オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

対訳完成作品一覧

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

トップ > Smetana,Bedřich > Prodaná nevěsta > あらすじ
"売られた花嫁"border="0"

目次

第1幕

  • 祭に沸き立つ村の広場ですが、恋するイェニークとマジェンカのカップルはどこか不安そうです。マジェンカに縁談が持ち込まれ、彼女は今日それに答えなければならない、しかも父親はもう娘を嫁にやると約束してしまっていたようなのです。大地主ミーハの息子に嫁がせるということを。イェニークもそんな彼女の話を聞いてどこか動揺した様子。実は彼は自分の過去を恋するマジェンカにも明かしていないのでした。彼は継母に追い出されて流浪の旅をしていたと簡単な身の上話をマジェンカにします。
  • 彼らが去ったあとで登場してきたのが結婚仲介人のケツァルとマジェンカの父クルシナに母ルドミラ、口八丁のケツァルに、花婿候補の若者を連れてきてくれれば話は早いのに...と訝しげです。マジェンカがそこにやってきたので三人で説得を試みますが失敗、自分には恋人がいるから絶対にダメだと言い捨てて彼女は去って行きます。
  • その恋人とかいう男を説得しようと思い立つケツァル。祭を盛り上げるポルカの踊りと共に幕となります。

第2幕

  • ビールの本場、チェコらしく酒場でビールを讃える力強い男声合唱、それを受けてイェニークは愛を力強く賛美します。そこへ近づいて来る結婚仲介人のケツァル、彼らのやりとりは激しく踊られるフリアントによってちょっとお預けです。
  • 男たちが去ったあとやって来たのはミーハの息子ヴァシェク、ちょっと知的障碍のある若者のようですが、リリックなテナーの声が純真さを表しています。彼を見つけたマジェンカは別の女になりすましてあることないこと吹き込み、彼に自分との結婚を諦めさせますが、他の女になりすました自分がヴァシェクを好いていると言ってしまった作戦はこのあと裏目に出るのでした。
  • 彼らが退場したあと、いよいよイェニークと結婚仲介人ケツァルとの対峙です。金持ちの一人娘を紹介してやるという話に乗り気でなさそうな彼にそれではケツァルはポケットマネーで気前よく300グルテン払うので彼女を諦めろと説得します(グルテンというのは当時の南ドイツ一帯で用いられていた通貨、現在の価値に直していくらなのかは調べきれませんでしたが、グルテン金貨というのもあったようなので恐らく数十万~数百万円くらいにはなったのではないでしょうか)。
  • イェニークは何とこの申し出を受けてしまいます。但し契約の条文に「マジェンカをトビアス・ミーハの息子以外には決して譲らない」という文言を入れるようしつこく主張するのでした。ヴァシェク以外にミーハの息子がいると知らない(いや 知ってはいましたが行方不明だと聞いていた)ケツァルはあっさりそれを了承します。
  • 結ばれた契約が成立するためには証人の署名が必要です。マジェンカの父クルシナがあきれ果て、合唱が「自分の恋人を売ったとんでもない野郎め」と騒然となる中で幕が閉じます。

第3幕

  • マジェンカと結婚したらとんでもないことになると脅かされてすっかりしょげかえっているヴァシェク、その前に旅のサーカス一座がこれから始める興行の宣伝を始めます。道化師たちの華やかな踊りに目もくれず、ヴァシェクが見ているのはサーカス団の花形娘エスメラルダ、彼女に誘惑されて彼はサーカスで熊の被り物をつけて一仕事することを承知させられます。ひとり残るヴァシェクのところに彼の両親と結婚仲介人、マジェンカとの結婚は怖いから嫌だと渋る彼のところに何と間の悪いことにこちらも彼女の両親に説得されているマジェンカが入ってきます。両親から聞かされた恋人が自分を300グルテンで売ったという話が信じられないところに持ってきて、ヴァシェクに正体がばれてしまい絶体絶命、しばらく考える時間をくれと頼んだところに呑気に登場した自分を売った恋人イェニーク、彼がしつこく「ミーハの息子」と結婚するように嬉しそうに言うものだから逆上し(普通キレますわな こんな状況では)、この裏切った恋人への腹いせもあってミーハの息子との結婚を口にしてしまいます。こりゃ良いとばかりに両家の親たちを連れてくるケツァル、そこで何とイェニークはミーハの行方不明だった息子であることが明らかになってしまうのです。ここでイェニークがしつこく契約に書くことを主張していた「マジェンカをトビアス・ミーハの息子以外には決して譲らない」という条文が生きて参ります。イェニークとヴァシェク、どちらの「ミーハの息子」を選ぶのか、マジェンカはもちろんイェニークを選びます(私がもしマジェンカだったら大恥をかかしたイェニークへの腹いせにヴァシェクを選んでしまいそうな気もしますが。この二人、これからの結婚生活は大丈夫なのでしょうか?)。
  • そこへ子供たちがサーカスから熊が逃げ出したと大騒ぎしながら駆けてきます。追いかけてきた熊の被り物を取って頭を出すヴァシェク、一同大笑いのうちに幕となります。

Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|