前奏曲

第一幕

(船の甲板の上にテントを張ってしつらえられた部屋。はじめのうち、舞台後方は豪華なカーテンで完全に閉めきられている。舞台横には、船室に通じる狭い階段がある。イゾルデは寝椅子に横たわって枕に顔をうずめており、ブランゲーネはカーテンを少し開けて、船べりから景色を眺めている。)



第一場

一人の若い水夫の声
(マストの高い位置から聞こえてくる。)
西のほうへと
眼差しは向かうのに、
東を指して
船は進む。
新鮮な風が故郷へと
流れゆく。
僕のアイルランド娘は
どこにいるんだろう?
僕の帆を膨らませるのは
きみのため息なの?
そよげ、そよげ、風よ!
ああ、寂しいな、僕のかわいい人!
アイルランドの娘、
気性が激しいけど、かわいい人!

イゾルデ
(かっとなって身を起こし)
私をからかうのは誰?
(うろたえたようにあたりを見まわして)
ブランゲーネ?
ねえ…ここはどこなの?

ブランゲーネ
(カーテンの間から)
西のほうに、青々とした草地が
見えてきたわ。
船は揺れもせず、順調に
進んでいるようよ。
海は穏やかだから、夕暮れまでには
無事到着すると思うけれど。

イゾルデ
どこに?

ブランゲーネ
もちろん、コーンウォールよ。

イゾルデ
いやよ!
今日も明日も絶対いや!

ブランゲーネ
(カーテンを下ろし、あわててイゾルデのほうに
飛んでくる。)
何ですって?お嬢さま!

イゾルデ
(荒々しいがぼんやりとした様子で)
この家系はだめになってしまったんだわ!
祖先の役立たず!
お母さまはあの力を
どこにやってしまったの?
海も嵐も自在に操れたはずよ。
魔術師とか言いながら
おとなしすぎるじゃないの、
ちょっと珍しい薬を作るだけだなんて!
あの大胆な魔力が
私の中で蘇ったらいいのに。
この心の中から出てくるはずよ、
隠れているだけなんだから!
風に私の頼みを聞いてもらうわ。
この風ときたら本当にぐずぐずしてるのね!
出ていらっしゃい、戦いをはじめるのよ。
嵐を起こして!
猛り狂うような渦を巻いて、
破壊的な嵐にしてちょうだい!
この寝ぼけたような海を
たたき起こして、
奥底に潜む恐ろしい欲望を
掻き立てるのよ!
獲物を見せて、
海が荒れるようにして!
このばかみたいに頑丈な船を砕いておしまい!
粉々になった破片を飲み込んで!
風へのお礼には
ここで生きている人たちの命を
あげることにするわ!

ブランゲーネ
(ひどくおびえ、イゾルデをなだめようとしながら)
ああ、どうしましょう!
ほんとうに、どうしたら!
こんなことになるんじゃないかと思っていたのよ。
イゾルデ!お嬢さま!
大切なお嬢さま!
何を隠していらしたの?
ご両親の前でも
まったく涙をお見せにならず、
残される人々に
ほとんど挨拶もなさらなかったじゃないの。
故郷を出る時も
つんとして押し黙ったまま。
航海中も
青ざめ、口も利かない。
お食事もとらなければ、
お眠りにもならず、
こわばったままみじめな様子で、
取り乱すばかり。
こんなお姿、
見るに忍びないわ、
どうしていいか分からないまま、
ただただ様子を見ているだけだなんて。
さあ、おっしゃって、
いったい何を気に病んでいらっしゃるの?
何もかも話してくださいな、
いったい何がお嬢さまを苦しめているの?
イゾルデお嬢さま、
大切なお嬢さま、
お心を開いて、
ブランゲーネを信頼して、話して。

イゾルデ
風を!風を!
窒息しそう!
開けて!そこを広く開けて!

(ブランゲーネは急いで中央のカーテンを開ける。)



第二場
(船の右舷まで見えるようになる。船べりの向こうに海が広がり、地平線が見える。中央のマストの周りでは船員たちが働いたり、寝そべったりしている。その奥には騎士や小姓たちが船べりに沿って横になっている。彼らから少し離れたところにトリスタンが立ち、腕を組んで、海を見つめながら物思いにふけっている。その足元にはだらしない恰好でクルヴェナールが寝そべっている。マストの高いところからふたたび若い水夫の声が聞こえてくる。)



若い水夫の声
(マストのほうから、姿は見えない。)
新鮮な風が故郷へと
流れて行くけど、
僕のアイルランド娘は
どこにいるのかな。
僕の帆が膨らむのは
きみがため息をついているから?
そよげ、風よ、そよげ。
いとしい人、さびしいよ。

イゾルデ
(すぐにトリスタンを見つけ、その姿に釘づけになったまま、ぼんやりとつぶやく。)
私のために選ばれたと思ったのに、
失われてしまった。
気高く、穏やかで
勇敢だけど、意気地なしな人!
あの人は死に捧げられたも同然だわ、
その頭も、その心も!
(気味の悪い笑い方をしながら、ブランゲーネに)
あの人をどう思う?

ブランゲーネ
(イゾルデの視線を追って)
どなたのこと?

イゾルデ
あそこの英雄よ。
私の視線から
目をそらして、
恥ずかしそうに
よそを向いている人。
ねえ、あの人のこと、どう思って?

ブランゲーネ
トリスタンのことなの、
お嬢さま?
世界の奇跡のような方だわ。
誰からも讃えられて、
並ぶもののない英雄。
魅力的で、宝のような方よ。

イゾルデ
(ばかにして)
殺されるのが怖いから
あの人、必死で逃げ回っているのよ。
当然よ、死人みたいな花嫁を
おじさまのために引きずってきたんですものね。
こんな話し方では
意味が分からないかしら?
自分で確かめてみたらいいわよ。
あのわがままな男に聞いてみて、
私に近づく勇気があるかどうか。
あの意気地なしの英雄さんは
王女に心細やかな気遣いをするどころか、
ていねいに挨拶することさえ
忘れているわ。
とにかく「並ぶもののない英雄」に
私の視線が届かないようにばかり注意を払って!
それもそのはずよ、
わけはあの人自身がよく知っているはずだわ。
さあ、あの高慢ちきのところに行って、
王女の言葉を伝えて。
私に仕える用意をして、
直ちにくるように、ってね。

ブランゲーネ
あなたに挨拶するように
頼めばいいのね?

イゾルデ
自分の身ばかり大事にする男に
命令してちょうだい。
王女たるイゾルデを
敬うように!

(イゾルデが高圧的な態度で促すので、ブランゲーネはそばを離れ、働いている船員たちの間を縫っておずおずと右舷のほうに歩いて行く。イゾルデはじっとブランゲーネを見送りながら、後ろ向きに寝椅子のほうに引き返し、続く場面の間そこに座っているが、その目は右舷のほうに向けられたまま決してそらさない。)


クルヴェナール
(ブランゲーネが来るのを見とめ、体は起こさないままトリスタンの服を引っぱって)
気をつけたほうがいいぜ、トリスタン!
イゾルデのお使いだ。

トリスタン
(はっとして)
えっ、何だって?イゾルデ?…
(ブランゲーネが彼の前に来てお辞儀をすると、急いで気を取り直し)
王女様から何か?
それほどていねいな態度で、
いったいどうなさったのです?
何か伝言でも
あられるのですか?

ブランゲーネ
トリスタンさま。
私のお仕えするイゾルデが
あなたとお会いしたい、と
望んでおります。

トリスタン
船旅が長くて退屈しておいでなのですね。
でも、もうすぐ終わりますから。
太陽が沈む前に
陸につくと思います。
王女様がお命じになることなら
何でもいたしますが。

ブランゲーネ
では、トリスタンさま、
王女のもとに来ていただけますわね?
王女はあなたに会いたがっていますから。

トリスタン
コーンウォールの緑の草原が
もうすでに見えてきています。
国王は王女の到着を
心待ちにしているんですから。
あともう少しで王女様を
叔父のところにお連れします。
この役目を人にさせたりして、
責任放棄はしないからご心配なく。

ブランゲーネ
トリスタンさま、
よく聞いていただきたいわ。
王女はあなたの奉仕を
望んでいます。
すぐいらしてください。
彼女はあそこで待っているのよ。

トリスタン
僕はどこにいようと
何をしていようと、
心を込めてお仕えし、
尊敬しています。
今この瞬間に
舵を放したりしようものなら
とてもじゃないけどマルケ王の国に
たどり着けなくなりますから。

ブランゲーネ
トリスタン、いえ、トリスタンさま、
いいかげんにしてもらいたいわね!
私みたいなばか娘の言うことでは、
分からないとでも?
だったら王女の言葉をそのまま聞かせてあげるわ!
こう伝えるように言われたのよ。
「自分の身ばかり大事にする男に
命令しなさい。
王女たるイゾルデを
敬うように」

クルヴェナール
(ぱっと起き上がって)
私が答えてもいいかな?

