オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第4幕

第1場
マドリードの国王の書斎

導入部(オーケストラ)

【フィリッポ】
(深い瞑想にふけりながら)
彼女はわしを愛してはくれぬ!
いや あの心はわしには閉じている
わしのための愛情など持ってはおらぬのだ!
今でも思い出すぞ 
あの悲しげな表情を
わしの白髪を見た時の
フランスよりやってきたその日に
いいや わしへの愛情など持ってはおらぬのだ
わしのための愛情など持ってはおらぬのだ!
(われに返って)
ここはどこだ?
このロウソクの炎は今にも消えそうだ!
夜明けがバルコニーを白く染めている!
もう一日が始まった!
ゆっくりとわが人生の日々も過ぎて行く!
眠りが ああ神よ
やつれたわしの目から消えてしまった
眠るのは王家のマントに包まれた時だけなのであろう
わしの人生がその黄昏を終え
暗い丸天井の下で横たわる時に
あのエスキュリアルの霊廟で
ああ!この王冠がわしに与えてくれたなら
心を読み取る力
神だけが見ることができる力を!…
ああ!この王冠が…
王子は眠っていても、裏切り者は目覚めている
王は王冠を失い 夫は名誉を失うのだ!
眠るのは王家のマントに包まれた時だけなのであろう…
ああ!この王冠がわしに与えてくれたなら…
彼女はわしを愛してはくれぬ!
いや あの心はわしには閉じている
わしのための愛情など持ってはおらぬのだ!…
(レルマ伯爵に先導され、二人のドミニコ修道士によって支えられて盲目の90歳代の大審問官が入ってくる)


【レルマ伯爵】
大審問官殿にございます!

【大審問官】
わしは王の前におるのか?

【フィリッポ】
そうだ 呼び出したのはわしじゃ 神父殿!
わしは迷っている
カルロがわしの心を苦い苦しみで満たした
あの王子はわしに反逆した 
父に逆らったのじゃ

【大審問官】
いかなる手段で彼を罰するおつもりか?

【フィリッポ】
極刑を

【大審問官】
具体的には!

【フィリッポ】
追放か…または斧で斬首か…

【大審問官】
さて?

【フィリッポ】
もしわが子を死に追いやっても 
貴殿の手はわしを糾弾なされぬか?

【大審問官】
帝国の平和は
反逆者の命だけの価値がある

【フィリッポ】
この世のため息子を生贄にできるのか 
キリスト教徒のわしが?

【大審問官】
われらを贖うため 
神も御子を生贄とされておる

【フィリッポ】
だが、御身は行うことができるのか
そのような厳しい裁きを?

【大審問官】
どこであろうとできる 
あのカルヴァーリオの丘でなされたように

【フィリッポ】
自然の情愛が
わしを黙らせておくであろうか?

【大審問官】
すべて黙しておかねばならぬ 
信仰を高めるためには

【フィリッポ】
良く分かった

【大審問官】
他に王がわしに尋ねることはないのか?

【フィリッポ】
ない

【大審問官】
ではわしから話そう 王よ
このスペインの地は 
これまで異端が支配をしたことはない
だが今 侵そうとしている者がおる
この神の館を
王の友であるそやつは
王の忠実な腹心でもあるが
実は悪魔なのじゃ
王を破滅へと導こうとする
このカルロの裏切りなど
御身を怒らせた王子の
そやつの企みに比べれば
まるで子供の遊びじゃ
そしてわしは 審問官として 
しばしば振り上げてきたが
この力ある手を 
異端の者どもを罰するために
だが俗世の権力者に対しては 
わが信仰を忘れて
うかつにも見逃しておったようじゃ
大変な反逆者を…そして王も

【フィリッポ】
乗り切るために
われらの過ごす苦しい日々を
この宮廷で空しくも
探し求めて来たのだ
友を!忠実な心を持つ!…
そしてやっと見つけたのじゃ!

【大審問官】
なぜ友など?
では何故王という名を持っておられるのか
陛下 もし御身に並ぶような者がおるとするならば?

【フィリッポ】
もう良いではないか 神父殿!

【大審問官】
改革者共の考えが
御身にも浸透してきておる!
御身は壊そうとしておるのじゃぞ
その弱々しい手で
この聖なる支配を
ローマンカトリックの!..
御自分の務めに御戻りなされ
教会は頼ってくる者には
悔い改めた者には
大いなる救いを授けようぞ
御身に対しては ポーサ公爵の引き渡しを求める

【フィリッポ】
いや それはできぬ!

【大審問官】
おお 王よ わしがもしも
この宮廷で御身と会っていなければ
まさに今日この日に 神に誓うが
明日には御身は
審問官の前に立っていた筈なのじゃぞ
宗教裁判所で

【フィリッポ】
教父よ
その厳しいお言葉には本当に苦しめられるぞ

【大審問官】
ではなぜ、サミュエルの霊を呼び出すのじゃ?
わしは既に二人の王の戴冠を行ったのだぞ
御身の強大な王国のため!
長年かけて築いたものを
破壊しようというのか 愚か者め!…
(出て行こうとする)
なぜわしはここにいるのか?
王はわしに何を望むのか?

