAGO
sempre in disparte a Roderigo
E una cagion dell'ira, eccola, guarda.
Indicando Cassio
Quell'azzimato capitano usurpa
continua il passaggio della bassa ciurma nel fondo
il grado mio, il grado mio che in cento
ben pugnate battaglie ho meritato;
tal fu il voler d'Otello, ed io rimango
di sua Moresca Signoria. . .l'alfiere!
dalla catasta incominciano ad alzarsi dei globi di fumo sempre più
Ma, come è ver che tu Roderigo sei
cosi è pur vero che se il Moro io fossi
vedermi non vorrei d'attorno un Jago.
Se tu m'ascolti...
Il fuoco divampa. I tavernieri illuminano a festa il pergolato

CORO
Fuoco di gioia, l'ilare vampa
fuga la notte col suo splendor.
Guizza, sfavilla, crepita, avvampa
fulgido incendio che invade il cor.
Dal raggio attratti vaghi sembianti
movono intorno mutando stuol,
e son fanciulle dai lieti canti,
e son farfalle dall'igneo vol.
Arde la palma col sicomoro,
canta la sposa col suo fedel;
sull'aurea fiamma, sul lieto coro
soffia l'ardente spiro del ciel.
Fuoco di gioia, rapido brilla!
Rapido passa, fuoco d'amor!
Splende, s'oscura, palpita, oscilla,
l'ultimo guizzo, lampeggia e muor.
il fuoco si spegne a poco a poco: la bufera è cessata
Jago, Roderigo, Cassio e parecchi altri uomini d'arme intorno a un tavolo dove c'è del vino:
parte in piedi, parte seduti

JAGO
Roderigo, beviam! Qua la tazza, Capitano.

CASSIO
Non bevo più.

JAGO
avvicinando il boccale alla tazza di Cassio
Ingoia questo sorso.

CASSIO
Ritirando il bicchiere
No.

JAGO
Guarda! Oggi impazza tutta Cipro!
È una notte di gioia, dunque…

CASSIO
Cessa. Già m'arde il cervello
per un nappo vuotato.

JAGO
Sì, ancora bever devi.
Alle nozze d'Otello e Desdemona!

CIPRIOTI
Evviva!

CASSIO
alzando il bicchiere e bevendo un poco
Essa infiora questo lido.

JAGO
sottovoce a Roderigo
(Lo ascolta)

CASSIO
Col vago suo raggiar chiama i cuori a raccolta.

RODERIGO
Pur modesta essa è tanto.

CASSIO
Tu, Jago, canterai le sue lodi!

JAGO
piano a Roderigo
(Lo ascolta)
forte a Cassio
Io non sono che un critico.

CASSIO
Ed ella d'ogni lode è più bella.

JAGO
come sopra, a Roderigo, a parte
(Ti guarda da quel Cassio)

RODERIGO
Che temi?

JAGO
ancora a piano a Roderigo
(Ei favella
già con troppo bollor, la gagliarda
giovinezza lo sprona, è un astuto
seduttor che t'ingombra il cammino.
Bada… )

RODERIGO
Ebben?

JAGO
ancora a piano a Roderigo
(S'ei inebria è perduto!
Fallo ber)
ai tavernieri
Qua, ragazzi, del vino!
Jago riempie tre bicchieri: un per sé, uno per Roderigo, uno per Cassio.
I tavernieri circolano colle anfore.
a Cassio, col bicchiere in mano: la folla gli si avvicina e lo guarda curiosamente
Inaffia l'ugola!
Trinca, tracanna!
Prima che svampino
canto e bicchier.

CASSIO
a Jago, col bicchiere in mano
Questa del pampino
verace manna
di vaghe annugola
nebbie il pensier.

JAGO
a tutti
Chi all'esca ha morso
del ditirambo
spavaldo e strambo
beva con me! beva con me,
beva, beva, beva con me!

TUTTI
Chi all'esca ha morso
del ditirambo
spavaldo e strambo
Beve con te.

JAGO
a Roderigo indicando Cassio
(Un altro sorso è brillo egli è)

RODERIGO
a Jago
(Un altro sorso è brillo egli è)

JAGO
Il mondo palpita quand'io son brillo!
Sfido l'ironico Nume e il destin!

CASSIO
bevendo ancora
Come un armonico
liuto oscillo;
La gioia scalpita
sul mio cammin!