トリスタン
(静かに)
何て返事するんだい?

クルヴェナール
じゃ、イゾルデさんに
こう伝えてもらおう。
彼はアイルランド娘に
イングランドの王冠を
譲ってやったんだ。
お嬢さんのわがままになんか
つき合っている暇はないね。
おじさまに彼女をお渡しするんだから。
トリスタンは英雄で、
しかも世界の統治者なんだぞ!
さ、言ったとおり伝えといで。
イゾルデが千人くらい怒りだすだろうがね!
(トリスタンは身振りでやめさせようとし、ブランゲーネはかんかんになって来た道を引き返す。クルヴェナールはためらいがちな様子で去っていく後ろ姿に向かって、力いっぱい大きな声で歌いかける。)
「モロルト殿は海を渡って
コーンウォールへ行った、
貢ぎ物を取りたてようとして。
広大な海に浮かぶ
ちっぽけな島。
そこで彼は埋められた。
でもその頭はアイルランドで
さらし首、
イングランドが
ちゃんと貢いだ証さ。
いいぞ!我らが英雄のトリスタン、
見事な貢ぎ物!」

(トリスタンに叱られ、クルヴェナールは船室へ下りて行く。ブランゲーネは転がるようにイゾルデのところに戻ってきて、後ろ手にカーテンを閉める。その間に船員たちが歌う声が響いてくる。)

男たち
「でもその頭はアイルランドで
さらし首、
イングランドが
ちゃんと貢いだ証さ。
いいぞ!我らが英雄のトリスタン、
見事な貢ぎ物!」


第三場
(イゾルデとブランゲーネだけになり、ふたたび後方はカーテンに遮られて見えなくなっている。イゾルデは絶望と怒りの混じった表情で立ち上がり、ブランゲーネは彼女の足元にくずおれる。)

ブランゲーネ
ひどいわ、ひどい!
こんな目に遭わされるなんて!

イゾルデ
(もう少しで怒りを爆発させるところだったが、すぐに気を静めて)
とにかくトリスタンのことを聞きたいわ。
詳しく話して。

ブランゲーネ
お願いだから、お聞きにならないで。

イゾルデ
びくびくせずに、きちんとおっしゃい!

ブランゲーネ
ていねいな言い方で
逃げられてしまったわ。

イゾルデ
それで、あなたが強い口調で命じたら?

ブランゲーネ
私があなたのところへ
来るように、と言ったら
何と返事したと思われて?
「僕はどこにいようと、
心を込めてお仕えし、
尊敬しています。
今この瞬間に
舵を放したりしようものなら
とてもじゃないけどマルケ王の国に
たどり着けなくなりますから。」

イゾルデ
(つらそうに、苦々しく)
「とてもじゃないけどマルケ王の国に
たどり着けなくなる」ですって?
(キンキンした声でわめく)
そうでしょうね!アイルランドから引っぱってきた
貢ぎ物を納めるためにね!

ブランゲーネ
私があなたのお言葉を
はっきりと伝えたら、
今度は忠実なクルヴェナールに・・・

イゾルデ
そこは聞いたわ。
一言残らず、ぜんぶね。
さあ、あなたも私が侮辱されているのが
分かったでしょう?
どうしてこうなったか、話すから聞いて。
あの人たちが
こちらをばかにして歌うなら、
私だって歌い返してあげられるわ。
「みすぼらしい小舟が、
アイルランドの岸辺に
流れ着いた。
小舟の中では
重い病に苦しむ男が
哀れにも死にかけていた。
イゾルデの秘術は
この男に奇跡をもたらし、
ふしぎな力と
バルサムでもって、
イゾルデは男を苦しめていた傷を
優しく治療してあげた。
男は気おくれがしたのか、
タントリスと名乗ったが、
ほんとうはトリスタンその人だと、
イゾルデはまもなく見破った。
この素性のわからぬ男の剣には
刃こぼれがあり、
彼女が持っていた破片と
ぴったり合ったから。
その破片はかつて
嘲りの意味を込めて
故郷に送り返された
アイルランドの騎士の頭から見つけたものだった。」
ああ、あの時、私は心の底から
叫び声を上げたわ!
輝く剣を持って
男の前に行き、
モロルトの復讐をしようと、
厚かましい男を刺そうとしたの。
すると、ベッドに横たわったまま
あの人はこちらを見た。…
剣でもなく、
それを握る手でもなく、…
ただ、ひたすら私の目を・・・。
あまりに悲しそうな眼差しに、
私はかわいそうになってしまった!
振り上げた剣は・・・手から滑り落ちた。
モロルトが刺した傷も
治してあげたわ。彼が元気になって
自分の国へ帰り、
あの眼差しに私が悩むことのないように。

ブランゲーネ
まあ、何てこと!気がつかなかったわ!
私がかつてお世話を手伝った
あの方が?

イゾルデ
ついさっきあの男への称賛を聞いたわね、
「我らが英雄トリスタン」って。
彼こそあのみじめな男だったのよ。
彼は何度も何度も感謝を述べ、
私に永遠の忠誠を誓ったのよ。
その誓いをあの人は
どう守ったと思って?
私がタントリスのまま、素知らぬ顔をして
見逃してあげた男が
今度はトリスタンとして
大胆にも戻ってきたの。
立派な船で現れ、
陸に上がってきて、
あろうことか、アイルランドの王位継承者たる私を、
コーンウォールの年老いた王、
あの人のおじに当たるマルケの妻として
求めてきたのよ。
モロルトが生きていたころだったら、
誰がこんな破廉恥なことを
できたかしら。
貢ぎ物を納める立場だった
コーンウォールのために
アイルランドの王冠を求めるなんて!
ああ、何てことかしら!
間接的に
この恥辱を生み出したのは
ほかならぬ私自身なんだわ!
復讐の剣を
突き立てることができないで、
力なく落としてしまったんですもの!
その結果、私は奴隷も同然!

ブランゲーネ
平和と友好が
皆の前で誓われた時、
私たちはほんとうに喜んだのに。
あなたがそんなに悩んでいらしたなんて
とても気づかなかったわ。

イゾルデ
ああ、ばかだったわ、
勘違いしただけだったのね!
気おくれして
黙っていたのが間違いだったわ!
私が心のうちに隠していたことを、
トリスタンは曲げて解釈して
口に出してしまったのね。
私は黙って
あの人の命を助け、
敵の復讐からも
そっと匿ってあげたのに。
私が黙って守ったからこそ
あの人は元気になれたのよ。…
それなのに、あの人は何でもしゃべったんだわ!
有頂天になって、
得意げに
はっきりと、
私のことをこう言ったにちがいない。
「彼女は宝ですよ、
おじさん。
結婚相手にぴったりじゃありません?
あのきれいなアイルランド娘を
連れてきましょう。
だいじょうぶ、
道ならわかりますから。
合図一つで
すぐアイルランドに参ります。
そうすればイゾルデはおじさんのもの!
ああ、冒険でわくわくするな!」
あなたなんか大嫌いだわ!
あなたの頭に雷が下ればいいのよ!
復讐よ!死よ!
私たち二人とも死んでしまえばいい!