【フィリッポ】
教父よ
わしらの間で平和がございますように

【大審問官】
平和と?

【フィリッポ】
過ぎ去ったことはお忘れくだされ

【大審問官】
多分な!
(大審問官は修道士たちに支えられて退場)

【フィリッポ】
こうして王座は屈するのか
常に祭壇の前に!
(エリザベスが入ってきて王の足元に身を投げ出す)

【エリザベッタ】
お裁きを お裁きを 陛下!
お裁きを お裁きを!
私は信じております 王様の公正さを
私はこの宮廷で
酷い扱いを受けております
見えない敵が
誰かは分かりませんが 私に辱めを
私の小箱が、陛下、あらゆる宝や
宝石や…その他…
私にとって大切なものをしまっていた
その小箱が盗まれたのです!
お裁きを お裁きを!
私は陛下にお願い致します!

【フィリッポ】
お前が探しているものはここにあるぞ!
(王妃にテーブル上にある小箱を指さす)

【エリザベッタ】
何ですって!

【フィリッポ】
開けてみてはどうかな
(彼女は拒否する)
それではわしが開けてやろう!
(箱を壊す)

【エリザベッタ】
(独白)
(ああ、死んでしまいそう!)

【フィリッポ】
カルロの肖像画だな!…
言う言葉が見つからないのか?
カルロの肖像画だぞ!

【エリザベッタ】
はい

【フィリッポ】
お前の宝石の中にだぞ?

【エリザベッタ】
はい

【フィリッポ】
何! それを認めるのか このわしに!

【エリザベッタ】
そうですわ! ええ!
ご存じでしょう - 私はかつて婚約しておりました
あなた様のご子息と - 彼が私の夫となるはずでしたことを
今 私はあなたのものですが…
神の思し召しによって
けれど穢れてはおりません - ユリの花のように潔白です!
なのに今、あなたは疑っておられる
エリザベッタの貞操を!..
私は疑われている…
私を辱めておられるのは王様なのです!

【フィリッポ】
何と大それたことをお前は言うのじゃ!
わしを弱いとみて
逆らっておるようじゃな
だがわしの弱さは
怒りに変わるやも知れぬのだぞ
震えよ -
お前のためにも、わしのためにも

【エリザベッタ】
私の落ち度とは何なのでございますか?

【フィリッポ】
偽りの女め!
そのような偽善が度を超すならば
もしお前がわしを裏切るならば 
天に誓って
わしは血を流さずには置くまいぞ!

【エリザベッタ】
私はあなたに同情いたしますわ…

【フィリッポ】
ああ!不倫妻の同情など!

【エリザベッタ】
ああ!
(彼女は気を失って倒れる フィリッポは扉を開く)

【フィリッポ】
王妃を助けてやれ!
(エーボリとロドリーゴが入ってくる)

【エーボリ】
(独白)
神様!私は何ということをしてしまったの!ああ!

【ロドリーゴ】
(フィリッポに)
陛下、世界の半ばはあなた様に服従しております
陛下ご自身のみでございましょう この広大な帝国にあって
あなた様の意のままにならぬのは?

【フィリッポ】
(独白)
ああ 呪われよ 致命的な疑いよ
悪魔の仕業じゃ - 地獄の悪魔の!

【エーボリ】
(独白)
私は彼女を破滅させてしまった!彼女を破滅させてしまった!
ああ耐えがたい後悔よ!

【フィリッポ】
いや 穢れてはおらぬ - 彼女の誓った通りに
その誇りが - わしに語っておる!

【エーボリ】
私は地獄の罪を犯してしまったのだわ!
私は彼女を破滅させてしまった!彼女を破滅させてしまった!

【ロドリーゴ】
(独白)
今こそ実行の時の鐘が鳴り響く
恐ろしき稲妻が - 空に輝いたのだ
今こそ実行の時の鐘が…
スペインのために - ひとりの男が死ぬ…
幸せな未来を残すために

【エーボリ】
彼女を破滅させてしまった!ああ耐えがたい後悔よ!
彼女を破滅させてしまった!

【フィリッポ】
わしに彼女は不実ではなかったのだ!
いや 穢れてはおらぬ
その誓いは わしには不実ではなかったのだ!

【エーボリ】
ああ!裏切った …私は裏切ったのだわ
この気高き御心を!おお苦しい!

【ロドリーゴ】
今こそ実行の 今こそ実行の時の鐘が鳴り響く!

