オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





エピローグ

第一幕と同じファウストの書斎 だが時が過ぎたことが分かる。魔法の声が大気の中に響き渡る ファウストは混乱した様子で椅子座って瞑想している メフィストフェレスは悪夢の王のように彼の後ろにいる 夜である ランプは物憂げに燃えているが舞台は暗い 書見台の上には第一幕のように福音書が開いている


【メフィストーフェレ】
(ファウストを見つめながら)
巡らせよ 巡らせよ
偉大なる考えを

【ファウスト】
(恍惚とする光景に引き寄せられるかのように立ち上がり)
おお記憶よ!

【メフィストーフェレ】
(死が近いのだ
巡らせよ 巡らせよ
偉大なる考えを)

【ファウスト】
世界中を巡ってきた
そして、その幻影も!
私はたてがみを捕まえたのだ
飛び行く欲望の!

【メフィストーフェレ】
(おお歌よ!おお記憶よ
魅惑と栄光の
破滅への旅へ誘え
この気高き魂を)
(ファウストに)
あなたは求め
楽しんで それからまた新たに求めました
ですがまだ言っていませんね
過ぎ行く時に向かって
止まれ お前は美しい!と

【ファウスト】
人間のあらゆる秘密を私は味わった
現実 理想
乙女の愛
女神の愛...そうだ
だが 現実は苦しみであった
そして理想は夢であった...
最後のステップに達した今
人生最後の この時の
至高の夢の中で
もう幸福なのだ この魂は
至高の夢の中で...
平和なこの世の王者
この不毛な無限の上に
実りを生み出す者に
私はこの命を捧げたいのだ

【メフィストーフェレ】
(こいつの心の中を見てみたいものだ)

【ファウスト】
賢き法の下で
私は生まれてくることを望む 幾千の
幾千の人々 羊
家や畑や町が

【メフィストーフェレ】
(ああ 気をつけるんだ 誘惑者!​​)

【ファウスト】
ああ!私は望んでいる
この夢が
聖なる詩であり
かつ最後の希望であることを
私の全存在の
私は望んでいる この夢が
聖なる詩であることを
わが存在の!
おお...
新たな人々が
私の前に現れてきたぞ!

【メフィストーフェレ】
(ああ、何という輝きが掻き乱すのだ
この静粛な闇を?)

【ファウスト】
歌声が天に聞こえてくる

【メフィストーフェレ】
(気をつけるんだ!)

【ファウスト】
歌声が天に聞こえてくる

【メフィストーフェレ】
(気をつけるんだ 誘惑者!​​)

【ファウスト】
すでに至福を感じる 聖なる輝きの
この夜明けに!
すでにこの頭の中で予感している
気高く言葉にならない時を!

【メフィストーフェレ】
(気をつけろ 気をつけろ!
まだ戦いは未決着だ
悪魔と天の間の)
(ファウストに 第一幕と同じマントを広げながら)
行きましょう!私がこのマントを広げます...

【ファウスト】
何だって!

【メフィストーフェレ】
...そして空へ飛び立つんですよ!
ファウスト!ファウスト!ファウスト!

【天使たちの一群】
ああ!
ようこそ 主よ
天使たちの主よ、
聖人たちの この天球の...

【メフィストーフェレ】
(シレーネたちが暖かい光の中 アルコーブから出てくるのを指さしながら)
お聞きなさい 愛の歌を
前にはあなたの心を楽しませたでしょう!
さあここで血を酔わせましょう
シレーネたちの胸の上で!
さあ!
(シレーネたちは消える)

【天使たちの一群】
...この天球を飛び交う
...飛び交う聖人たちの
金の翼で飛び交う小天使たちの
ようこそ 主よ!

【ファウスト】
止まれ お前は美しい!

【小天使たち】
ようこそ!

【メフィストーフェレ】
目をそらせ
目をそらすのだ!

(力に満ちた仕草でファウストは福音書を取りに行く)

【天使たちの一群】
金の翼で飛び交う小天使たちの
ようこそ 天使たちの主よ

【ファウスト】
福音書が私の砦だ!

【小天使たち】
ようこそ!