ブランゲーネ
(愛情のこもったようすで熱心にイゾルデのそばに駆け寄り)
可愛いお嬢さま!大事なお嬢さま!
どうか気を静めて!
すてきな王女様!
かわいいイゾルデ!
(イゾルデを徐々に寝椅子のほうに引っぱっていく)
お聞きになって!いらっしゃい!
ここに座って!
勘違いなさっているわ、
勝手に想像して怒ってはだめよ。
なぜそう妄想を膨らませるの?
もっと正しく、きちんと判断しましょうよ。
トリスタンさまは
あなたに恩義を感じているからこそ、
コーンウォールの王冠でもって
報いようとなさったんだわ。
そのようにしてあの方は
気高い叔父にも尽くそうとなさっているのね。
あの方はあなたに、
世界の誰もがうらやむような宝を差し出されたのよ。
ご自分に権利があった継承権も
名誉も諦めて、
あなたにそのすべてを譲り、
王妃として見上げておいでなんですもの。
(イゾルデはそっぽを向く)
それに、あの方が
マルケ王をあなたの夫に選ばれたことについても、
なぜそうお怒りになるの?
王があなたにふさわしくないとでも?
気品のある物腰で、
優しいお方なのに。
権力者の中で
マルケ王のような方はいらっしゃらないわ。
世界に名だたる英雄も
あの方には忠実に仕えておいででしょう?
妻としておそばにいたいと誰もが思うような、
そんな素晴らしいお方なのよ。

イゾルデ
(こわばった目つきでぼんやりと)
愛してもくれない
素晴らしい男を
いつも間近で見なければならない。
とても耐えられないわ。

ブランゲーネ
どうしてそんなことを?ほんとうに困った方ね。
愛してもくれない、ですって?
(優しくイゾルデを撫でながら、気を静めさせようとする)
あなたを愛さないような男性が
どこにいるでしょう?
イゾルデを見て、
死ぬほど恋い焦がれなかったような人が
どこにいたでしょう?
でも、もしあなたに定められた方が
冷たくて、
魔法にかかったように
あなたを退けたとしても、
そんな悪い魔術は
すぐに封じてみせるわ。
愛の力には何物も太刀打ちできませんもの。
(少し声のトーンを落とし、親しげな様子で)
お母さまの秘術を
覚えているでしょう?
何もかもよく配慮なさる
お母さまですもの、
きちんと大事なものは用意なさってから
あなたを送り出されたのよ。

イゾルデ
(暗い声で)
そうだったわ、
母の薬があったわね。
母の秘術はいつも
役に立ってくれる。
裏切りに復讐して、
心の苦しみから逃れたい。
あそこの小箱を持ってきて。

ブランゲーネ
あそこには役立つものが入っているわ。
(細長い小箱を持ってきてふたを開け、
中身を見せる)
これがお母さまの
魔法の飲み物よ。
これは痛みや傷のための
バルサム。
これは毒を飲んでしまった時のための
解毒剤。
(小瓶を一つ取りだして)
そして、最高にすばらしい薬は
これよ。

イゾルデ
ちがうわ。私のほうが良く知っているの。
あらかじめしっかりと
印をつけておいたから。
(ある小瓶を取りだして、見せる)
この薬よ、私に役立つのは!

ブランゲーネ
(おびえて)
死の薬を!

(イゾルデは寝椅子から起き上がり、船員たちの呼び声に不安を募らせながら耳を傾ける。)

船員たち
(外から)
ホー!ヘー!ハー!ヘー!
マストに
帆をしっかり!
ホー!ヘー!ハー!ヘー!

イゾルデ
船足が速くなったんだわ!
もう着くのね!ああ、いや!


第四場
(クルヴェナールがカーテンを開けて勢いよく入ってくる。)

クルヴェナール
さあ、お嬢さま方!
よかったですね、もう着きますよ。
急いでご準備を!
なるべく急いで頼みます。
(ちょっとよそよそしくなって)
それからイゾルデさま、
あなたにはトリスタンさま、
つまりわたくしめの主人から
伝言がございます。
マストには喜びの旗がはためき、
かの国に到着することを告げております。
マルケ王の城に着くまで
あと少しです。
ですから、イゾルデさま、
きちんと支度をしておいてください。
トリスタンさまがあなたの手を取り、
王の前まで導かれますから。

イゾルデ
(はじめのうちは身震いしながら聞いていたが、今や気を取り直し、威厳をもって)
トリスタンさまに、
私のあいさつを伝え、
そしてこう言ってちょうだい。
彼の傍らに立って
マルケ王の前に行くようおっしゃるなら、
まずしかるべき手順を
踏まなくてはならないわ。
私はまだ
あの償われていない罪に対するお詫びを
いただいた覚えがないの。
ぜひ、私の赦しを乞うように言ってちょうだい。
(クルヴェナールは反抗しようとするが、イゾルデは高圧的に言葉をつづける)
よく聞いて、
きちんと伝えなさい!
私は上陸するための
準備をする気も、
彼とともに並んで
マルケ王の前に立つつもりもないわ。
あの償われぬ罪に関して、
彼がしきたりに沿って、
赦しを乞い、
水に流すよう
自ら願わないかぎりね。
赦すかどうかは私にかかっているのよ。

クルヴェナール
わかりました。
伝えましょう。
どうなさるかはわかりませんが。

(彼は急いで去る。イゾルデはブランゲーネに駆け寄り、しっかりと抱きしめる。)

イゾルデ
それでは元気でね、ブランゲーネ!
さようなら。
父と母にもよろしく。

ブランゲーネ
何なの?何をお考え?
逃げるおつもり?
どこへついて行ったらよろしいの?

イゾルデ
(落ちつきを取りもどして)
聞いてなかったの?
私はここにいて、
トリスタンを待つのよ。
言ったとおりに
してちょうだいね。
急いで償いの杯を
注ぐのよ。
わかったわね?

(彼女は小箱から瓶を取りだす。)

ブランゲーネ
どの薬を?

イゾルデ
これよ。
黄金の器に
これを注いで、
なみなみと満たすのよ。

ブランゲーネ
(ぞっとしながら瓶を受け取り)
本気なの?

イゾルデ
言うとおりにして。

ブランゲーネ
これを・・・いったい誰に・・・

イゾルデ
私をあざむいた人に。

ブランゲーネ
トリスタンさまに?

イゾルデ
償いに飲んでいただくの。

ブランゲーネ
(イゾルデの足元にくずおれて)
そんな恐ろしい!どうか私をいじめないで!

イゾルデ
(激しい口調で)
あなたこそぐずぐず言って
いじめないでちょうだい!
母の薬を思い出させたのは
あなたなのよ。
何もかも配慮する
母のことだから
必要なものをすべて用意して
あなたに持たせたって言ったではないの?
痛みや傷のためには
バルサムを、
毒が入った時のためには
解毒剤をくださった。
耐えがたいほどの痛み、
この上ない苦しみのためには
死の薬を入れてくださったの。
母には死んだ後に感謝するわ。

ブランゲーネ
(ほとんど力がなくなって)
耐えがたい痛み!

イゾルデ
言うとおりにしてくれるわね?

ブランゲーネ
この上ない苦しみ!

イゾルデ
ちゃんとするわね?

ブランゲーネ
この薬を?

クルヴェナール
(入ってきて)
トリスタンさまです!

(ブランゲーネはびっくりして、うろたえる。イゾルデはやっとの思いで気を落ちつけようとする。)

イゾルデ
(クルヴェナールに)
トリスタンさまをお通しして!


第五場
(クルヴェナールはまた出て行く。ブランゲーネはふらふらしながら後方へと向きを変える。イゾルデは感情を押し殺し、落ち着き払った様子でゆっくりと寝椅子のところまで戻り、その背もたれに寄りかかって体を支えながら、一心に入口を見つめる。トリスタンが現れ、敬意を込めた様子でしばし立ち止まる。イゾルデは彼の姿に気持ちを高ぶらせる。長い沈黙。)




トリスタン
王女様、
何をお望みですか?

イゾルデ
私が何を望んでいるか
知らないとでも?
私が遠くから
あなたを見つめると、
怖がっていたくせに。

トリスタン
尊敬の念から
遠ざかっていたんです。

イゾルデ
尊敬の念なんか
まるで感じなかったわよ。
あからさまに嘲って、
私の命令に
逆らったじゃないの。

トリスタン
そうしないと
いけなかったものですから。

イゾルデ
それではマルケ王にも
文句を言ったほうがいいかしら。
あなたがあんなに
無作法なまねをしたのは、
王の命令のせいだったの?

トリスタン
あの、僕が住んでいるところの
決まりによれば、
花嫁をお連れする時、
仲人は花嫁から
離れていないといけないんです。

イゾルデ
それはまたどうして?