【エリザベッタ】
(意識が戻ってきて)
何が起こったの?…おお神様!
涙のうちに 悲しみのうちに皆が おお聖母さま
私を見捨てたのです
私はよそ者です この地では!
この地上にはもう望みはないわ!

【エーボリ】
おお 苦しい!
後悔よ 耐え難い後悔! 私は裏切ったのだわ!

【フィリッポ】
いや 穢れてはおらぬ - 彼女の誓った言葉は
わしに彼女は不実ではなかったのだ!

【ロドリーゴ】
今実行の時の鐘が鳴り響く
恐ろしき稲妻が - 空に輝いたのだ!

【エーボリ】
あの気高い御心を裏切ってしまった!
私は死んでしまいそう 苦しみで死んでしまいそうだわ!

【エリザベッタ】
ああ!一人ぼっち 私はよそ者です この地では!
ああ!この地上にはもう望みはないわ
皆が ああ!  聖母さま
皆がここでは私を見捨てたのです
もはや希望はないわ ああ!天国にしか!
私のただひとつの望みは天国にしかないのです!

【エーボリ】
あの気高い御心を裏切ってしまった!おお苦しい!
裏切ったのよ!ああ!死んでしまいそう!
あの方を破滅させた 裏切ったのよ おお!耐え難い後悔!
あの気高い御心を裏切ってしまった!おお苦しい!
おお後悔よ!私は死んでしまいそう
おお 耐え難い後悔! もはや赦しは
この地上にも天国にもないでしょう!

【フィリッポ】
いや 穢れてはおらぬ - 彼女の誓った言葉は
わしに彼女は不実ではなかったのだ!
わしに不実ではなかったのだ…
ああ! 呪われよ わが疑いよ
悪魔の この邪悪な悪魔の!

【ロドリーゴ】
スペインのために ひとりの男が死ぬ…
幸せな未来を残すために!…
スペインのために ひとりの男が死ぬ…
幸せな日を残すために!…
一人の男が死ぬのだ
幸せな日を残すために!…
(フィリッポとロドリーゴは出て行き エーボリだけが王妃のもとに残る)

【エーボリ】
(王妃の足元に身を投げて)
お慈悲を!お慈悲を!お赦しください
悔い改めたこの罪深い女を

【エリザベッタ】
私の足元に!あなたが!それは何のためですの?

【エーボリ】
ああ!罪悪感が私を殺してしまいます!
私の心は苦しんでいます
天国の天使
気高く敬虔なお妃さま
お知り下さい どんな悪魔が
地獄であなた様を餌食にしたのかを
あの小箱は…私が盗みました

【エリザベッタ】
あなたが!

【エーボリ】
はい 私です 私が密告いたしました!

【エリザベッタ】
あなたが!

【エーボリ】
はい 愛が 怒りが…
あなた様に抱いていた憎しみが…
残酷な嫉妬が
私の心をかき乱し
あなた様に対して私を駆り立てたのです!
私はカルロ様を愛しました!
けれどカルロ様は私を軽蔑したのです!

【エリザベッタ】
あの方を愛したのですって!お立ちなさい!

【エーボリ】
いいえ!いいえ!お赦しください!
私にはもうひとつ別の罪が!

【エリザベッタ】
まだあるの!

【エーボリ】
お慈悲を!お慈悲を!
王様が..私を呪わないで下さい!
はい…誘惑され…思わず…
あなた様を責めたのと同じ過ちを
私自身が…犯してしまったのです!

【エリザベッタ】
私に十字架をお返し下さい!
そしてこの宮廷を出てお行きなさい
明日の夜明けまでに!
亡命なさるなり 尼になるなり
ご自分で選びなさい!
(エリザベッタは退出する)

【エーボリ】
ああ!もう二度と
ああもう二度と お妃さまにお会いすることもないでしょう!

運命の贈り物 残酷な贈り物よ
天が私に 怒りと共に下さったもの!
お前は誰もを虚栄に駆り立て 傲慢にする 
私はお前を呪うわ お前を呪うわ おおこの美貌よ
流すこと 涙を流すことだけです 私にできるのは
希望はありません - 私は苦しまねばならないのです!
私の罪はあまりにも恐ろしいもの
私にはもう決してそれを消し去ることはできません!
私はお前を呪うわ お前を呪うわ おおこの美貌よ!
おお私のお妃さま、私はあなたを生贄にしてしまった
私の心の愚かな過ちのために
修道院に入るしか この世では唯一
私にはこの悲しみを隠すすべはないでしょう!
おお悲しや!おお悲しや!おお私のお妃さま
修道院に入るしか…
何て事!カルロ様は?明日死罪に
神様!私はあの方の死を見なくてはならないの!
ああ!まだ一日あるわ 希望はまだ私に微笑んでいる
天のお恵みがありますように!
あの方をお救いしましょう まだ一日あるわ
ああ 天のお恵みがありますように!
そう 私があの方をお救いしましょう!


