オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

対訳完成作品一覧

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -



I Largo

御子の磔られたまへるや、悲哀(かなし)める母は涙に咽(むせ)びて十字架の下に佇(たたず)めり。
Stabat Mater dolorosa
iuxta crucem lacrimosa
dum pendebat Filius.

II Adagissimo

欺き憂ひ悲しめる其霊魂は鋭き刄にて貫ぬかれたり。
Cujus animam gementem,
contristatam et dolentem
pertransivit gladius.

III Andante

天主の惟一り(ただひとり)なる御子の尊き母が憂ひ悲み給へるはああ幾何(いくばく)ぞや。


尊き御子の苦痛を見給へる慈悲(いつくしみ)深き母は悲哀に沈めり(震へり)。
O quam tristis et afflicta
fuit illa benedicta
mater Unigeniti!

Quæ mœrebat et dolebat
Pia Mater dum videbat
Nati pœnas inclyti.

IV Largo

基督(キリスト)の御母の斯く困難(なやみ)に逢ひ給へるを見て誰か涙を注がざる者あらんや。
Quis est homo qui non fleret,
Matrem Christi si videret
in tanto supplicio?

V Adagissimo

基督の御母の斯くその御子と共に苦み給ふを見ては誰か悲まざる者あらんや。
Quis non posset contristari,
Christi Matrem contemplari
dolentem cum Filio?

VI Andante

聖母はイエズスの己れが民の罪の為に責められ鞭たれ給へるを見、



また最愛の御子の息絶々に悶へ悩み給へるを見たり。
Pro peccatis suæ gentis
vidit Jesum in tormentis
et flagellis subditum.

Vidit suum dulcem natum
moriendo desolatum
dum emisit spiritum.

VII Largo

慈悲(いつくしみ)の泉なる母よ、我をし御悲哀(おんかなしみ)の程を感ぜせしめ、共に涙を流さしめ給へ。
Eia Mater fons amoris
me sentire vim doloris
fac, ut tecum lugeam.

VIII Lento

我が心をして天主基督を愛するの火に燃えしめ、一にその御心に協(かな)はしめ給へ。
Fac, ut ardeat cor meum
in amando Christum Deum
ut sibi complaceam.

IX Allegro

アーメン。
Amen.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|