JAGO
Chi all'esca ha morso, etc…

TUTTI
Chi all'esca ha morso, etc…

JAGO
a Roderigo
Un altro sorso e brillo egli è!

RODERIGO
a Jago
Un altro sorso e brillo egli è!

JAGO
a tutti
Fuggan dal vivido nappo i codardi…

CASSIO
interrompendo
In fondo all'anima ciascun mi guardi!
beve

JAGO
… che in cor nascondono frodi.

CASSIO
Non temo, non temo il ver.

JAGO
Chi all'esca ha…
… morso del ditirambo…

CASSIO
barcollando
non temo il ver, …
… non temo il ver.

JAGO
… bevi con me …

CASSIO
non temo il ver…

JAGO
bevi, bevi con me.

CASSIO
e bevo e bevo e bevo…

CIPRIOTI
La metà del Coro. Ridendo
Ah! Ah Ah! Ah ah! Ah ah!…
… Ah ah! Ah ah! Ah ah!

CASSIO
vorrebbe ripetere il primo motivo, ma non si sovviene
Del calice…

JAGO
a Roderigo
(Egli è briaco fradicio)

CASSIO
del calice…
… gli orli …

JAGO
(Ti scuoti.
Lo trascina a contesa.
è pronto all'ira)

CIPRIOTI
gli altri ridono di Cassio
Ah ah! Ah ah!

JAGO
(t'offenderà. . .ne seguirà tumulto!)

CASSIO
ripiglia, ma con voce soffocata
del calice… gli orli…

JAGO
(Pensa che puoi così del lieto Otello
turbar la prima vigilia d'amor!)

RODERIGO
risoluto
(Ed è ciò che mi spinge)

CASSIO
… s'impor… s'impor… s'imporporino.

CIPRIOTI
Ah! Ah ah! Ah ah!

RODERIGO, JAGO, CASSIO, CIPRIOTI
Bevi, bevi con me, bevi con me.
Tutti bevono

MONTANO
venendo dal Castello, si rivolge a Cassio
Capitano,
v'attende la fazione ai baluradi.

CASSIO
barcollando
Andiamo.

MONTANO
Che vedo?

JAGO
a Montano
(Ogni notte in tal guisa
Cassio preludia al sonno)

MONTANO
a Jago
(Otello il sappia)

CASSIO
Andiamo ai baluardi.

RODERIGO e CIPRIOTI
Ah, ah! Ah, ah!

CASSIO
Chi ride?

RODERIGO
provocandolo
Rido d'un ebro…

CASSIO
scagliandosi contro Roderigo
Bada alle tue spalle! Furfante!

RODERIGO
difendendosi
Briaco ribaldo!

CASSIO
Marrano! Nessun più ti salva!

MONTANO
separandoli a forza e dirigendosi a Cassio
Frenate la mano, Signor, ve ne prego.

CASSIO
a Montano
Ti spacco il cerebro se qui t'interponi.

MONTANO
Parole d'un ebro. . .

CASSIO
D'un ebro?!
sguainando la spada. Montano s'arma anch'esso. Assalto furibondo. La folla si ritrae

JAGO
a parte a Roderigo
(Va al porto, con quanta più possa
ti resta, gridando: sommossa! sommossa!
Va! spargi il tumulto, l'orror. Le campane
risuonino a stormo)

Roderigo esce correndo. Jago si rivolge rapidamente ai due combattenti

JAGO
Fratelli! l'immane conflitto cessate!

DONNE CIPRIOTI
fuggendo
Fuggiam!

JAGO
Ciel! già gronda di sangue Montano!
Tenzon furibonda!

DONNE
Fuggiam, fuggiam!

JAGO
Tregua!

UOMINI
Tregua!

DONNE
S'uccidono!

UOMINI
Pace!

JAGO
agli astanti
Nessun più raffrena quel nembo pugnace!
Si gridi l'allarme! Satana gl'invade!!
Continua il combattimento. Donne fuggendo ed altre entro le scene

CORO
All'armi!! All'armi!! Soccorso!! Soccorso!!
Campane a stormo


SCENA II
Otello, Jago, Cassio, Montano, popolo, soldati; più tardi Desdemona.

OTELLO
seguito da genti con fiaccole
Abbasso le spade!
I Combattenti s'arrestano. Le nubi si diradano a poco a poco
Olà! Che avvien? Son io fra i Saraceni?
O la turchesa rabbia è in voi trasfusa
da sbranarvi l'un l'altro? Onesto Jago,
per quell'amor che tu mi porti, parla.