【メフィストーフェレ】
目をそらせ
目をそらすのだ!

【ファウスト】
慈悲深い神よ 私から追い払いたまえ
私を嘲る悪魔を
誘惑に私を導きたまうな!
(幻に魅せられて恍惚として)
燃え立つ歌が飛び交っているぞ
天界の一団から!

【天使たちの一群】
永遠の調和から
この宇宙の
青い大空へとしみ込んで行く...

【メフィストーフェレ】
すでに天使の一団が叫んでいるぞ
ひっ捕まえたいのだが あの飛び去った魂を
すでに悪魔の行いは台無しだ
神め その愚かな赦しでもって
その愚かな赦しでもって!

【ファウスト】
聖なるこの束の間の一瞬よ
止まれ お前は美しい!
私を永遠に!
(死ぬ)

【天使たちの一群】
...歌声が響きます
至高の愛の歌が...

バラの花びらの雨をファウストの体の上に降り注ぐ

【小天使たち】
撒きましょう たくさんのバラを
香り立つ花びらの雲を
花の香りを

【天使たちの一群】
...神のもとへと昇って行くのです

【メフィストーフェレ】
(光と降り注ぐバラの雨に 苦しみ 悪態をつきながら次第に地中へと沈んで行く)
バラが降り注ぐ
俺の燃える頭に
手足がむしばまれたぞ
光と花に

【小天使たち】
祈りましょう 哀れなこの肉体を運び去りましょう
この魂は神秘な愛の中で救われたのです

【天使たちの一群】
オーラの中を神のもとへと昇って行くのです...

【メフィストーフェレ】
俺をスクラムで圧倒するのか
千の小天使ども
選ばれた者の勝利か
だが 罪人は口笛を吹くぞ!

【小天使たち】
雨のように振り撒こう
バラを 化け物の上に
寒さと怒りで
彼の手足は震えているぞ...

【天使たちの一群】
...妙なる調べとなって

【メフィストーフェレ】
主の勝利だ
だが 罪人は口笛を吹くぞ!
なあ!

【小天使たち】
暴れているぞ...
燃え立つ雨の中で
振り撒かれる 燃え立つ雨の中で
金の小天使たちによって
ぼくたちはリンボーから飛んでやってきた
聖なる輝きの中をさまよいながら

【天使たちの一群】
ようこそ ようこそ!
EPILOGO

Laboratorio di Faust come nell'atto primo ma qua e là diroccato dal tempo. Voci magiche sparse nell'aria. Faust, seduto sul seggiolone e conturbato, medita. Mefistofele gli sta dietro come un incubo. Notte. Una lampada arde languidamente; scena quasi oscura. Il Vangelo aperto, come nel primo atto, sul leggio.

MEFISTOFELE
fissando Faust
Cammina, cammina,
Superbo, pensier.

FAUST
alzondosi, come assorto in un' estatica visione
O rimembranza!

MEFISTOFELE
(La morte è vicina,
Cammina, cammina,
Superbo pensiero.)

FAUST
Corsi attraverso il mondo
E i suoi miraggi!
Ghermii pel crine
Il desiderlo alato!

MEFISTOFELE
(O canti! O memorie
D'incanti e di glorie,
Guidate a ruina
Quell'animo altier.)
a Faust
Hai bramato,
Gioito e poi brammato novellamente,
Né ancor dicesti
All'attimo fuggente:
Arrestati: sei bello!

FAUST
Ogni mortal mister gustai,
Il Real, l'Ideale,
L'Amore della vergine,
L'Amore della Dea . . . sì.
Ma il Real fu dolore
E l'Ideal fu sogno . . .
Giunto sul passo estremo
Della più estrema, età,
In un sogno supremo
Sì bea l'anima già,
In un sogno supremo, ecc.
Re d'un placido mondo,
D'una landa infinita,
A un popola fecondo
Voglio donar la vita.

MEFISTOFELE
(Spiar voglio il suo cor.)

FAUST
Sotto una savia legge
Vo'che sorgano a mille
A mille e genti e gregge
E case e campi e ville.

MEFISTOFELE
(Ah! All'erta, tentator!)

