オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第4幕

ペネイオスの川 澄んだ水 深い茂み 花や葉 月は静かに舞台の上に魅惑的な光を投げかけている 二体のスフィンクスが左手にある寺院 奥ではエレナとパンタリスが真珠貝と銀でできた小舟に乗っている、舟の周りにはシレーネが取り囲んでいる ファウストは花咲く土の上でまどろんでいる


【エレナ】
月は
じっとして天空を照らす...

【パンタリス】
歌って

【エレナ】
...淡い色の光で

【パンタリス】
熱い香油が滴り落ちます  ...

【エレナ】
歌って

【パンタリス】
...濡れた株から

【エレナ】
ドリスや
シルフ 白鳥やネレイスが...

【パンタリス】
歌って

【エレナ】
... 海藻の上で戯れます
風は穏やか
月は満ちている
歌って おお海の精よ
セレナーデを!

【パンタリス】
歌え 歌え
歌え 海の精よ 歌え

【ファウスト】
(舞台裏から)
エレナ、エレナ、エレナ、エレナ!

【エレナ】
さすらい人よ
疲れた者よ こちらの端までおいでなさい...

【パンタリス】
歌って

【エレナ】
...弱々しい波の

【パンタリス】
かすかな
歌があなたを招く そして花盛り...

【エレナ】
歌って

【パンタリス】
...道はスミレの花で

【エレナ】
歌っています
優しいシレーネが 愛らしい...

【パンタリス】
歌って

【エレナ】
...海の女神たちが
風は穏やか
月は満ちている
歌って おお海の精よ
セレナーデを!

【パンタリス】
歌え 歌え
歌え 海の精よ 歌え!

(去って行く)

【ファウスト】
(ずっと舞台裏で)
エレナ、エレナ、エレナ、エレナ!

【メフィストーフェレ】
(ファウストと一緒に登場)
これが古典的なサバトの夜です
あなたには大した幸運ですよ
あなたは生を探していますからな
神話の世界の中に
神話の世界の中にあなたはいるんです
賢明な助言を致しますとね
それぞれが覗き見できるんですよ
我々の運命を
互いに反対方向から

【ファウスト】
オーラを味わおう
その妙なる言葉を歌う歌い手の!
私はギリシャの地にいるのだ!
体じゅうが
愛に捕らわれているのだ

(ファウストは出て行く)

【メフィストーフェレ】
ブロッケンの
北の魔女の中にいれば
俺も従わせるすべを知っているのだが
しかし、ここで異国の霊が相手では
俺もどうしたら良いか分からない
あのぎざぎざのハルツ山の暗い空気の
刺激の強いタールや松脂の匂い
それが俺の鼻には一番心地よいのだが!
その片鱗すら嗅ぐことはできないな
このアッティカの地では
だが どんな奔放な女どもが
飛んだり 踊ったりして
まだらに群がってくるのだろうか?
見てみるとしよう

聖歌隊が入ってくる 輪になった踊り メフィストーフェレ 当惑し退屈して退場


アンダンティーノの踊り
エレナは合唱隊に続いて登場する

【聖歌隊】
ああ!
エレナ様に勝利を
賛歌を 冠を
共感の舞いを
エトセトラのルディ。
太陽を浴びた
魔法のそのお顔
あなた様は魂を輝かせ
空を響かせます

【エレナ】
(恐ろしい幻影に惑わされて)
陰鬱な 残酷な夜
限りなき 葬送の夜!
恐ろしい夜!
消え去らぬ後悔!
焼け跡より
塵が風の中を
舞い上がり 濃くするのです
一層陰惨な闇を

【聖歌隊】
安息を!

【エレナ】
ぶつかり合う盾で
突進する戦車で
鳴り響く弩砲で
大気は揺れ動く!
そう 大地を変える
血の渦へと

【聖歌隊】
神々よ! 神々よ!

【エレナ】
恐ろしい神々は
もう轟音を上げて
その怒りを掻き立てている
戦いの
先端のとがった塔は
悲劇的にそそり立つ 黒く
濃い煙の中に

【聖歌隊】
エレナ様!

