オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





序曲

第1場~第6場 省略


第7場
フランク、ブッフ ヘルツ夫妻

【ヘルツ】
ここで私は妻を紹介できる喜びを感じております 彼女は少しばかりアリアをあなたに声のサンプルとしてお聞かせする準備ができております

【フランク】
あなたは私の限りない喜びとなるでしょう。

Nr. 1 - アリエッタ

【マダム・ヘルツ】
別れの時の鐘が鳴る
残酷に私たちを引き離す
どうして私は生きて行きましょう
おおダモン! あなたなしで!
私は、あなたと一緒に行きたい
霊魂となってあなたのおそばに
あなたの周りを漂いながら
あなたは! - - おそらく永遠に
あなたは私を忘れてしまうのよ!
いいえ 違うわ どうして私はそんなこと考えるの!
あなたが不実だなんて 決してあり得ない
ひとつの心が 別れに苦しんでいるのに
それが浮気など知るはずがないわ
どこへ運命がそれを連れて行こうと
決して切れないのよ この固く結ばれた絆は

【フランク】
神だ!これは比類ない!私はあなたのものです 限りない喜びに結び付けられて マダム!
(マダム・ヘルツの手にキスする)

【ヘルツ】
(妻の手を彼から引き離して)
失礼 ミスター・フランク あなたは大変なご賞賛を頂いてますね!このように申し上げるのも何ですが 私の妻の才能にご満足ですか?

【フランク】
誰が否定できましょうか?

【ヘルツ】
さて それではあなたは我々のキャラも高くはないですな 私の妻に週16ターラーでも なぜなら私はすでに14ターラー頂けることになっているのですからな

【フランク】
まあいいじゃないですか

【ブッフ】
それで行きましょう

第8場
前場の人物 マドモワゼル・ジルバークランク

【マドモワゼル・ジルバークランク】
こんにちはフランクさん 聞くところによるとドイツのオペラを上演されるとか?私はその女性歌手として参加したくて参りましたのよ 私はマドモアゼル・ジルバークランクと申します お見知りおきを 評判はご存じかも知れませんわね - でも評判って時々見かけ倒しのことがありますから 私はロンドを歌ってみることにしますわ それであなたも耳でご判断頂けますでしょうから

Nr. 2 - ロンド

【マドモワゼル・ジルバークランク】
すてきな若者よ!喜んで
私はあなたの愛をお受けしましょう
あなたのやさしい眼差しの中に
私は自分の幸せを見つけることができるのだから
何も私には貴重なものはないわ
あなたの心とあなたの手以上には
清らかな愛の炎に満たされて
私はこの心を証としてあなたにあげましょう
だけど ああ!つらい苦しみが
私たちの愛に付きまとうなら
あなたは友人を愛して返済する?
お若い方 それを良く考えてね!

【フランク】
ブラボー!ブラボー!こんなすばらしい歌手は私の一座に特別の価値をきっともたらすでしょう
16ターラで留まって頂けますかな - -

【マドモワゼル・ジルバークランク】
すぐに頂けるのでしたら - 考えてみなくもありませんわよ

【ブッフ】
(そっとフランクに)
でも毎週同じ額を払わなくちゃいけなくなるんですよ


第9場
前場の人物 フォーゲルザンク夫妻

【マダム・フォーゲルザンク】
あらフランクさん 私はとても光栄ですわ 私の夫をリストに加えて頂いて

【フランク】
ようこそ 歓迎します オペラ団の方も作りますから 仲良くお願いしますよ みなさん

【マドモワゼル・ジルバークランク】
私についてはトップレディですから文句は言いませんわ お望みなら何でもしますから でも教えて下さいますか いかほどマダムは貰われているのかを
(マダム・ヘルツを指さして)
ギャラを?

【フランク】
あなたと同じくらいですよ

【マドモワゼル・ジルバークランク】
それは私が知っておく必要がありますわ

【マダム・ヘルツ】
まさか私より多いなんてことはありませんわよね?

【ブッフ】
おお 仲良く!

【マドモワゼル・ジルバークランク】
(フランクに)
じゃあプリマドンナには少なくとも私を選んで頂く必要がありまずわ

【マダム・ヘルツ】
それには異議ありです

Nr. 3 - 三重唱

【マドモワゼル・ジルバークランク】
あたしがプリマドンナよ

【マダム・ヘルツ】
(嘲って)
私もそう思うわ あなたがそう考えてるなら

【マドモワゼル・ジルバークランク】
あなたはそれを否定することはできないわ!