トリスタン
ただ、そういう規則なんです。

イゾルデ
トリスタンさま、
規則にまじめで結構なことだわ。
だったらもう一つの決まりも
覚えていらしたら?
敵を友にしたい時は
まず償いをしなくてはならないのよ。

トリスタン
敵って誰のことですか?

イゾルデ
あなたの心がいちばん知っているでしょう!
私たちの間には
血の争いがあったのよ。

トリスタン
でも、それは償われたでしょう?

イゾルデ
私たち個人の間ではまだのはずよ!

トリスタン
あの開けた草原で、
民衆を前にして、
平和を誓ったじゃありませんか。

イゾルデ
いいえ、あの時じゃないわ。
私がトリスタンを匿い、
トリスタンが私の手中にあった時のことよ。
あの時ならあなたは立派に、
いかにも健康そうに立っていたわ。
でもあなたが誓ったことを
私は誓っていないのよ。
沈黙の大切さを学んでいましたもの。
あの静かな小部屋で、
あなたが病に臥せっていた時、
私は無言であなたに
剣を振り上げた。
あの時は何も言えず、
手が金縛りに会ったように動かなかったわ。
でも、かつて口に出して
誓ったことを、
私は黙って守り通した。
今こそその誓いを果たすわ。

トリスタン
何を誓ったんですか?

イゾルデ
モロルトの復讐よ!

トリスタン
そんなに気に病んでいるんですか?

イゾルデ
ばかにするつもり?
あの人は私の婚約者で、
アイルランドで最高の英雄だったのよ。
私は彼の武器を清め、
あの人は私のために戦いへと赴いたの。
ところが彼は倒され、
私の名誉も地に落ちてしまった。
悲しみにくれながら
私は誓いを立てたの。
もし男が誰一人復讐できないのなら、
女性の私が自分でしよう、と。
青ざめて、弱々しい姿で
あなたが寝ていた時、
なぜ私は殺さなかったのかしら?
そのわけは簡単にお分かりね。
私が傷を治してあげたのは、
次に私を手に入れようとする男が
健康なあなたと戦って
結果的に復讐すると思ったからよ。
あなたの運命がどうなるのか、
想像してみて。
男たちがみんなあなたと仲がいいのでは、
誰がトリスタンを倒すのかしら。

トリスタン
(真っ青になり、落ち込んだ様子で)
モロルトのことがそんなに大事だったなら、
もう一度剣を取って、
狙いを定めてしっかり振り上げて。
また落としたりしないで!

(彼は自分の剣を差し出す。)

イゾルデ
そんなことをしたら
あなたのおじさまの目が気になるわ。
マルケ王が何とおっしゃると思って?
王のために王冠と土地を勝ち得た、
誰よりも忠実で
しっかりした臣下を
殺したりしたら、私、あの方に顔向けできないわよ。
王にとって
あなたは宝物のような人だと思うわ。
アイルランドの王女を
ちゃんと花嫁として連れてこられたんですものね。
平和の証として
私を連れて行くのに、
その私があなたを殺したりしたら
大変なひんしゅくを買うわ。
剣はなおしてちょうだい。
かつて私が
復讐に燃えて
剣を振り上げた時、
あなたは値踏みするような目で
私を見ていらしたわね。
私がマルケ王の妻として成り立つかどうか
吟味していたのね。
とにかく、私は剣を落としてしまったの。
さあ、償いの杯を交わしましょう。

(彼女はブランゲーネに合図する。ブランゲーネはがたがた震えながらよろめき、ためらっている様子だが、イゾルデがいらいらしてせかすので、飲み物の準備をしに去る。)


船員たちの声
(外から)
ホー!ヘー!ハー!ヘー!
マストにいっぱい
帆を張れ!
ホー!ヘー!ハー!ヘー!

トリスタン
(思い悩むように考えこんでいたが、はっとして)
ここはどこ?

イゾルデ
もう少しで目的地よ。
トリスタン、償いはしていただける?
何か言いたいことはないの?

トリスタン
(悲しそうな声で)
王女様は沈黙をお望みだから、
僕は何も言えない。
きみが言いたいことは分かっているけど、
きみが分からないことは、僕、黙っている。

イゾルデ
あなたが黙っているのは
巧みに逃げたいからでしょう?
償いたくないの?

船員たち
(外から)
ホー!ヘー!ハー!ヘー!

(イゾルデがじりじりしながら合図するので、ブランゲーネはなみなみと注いだ器を差し出す。)

イゾルデ
(杯を持って、自分をじっと見つめるトリスタンのほうに歩いて行く。)
あの呼び声が聞こえて?
もう着いたのよ。
もう間もなく
(ちょっと嘲りを込めて)
マルケ王の前に立つことになるわね。
あなたは私を導いて、
こう言えるのが
楽しみなのではなくて?
「おじさま、
この婦人をよく見てみて。
これほど優しい人は
いないと思うよ。
僕はかつて
彼女の婚約者を倒して、
その首を送り返したけど、
彼の武器で受けた傷を
彼女はとても優しく
治してくれた。
僕の命は
彼女の手中にあったのに、
彼女は親切にも
見逃してくれたんだ。
故国の恥辱も
不名誉もかまわず、
彼女はすべてを犠牲にして
おじさんの妻になるんだよ。
親愛の贈り物として、
彼女は僕に
甘い償いの杯を
差し出してくれた。
そして寛大にも
すべての罪を赦してくれたんだ。」

船員たち
(外から)
綱を投げろ!
錨を下ろせ!

トリスタン
(かっとなって)
錨を下ろすんだ!
舵はそのままに!
帆とマストは自然のままにしろ!
(イゾルデから杯をひったくって)
アイルランド女王に
ふしぎな秘術が
備わっておいでなのは
僕も知っているよ。
彼女のバルサムのおかげで、
僕も救われたから。
今日、完全に治癒するために
この杯を取ろう。
償いの誓いをするから
よく聞いてほしい。
きみに感謝するよ。
トリスタンが讃えられたのは、
いつも誠実を貫いたからだった。
トリスタンがみじめなのは、
意固地になっていたから。
心に思ったことを言えず、
夢みてばかりだから。
この杯は永遠の悲しみを癒す、
唯一の慰め。
忘却のすばらしい飲み物を、
僕は飲み干そう!

(彼は飲む。)

イゾルデ
勝手なことはしないで!
半分は私のよ!
(彼から杯を取り上げる。)
ひどい人!あなたのために飲むわ!

(彼女は飲み、杯を投げ捨てる。二人は戦慄に襲われ、気持ちを高ぶらせながら互いを見つめ合う。二人のまなざしは死を想うようなこわばった表情から愛の情熱へと変わっていく。二人は震え、痙攣したように心臓をおさえ、今度は額に手をやる。やがて当惑したように目を伏せ、それからまた高まる情熱をおさえきれずに互いを見つめる。)




イゾルデ
(震える声で)
トリスタン!

トリスタン
(あふれる感情を抑えきれずに)
イゾルデ!

イゾルデ
(トリスタンの胸に寄りかかって)
不実だけど、優しい人!

トリスタン
(夢中になって彼女を抱きしめ)
きみは崇高な女性!

(彼らは無言のまま抱き合う。遠くからラッパの響きが聞こえてくる。)

男たちの声
(船の上から、外で)
万歳、マルケ王!

ブランゲーネ
(今まで顔をそむけ、おどおどしながら船べりに
寄りかかっていたが、振り返って、
二人がうっとりと抱き合っているのを見ると、
絶望して、手を揉み絞りながら
舞台前方に出てくる)
ああ、何てこと!どうしましょう!
いったい、どうしたら!
死は一瞬の苦しみだけど、
これは長く続く苦しみ!
下手なことをしたばかりに
逃れようのない悲しみを
生みだしてしまったんだわ!

(トリスタンとイゾルデはきゅうに抱擁から身をほどく。)

トリスタン
(混乱して)
トリスタンの名誉が
何だというんだろう?

イゾルデ
イゾルデの恥辱なんて
どうでもいいんじゃないかしら?

トリスタン
きみを失うなんていやだ!

イゾルデ
私を突き放さないで!

トリスタン
悪い魔法に惑わされて、
企みに乗せられただけだったんだ。

イゾルデ
あんな怒り、
愚かな自尊心に過ぎなかったわ。

トリスタン
イゾルデ!