第2場
ドン·カルロの牢
(ドン·カルロは両手に頭を埋めてじっと考え込んでいる 静かに幾人かの牢番に小声で話しかけると彼らは背を向けて去る)

【ロドリーゴ】
私です カルロ様

【カルロ】
おおロドリーゴ!
お前にはとても感謝しているぞ
この囚人のカルロに会いにきてくれて

【ロドリーゴ】
カルロ様!

【カルロ】
お前も良く分かっているだろう!
私の力は尽きようとしている!
イザベラへの愛は私を苛み、私を殺すのだ…
いや、私にはもう生きている価値はないのだ!
だが お前はまだ彼らを救うことができるのだ
虐げられた者たちをこれ以上苦しめてはならぬ

【ロドリーゴ】
ああ! 私の愛情をよく知っておいて頂きたいのです!
あなた様はこの恐ろしい墓場から出なくてはなりませぬ
私は幸せです 
あなたを抱擁できるのであれば!
私はあなた様をお救い致しました!

【カルロ】
どういうことだ?

【ロドリーゴ】
さあ お別れを言わねばなりません
おお わがカルロ様!
私の最後の時が参りました
決してもう 再びお会いすることはないでしょう
神が天国でわれらを会わせて下さいますように
忠実な者に報いて下さる神に
あなたの目は涙で濡れていらっしゃいますね
なぜそんな風にお泣きになるのですか?
いけません お気を確かに 
最後の吐息は幸せなのですから
あなた様のために死ぬ者にとっては
いけません お気を確かに…

【カルロ】
なぜお前は死のことを語る?

【ロドリーゴ】
お聞き下さい 時が迫っています
私はあの恐ろしい雷を自分の方に向けて参りました!
あなたはもはや王の敵ではないのです
フランドルの大それた扇動者… 
それは私なのです!

【カルロ】
誰がそのようなことを信じよう?

【ロドリーゴ】
証拠は恐るべきもの!
私がお預かりしていたあなたの文書が見つかったのです…
反逆の証拠は明らかです
そして既にわが首には懸賞金が
(二人の男が牢屋の階段を降りてくる そのうちの一人は異端審問所の制服を着ている もうひとりはマスケット銃を手にしている 彼らは自分たちに気づいていないドン・カルロとロドリーゴを指さす)

【カルロ】
すべてを王に明かしてしまおう

【ロドリーゴ】
いいえ、フランドルの民のためご自制を
この偉大なお仕事のためにご自制を
あなた様がそれを成し遂げねばならないのです
新しい黄金の時をあなたはもたらされることでしょう
あなた様はご支配を 私はあなた様のため死にましょう
(暗殺者が発砲する)

【カルロ】
何と!死ぬのか!誰を狙って?

【ロドリーゴ】
私をです! 
王は待ってはくれなかった!

【カルロ】
何ということだ!

【ロドリーゴ】
おおカルロ様 お聞き下さい 母上が
サンジュストで明日 あなた様をお待ちしています;です
すべて彼女はご存じです…
ああ!私はこの世を去りましょう!
カルロ様 私に手を差しのべてください!
私は死にます ですが心の中は幸せです
こうして私には許されたのですから
スペインの救世主を生き延びさせることが!
ああ!私を決してお忘れくださいますな!
私を決してお忘れくださいますな!
あなた様はご支配をなさいませ
私はあなた様のため死にましょう
ああ!私は死にます ですが心の中は幸せです
こうして私には許されたのですから
スペインの救世主を生き延びさせることが!
ああ!私を決してお忘れくださいますな!
ああ!私はこの世を去りましょう!
あなたの手を私に 私に…
ああ!フランドルをお救いください…
カルロ様 お別れです…ああ!ああ!
(ロドリーゴ死ぬ カルロは絶望して彼の体の上に倒れ込む フィリッポが何人かのスペインの貴族たちを引き連れて入ってくる)

【フィリッポ】
わがカルロよ、お前に剣を返してやろう…

【カルロ】
下がれ!
あなたの手は血で汚れている!
恐ろしや!われらは兄弟の誓いを結んでいたのだ!
彼は私を愛してくれた!
自分の命を私のために犠牲にしてくれたのだ!

【フィリッポ】
不吉な前兆が!

【カルロ】
あなたにはもう息子はいない!
私の留まるべき王国は彼のところにあるのだ!

【フィリッポ】
(ロドリーゴを見ながら独白)
誰がこの男をわしに返してくれるのじゃ?
(警鐘の音が聞こえてくる)

【貴族たち】
何事だ!警鐘が鳴っている!

【民衆】
(舞台裏から)
滅びるのだ
われらを止めようとするものは!
だれであれこの破壊者を!
ぶっ壊せ! ぶっ壊せ! ぶっ壊せ!
恐れも容赦もしないぞ!
慈悲心などかけらもない!
皆震えるのだ、頭を垂れよ
この復讐の民の前で!

