オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第3幕

わらの敷き詰められた寝床が地面にある情景 彼女はハミングしながら狂乱している 夜である 壁に釘付けされたランプがある。奥には鉄格子の扉

【マルゲリータ】
あの夜 海の底に
私の赤ちゃんが投げこまれたの
なのに皆言うのよ 私を錯乱させようと
私があの子を溺れ死なせたと
空気が冷たいわ
牢屋は荒れ果てている
でも悲しい私の魂は
森の鳥のように
飛ぶの 飛ぶの 飛び去って行くの
ああ!私にお慈悲を!
深い眠りの中に
私の母はまどろんでいるだけなのに
なのに皆 恐ろしいことを言うのよ 私が
母に毒を飲ませたなんて
空気が冷たいわ
牢屋は荒れ果てている...

【ファウスト】
(格子の外から)
彼女を救ってくれ!

【メフィストーフェレ】
(格子の外から)
ところで誰が奈落の底に彼女を押し込んだんですかね?
私ですか?それともあなた?
私がここでできることと言えば
ここに鍵がありましてね
看守は眠っている
魔法の馬もいる
逃げる準備はできていますよ...
(鉄格子を開けて退場)

ファウストは牢の中に入る

【マルゲリータ】
慈悲深き神さま!
あの人たちだわ...
来てしまったのね 助けて!
死ぬのは何て恐ろしいことなの...

【ファウスト】
落ち着いて...落ち着いて!
私はあなたを助けに来たんだ

【マルゲリータ】
男の方...あなたは...
お慈悲を...
私に運んできて下さったのですか ...

【ファウスト】
黙って マルゲリータ!

【マルゲリータ】
何ですって!
ああ!もう一度話してください!
ああ!話してください!
ああ!あなたが私を救って下さる!
ああ!私を救って下さる!
ほら この道です
あなたに会ったのは
初めての時に!
このマルタの庭で...

【ファウスト】
ああ!行こう
ああ!行こう...

【マルゲリータ】
もっとここに居て もっとここに居て

【ファウスト】
急いで でないと大変なことになる
ぐずぐずしていると

【マルゲリータ】
あなたは私にキスして下さらないの?
あなたは私にキスして下さらないの?
ああ!あなたの唇は冷たいわ...
あなたの愛はどこに行ってしまったの?

【ファウスト】
やめるんだ!

【マルゲリータ】
あなたは私から解いて下さるの 慈悲深くも
この鎖を?
でも ご自分が救うのが誰だかお分かりではないのでは
おお慈悲深いお方?
私は毒を盛りました...
私の哀れな母に...
そして溺れさせました...
私の小さな子を...
さあ...あなたの手を...
ええ... あなたにお願いが ...
お墓のことのいやなお願いです...
明日掘ってくださいませ...
あそこに...
濃い緑の芝のところに...
私の母を横たえてください
墓場の中でも一番美しい場所に...
離れたところに...でもまだ近い場所に...
私のを掘るの...
私の哀れな墓穴を...
そして私の子
彼は私の胸の上に置いて

【ファウスト】
ああ!お願いだ 逃げてくれ

【マルゲリータ】
いいえドアのところは地獄ですもの...
ああ!どうして行ってしまうの?
どうしてここにいて下さらないの?
私は付いて行くことができないのに...
それに...
私にとって生きることは苦しみなのです
この地上で何をすればいいの?
パンを請うことだけです
一口 また一口と
私は良心に苛まれ続けるでしょう
私の恐ろしい罪の

【ファウスト】
私をしっかりと見てくれ!
ああ! 聞いてくれ
この愛の声を お願いだ!
さあ...一緒に逃げよう

【マルゲリータ】
はい、逃げましょう...
もう魅惑の夢が見せてくれている
平和な避難所を
そこで楽しく一緒に暮らしましょう

ファウストとマルゲリータは互いの目を見つめ合いながら一緒に物憂げにつぶやく

【マルゲリータ ファウスト】
遠く、遠く、遠く、
広い海原の波の向こう
海の潤った香りの間から
藻の間から 花の間から
ヤシの木々の間から
人知れぬ安息の港が
青い小島が私たちの前に現れます
私には見えます 澄んだ空の上に
虹に囲まれて
太陽のほほ笑みが映っているのが
希望に満ちた自由な恋人たちの逃避行
移り住むのです 輝きながら
その島を目指して飛んで行く
自由な恋人たちの逃避行...
遠く、遠く、遠く、

【メフィストーフェレ】
(奥から現れる)
もう夜が明けますぜ!

【マルゲリータ】
ああ!悪魔が唸っている!

【ファウスト】
ああ!ああ! 急ごう
時間がない!

【マルゲリータ】
(ファウストに)
ああ!いけません 私を捨てていかないでください!