イゾルデ
トリスタン!

トリスタン
素晴らしい乙女!

イゾルデ
大切な方!

二人
心が波打ち、
高みに上るよう!
感じているのは
震えるような喜びだけ!
愛の憧れが
花開き、
恋い焦がれて苦しんでいたけど、
今や至上の幸福に浸っている!
胸は喜びに満ち、
あまりの喜びに歓声を上げる!

トリスタン
イゾルデ!
イゾルデは僕のものになったんだ!

イゾルデ
トリスタン!
世界を逃れて、
あなたは私のものになったのよ!

二人
あなた/きみが与えてくれるのは
至上の愛の喜びだけ!

(後方のカーテンが完全に開けられる。船は騎士と船員でいっぱいになっていて、彼らは甲板から岸に向かって歓声を上げている。岸の向こうには美しく飾られた石造りの城が見えている。
トリスタンとイゾルデは互いに見つめ合うばかりで、周りの状況に気づかない。)


ブランゲーネ
(彼女の合図で船室から
上がってきた侍女たちに)
急いで、
マントと紋章を!
(トリスタンとイゾルデの間に割って入り)
かわいそうに!さあ!
もう着いたのよ!
(彼女はぼうっとしているイゾルデに
王女のマントを着せる)

男たち
万歳!万歳!
マルケ王、万歳!
万歳!

クルヴェナール
(勢いよく入ってきて)
おめでとう、トリスタン!
きみは強運の持ち主だ!
お供を連れ、
マルケ王が小舟に乗って
迎えにいらしているよ。
花嫁を得る喜びに満ちて、
とても幸せそうだ!

トリスタン
(混乱したようすで目を上げ)
誰が来るんだ?

クルヴェナール
王だよ!

トリスタン
どの王が?

(クルヴェナールは船べりの向こうを指さす。)

男たち
(帽子を振りながら)
万歳、マルケ王!

(トリスタンは魂が抜けたように陸のほうを見つめる。)

イゾルデ
(混乱して)
どうしたの、ブランゲーネ?
あれは何の呼び声?

ブランゲーネ
イゾルデお嬢さま、
どうか落ちついて!

イゾルデ
ここはどこ?まだ生きているの?
いったい何を飲ませたの?

ブランゲーネ
(絶望して)
愛のお薬よ。

イゾルデ
(ぞっとしてトリスタンを見つめ)
トリスタン!

トリスタン
イゾルデ!

イゾルデ
生きなければならないの?
(気を失ってトリスタンの胸に倒れこむ)

ブランゲーネ
(侍女たちに)
お助けして!

トリスタン
後ろめたいけど、うれしくてたまらない!
幸せを得るにはこうなるしかなかったんだ!

男たち
(各々大喜びで)
コーンウォールに着いたぞ!

(陸のほうからトランペットが響いてくる。人々は甲板に上がってきて、別の人々は橋をかけ、イゾルデたちが下りてくるのを期待を込めて待つ。すばやく幕が下りる。)
Vorspiel

ERSTER AUFZUG

Zeltartiges Gemach auf dem Vorderdeck eines Seeschiffes, reich mit Teppichen behangen, beim Beginn nach dem Hintergrunde zu gänzlich geschlossen; zur Seite führt eine schmale Treppe in den Schiffsraum hinab. Isolde auf einem Ruhebett, das Gesicht in die Kissen gedrückt. Brangäne, einen Teppich zurückgeschlagen haltend, blickt zur Seite über Bord

ERSTE SZENE

STIMME EINES JUNGEN SEEMANNS
aus der Höhe, wie vom Mast her, vernehmbar
Westwärts
schweift der Blick:
ostwärts
streicht das Schiff.
Frisch weht der Wind
der Heimat zu:
mein irisch Kind,
wo weilest du?
Sind's deiner Seufzer Wehen,
die mir die Segel blähen?
Wehe, wehe, du Wind!
Weh, ach wehe, mein Kind!
Irische Maid,
du wilde, minnige Maid!

ISOLDE
jäh auffahrend
Wer wagt mich zu höhnen?
sie blickt verstört um sich
Brangäne, du?
Sag --- wo sind wir?

BRANGÄNE
an der Öffnung
Blaue Streifen
stiegen im Westen auf;
sanft und schnell
segelt das Schiff:
auf ruhiger See vor Abend
erreichen wir sicher das Land.

ISOLDE
Welches Land?

BRANGÄNE
Kornwalls grünen Strand.

ISOLDE
Nimmermehr!
Nicht heut noch morgen!

BRANGÄNE
lässt den Vorhang zufallen
und eilt bestürzt zu Isolde
Was hör' ich? Herrin! Ha!

ISOLDE
wild vor sich hin
Entartet Geschlecht!
Unwert der Ahnen!
Wohin, Mutter,
vergabst du die Macht,
über Meer und Sturm zu gebieten?
O zahme Kunst
der Zauberin,
die nur Balsamtränke noch braut!
Erwache mir wieder,
kühne Gewalt;
herauf aus dem Busen,
wo du dich bargst!
Hört meinen Willen,
zagende Winde!
Heran zu Kampf
und Wettergetös'!
Zu tobender Stürme
wütendem Wirbel!
Treibt aus dem Schlaf
dies träumende Meer,
weckt aus dem Grund
seine grollende Gier!
Zeigt ihm die Beute,
die ich ihm biete!
Zerschlag es dies trotzige Schiff,
des zerschellten Trümmer verschling's!
Und was auf ihm lebt,
den wehenden Atem,
den lass ich euch Winden zum Lohn!

BRANGÄNE
im äussersten Schreck, um Isolde sich bemühend
O weh!
Ach! Ach
des Übels, das ich geahnt!
Isolde! Herrin!
Teures Herz!
Was bargst du mir so lang?
Nicht eine Träne
weintest du Vater und Mutter;
kaum einen Gruss
den Bleibenden botest du.
Von der Heimat scheidend
kalt und stumm,
bleich und schweigend
auf der Fahrt;
ohne Nahrung,
ohne Schlaf;
starr und elend,
wild verstört:
wie ertrug ich,
so dich sehend,
nichts dir mehr zu sein,
fremd vor dir zu stehn?
Oh, nun melde,
was dich müht?
Sage, künde,
was dich quält?
Herrin Isolde,
trauteste Holde,
soll sie wert sich dir wähnen,
vertraue nun Brangänen!

ISOLDE
Luft! Luft!
Mir erstickt das Herz!
Öffne! Öffne dort weit!

Brangäne zieht eilig die Vorhänge in der Mitte auseinander


ZWEITE SZENE
Man blickt dem Schiff entlang bis zum Steuerbord, über den Bord hinaus auf das Meer und den Horizont. Um den Hauptmast in der Mitte ist Seevolk, mit Tauen beschäftigt, gelagert; über sie hinaus gewahrt man am Steuerbord Ritter und Knappen, ebenfalls gelagert; von ihnen etwas entfernt Tristan, mit verschränkten Armen stehend und sinnend in das Meer blickend; zu Füssen ihm, nachlässig gelagert, Kurwenal. Vom Maste her, aus der Höhe, vernimmt man wieder die Stimme des jungen Seemanns

STIMME DES JUNGEN SEEMANNS
auf dem Maste, unsichtbar
Frisch weht der Wind
der Heimat zu: -
mein irisch Kind,
wo weilest du?
Sind's deiner Seufzer Wehen,
die mir die Segel blähen?
Wehe, wehe, du Wind!
Weh, ach wehe, mein Kind!

ISOLDE
deren Blick sogleich Tristan fand und starr auf ihn geheftet blieb, dumpf für sich
Mir erkoren,
mir verloren,
hehr und heil,
kühn und feig!
Todgeweihtes Haupt!
Todgeweihtes Herz!
Zu Brangäne, unheimlich lachend
Was hältst du von dem Knechte?

BRANGÄNE
ihrem Blicke folgend
Wen meinst du?

ISOLDE
Dort den Helden,
der meinem Blick
den seinen birgt,
in Scham und Scheue
abwärts schaut.
Sag, wie dünkt er dich?

BRANGÄNE
Frägst du nach Tristan,
teure Frau,
dem Wunder aller Reiche,
dem hochgepriesnen Mann,
dem Helden ohne Gleiche,
des Ruhmes Hort und Bann?