【マダム・ヘルツ】
(嘲って)
私はそれを否定したりしません

【ムッシュー・フォーゲルザンク】
ねえ ちょっと言わせてくれよ!

【マドモワゼル・ジルバークランク】
あたしには誰も敵わないって
誰もが認めてるわよ

【マダム・ヘルツ】
(嘲って)
確かにね あなたに匹敵するようなのは
聞いたことも 見たこともないわ

【ムッシュー・フォーゲルザンク】
何をしたいんだ お互いを憤慨させて
自分の才能を誇ることで?
それぞれに特別な美質があるのに

【マドモワゼル・ジルバークランク マダム・ヘルツ】
私を賞賛するわ 私を聞いた人は誰でも

【マダム・ヘルツ】
アダージョ!アダージョ!

【マドモワゼル・ジルバークランク】
アレグロ アレグリッシモ!

【ムッシュー・フォーゲルザンク】
ピアノ!ピアニッシモ!
アーティストは他人を非難してはいけません
それは芸術を侮辱する行為です

【マダム・ヘルツ】
いいわ!じゃあ芸術に敬意を表して
私は自分の主張を取り下げるわ

【マドモワゼル・ジルバークランク】
そのとおりね!芸術に敬意を表して
私もそうすることにしましょう

【ブッフ】
(皮肉っぽく)
万歳 団結よ!

最終場
前場の人物 マダム・ファイルとマダム・クローネ

【マダム・ファイル】
どういうことですか フランクさん 他の人には16ターラーを払って私だけ12ターラー?そんなの許せませんわ 私が最も高い給料を頂く必要があります だって私はすべての演目で必要とされるんですから

【アイラー】
(そっとフランクに)
彼女とだけ相談してくださいよ みんなに同額支払うことになる

【フランク】
(そっとマダム・ファイルに)
まあ落ち着いてくださいよ 皆それぞれ独立した契約を結ばなくちゃならないんで

【マダム・ファイル】
だから私にも適用してちょうだいよ

【マダム・クローネとマダム・フォーゲルザンク】
これはどういうこと?

【マダム・ヘルツとマドモワゼル・ジルバークランク】
これは何なの?

【フランク】
私は劇団なんか作らんぞ こんなに厄介事が続くんじゃ


短い沈黙の後で

【マダム・クローネ】
フランクさん 私は芸術のために犠牲になりましょう

【マダム・フォーゲルザンク】
私は賞賛を控え目なものにしますわ

【マダム・ヘルツ】
わたしもそうします

【マドモワゼル・ジルバークランク】
私もそれで不足はありませんことよ

【ブッフ】
さてそれでは仲直りと致しましょう
(傍白)
また決裂するまでね フランクさん 幸運を祈りますよ この集団の中で 私は何も恐れちゃいません - 一流の俳優と一流の歌手が手に入ったんだから

Nr. 4 - 終わりの歌

【マドモワゼル・ジルバークランク】
どんなアーティストも名誉を追い求め
オンリーワンを目指すもの
もしもその意気込みがなかったら
すべての芸術は小さなものになる

【全員】
アーティストは努力しなければならない
常に優れたものであり続けることを
けれど自分の優位性ばかり主張して
他人よりも優れたものと考えることは
そのアーティストをつまらない者にする

【ムッシュー・フォーゲルザンク】
協調性こそ私が讃えるもの
他のいかなる美徳よりも
なぜなら全体が好まれねばならぬのだから
ただ単なる個人だけではなく

【全員】
アーティストは努力しなければならない…

【マダム・ヘルツ】
各々が自分の才能を発揮して
芸と 天分をバランスさせましょう
その上で 聴衆に示して頂きましょう
誰が最大の賞賛に値するかを

【全員】
アーティストは努力しなければならない…

【ブッフ】
私はこれらの歌手の中では
明らかに第一ブッフォ歌手だ
私の名はブッフ - たったひとつの O を
私の名前に付け加えれば良い
そうすれば議論の余地なく:ブッフォになる
そして 私のようには 誰も歌えない
皆さんよくお分かりかね?