【レルマ】
民衆が激怒しております!
王子を解放しろと!

【フィリッポ】
よかろう 扉を開け!

【レルマ 貴族たち】
何ですと!

【フィリッポ】
従え!わしの望みじゃ!
(民衆がなだれ込んでくる)

【民衆】
ぶっ壊せ! ぶっ壊せ!
ぶっ壊せ! 誰も俺たちは止められないぞ!
ぶっ壊せ! ぶっ壊せ!
ぶっ壊せ! 恐れも容赦もしないぞ!
皆震えるのだ、頭を垂れよ
この復讐の民の前で!
(変装したエーボリが入ってくる)

【エーボリ】
(カルロに)
さあ!お逃げを!

【フィリッポ】
(人々に)
何が望みじゃ?

【民衆】
王子を!

【フィリッポ】
彼ならここにおるぞ!
(大審問官が登場する)

【大審問官】
悪しき冒涜じゃ!

【民衆】
大審問官!

【大審問官】
汝らも跪け 王の前に
神が護り給う王の!
汝らも跪け!汝らも跪け!

【フィリッポ 大審問官】
大地に!
(人々はひざまずく)

【民衆】
主よ われらにお慈悲を!
われらにお慈悲を!

【フィリッポ】
偉大な神よ 御身に栄光あれ!

【民衆】
主よ!…

【レルマ】
栄光あれ 王に!

【全員】
栄光あれ 王に!
(大審問官とフィリッポはひざまずく人々の間を降りてくる)

【民衆】
…お慈悲を!
ATTO QUARTO

Scena prima
Il gabinetto del Re a Madrid.

Introduzione (Orchestra)

FILIPPO
(in profonda meditazione)
Ella giammai m’amò!
No, quel cor chiuso è a me,
amor per me non ha!
Io la rivedo ancor
contemplar triste in volto
il mio crin bianco il dì che
qui di Francia venne.
No, amor per me non ha,
amor per me non ha!
(ritornando in sé)
Ove son?
Quei doppier presso a finir!
L’aurora imbianca il mio veron,
già spunta il dì!
Passar veggo i miei giorni lenti!
Il sonno, o Dio,
sparì da’ miei occhi languenti.
Dormirò sol nel manto mio regal,
quando la mia giornata è giunta a sera,
dormirò sol sotto la vôlta nera,
là nell’avello dell’Escurial.
Se il serto regal a me desse il poter
di leggere nei cor
che Dio può sol, può sol veder.
Ah! se il serto regal, ecc.
Se dorme il prence, veglia il traditore;
il serto perde il re, il consorte l’onore!
Dormirò sol nel manto mio regal, ecc.
Ah! se il serto regal, ecc.
Ella giammai m’amò!
No, quel cor chiuso m’è,
amor per me non ha!
(Preceduto dal Conte di Lerma, il Grande Inquisitore, vegliardo di novant’anni e cieco, entra sostenuto da due frati domenicani.)

CONTE DI LERMA
Il Grand’Inquisitor!

L’INQUISITORE
Son io dinanzi al Re?

FILIPPO
Sì; vi feci chiamar, mio padre!
In dubbio son.
Carlo mi colma il cor d’una tristezza amara;
l’Infante è a me ribelle
armossi contro il padre.

L’INQUISITORE
Qual mezzo per punir scegli tu?

FILIPPO
Mezzo estrem.

L’INQUISITORE
Noto mi sia!

FILIPPO
Che fugga o che la scure...

L’INQUISITORE
Ebben?

FILIPPO
Se il figlio a morte invio,
m’assolve la tua mano?

L’INQUISITORE
La pace dell’impero
i dì val d’un ribelle.

FILIPPO
Posso il figlio immolar al mondo,
io cristian?

L’INQUISITORE
Per riscattarci Iddio
il suo sacrificò.

FILIPPO
Ma tu puoi dar vigor
a legge sì severa?

L’INQUISITORE
Ovunque avrà vigor,
se sul Calvario l’ebbe.

FILIPPO
La natura, l’amor
tacer potranno in me?

L’INQUISITORE
Tutto tacer dovrà
per esaltar la fé.

FILIPPO
Sta ben!

L’INQUISITORE
Non vuol il Re su d’altro interrogarmi?

FILIPPO
No.

L’INQUISITORE
Allor son io ch’a voi parlerò, Sire.
Nell’ispano suol
mai l’eresia dominò,
ma v’ha chi vuol
minar l’edifizio divin.
L’amico egli è del Re,
il suo fedel compagno,
il demon tentator
che lo spinge a rovina.
Di Carlo il tradimento
che giunse a t’irritar,
in paragon del suo
futile gioco appar.
Ed io, l’Inquisitor,
io che levai sovente
sopra orde vil’ di rei
la mano mia possente,
pei grandi di quaggiù,
scordando la mia fé
tranquilli lascio andar
un gran ribelle...e il Re!