【メフィストーフェレ】
もう扉の向こうでは鳴り響いていますぜ
ファンファーレ、ファンファーレが
死の

【マルゲリータ】
ああ!偉大な神さま
(ファウストから離れて)
遠ざけてください この誘惑を!
私の手足を痛めつけるのです
固く縛りつけて
神様 私をお助けください
彼らは死に私を導くのです
おお天よ!ああ!私の頭の上にもう
斧が 私の頭の上に光っていたわ
斧が ああ!光っていた!

【メフィストーフェレ】
(ファウストの隣で)
止めてください 止めてください 無駄な話は
東の空から
もう太陽が昇っている
あの黒馬たちの
いななきがもう聞こえます
逃げなければいけません
逃げましょう ああ!逃げましょう 逃げましょう

【ファウスト】
清らかな娘よ
心が動揺しているね
私に見せてくれ 穏やかな
その青ざめた顔を
浸るのはやめるんだ
その空しい溜息に
逃げなければいけない
ああ!そうだ 逃げなければいけないのだ
ああ!生まれてこなければよかったのだ!

【メフィストーフェレ】
じゃあ どうすれば?

【マルゲリータ】
誰が出てきたの?
誰が地の底から出てきたの?
化け物だわ!お助けを!
この聖なる場所に
呪われた者が何を望んでるの?
ああ! 追い払ってください
きっと私を狙っているのだから!

【ファウスト】
ああ!来て 生きるんだ 頼む!
生きるんだ マルゲリータ

【メフィストーフェレ】
私について来てください さもないと二人とも
斧の餌食だ

夜明けの光 メフィストーフェレは奥の門のところをうろついている マルゲリータは錯乱してファウストの腕の中で苦しんでいる


【マルゲリータ】
見て...夜明けの淡い光が...
最後の日がもうやってきたのね...
本当はなるはずだったのに...
輝かしい日に...
私たちの婚礼の...
すべては終わったわ
この世では

【ファウスト】
おお 残酷な苦しみ!

【マルゲリータ】
黙って...誰にも秘密にしておいて下さい
秘密にしておいて あなたがマルゲリータを愛したことは
そして、私があなたに心を捧げたことは
ああ!死に臨んだこの女をお許しください...
主よ...許しください 主よ
聖なる父よ...
私をお救いください...そしてあなた方 天使たちよ
お守りください!あなた方のもとに行く女を

【メフィストーフェレ】
彼女は裁かれました

【ファウスト】
おお 苦悩よ!

【マルゲリータ】
エンリーコ...
(倒れる)
あなたは私を怖がらせます!

【天使たちの一群】
彼女は救われた!...

【メフィストーフェレ】
私のところへ ファウスト!

ファウストとメフィストフェレスは消える 奥には部下に囲まれた死刑執行人が
ATTO TERZO

Scena a terra su di un giaciglio di paglia, canticchiando e vaneggiando. Notte. Una lampada accesa inchiodata al muro. Un cancello nel fondo.

MARGHERITA
L'altra notte in fondo al mare
Il mio bimbo hanno gittato,
Or per farmi delirare dicon ch'io
L'abbia affogato.
L'aura è fredda,
Il carcer fosco,
E la mesta anima mia
Come il passero del bosco
Vola, vola, vola via.
Ah! Pietà di me!
In letargico sopore
E' mia madre addormentata,
E per colmo dell'orrore dicon ch'io
L'abbia attoscata.
L'aura è fredda,
Il carcer fosco, ecc.

FAUST
fuori dal cancello
Salvala!

MEFISTOFELE
fuori dal cancello
E chi la spinse nell'abisso?
Io? O tu?
Ciò che posso farò.
Ecco le chiavi.
Dormono i carcerieri,
I puledri fatati
Son pronti alla fuga …
apre il cancello e parte

Faust entra in carcere.

MARGHERITA
Dio di pietà!
Son essi …
Eccoli, aita!
Dura cosa è il morir …

FAUST
Pace … pace!
Io son un che ti salva.

MARGHERITA
Un uom … tu sei …
Di carità …
L'abbi per me …

FAUST
Silenzio, Margherita!

MARGHERITA
Cielo!
Ah! Parla ancora!
Ah! Parla!
Ah! Tu mi salvi!
Ah! M'hai salvata!
Ecco, la strada è questa
Dov'io ti vidi
Per la prima volta!
Ecco il giardin di Marta …

FAUST
Ah! Vieni ,
Ah! Vieni …

MARGHERITA
Resta ancor, resta ancor . . .

FAUST
T'affretta o a prezzo tremendo
Pagherem l'indugio.

MARGHERITA
E non mi baci?
E non mi baci?
Ah! Le tue labbra son gelo …
Che festi dell'amor tuo?

FAUST
Cessa!