ISOLDE
sie verhöhnend
Der zagend vor dem Streiche
sich flüchtet, wo er kann,
weil eine Braut er als Leiche
für seinen Herrn gewann!
Dünkt es dich dunkel,
mein Gedicht?
Frag ihn denn selbst,
den freien Mann,
ob mir zu nahn er wagt?
Der Ehren Gruss
und zücht'ge Acht
vergisst der Herrin
der zage Held,
dass ihr Blick ihn nur nicht erreiche,
den Helden ohne Gleiche!
Oh, er weiss
wohl, warum!
Zu dem Stolzen geh,
meld ihm der Herrin Wort:
Meinem Dienst bereit,
schleunig soll er mir nahn.

BRANGÄNE
Soll ich ihn bitten,
dich zu grüssen?

ISOLDE
Befehlen liess
dem Eigenholde
Furcht der Herrin
ich, Isolde!

Auf Isoldes gebieterischen Wink entfernt sich Brangäne und schreitet verschämt dem Deck entlang dem Steuerbord zu, an den arbeitenden Seeleuten vorbei. Isolde, mit starrem Blicke ihr folgend, zieht sich rücklings nach dem Ruhebett zurück, wo sie sitzend während des Folgenden bleibt, das Auge unabgewandt nach dem Steuerbord gerichtet

KURWENAL
der Brangäne kommen sieht, zupft, ohne sich zu erheben, Tristan am Gewande
Hab acht, Tristan!
Botschaft von Isolde.

TRISTAN
auffahrend
Was ist? - Isolde? ---
Er fasst sich schnell, als Brangäne vor ihm anlangt und sich verneigt
Von meiner Herrin?
Ihr gehorsam
was zu hören
meldet höfisch
mir die traute Magd?

BRANGÄNE
Mein Herre Tristan,
Euch zu sehen
wünscht Isolde,
meine Frau.

TRISTAN
Grämt sie die lange Fahrt,
die geht zu End';
eh noch die Sonne sinkt,
sind wir am Land.
Was meine Frau mir befehle,
treulich sei's erfüllt.

BRANGÄNE
So mög' Herr Tristan
zu ihr gehn:
das ist der Herrin Will'.

TRISTAN
Wo dort die grünen Fluren
dem Blick noch blau sich färben,
harrt mein König
meiner Frau:
zu ihm sie zu geleiten,
bald nah' ich mich der Lichten;
keinem gönnt' ich
diese Gunst.

BRANGÄNE
Mein Herre Tristan,
höre wohl:
deine Dienste
will die Frau,
dass du zur Stell' ihr nahtest
dort, wo sie deiner harrt.

TRISTAN
Auf jeder Stelle,
wo ich steh',
getreulich dien ich ihr,
der Frauen höchster Ehr';
liess' ich das Steuer
jetzt zur Stund',
wie lenkt' ich sicher den Kiel
zu König Markes Land?

BRANGÄNE
Tristan, mein Herre,
was höhnst du mich?
Dünkt dich nicht deutlich
die tör'ge Magd,
hör meiner Herrin Wort!
So, hiess sie, sollt' ich sagen:
Befehlen liess'
dem Eigenholde
Furcht der Herrin
sie, Isolde.

KURWENAL
aufspringend
Darf ich die Antwort sagen?

TRISTAN
ruhig
Was wohl erwidertest du?

KURWENAL
Das sage sie
der Frau Isold'!
Wer Kornwalls Kron'
und Englands Erb'
an Irlands Maid vermacht,
der kann der Magd
nicht eigen sein,
die selbst dem Ohm er schenkt.
Ein Herr der Welt
Tristan der Held!
Ich ruf's: du sag's, und grollten
mir tausend Frau Isolden!
Da Tristan durch Gebärden ihm zu wehren sucht und Brangäne entrüstet sich zum Weggehen wendet, singt Kurwenal der zögernd sich Entfernenden mit höchster Stärke nach:
»Herr Morold zog
zu Meere her,
in Kornwall Zins zu haben;
ein Eiland schwimmt
auf ödem Meer,
da liegt er nun begraben!
Sein Haupt doch hängt
im Irenland,
als Zins gezahlt
von Engeland:
Hei! Unser Held Tristan,
wie der Zins zahlen kann!«

Kurwenal, von Tristan fortgescholten, ist in den Schiffsraum hinabgestiegen; Brangäne in Bestürzung zu Isolde zurückgekehrt, schliesst hinter sich die Vorhänge, während die ganze Mannschaft aussen sich hören lässt

ALLE MÄNNER
Sein Haupt doch hängt
im Irenland,
als Zins gezahlt
von Engeland:
Hei! Unser Held Tristan,
wie der Zins zahlen kann!


DRITTE SZENE
Isolde und Brangäne allein, bei vollkommen wieder geschlossenen Vorhängen. Isolde erhebt sich mit verzweiflungsvoller Wutgebärde. Brangäne stürzt ihr zu Füssen

BRANGÄNE
Weh, ach wehe!
Dies zu dulden!

ISOLDE
dem furchtbarsten Ausbruche nahe, schnell sich zusammenraffend
Doch nun von Tristan!
Genau will ich's vernehmen.

BRANGÄNE
Ach, frage nicht!

ISOLDE
Frei sag's ohne Furcht!

BRANGÄNE
Mit höf'schen Worten
wich er aus.

ISOLDE
Doch als du deutlich mahntest?

BRANGÄNE
Da ich zur Stell'
ihn zu dir rief:
wo er auch steh',
so sagte er,
getreulich dien' er ihr,
der Frauen höchster Ehr';
liess' er das Steuer
jetzt zur Stund',
wie lenkt' er sicher den Kiel
zu König Markes Land?

ISOLDE
schmerzlich bitter
»Wie lenkt' er sicher den Kiel
zu König Markes Land?«
grell und heftig
Den Zins ihm auszuzahlen,
den er aus Irland zog!

BRANGÄNE
Auf deine eignen Worte,
als ich ihm die entbot,
liess seinen Treuen Kurwenal ---

ISOLDE
Den hab ich wohl vernommen,
kein Wort, das mir entging.
Erfuhrest du
meine Schmach,
nun höre, was sie mir schuf.
Wie lachend sie
mir Lieder singen,
wohl könnt' auch ich erwidern
von einem Kahn,
der klein und arm
an Irlands Küste schwamm,
darinnen krank
ein siecher Mann
elend im Sterben lag.
Isoldes Kunst
ward ihm bekannt;
mit Heilsalben
und Balsamsaft
der Wunde, die ihn plagte,
getreulich pflag sie da.
Der »Tantris«
mit sorgender List sich nannte,
als Tristan
Isold' ihn bald erkannte,
da in des Müss'gen Schwerte
eine Scharte sie gewahrte,
darin genau
sich fügt' ein Splitter,
den einst im Haupt
des Iren-Ritter,
zum Hohn ihr heimgesandt,
mit kund'ger Hand sie fand.
Da schrie's mir auf
aus tiefstem Grund!
Mit dem hellen Schwert
ich vor ihm stund,
an ihm, dem Überfrechen,
Herrn Morolds Tod zu rächen.
Von seinem Lager
blickt' er her ---
nicht auf das Schwert,
nicht auf die Hand ---
er sah mir in die Augen.
Seines Elendes
jammerte mich! ---
Das Schwert --- ich liess es fallen!
Die Morold schlug, die Wunde,
sie heilt' ich, dass er gesunde
und heim nach Hause kehre,
mit dem Blick mich nicht mehr beschwere!

BRANGÄNE
O Wunder! Wo hatt' ich die Augen?
Der Gast, den einst
ich pflegen half?

ISOLDE
Sein Lob hörtest du eben:
»Hei! Unser Held Tristan« ---
der war jener traur'ge Mann.
Er schwur mit tausend Eiden
mir ew'gen Dank und Treue!
Nun hör, wie ein Held
Eide hält!
Den als Tantris
unerkannt ich entlassen,
als Tristan
kehrt' er kühn zurück;
auf stolzem Schiff,
von hohem Bord,
Irlands Erbin
begehrt' er zur Eh'
für Kornwalls müden König,
für Marke, seinen Ohm.
Da Morold lebte,
wer hätt' es gewagt
uns je solche Schmach zu bieten?
Für der zinspflicht'gen
Kornen Fürsten
um Irlands Krone zu werben!
Ach, wehe mir!
Ich ja war's,
die heimlich selbst
die Schmach sich schuf!
Das rächende Schwert,
statt es zu schwingen,
machtlos liess ich's fallen!
Nun dien' ich dem Vasallen!