FILIPPO
Per traversar i dì
dolenti in cui viviamo
nella mia Corte invan
cercat’ho quel che bramo.
Un uomo! Un cor leal!
Io lo trovai!

L’INQUISITORE
Perché un uomo?
Perché allor il nome hai tu di Re,
Sire, se alcun v’ha pari a te?

FILIPPO
Non più, frate!

L’INQUISITORE
Le idee dei novator
in te son penetrate!
Infrangere tu vuoi
con la tua debol man
il santo giogo esteso
sovra l’orbe roman!
Ritorna al tuo dover;
la Chiesa all’uom che spera,
a chi si pente, puote
offrir la venia intera:
A te chiedo il Signor di Posa.

FILIPPO
No, giammai!

L’INQUISITORE
O Re, se non foss’io
con te nel regio ostel
oggi stesso, io giuro a Dio,
doman saresti presso
il Grande Inquisitore
al tribunal supremo.

FILIPPO
Frate,
troppo soffrii il tuo parlar crudel!

L’INQUISITORE
Perché evocar allor l’ombra di Samuel?
Dato ho finor due regi
al regno tuo possente!
L’opra di tanti dì
tu vuoi strugger, demente!
(per uscire)
Perché mi trovo io qui?
Che vuol il Re da me?

FILIPPO
Mio padre,
che tra noi la pace alberghi ancor.

L’INQUISITORE
La pace?

FILIPPO
Obbliar tu dêi quel ch’è passato.

L’INQUISITORE
Forse!
(L’Inquisitore esce condotto dai frati.)

FILIPPO
Dunque il trono piegar dovrà
sempre all’altare!
(Elisabetta entra e si getta ai piedi del Re.)

ELISABETTA
Giustizia, giustizia, Sire!
Giustizia, giustizia!
Ho fé nella lealtà del Re.
Son nella Corte tua
crudelmente trattata
e da nemici oscuri
incogniti oltraggiata.
Lo scrigno ov’io chiudea, Sire,
tutt’un tesor, i gioielli...altri oggetti,
a me più cari ancor,
l’hanno rapito a me!
Giustizia, giustizia!
la reclamo da Vostra Maestà!

FILIPPO
Quello che voi cercate, eccolo!
(Mostra alla Regina un cofanetto sul tavolo.)

ELISABETTA
Ciel!

FILIPPO
A voi d’aprirlo piaccia.
(Ella rifiuta.)
Ebben, io l’aprirò!
(Infrange il cofanetto.)

ELISABETTA
(da sé)
Ah! mi sento morir!

FILIPPO
Il ritratto di Carlo!
Non trovate parola?
Il ritratto di Carlo!

ELISABETTA
Sì!

FILIPPO
Fra i vostri gioiel’?

ELISABETTA
Sì!

FILIPPO
Che! confessar l’osate a me?

ELISABETTA
Io l’oso! Sì!
Ben lo sapete, un dì promessa
al figlio vostro fu la mia man!
Or v’appartengo...
a Dio sommessa,
ma immacolata qual giglio son!
Ed ora si sospetta
l’onor d’Elisabetta!
Si dubita di me...
e chi m’oltraggia è il Re!

FILIPPO
Ardita troppo voi favellate!
Me debole credete
e sfidarmi sembrate:
la debolezza in me
può diventar furor.
Tremate allor,
per voi, per me.

ELISABETTA
Il mio fallir qual è?

FILIPPO
Spergiura!
Se tanta infamia colmò la misura,
se fui da voi, se fui tradito,
io lo giuro innanzi al ciel,
il sangue verserò!

ELISABETTA
Pietà mi fate...

FILIPPO
Ah! la pietà d’adultera consorte!

ELISABETTA
Ah!
(Cade svenuta. Filippo apre la porta.)

FILIPPO
Soccorso alla Regina!
(Entrano Eboli e Rodrigo.)

EBOLI
(da sé)
Ciel! che mai feci! Ahimè!

RODRIGO
(a Filippo)
Sire! soggetta è a voi la metà della terra:
sareste dunque in tanto vasto imper
il sol cui non v’è dato il comandar?

FILIPPO
(da sé)
Ah! sii maledetto, sospetto fatale,
opera d’un demòn infernal!

EBOLI
(da sé)
La perdei, la perdei!
Oh rimorso fatale!

FILIPPO
No! Non macchiò la fé giurata!
La sua fierezza il dice a me!

EBOLI
Commettea un delitto infernal!
La perdei! La perdei!

RODRIGO
(da sé)
Omai d’oprar suonata è l’ora,
folgor orrenda in ciel brillò,
omai d’oprar, ecc.
Che per la Spagna un uomo muora,
lieto avvenir le lascerò; ecc.

EBOLI
La perdei! rimorso fatale!
la perdei!