【全員】
アーティストは努力しなければならない…
Ouvertüre




SIEBENTER AUFTRITT
Frank, Buff, Herr und Madame Herz.

HERZ
Hier hab ich das Vergnügen Ihnen meine Frau vorzustellen. Sie ist bereit Ihnen mit einer kleinen Arie eine Probe von Ihrer Stimme zu geben.

FRANK
Sie werden mir ein auserordentliches Vergnügen machen.

Nr. 1 - Ariette

MADAME HERZ
Da schlägt des Abschieds Stunde
Um grausam uns zu trennen;
Wie werd ich leben können
O Damon! ohne dich!
Ich will dich begleiten
Im Geist dir zur Seiten
Schweben um dich!
Und du! - - vielleicht auf ewig
Vergisst dafür auf mich!
Doch nein, wie fällt mir so was ein!
Du kannst gewiss nicht treulos seyn.
Ein Herz das so der Abschied kränket,
Dem ist kein Wankelmuth bekannt
Wohin es auch das Schicksal lenket!
Nichts trennt das festgeknüpfte Band.

FRANK
Göttlich! unvergleichlich! ich bin Ihnen für das Vergnügen unendlich verbunden, Madame!
er küsst Madame Herz die Hand

HERZ
der ihm seiner Frauen Hand wegnimmt
Um Vergebung Herr Frank, Sie bewundern zu lebhaft! Ich mag das nicht gern leiden. Sie sind also mit dem Talent meiner Frau zufrieden?

FRANK
Wer würde das nicht seyn?

HERZ
Nun denn, so werden Sie auch unsre Foderung nicht zu hoch finden. Sie geben meiner Frau sechzehn Thaler die Woche, und mir, weil ichs schon eingegangen bin, vierzehn.

FRANK
Recht gerne.

BUFF
Wir steigen.

ACHTER AUFTRITT
Die Vorigen, Mademoiselle Silberklang.

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Ihre Dienerinn Herr Frank. Sie errichten, wie ich höre, eine deutsche Oper? Ich will mich also bey Ihnen als Sängerinn melden. Ich bin Mademoiselle Silberklang, Sie müssen mich ohne Zweifel per ronommée kennen - Weil der Ruf aber oft betrüglich ist, so will ich Ihnen ein kleines Rondeau singen, damit Sie selbst urtheilen können.

Nr. 2 - Rondo

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Bester Jüngling! mit Entzücken
Nehm' ich deine Liebe an;
Da in deinen holden Blicken
Ich mein Glück entdecken kann.
Nichts ist mir so werth und theuer
Als dein Herz und deine Hand;
Voll vom reinsten Liebes-Feuer
Geb' ich dir mein Herz zum Pfand.
Aber, ach! wenn düstres Leiden
Unsrer Liebe folgen soll,
Lohnen diess der Liebe Freuden?
Jüngling das bedenke wohl!

FRANK
Bravo! Bravo! Zwey so vortrefliche Sängerinnen müssen meiner Gesellschaft einen besondern Werth geben. Wenn Sie um Sechzehn Thaler bey mir bleiben wollen - -

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Da haben sie meine Hand - Ich mache nicht viel Umstände.

BUFF
heimlich zu Frank
Accordiren Sie zugleich, wie oft sie in einer Woche den Karthar haben will.

NEUNTER AUFTRITT
Vorige, Madame und Herr Vogelsang.

MADAME VOGELSANG
Hier Herr Frank hab ich die Ehre Ihnen meinen Mann aufzuführen.

FRANK
Willkommen, willkommen. O nun hab' ich ja schon eine Oper beysammen. Nur Einigkeit bitt ich, meine Kinder.

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Ueber mich werden Sie deshalb nicht klagen können, ich bin das beste Mädchen, ich thue alles, was man will. Sagen Sie mir, wie viel hat Madame
auf Madame Herz zeigend
Gage?

FRANK
So viel wie Sie.

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Das hätt' ich wissen sollen.

MADAME HERZ
Sie glauben doch wohl nicht mehr zu verdienen als ich?

BUFF
O Einigkeit!

MADEMOISELLE SILBERKLANG
zu Frank
So müssen Sie wenigstens mich als erste Sängerinn annehmen.

MADAME HERZ
Dagegen protestir' ich.

Nr. 3 - Terzett

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Ich bin die erste Sängerin.