【エレナ】
炎は既に家々をなめ尽くす
アカイアの人々の姿が映し出される
暗く巨大なプロファイルが
壁を逃げ惑っている
炎の真っただ中を
悲しい!ああ!
深い静寂が
その時から支配している
かつてトロイだった場所を

15世紀の騎士団の服を着た美しいファウストが登場 メフィストーフェレ ネレオ パンタリス 小さな牧神やシレーネが後から付き従っている

【聖歌隊】
誰が来るのだ?
誰が来るのだ?
おお不思議な 素晴らしい光景!
とても素晴らしい英雄が歩み出てくる!
その悲しげなお顔の上からは
そう 読み取れる:愛!と
振り向いて下さい 女王さま!
女王さま 振り向いてご覧ください

【ファウスト】
(エレナにお辞儀して)
理想的な純粋な形です
永遠の美の!
ひとりの男があなたにひれ伏しています
恋に落ちて大地の上に
私にお向けください
あなたの黒い瞳を
満月のように穏やかで
太陽のように燃える瞳を
ひとりの男があなたにひれ伏しています
恋に落ちて 恋に落ちて大地の上に

【エレナ】
あなたの吐息が
触れて 私は祝福されています
ただひとり私だけが すべての
トロイの女たちの そしてアルゴスの乙女たちから
振り撒けるのですから この官能的な
恋人の魅力を!
彼の吐息が触れて
そして、私は祝福されています ああ!祝福されて

【ファウスト】
その穏やかなイメージ
優しい乙女の
それは霧の向こうでかつて愛した
失われた地の乙女の姿を
すでに消し去ろうとしています
最も崇高なまなざしに
最も感動的なお顔に
震え 燃えています!
私は愛し、私は震え、私は燃える!
私を征服したのだ
最も崇高な愛が...

【聖歌隊】
愛なのだ 彼らを結びつけたのは!
奇跡だ!結びつけたのは愛なのだ!
おお驚きよ!
おお清らかなカップルよ!
彼らはエンディミオンとルナに見える!
女神は吐息を味わっておられる
虜になった英雄の!
彼らを結びつけたのは愛なのだ!
見てごらんなさい!おお驚きよ!...
もう彼にくちづけしようと おお驚きよ!
おお天上のカップルよ!
愛なのだ 彼らを結びつけたのは 愛なのだ!

【メフィストーフェレ】
おお驚きだ!奇跡だ!
愛なのだ 彼らを結びつけたのは!
驚いた!驚いた!
見てくださいよ!
ああ!愛なのだ 彼らを結びつけたのは!
(聖歌隊に)
黙って去れ!黙って去れ!
愛なのだ 彼らを結びつけたのは!
そうだ 愛なのだ!

【パンタリス】
ああ! 愛なのです 彼らを結びつけたのは
見てください!
天上のカップルを!
おお清らかなカップルを!

【ネレオ】
奇跡だ 奇跡だ!
おお奇跡だ!
驚きだ!この清らかなカップルは!
ここでは愛が彼らを結びつけたのだ!
そう 愛なのだ 彼らを結びつけたのは
愛が 愛が!

メフィストーフェレ パンタリス ネレオと聖歌隊は退場

【エレナ】
おお魔力!
話して!話してください!
どんな魔法の吐息が
こんなにも甘くするのでしょう あなたの
愛の言葉を?
音をあなたは音と結び付けて
まるで木霊の吐息のように
エクスタシーに満たす
教えてください どうやったら語れるのかを
その甘い言葉を?

【ファウスト】
心の中をよく調べて
あなたに答えましょう:ようこそ!と

【エレナ】
私に答えて下さるのですね:ようこそ と

【ファウスト】
ちょうどこんな風に
小鳥が答えるように
心の中をよく見て 私に答えてください
私はあなたを愛しています!
私はあなたを愛しています!
ああ!私はあなたを愛しています 私はあなたを愛しています!

【エレナ】
あなたを愛してます!
あなたを愛してます、あなたを愛してます!

【エレナ ファウスト】
ああ!愛!天空の神秘よ
深遠な!
すでに時間は消えました
世界も消えました!
もう死すべき人間の数えていた時間も
穏やかにさまよって行きます
祝福されたこの地を!

【エレナ】
祝福されたこの地を
穏やかにさまよって行きます!

【ファウスト】
愛よ!

【エレナ】
そして未知の震えが
私の血の中で起こります

【ファウスト】
愛よ!

【ファウスト それからエレナ】
そして歌のオーラが
私の心には湧き上がる
顔を見つめ合って
私たちは、愛を歌いましょう!

【ファウスト】
愛を歌おう
顔を見つめ合って!

【エレナ】
愛を歌いましょう!
ああ!愛、狂おしき愛!

【エレナ ファウスト】
愛の笑顔!

【ファウスト】
ああ!愛の幻影よ
愛の歌は
常に 遥かな
未来に溶け込んで行く
その詩の究極
その詩の究極は!
私たちは、愛を歌う!
ああ!私たちは、愛を歌う!
神秘よ!愛よ、愛!

【エレナ】
ああ!愛の歌は
常に 遥かな
未来に溶け込んで行く
その詩の究極は!
愛よ!愛!愛よ!神秘よ!愛よ!

【聖歌隊 その主席歌手たち】
自由の詩よ
天に昇れ!
雷への飛翔で!
鷲のすばやさで!
飛んで行け 遥か遠くの
太陽の国へ 詩よ!
さあ 飛んで行け!
(離れて行きながら)
ああ!ああ!