FILIPPO
A me infedel costei non fu!
No! non macchiò la fé
giurata, a me infedele non fu!

EBOLI
Ah! la tradia...io tradia
quel nobile cor! oh dolor!

RODRIGO
Omai d’oprar, omai d’oprar suonata è l’ora!

ELISABETTA
(rinvenendo)
Che avvenne? O ciel!
in pianto e duolo ognun, o madre,
m’abbandonò.
Io son straniera in questo suol!
Più sulla terra speme non ho!

EBOLI
Oh dolor!
Rimorso, rimorso fatal! La tradia!

FILIPPO
No, non macchiò la fé giurata,
a me infedele non fu!

RODRIGO
Omai d’oprar suonata è l’ora,
folgor orrenda in ciel brillò!

EBOLI
Io tradia quel nobile core!
Io ne morrò, dal dolor morrò!

ELISABETTA
Ah! sola, straniera in questo suolo,
ah! più sulla terra più speme non ho;
ognun, ahimè! o madre mia,
ognun quaggiù m’abbandonò.
Più speme omai, ah! che in ciel non ho!
Speme ho sol nel ciel!

EBOLI
Io tradia quel nobile core, oh dolor!
Io la tradia! ah! ne morrò!
La perdei, la tradia, oh! rimorso fatale!
Io tradia quel nobile core, oh dolor!
Oh rimorso! io ne morrò.
Oh, rimorso fatal! se più perdon
non avrò in terra, o in ciel!

FILIPPO
No! non macchiò la fé giurata!
A me infedel costei non fu!
A me non fu infedel, ecc.
Ah! sia maledetto il sospetto,
il demone, il rio demòn!

RODRIGO
E che per la Spagna un uomo muora,
lieto avvenir le lascerò! ecc.
Che per la Spagna un uomo muora,
io lieti dì le lascerò! ecc.
Che un uomo muora,
lieti dì a lei legar saprò!
(Escono Filippo e Rodrigo lasciando Eboli sola colla Regina.)

EBOLI
(gettandosi ai piedi della Regina)
Pietà! Pietà! perdon!
per la rea che si pente.

ELISABETTA
Al mio piè! Voi! Qual colpa?

EBOLI
Ah! m’uccide il rimorso!
Torturato è il mio cor.
Angel del ciel,
Regina augusta e pia,
sappiate a qual demòn
l’inferno vi dà in preda!
Quello scrigno...son io che l’involai.

ELISABETTA
Voi!

EBOLI
Sì, son io, son io che v’accusai!

ELISABETTA
Voi!

EBOLI
Sì, l’amor, il furor...
l’odio che avea per voi.
La gelosia crudel
che straziavami il cor
contro voi m’eccitar!
Io Carlo amavo!
E Carlo m’ha sprezzata!

ELISABETTA
Voi l’amaste! Sorgete!

EBOLI
No! No! pietà di me!
un’altra colpa!

ELISABETTA
Ancor!

EBOLI
Pietà! Pietà!
Il Re...non imprecate a me!
Sì! sedotta! perduta!
L’error che v’imputai,
io...io stessa avea commesso!

ELISABETTA
Rendetemi la croce!
La Corte vi convien lasciar
col dì novello!
Fra l’esiglio, ed il vel...
sceglier potrete!
(Esce Elisabetta.)

EBOLI
Ah! più non vedrò,
ah, più mai non vedrò la Regina!

O don fatale, o don crudel,
che in suo furor mi fece il cielo!
Tu che ci fai sì vane, altere,
ti maledico, ti maledico, o mia beltà.
Versar, versar sol posso il pianto,
speme non ho, soffrir dovrò!
Il mio delitto è orribil tanto
che cancellar mai nol potrò!
Ti maledico, ti maledico, o mia beltà!
O mia Regina, io t’immolai
al folle error di questo cor.
Solo in un chiostro al mondo omai
dovrò celar il mio dolor!
Ohimè! Ohimè! o mia Regina,
solo in un chiostro, ecc.
Oh ciel! E Carlo? a morte domani,
gran Dio! a morte andar vedrò!
Ah! un dì mi resta, la speme m’arride,
sia benedetto il ciel!
Lo salverò. Un dì mi resta,
ah, sia benedetto il ciel!
Sì, lo salverò!


Scena seconda
La prigione di Don Carlo.
(Don Carlo è assiso, col capo nelle mani. Rodrigo entra e parla sottovoce ad alcuni ufficiali che si allontanano.)

RODRIGO
Son io, mio Carlo.

CARLO
O Rodrigo!
io ti son ben grato di venir
di Carlo alla prigion.

RODRIGO
Mio Carlo!

CARLO
Ben tu il sai!
m’abbandonò il vigore!
D’Isabella l’amor mi tortura e m’uccide.
No, più valor non ho pei viventi!
Ma tu puoi salvarli ancor;
oppressi no, non fian più.

