オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





I Quartetto, Coro. Andante con moto

悲しみの母は立っていた
十字架の傍らに、涙にくれ
御子が架けられているその間

呻き、悲しみ
歎くその魂を
剣が貫いた

ああ、なんと悲しく、打ちのめされたことか
あれほどまでに祝福された
神のひとり子の母が

そして歎き、悲しんでいた
慈悲深い御母は、その子が
震えつつ目にしながら
罰[苦しみ]を受けるのを目にしながら
Stabat Mater dolorosa
Iuxta crucem lacrimosa
Dum pendebat Filius

Cuius animam gementem
Contristatam et dolentem
Pertransivit gladius

O quam tristis et afflicta
Fuit illa benedicta
Mater unigeniti!

Quae mœrebat et dolebat,
Piam Mater, dum videbat
et tremebat, cum videbat
Nati pœnas incliti

II Quartetto. Andante sostenuto

涙をこぼさないものがあるだろうか
キリストの母が、これほどまでの
責め苦の中にあるのを見て

悲しみを抱かないものがあるだろうか
キリストの母が御子とともに
歎いているのを見つめて

その民の罪のために
イエスが拷問を受け
鞭打たれるのを(御母は)見た

愛しい御子が
(愛しいイエスが)
打ち捨てられて孤独に死に
魂へ帰っていくのを見た
Quis est homo qui non fleret,
Matrem Christi si videret
in tanto supplicio?

Quis non posset contristari
Christi matrem contemplari
dolentem cum Filio?

Pro peccatis suæ gentis
vidit Jesum in tormentis,
et flagellis subditum.

Vidit suum dulcem Natum
(Vidit Jesum dulcem Natum)
morientem desolatum,
dum emisit spiritum.

III Coro. Andante con moto

さあ、御母よ、愛の泉よ
私にもあなたの強い悲しみを感じさせ
あなたと共に悲しませてください
Eja, Mater, fons amoris
me sentire vim doloris
fac, ut tecum lugeam.

IV Basso solo, Coro. Largo

私の心を燃やしてください
神なるキリストへの愛で、
その御心にかなうように

聖なる母よ、どうかお願いします
十字架に架けられた(御子の)傷を
私の心に深く刻みつけてください
Fac, ut ardeat cor meum
in amando Christum Deum
ut sibi complaceam.

Sancta Mater, istud agas,
crucifixi fige plagas
cordi meo valide.

V Coro. Andante con moto, quasi allegretto

あなたの子が傷つけられ
ありがたくも私のために苦しんでくださった
その罰[苦しみ]を私に分けてください
Tui Nati vulnerati,
tam dignati pro me pati,
pœnas mecum divide.


VI Tenore solo, Coro. Andante con moto

あなたと共にまことに涙を流し
十字架の苦しみを感じさせてください、
私の生のある限り

十字架の傍らにあなたと共に立ち
そして打ちのめされる苦しみを
あなたとともにすることを私は願います
Fac me vere tecum flere,
crucifixo condolere,
donec ego vixero.

Juxta Crucem tecum stare,
te libenter sociare
in planctu desidero.


VII Coro. Largo

いと清き乙女のなかの乙女よ
どうか私を退けずに
あなたとともに歎かせてください
Virgo virginum præclara,
mihi jam non sis amara,
fac me tecum plangere.

VIII Duo. Larghetto

どうかキリストの死を私に負わせ、
どうかその受難を共にさせ、
そしてその傷に思いを馳せさせてください

どうかその傷を私に負わせてください
どうか私に十字架を深く味わわせてください
そして御子の血を
Fac, ut portem Christi mortem,
passionis fac consortem,
et plagas recolere.

Fac me plagis vulnerari,
Cruce hac inebriari,
ob amorem Filii.

IX Alto solo. Andante maestoso

怒りの火に燃やされることなきよう
あなたによって、乙女よ、守られますように
裁きの日には

私を十字架によって守護し
キリストの死によって支え
恵みによって満たしてください
In flammatus et accensus
per te, Virgo, sim defensus
in die judicii.

Fac me cruce custodiri,
morte Christi præmuniri
confoveri gratia.

X Quartetto, Coro. Andante con moto

肉体が滅びる時には
どうか魂に、栄光の天国を
与えてください。アーメン
Quando corpus morietur,
fac, ut animæ donetur
paradisi gloria. Amen.

Creative Commons License
このテキストは、第19節を除いて クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
「スターバト・マーテル」(最終更新 2010年11月24日 (水) 12:36の版)『ウィキペディア日本語版』。
http://ja.wikipedia.org/wiki/スターバト・マーテル



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|