MARGHERITA
Tu mi togli pietoso
Alle catene?
E ignori chi tu salvi,
O pietoso?
Ho avvelenata …
La mia povera madre …
Ed ho affogato …
Il fantolino mio …
Qua … la tua mano …
Vien … vo'narrarti …
Il tetro ordin di tombe …
Che doman scaverai …
Là …
Fra le zolle più verdeggianti …
Stenderai mia madre
Nel più bel sito del cimiter …
Discosto … ma pur vicino …
Scaverai la mia …
La mia povera fossa …
E il mio bambino
Poserà sul mio sen.

FAUST
Deh! Ti scongiuro, fuggiamo.

MARGHERITA
No. Sta l'inferno a quella porta …
Ah! Perchè fuggi?
Perchè non t'arresti?
Non ti posso seguir …
E poi …
La vita per me è dolor;
Che far sulla terra?
Mendicare il mio pane
A frusto a frusto
Dovrò colla coscienza
Paurosa de' miei delitti.

FAUST
Rivolgi a me lo sguardo!
Ah! Odi
La voce dell'amor che prega!
Vieni … fuggiam.

MARGHERITA
Sì, fuggiamo …
Già sogno un incantato
Asil di pace,
Dove soavemente uniti ognor vivrem.

Faust e Margherita avvinti, guardandosi negli occhi e mormorando languidamente insieme.

MARGHERITA, FAUST
Lontano, lontano, lontano,
Sui flutti d'un ampio oceano,
Fra i roridi effluvi del mar,
Fra l'alghe,fra i fior,
Fra le palme,
Il porto dell'intime calme,
L'azzurra isoletta m'appar.
M'appare sul cielo sereno
Ricinta d'un arcobaleno
Specchiante il sorriso del sol.
La fuga dei liberi amanti speranti,
Migranti, raggianti,
Dirige a quell'isola il volo,
La fuga dei liberi amanti, ecc.
Lontano, lontano, lontano.

MEFISTOFELE
comparendo dal fondo
Sorge il di!

MARGHERITA
Ah! Satana rugge!

FAUST
Ah! Deh! T'affretta,
Il tempo fugge!

MARGHERITA
a Faust
Ah! No, Non lasciarmi in abbandono!

MEFISTOFELE
Squilla già da quelle porte
La fanfara, la fanfara
Della morte.

MARGHERITA
Ahimè! Gran Dio,
staccandosi da Faust
Tu allontana la mia tentazion!
Mi strazian le membra
Con dure ritorte.
O Dio, tu m'aiuta,
Mi guidano a morte,
O ciel! Ah! Già sul mio capo,
Sul mio capo la scure brillò,
La scure, ah! brillò!

MEFISTOFELE
accanto a Faust
Cessate, cessate le vane parole,
Dal ciel d'oriente
Già levasi il sole,
De' neri puledri
Già s'ode il nitrire,
C'è d'uopo fuggir,
Fuggiam, ah! fuggiam, fuggiam.

FAUST
Serena, fanciulla,
Lo spirto sconvolto;
Ch'io vegga tranquillo
Quel pallido volto;
Pon freno alla foga
De' vani sospiri,
C'è d'uopo fuggir,
Ah! Sì, c'è d'uopo fuggir.
Ah! Non fossi mai nato!

MEFISTOFELE
Ebben?

MARGHERITA
Chi s'erge?
Chi s'erge dalla terra?
E' il mostro! Misericordia!
In questo santo asilo,
Che vuole il maledetto?
Ah! lo discaccia,
E' forse me ch'ei vuol!

FAUST
Ah! Vieni e vivi, deh!
Vivi, Margherita.

MEFISTOFELE
Mi segui, o entrambi
V'abbandono alla mannaia.

Luce d'alba. Mefistofele va ad esplorare nel fondo, sul cancello. Margherita, affranta, agonizzando nelle braccia di Faust.

MARGHERITA
Spunta … l'aurora pallida …
L'ultimo di già viene …
Esser doveva …
Il fulgido giorno …
Del nostro imene …
Tutto è finito
In vita.

FAUST
O strazio crudel!

MARGHERITA
Taci … ad ognun s'asconda,
S'asconda che amasti Margherita
E ch'io ti diedi il cor.
Ah! A questa moribonda perdonerai . . .
Signor … perdonerai, Signor.
Padre santo …
Mi salva … e voi, celesti,
Proteggete! Questa che a voi si volge.

MEFISTOFELE
E' giudicata.

FAUST
O strazio!

MARGHERITA
Enrico . . .
cade
Mi fai ribrezzo!

FALANGI CELESTI
E' salva! . . .

MEFISTOFELE
A me, Faust!

Faust e Mefistofele scompaiono. Nel fondo il carnefice circondato da sgherri.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|