MADAME HERZ
spöttisch
Das glaub ich, ja nach Ihrem Sinn.

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Das sollen Sie mir nicht bestreiten.

MADAME HERZ
spöttisch
Ich will es ihnen nicht bestreiten.

MONSIEUR VOGELSANG
Ey! lassen Sie sich doch bedeuten.

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Ich bin von keiner zu erreichen
Das wird mir jeder eingestehn.

MADAME HERZ
spöttisch
Gewiss ich habe ihres gleichen
Noch nie gehört und nie gesehn.

MONSIEUR VOGELSANG
Was wollen Sie sich erst entrüsten,
Mit einem leeren Vorzug brüsten,
Ein jedes hat besondern Werth

MADEMOISELLE SILBERKLANG, MADAME HERZ
Mich lobt ein jeder der mich hört.

MADAME HERZ
Adagio! adagio!

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Allegro! allegrissimo;

MONSIEUR VOGELSANG
Piano! Pianissimo!
Kein Künstler muss den andern tadeln
Es setzt die Kunst zu sehr her ab.

MADAME HERZ
Wohlan! nichts kann die Kunst mehr adeln
Ich steh von meiner Fodrung ab.

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Ganz recht! nichts kann die Kunst mehr adeln
Ich stehe ebenfalls nun ab.

BUFF
ironisch
Es lebe die Einigkeit!

LETZTER AUFTRITT
Die Vorigen, Eiler, Madame Pfeil und Madame Krone.

MADAME PFEIL
Was hab ich gehört, Herr Frank, Sie geben andern sechzehn Thaler, und mir nur zwölfe? da wird nichts draus. Ich muss die höchste Gagehaben; denn ich bin in allen Fächern zu brauchen.

EILER
heimlich zu Frank
Gestehn Sie ihrs nur ein. Ich zahle ja so alles.

FRANK
heimlich zu Madame Pfeil
Beruhigen Sie sich nur; Sie sollen einen Separat-Kontrakt haben.

MADAME PFEIL
So lass ichs gelten.

MADAME KRONE UND MADAME VOGELSANG
Was ist das?

MADAME HERZ UND MADEMOISELLE SILBERKLANG
Was ist das?

FRANK
Dass ich gar keine Gesellschaft errichten will; wenn ich gleich anfangs so viel Hinderdernisse finde.

Nach einer kleinen Pause.

MADAME KRONE
Herr Frank, ich will der Kunst mein Intresse aufopfern.

MADAME VOGELSANG
Ich will mich am Beyfall schadlos halten.

MADAME HERZ
Ich auch.

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Daran wird mirs auch nicht fehlen.

BUFF
Nun so wäre alles wieder in Ruhe.
bey Seite
Bis es wieder ausbricht. Herr Frank, ich wünsche Ihnen Glück zu ihrer Gesellschaft. Ich fürchte nichts - als dass sie lauter erste Aktrisen und erste Sängerinnen haben.

Nr. 4 - Schlussgesang

MADEMOISELLE SILBERKLANG
Jeder Künstler strebt nach Ehre,
Wünscht der einzige zu seyn;
Und wenn dieser Trieb nicht wäre,
Bliebe jede Kunst nur klein.

ALLE
Künstler müssen freylich streben
Stets des Vorzugs werth zu seyn;
Doch sich selbst den Vorzug geben,
Ueber andre sich erheben,
Macht den grössten Künstler klein.

MONSIEUR VOGELSANG
Einigkeit rühm ich vor allen
Andern Tugenden uns an;
Denn das Ganze muss gefallen
Und nicht bloss ein einzler Mann.

ALLE
Künstler müssen freylich streben etc.

MADAME HERZ
Jedes leiste was ihm eigen,
Halte Kunst, Natur, gleich werth;
Lasst das Publikum dann zeigen
Wem das grösste Lob gehört.

ALLE
Künstler müssen freylich streben etc.

BUFF
Ich bin hier unter diesen Sängern
Der erste Buffo das ist klar;
Ich heisse Buff - nur um ein O
Brauch ich den Namen zu verlängern,
So heiss ich ohne Streit: Buffo.
Und dass, wie ich, keins singen kann,
Sieht man den Herren doch wohl an?

ALLE
Künstler müssen freylich streben. etc.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|