BRANGÄNE
Da Friede, Sühn' und Freundschaft
von allen ward beschworen,
wir freuten uns all' des Tags;
wie ahnte mir da,
dass dir es Kummer schüf'?

ISOLDE
O blinde Augen,
blöde Herzen!
Zahmer Mut,
verzagtes Schweigen!
Wie anders prahlte
Tristan aus,
was ich verschlossen hielt!
Die schweigend ihm
das Leben gab,
vor Feindes Rache
ihn schweigend barg;
was stumm ihr Schutz
zum Heil ihm schuf ---
mit ihr gab er es preis!
Wie siegprangend
heil und hehr,
laut und hell
wies er auf mich:
»Das wär ein Schatz,
mein Herr und Ohm;
wie dünkt Euch die zur Eh'?
Die schmucke Irin
hol' ich her;
mit Steg' und Wegen
wohlbekannt,
ein Wink, ich flieg'
nach Irenland:
Isolde, die ist Euer!
Mir lacht das Abenteuer!«
Fluch dir, Verruchter!
Fluch deinem Haupt!
Rache! Tod!
Tod uns beiden!

BRANGÄNE
mit ungestümer Zärtlichkeit auf Isolde stürzend
O Süsse! Traute!
Teure! Holde!
Goldne Herrin!
Lieb' Isolde!
Sie zieht Isolde allmählich nach dem Ruhebett
Hör mich! Komme!
Setz dich her!
Welcher Wahn,
welch eitles Zürnen!
Wie magst du dich betören,
nicht hell zu sehn noch hören?
Was je Herr Tristan
dir verdankte,
sag, konnt' er's höher lohnen
als mit der herrlichsten der Kronen?
So dient' er treu
dem edlen Ohm;
dir gab er der Welt
begehrlichsten Lohn:
dem eignen Erbe,
echt und edel,
entsagt' er zu deinen Füssen,
als Königin dich zu grüssen!
Isolde wendet sich ab
Und warb er Marke
dir zum Gemahl,
wie wolltest du die Wahl doch schelten,
muss er nicht wert dir gelten?
Von edler Art
und mildem Mut,
wer gliche dem Mann
an Macht und Glanz?
Dem ein hehrster Held
so treulich dient,
wer möchte sein Glück nicht teilen,
als Gattin bei ihm weilen?

ISOLDE
starr vor sich hinblickend
Ungeminnt
den hehrsten Mann
stets mir nah zu sehen!
Wie könnt' ich die Qual bestehen?

BRANGÄNE
Was wähnst du, Arge?
Ungeminnt? ---
Sie nähert sich schmeichelnd und kosend Isolde
Wo lebte der Mann,
der dich nicht liebte?
Der Isolde säh'
und in Isolden
selig nicht ganz verging'?
Doch der dir erkoren,
wär' er so kalt,
zög' ihn von dir
ein Zauber ab:
den bösen wüsst' ich
bald zu binden.
Ihn bannte der Minne Macht.
mit geheimnisvoller Zutraulichkeit ganz zu Isolde
Kennst du der Mutter
Künste nicht?
Wähnst du, die alles
klug erwägt,
ohne Rat in fremdes Land
hätt' sie mit dir mich entsandt?

ISOLDE
düster
Der Mutter Rat
gemahnt mich recht;
willkommen preis' ich
ihre Kunst:
Rache für den Verrat,
Ruh' in der Not dem Herzen!
Den Schrein dort bring mir her!

BRANGÄNE
Er birgt, was Heil dir frommt.
Sie holt eine kleine goldne Truhe herbei, öffnet sie und deutet auf ihren Inhalt
So reihte sie die Mutter,
die mächt'gen Zaubertränke.
Für Weh und Wunden
Balsam hier;
für böse Gifte
Gegengift.
Sie zieht ein Fläschen hervor
Den hehrsten Trank,
ich halt' ihn hier.

ISOLDE
Du irrst, ich kenn' ihn besser;
ein starkes Zeichen
schnitt ich ihm ein.
Sie ergreift ein Fläschen und zeigt es
Der Trank ist's, der mir taugt!

BRANGÄNE
weicht entsetzt zurück
Der Todestrank!

Isolde hat sich vom Ruhebett erhoben und vernimmt mit wachsendem Schrecken den Ruf des Schiffvolks

SCHIFFSVOLK
von aussen
Ho! He! Ha! He!
Am Untermast
die Segel ein!
Ho! He! Ha! He!

ISOLDE
Das deutet schnelle Fahrt.
Weh mir! Nahe das Land!


VIERTE SZENE
Durch die Vorhänge tritt mit Ungestüm Kurwenal herein

KURWENAL
Auf! Auf! Ihr Frauen!
Frisch und froh!
Rasch gerüstet!
Fertig nun, hurtig und flink!
gemessener
Und Frau Isolden
sollt' ich sagen
von Held Tristan,
meinem Herrn:
Vom Mast der Freude Flagge,
sie wehe lustig ins Land;
in Markes Königsschlosse
mach' sie ihr Nahn bekannt.
Drum Frau Isolde
bät' er eilen,
fürs Land sich zu bereiten,
dass er sie könnt' geleiten.

ISOLDE
nachdem sie zuerst bei der Meldung in Schauer zusammengefahren, gefasst und mit Würde
Herrn Tristan bringe
meinen Gruss
und meld ihm, was ich sage.
Sollt' ich zur Seit' ihm gehen,
vor König Marke zu stehen,
nicht möcht' es nach Zucht
und Fug geschehn,
empfing ich Sühne
nicht zuvor
für ungesühnte Schuld.
Drum such er meine Huld.
Kurwenal macht eine trotzige Gebärde. Isolde fährt mit Steigerung fort
Du merke wohl
und meld es gut!
Nicht woll' ich mich bereiten,
ans Land ihn zu begleiten;
nicht werd' ich zur Seit' ihm gehen,
vor König Marke zu stehen;
begehrte Vergessen
und Vegeben
nach Zucht und Fug
er nicht zuvor
für ungebüsste Schuld:
die böt' ihm meine Huld.

KURWENAL
Sicher wisst,
das sag' ich ihm;
nun harrt, wie er mich hört!

Er geht schnell zurück. Isolde eilt auf Brangäne zu und umarmt sie heftig

ISOLDE
Nun leb wohl, Brangäne!
Grüss mir die Welt,
grüsse mir Vater und Mutter!

BRANGÄNE
Was ist? Was sinnst du?
Wolltest du fliehn?
Wohin soll ich dir folgen?

ISOLDE
fasst sich schnell
Hörtest du nicht?
Hier bleib' ich,
Tristan will ich erwarten.
Getreu befolg,
was ich befehl',
den Sühnetrank
rüste schnell;
du weisst, den ich dir wies?

Sie entnimmt dem Schrein das Fläschen

BRANGÄNE
Und welchen Trank?

ISOLDE
Diesen Trank!
In die goldne Schale
giess ihn aus;
gefüllt fasst sie ihn ganz.

BRANGÄNE
voll Grausen das Fläschen empfangend
Trau' ich dem Sinn?

ISOLDE
Sei du mir treu!

BRANGÄNE
Den Trank --- für wen?

ISOLDE
Wer mich betrog ---

BRANGÄNE
Tristan?

ISOLDE
trinke mir Sühne!

BRANGÄNE
zu Isoldes Füssen stürzend
Entsetzen! Schone mich Arme!

ISOLDE
sehr heftig
Schone du mich,
untreue Magd!
Kennst du der Mutter
Künste nicht?
Wähnst du, die alles
klug erwägt,
ohne Rat in fremdes Land
hätt' sie mit dir mich entsandt?
Für Weh und Wunden
gab sie Balsam,
für böse Gifte
Gegengift.
Für tiefstes Weh,
für höchstes Leid
gab sie den Todestrank.
Der Tod nun sag ihr Dank!

BRANGÄNE
kaum ihrer mächtig
O tiefstes Weh!