RODRIGO
Ah! noto appien ti sia l’affetto mio!
Uscir tu dêi da quest’orrendo avel.
Felice ancor io son
se abbracciarti poss’io.
Io ti salvai!

CARLO
Che di’?

RODRIGO
Convien qui dirci addio.
O mio Carlo!
Per me giunto è il dì supremo,
no, mai più ci rivedrem;
ci congiunga Iddio nel ciel,
Ei che premia i suoi fedel’.
Sul tuo ciglio il pianto io miro;
lagrimar così perché?
No, fa cor, no, fa cor,
l’estremo spiro lieto è
a chi morrà per te.
No, fa cor, ecc.

CARLO
Che parli tu di morte?

RODRIGO
Ascolta, il tempo stringe.
Rivolta ho già su me la folgore tremenda!
Tu più non sei oggi il rival del Re:
il fiero agitator delle Fiandre...
son io!

CARLO
Chi potrà prestar fé?

RODRIGO
Le prove son tremende!
I fogli tuoi trovati in mio poter
della ribellion testimoni son chiari,
e questo capo al certo a prezzo è messo già.
(Due uomini discendono la scalinata della prigione. Uno d’essi è vestito dell’abito del Sant’Uffizio; l’altro è armato d’un archibugio. Si mostrano Carlo e Rodrigo, che non li vedono.)

CARLO
Svelar vo’ tutto al Re.

RODRIGO
No, ti serba alla Fiandra,
ti serba alla grand’opra,
tu la dovrai compire;
un nuovo secol d’ôr rinascer tu farai;
regnare tu dovevi, ed io morir per te.
(L’assassino fa fuoco.)

CARLO
Ciel, la morte! per chi mai?

RODRIGO
Per me! la vendetta del Re
tardare non potea!

CARLO
Gran Dio!

RODRIGO
O Carlo, ascolta, la madre
t’aspetta a San Giusto doman;
tutto ella sa.
Ah! la terra mi manca!
Carlo mio, a me porgi la man!
Io morrò, ma lieto in core,
ché potei così serbar
alla Spagna un salvatore!
Ah! di me non ti scordar!
Di me non ti scordar!
Regnare tu dovevi,
ed io morir per te.
Ah! io morrò, ma lieto in core,
ché potei così serbar
alla Spagna un salvatore!
Ah! di me non ti scordar!
Ah! la terra mi manca...
la mano a me, a me...
Ah! salva la Fiandra...
Carlo, addio,...ah! ah!
(Rodrigo muore. Carlo cade disperatamente sul suo corpo. Entra Filippo seguito da alcuni grandi di Spagna.)

FILIPPO
Mio Carlo, a te la spada io rendo.

CARLO
Arretra!
La tua man di sangue è intrisa!
Orror! Una fraterna fede ci unia!
Ei m’amava!
La vita sua per me sacrificò!

FILIPPO
Presagio mio feral!

CARLO
Tu più figlio non hai!
I regni miei stan presso a lui!

FILIPPO
(da sé, contemplando Rodrigo)
Chi rende a me quell’uom?
(S’ode suonare a stormo.)

I GRANDI
Ciel! suona a stormo!

POPOLO
(fuori)
Perir dovrà
chi d’arrestarci attenti!
ognun che ci arresti!
Feriam! feriam! feriam!
senza tema o pietà!
non abbia alcun pietà!
tremar dovrà e curvar la testa,
tremar davanti al popol ultor!

LERMA
Il popol è in furor!
È l’Infante ch’ei vuol!

FILIPPO
Si schiudan le porte!

LERMA, I GRANDI
Ciel!

FILIPPO
Obbedite! Io lo vo’!
(Il popolo entra furiosamente.)

POPOLO
Feriam! feriam!
Feriam, più niun ci arresta!
Feriam! feriam!
Feriam! né tema, o pietà!
Tremar dovrà, e curvar la testa,
tremar davanti al popol ultor!
(Entra Eboli, mascherata.)

EBOLI
(a Carlo)
Va! fuggi!

FILIPPO
(al popolo)
Che volete?

POPOLO
L’Infante!

FILIPPO
Egli qui sta!
(Appare il Grande Inquisitore.)

L’INQUISITORE
Sacrilegio infame!

POPOLO
Il Grand’Inquisitor!

L’INQUISITORE
Vi prostrate innanzi al Re,
che Dio protegge!
Vi prostrate! Vi prostrate!

FILIPPO, L’INQUISITORE
A terra!
(Il popolo cade in ginocchio.)

POPOLO
Signor, di noi pietà!
Di noi pietà!

FILIPPO
Gran Dio, sia gloria a te!

POPOLO
Signor!...

LERMA
Evviva il Re!

TUTTI
Evviva il Re!
(L’Inquisitore e Filippo escono in mezzo al popolo genuflesso.)

POPOLO
...Pietà!


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|