FAUST
Ah! Voglio
Che questo sogno
Sia la santa poesia
E l'ultimo bisogno
Dell'esistenza mia.
Voglio che questo sogno
Sia la santa poesia
Dell'esistenza!
Ecco . . .
La nuova turba
Al guardo mio si svela!

MEFISTOFELE
(Ah! Qual baglior conturba
Il muto tenebror?!)

FAUST
S'ode un cantico in ciel.

MEFISTOFELE
(All'erta!)

FAUST
S'ode un cantico in ciel.

MEFISTOFELE
(All'erta tentator!)

FAUST
Già mi beo nell'augusto raggio
Di tanta aurora!
Già nell'idea pregusto
L'alta ineffabil ora!

MEFISTOFELE
(All'erta, all'erta!
E' la battaglia incerta
Fra Satana ed il Ciel.)
a Faust, dispiegando il mantello come nell'atto primo
Vien! Io distendo questo mantel . . .

FAUST
Cielo!

MEFISTOFELE
… e volerem sull'aria!
Faust! Faust! Faust!

FALANGI CELESTI
Ah!
Ave Signor,
Signor degli angeli,
Dei santi, delle sfere . . .

MEFISTOFELE
esorcizzando verso l'alcova dove appariscono le Sirene in mezzo ad una luce calda
Odi il canto d'amor
Che un dì beò il tuo cor!
Vieni a inebbriar le vene
Sul sen delle Sirene!
Vieni!
Le Sirene scompaiono

FALANGI, CELESTI
… delle sfere, dei volanti,
… e dei santi, dei volanti,
E dei volanti cherubini d'or
Ave, Signor!

FAUST
Arrestati, sei bello!

CHERUBINI
Ave!

MEFISTOFELE
Torci il guardo,
Torci il guardo!

Faust con un gesto possente va ad afferrare il Vangelo

FALANGI CELESTI
E dei volanti cherubini d'or.
Ave, Signor degli angeli.

FAUST
Baluardo m' è il Vangelo!

CHERUBINI
Ave!

MEFISTOFELE
Torci il guardo,
Torci il guardo!

FAUST
Dio clemente, m'allontana
Dal demonio mio beffardo,
Non indurmi in tentazione!
rapito nell'estasi della visione
Vola il cantico ardente
Del celestial drappello!

FALANGI CELESTI
Dall'eterna armonia
Dell'Universo
Nel glauco spazio immerso . . .

MEFISTOFELE
Già strilla l'angelico stuolo,
Ghermiamo quell'anima al volo.
Già l'opra del male distrugge
Iddio col suo stolto perdon,
Col suo stolto perdon!

FAUST
Sacro attimo fuggente,
Arrestati, sei bello!
A me l'eternità!
muore

FALANGI CELESTI
… emana un verso,
Un verso di supremo amor …

Scende una pioggia di rose sulla salma di Faust.

CHERUBINI
Spargiamo un profluvio di rose,
Un nembo di foglie odorose,
Un effluvio di fior.

FALANGI, CELESTI
… e s'erge a Te.

MEFISTOFELE
sotto i raggi e sotto la pioggia di rose dibattendosi e irridendo e sprofondandosi nella terra a poco a poco
Diluvian le rose
Sull'arsa mia testa,
Le membra ho corrose
Dai raggi dai fior.

CHERUBINI
Oriamo, la povera salma s'invola,
Redenta quell'alma nel mistico amor.

FALANGI CELESTI
S'erge a Te per l'aure . . .

MEFISTOFELE
M'assale la mischia
Di mille angioletti.
Trionfan gli eletti,
Ma il reprobo fischia!

CHERUBINI
Spargiamo un diluvio
Di rose sul mostro,
Le gelide e irose
Sue membra contorca …

FALANGI CELESTI
… in suon soave.

MEFISTOFELE
Trionfa il Signor,
Ma il reprobo fischia!
Eh!!!

CHERUBINI
… furente in mezzo
Alla pioggia rovente,
Alla pioggia rovente che spargano
I cherubi d'oro.
Siam nimbi volanti dai limbi,
Nei santi splendori vaganti.

FALANGI CELESTI
Ave, ave!


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|