【エレナ】
(つぶやく)
アルカディアにはありますわ
平和な谷間が...

【ファウスト】
(つぶやく)
そこで一緒に暮らしましょう

【エレナ】
私たちの住み家は
ニンフの洞窟にしましょう...
そして枕もとには...

【ファウスト】
あなたの柔らかい髪...

【エレナ】
そして野の花...

(ささやき合いながら茂みの中に身を隠す)

【聖歌隊】
ああ!
ATTO QUARTO

Il fiume Penèjos. Acque limpide, cespugli folti, fiori e fronde. La luna immobile allo Zenit spande sulla scena una luce incantevole. Un tempio con due sfingi a sinistra. Nel fondo Elena a Pantalis, in una cimba di madreperla e d'argento; un gruppo di sirene intorno alla barca. Faust giacerà assopito sulle zolle fiorite

ELENA
La luna
Immobile innonda l'etere …

PANTALIS
Canta.

ELENA
… d'un raggio pallido.

PANTALIS
Caldo Balsamo stillan le ramora …

ELENA
Canta.

PANTALIS
… dai cespi roridi.

ELENA
Doridi e
Silfidi, cigni e nereidi …

PANTALIS
Canta.

ELENA
… vagan sull'alighe.
L'aura è serena,
La luna è piena,
Canta, o sirena,
La serenata!

PANTALIS
Canta, canta,
Canta, sirena, canta.

FAUST
dietro le quinte
Elena, Elena, Elena, Elena!

ELENA
Viandante
Languido, t'appressa al margine …

PANTALIS
Canta.

ELENA
… del flutto flebile.

PANTALIS
Debile
Cantico t'invita; è florida …

ELENA
Canta.

PANTALIS
… la via di mammole.

ELENA
Cantan le
Tenere sirene, amabili …

PANTALIS
Canta.

ELENA
…Grazie del mar.
L'aura è serena,
La luna è piena,
Canta, sirena,
La serenata!

PANTALIS
Canta, Canta,
Canta, sirena, canta!

Partono

FAUST
sempre dietro le quinte
Elena, Elena, Elena, Elena!

MEFISTOFELE
entrando con Faust
Ecco la notte del classico Sabba.
Gran ventura per te
Che cerchi vita
Nel regno delle favole;
Nel regno delle favole tu sei.
Saggio consiglio
E' di spiar ciascun
Nostra fortuna
Per opposto sentier.

FAUST
Delibo l'aura
Del suo vago idioma cantatrice!
Son sul suol di Grecia!
Ogni mia fibra
E' posseduta dall'amor.

Faust esce

MEFISTOFELE
Al Brocken,
Fra le streghe del Nord,
Ben io sapevo farmi obbedir,
Ma qui, fra stranie larve,
Più me stesso non trovo.
Atri vapori dell'irto Harz,
acri catrami e resine
O prediletti alle mie nari!
Un'orma di voi non fiuto
In quest'attica terra.
Ma qual s'inoltra
Volante o danzante
Gaietto sciame femminil?
Vediamo.

Entrano le Coretidi. Danze in cerchi. Mefistofele, confuso ed annoiato, esce.


Andantino danzante
Entra Elena seguita dalle Coretidi

CORETIDI
Ah!
Trionfi ad Elena,
Carmini, corone,
Danze patetiche,
Ludi di cetera.
Circonfusa di sol
Il magico viso,
Tu irradi l'anime,
Riverberi il cielo.

ELENA
assorta in una fatale visione
Notte cupa, truce,
Senza fine, funebre!
Orrida notte d'Illio!
Implacato rimorso!
Nugoli d'arsa
Polvere al vento
Sorgono e fanno
Più cieca la tenebra.

CORETIDI
Pace!

ELENA
Di cozzantisi scudi
E di carri scroscianti
E di catapulte sonanti
L'etere è scossa!
Sì muta il suol
In volutabro di sangue.

CORETIDI
Numi! Numi!

ELENA
I numi terribili
Già ruggono,
L'ire inferocendo
Della pugna;
L'ispide torri
Ergonsi tragiche, negre,
Fra la caligin densa.

CORETIDI
Elena!

ELENA
L'incendio già lambe le case.
Veggonsi l'ombre degli Achei
Proiette bui profili giganti
Vagolar le pareti
In mezzo ai roghi.
Ahimè! Ah!
Alto silenzio
Regna poscia
Dove fu Troia.

Entra Faust splendidamente vestito coll'abito dei Cavalieri del XV secolo; è seguito da Mefistofele, Nero, Pantalis, di piccoli Fauni e da Sirene.