JAGO
Non so. . . qui tutti eran cortesi amici,
dianzi, e giocondi. . .ma ad un tratto, come
se un pianeta maligno avesse a quelli
smagato il senno, sguainando l'arme
s'avventano furenti. . .avess'io prima
stroncati i pie' che qui m'addusser!

OTELLO
Cassio,
come obliasti te stesso a tal segno?

CASSIO
Grazia. . . perdon. . . parlar non so. . .

OTELLO
Montano. . .

MONTANO
sostenuto da un soldato
Son ferito. . .

OTELLO
Ferito!. . . pel cielo
Già il sangue mio ribolle. Ah! l'ira volge
l'angelo nostro tutelare in fuga!
accorendo a Desdemona
Che? La mia dolce Desdemona anch'essa
per voi distolta da' suoi sogni?
Cassio, non sei più capitano.
Cassio lascia cadere la spada che è raccolta da Jago
pergendo la spada di Cassio ad un soldato

JAGO
a sé stesso
(Oh, mio trionfo!)

OTELLO
Jago, tu va nella città sgomenta
con quella squadra a ricompor la pace.
Jago esce
Si soccorra Montano. Al proprio tetto
Montano è accompagnato nel Castello
Ritorni ognun. Io da qui non mi parto
a tutti con gesto imperioso
se pria non vedo deserti gli spaldi.
La Scena si vuota. Otello fa cenno agli uomini colle fiaccole che lo accompagnano di rientrare nel castello.


SCENA III
Otello e Desdemona

OTELLO
Già nella notte densa
s'estingue ogni clamor.
Già il mio cor fremebondo
s'ammansa in quest'amplesso e si rinsensa.
Tuoni la guerra e s'inabissi il mondo
se dopo l'ira immensa
vien quest'immenso amor!

DESDEMONA
Mio superbo guerrier! Quanti tormenti,
quanti mesti sospiri e quanta speme
ci condusse ai soavi abbracciamenti!
Oh! com'è dolce il mormorare insieme:
te ne rammenti!
Quando narravi l'esule tua vita
e i fieri eventi e i lunghi tuoi dolor,
ed io t'udia coll'anima rapita
in quei spaventi e coll'estasi in cor.

OTELLO
Pingea dell'armi il fremito, la pugna
e il vol gagliardo alla breccia mortal,
l'assalto, orribil edera, coll'ugna
al baluardo e il sibilante stral.

DESDEMONA
Poi mi guidavi ai fulgidi deserti,
all'arse arene, al tuo materno suol;
narravi allor gli spasimi sofferti
e le catene e dello schiavo il duol.

OTELLO
Ingentilia di lagrime la storia
il tuo bel viso e il labbro di sospir;
scendean sulle mie tenebre la gloria,
il paradiso e gli astri a benedir.

DESDEMONA
Ed io vedea fra le tue tempie oscure
splender del genio l'eterea beltà.

OTELLO
E tu m'amavi per le mie sventure
ed io t'amavo per la tua pietà.

DESDEMONA
Ed io t'amavo per le tue sventure
e tu m'amavi per la mia pietà.

OTELLO
E tu m'amavi…

DESDEMONA
E tu m'amavi…

OTELLO
Ed io t'amavo…

OTELLO, DESDEMONA
… per la tua, (mia) pietà.

OTELLO
sempre dolce
Venga la morte! e mi colga nell'estasi
di quest'amplesso
il momento supremo!
Il cielo si sarà tutto rasserenato: si vedranno alcune stelle e sul lembo dell'orizzonte il riflesso ceruleo della nascente luna
Tale è il gaudio dell'anima che temo,
temo che piu non mi sara concesso
quest'attimo divino
nell'ignoto avvenir del mio destino.

DESDEMONA
Disperda il ciel gli affanni
e amor non muti col mutar degli anni.

OTELLO
A questa tua preghiera
"Amen" risponda la celeste schiera.

DESDEMONA
"Amen" risponda.

OTELLO
appoggiandosi ad un rialzo degli spaldi
Ah! la gioia m'innonda
si fieramente… che ansante mi giacio…
Un bacio…

DESDEMONA
Otello!

OTELLO
Un bacio… ancora un bacio,
alzandosi e mirando il cielo
Gia la pleiade ardente al mar discende.

DESDEMONA
Tarda e la notte.

OTELLO
Vien… Venere splende.

DESDEMONA
Otello!
s'avviano abbracciati verso il castello


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|