CORETIDI
Chi vien?
Chi vien?
O strana, o mirabile vista!
Un eroe tutto splendido s'inoltra!
Sul suo viso mestissimo
Sì legge: Amor!
Volgiti, Regina!
Regina, volgiti e guarda.

FAUST
inchinato davanti ad Elena
Forma ideal purissima
Della bellezza eterna!
Un uom ti si prosterna
Innamorato al suolo.
Volgi vêr me,
Di tua pupilla bruna,
Vaga come la luna,
Ardente come il sole.
Un uom ti si prosterna,
Innamorato, innamorato al suol.

ELENA
Dal tuo respiro
Pendo e mi chiamo beata
Ch' unica fra tutte
Le troadi e le argive ninfe
Spargo i voluttuosi
Fascini su cotanto amante!
Dal suo respiro pendo,
E mi chiamo beata, ah! beata.

FAUST
La tranquilla immagine
Della fanciulla blanda
Ch'amai, là fra le nebbie
D'una perduta landa
Già disvanì;
Un più sublime sguardo,
Un più folgorato viso,
E tremo ed ardo!
Adoro e tremo ed ardo!
Conquiso m'ha.
Più sublime amor, ecc.

CORETIDI
Quivi l'amor li aduna!
Prodigio! Li aduna l'amor!
O stupor!
O celeste coppia!
Sembran Endimione e Luna!
La dea deliba l'alito
Dell'eroe rapito!
Li aduna qui l'amor!
Lo contempla! O stupor! ecc.
Quasi lo bacia, o stupor!
O coppia del ciel!
Quivi l'amor li aduna, l'amor!

MEFISTOFELE
O stupore! Prodigio!
Quivi l'amor li aduna!
Stupor! Stupor!
Guarda!
Ah! Qui li aduna l'amor!
alle coretidi
Zitti lassù! Zitti lassù!
Quivi l'amor, li aduna
Sì, l'amor!

PANTALIS
Ah! Quivi l'amor li aduna!
Guarda!
Coppia del ciel!
O coppia celeste!

NEREO
Prodigio, prodigio!
O prodigio!
Stupor! Celeste coppia!
Qui li aduna l'amor!
Sì, quivi l'amor li aduna,
L'amor, l'amor!

Mefistofele, Pantalis, Nero e le Coretidi s'allontanano.

ELENA
O incantesimo!
Parla! Parla!
Qual magico soffio
Cotanto bea la tua dolce
Loquela d'amore?
Il suon tu inserti al suon,
Quasi alito d'eco
D'estasi piena.
Dimmi, como farò a palar
L'idioma soave?

FAUST
Frugo nel cor
E ti rispondo: Ave!

ELENA
E mi rispondi: Ave.

FAUST
Così tu pur come
Augello a richiamo,
Frughi nel cor e mi rispondi:
T'amo!
T'amo!
Ah! T'amo, t'amo!

ELENA
T'amo! T'amo, t'amo!


ELENA, FAUST
Ah! Amore! Mistero celeste,
Profondo!
Già il tempo dilegua
Cancellasi il mondo!
Già l'ore dai tetri mortali contate
Ramingan serene
Per plaghe beate!

ELENA
Per plaghe beate
Ramingan serene!

FAUST
Amore!

ELENA
E brividi ignoti
Mi cercan le vene.

FAUST
Amore!

FAUST, poi ELENA
E un'aura di cantici
Esala il mio core.
Guardandoci in viso,
Cantiamo l'amore!

FAUST
Cantiamo l'amore
Guardandoci in viso!

ELENA
Cantiam l'amor!
Ah! L'amore, l'amore delirio!

ELENA, FAUST
L'amore sorriso!

FAUST
Ah! L'amore visione . . .
L'amore canzone,
Sia sempre nel tardo
Futuro sommerso
L'estremo suo canto
L'estremo suo verso!
Cantiamo l'amor!
Ah! Cantiamo l'amor!
Mister! L'amor, l'amor!

ELENA
Ah! L'amore canzone,
Sia sempre nel tardo
Futuro sommerso
L'estremo suo verso!
Amor! Amor! Amore! Mister! Amor!

CORETIDI, CORIFEI
Poesia libera,
T'alza pe' cieli!
Voli di folgore!
Impeti d'aquila!
Spinganti all'ultime
Regge del sol, poesia!
Sì, spinganti a vol!
allontanandosi
Ah! Ah!

ELENA
mormorato
Giace in Arcadia
Una placida valle …

FAUST
mormorato
Ivi insieme vivrem.

ELENA
E avrem per nido
Le grotte delle ninfe …
E per guanciale …

FAUST
Le tue morbide chiome …

ELENA
E i fior di prato …

Sì perdono, mormorando, fra i cespugli.

CORETIDI, CORIFEI
Ah!


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|