ISOLDE
Gehorchst du mir nun?

BRANGÄNE
O höchstes Leid!

ISOLDE
Bist du mir treu?

BRANGÄNE
Der Trank?

KURWENAL
eintretend
Herr Tristan!

Brangäne erhebt sich erschrocken und verwirrt. Isolde sucht mit furchtbarer Anstrengung sich zu fassen

ISOLDE
zu Kurwenal
Herr Tristan trete nah!


FÜNFTE SZENE
Kurwenal geht wieder zurück. Brangäne, kaum ihrer mächtig, wendet sich in den Hintergrund. Isolde, ihr ganzes Gefühl zur Entscheidung zusammenfassend, schreitet langsam, mit grosser Haltung, dem Ruhebett zu, auf dessen Kopfende sich stützend sie den Blick fest dem Eingange zuwendet. --- Tristan tritt ein und bleibt ehrerbietig am Eingange stehen. --- Isolde ist mit furchtbarer Aufregung in seinen Anblick versunken.--- Langes Schweigen

TRISTAN
Begehrt, Herrin,
was Ihr wünscht.

ISOLDE
Wüsstest du nicht,
was ich begehre,
da doch die Furcht,
mir's zu erfüllen,
fern meinem Blick dich hielt?

TRISTAN
Ehrfurcht
hielt mich in Acht.

ISOLDE
Der Ehre wenig
botest du mir;
mit off'nem Hohn
verwehrtest du
Gehorsam meinem Gebot.

TRISTAN
Gehorsam einzig
hielt mich in Bann.

ISOLDE
So dankt' ich Geringes
deinem Herrn,
riet dir sein Dienst
Unsitte
gegen sein eigen Gemahl?

TRISTAN
Sitte lehrt,
wo ich gelebt:
zur Brautfahrt
der Brautwerber
meide fern die Braut.

ISOLDE
Aus welcher Sorg'?

TRISTAN
Fragt die Sitte!

ISOLDE
Da du so sittsam,
mein Herr Tristan,
auch einer Sitte
sei nun gemahnt:
den Feind dir zu sühnen,
soll er als Freund dich rühmen.

TRISTAN
Und welchen Feind?

ISOLDE
Frag deine Furcht!
Blutschuld
schwebt zwischen uns.

TRISTAN
Die ward gesühnt.

ISOLDE
Nicht zwischen uns!

TRISTAN
Im offnen Feld
vor allem Volk
ward Urfehde geschworen.

ISOLDE
Nicht da war's,
wo ich Tantris barg,
wo Tristan mir verfiel.
Da stand er herrlich,
hehr und heil;
doch was er schwur,
das schwurt ich nicht:
zu schweigen hatt' ich gelernt.
Da in stiller Kammer
krank er lag,
mit dem Schwerte stumm
ich vor ihm stund:
schwieg da mein Mund,
bannt' ich meine Hand ---
doch was einst mit Hand
und Mund ich gelobt,
das schwur ich schweigend zu halten.
Nun will ich des Eides walten.

TRISTAN
Was schwurt Ihr, Frau?

ISOLDE
Rache für Morold!

TRISTAN
Müht Euch die?

ISOLDE
Wagst du zu höhnen?
Angelobt war er mir,
der hehre Irenheld;
seine Waffen hatt' ich geweiht;
für mich zog er zum Streit.
Da er gefallen,
fiel meine Ehr':
in des Herzens Schwere
schwur ich den Eid,
würd' ein Mann den Mord nicht sühnen,
wollt' ich Magd mich des erkühnen.
Siech und matt
in meiner Macht,
warum ich dich da nicht schlug?
Das sag dir selbst mit leichtem Fug.
Ich pflag des Wunden,
dass den Heilgesunden
rächend schlüge der Mann,
der Isolde ihm abgewann.
Dein Los nun selber
magst du dir sagen!
Da die Männer sich all ihm vertragen,
wer muss nun Tristan schlagen?

TRISTAN
bleich und düster
War Morold dir so wert,
nun wieder nimm das Schwert
und führ es sicher und fest,
dass du nicht dir's entfallen lässt!

Er reicht ihr sein Schwert dar

ISOLDE
Wie sorgt' ich schlecht
um deinen Herren;
was würde König Marke sagen,
erschlüg' ich ihm
den besten Knecht,
der Kron' und Land ihm gewann,
den allertreusten Mann?
Dünkt dich so wenig,
was er dir dankt,
bringst du die Irin
ihm als Braut,
dass er nicht schölte,
schlüg' ich den Werber,
der Urfehde-Pfand
so treu ihm liefert zur Hand?
Wahre dein Schwert!
Da einst ich's schwang,
als mir die Rache
im Busen rang,
als dein messender Blick
mein Bild sich stahl,
ob ich Herrn Marke
taug' als Gemahl:
Das Schwert --- da liess ich's sinken.
Nun lass uns Sühne trinken!

Sie winkt Brangäne. Diese schaudert zusammen, schwankt und zögert in ihrer Bewegung. Isolde treibt sie mit gesteigerter Gebärde an. Brangäne lässt sich zur Bereitung des Trankes an

STIMMEN DES SCHIFFSVOLKES
von aussen
Ho! He! Ha! He!
Am Obermast
die Segel ein!
Ho! He! Ha! He!

TRISTAN
aus düsterem Brüten auffahrend
Wo sind wir?

ISOLDE
Hart am Ziel!
Tristan, gewinn' ich die Sühne?
Was hast du mir zu sagen?

TRISTAN
finster
Des Schweigens Herrin
heisst mich schweigen:
fass' ich, was sie verschwieg,
verschweig' ich, was sie nicht fasst.

ISOLDE
Dein Schweigen fass ich,
weichst du mir aus.
Weigerst du die Sühne mir?

SCHIFFSVOLK
von aussen
Ho! He! Ha! He!

Auf Isoldes ungeduldigen Wink reicht Brangäne ihr die gefüllte Trinkschale

ISOLDE
mit dem Becher zu Tristan tretend, der ihr starr in die Augen blickt
Du hörst den Ruf?
Wir sind am Ziel.
In kurzer Frist
mit leisem Hohne
stehn wir - vor König Marke.
Geleitest du mich,
dünkt's dich nicht lieb,
darfst du so ihm sagen:
»Mein Herr und Ohm,
sieh die dir an:
ein sanftres Weib
gewännst du nie.
Ihren Angelobten
erschlug ich ihr einst,
sein Haupt sandt' ich ihr heim;
die Wunde, die
seine Wehr mir schuf,
die hat sie hold geheilt.
Mein Leben lag
in ihrer Macht:
das schenkte mir
die holde Magd
und ihres Landes
Schand' und Schmach
die gab sie mit darein,
dein Ehgemahl zu sein.
So guter Gaben
holden Dank
schuf mir ein süsser
Sühnetrank;
den bot mir ihre Huld,
zu sühnen alle Schuld.«

SCHIFFSVOLK
aussen
Auf das Tau!
Anker los!

TRISTAN
wild auffahrend
Los den Anker!
Das Steuer dem Strom!
Den Winden Segel und Mast!
Er entreisst ihr die Trinkschale
Wohl kenn' ich Irlands
Königin
und ihrer Künste
Wunderkraft.
Den Balsam nützt' ich,
den sie bot:
den Becher nehm ich nun,
dass ganz ich heut genese.
Und achte auch
des Sühneeids,
den ich zum Dank dir sage!
Tristans Ehre ---
höchste Treu'!
Tristans Elend ---
kühnster Trotz!
Trug des Herzens!
Traum der Ahnung!
Ew'ger Trauer
einz'ger Trost:
Vergessens güt'ger Trank,
dich trink' ich sonder Wank!

Er setzt an und trinkt

ISOLDE
Betrug auch hier?
Mein die Hälfte!
Sie entwindet ihm den Becher
Verräter! Ich trink' sie dir!

Sie trinkt. Dann wirft sie die Schale fort. Beide, von Schauder erfasst, blicken sich mit höchster Aufregung, doch mit starrer Haltung, unverwandt in die Augen, in deren Ausdruck der Todestrotz bald der Liebesglut weicht. Zittern ergreift sie. Sie fassen sich krampfhaft an das Herz und führen die Hand wieder an die Stirn. Dann suchen sie sich wieder mit dem Blick, senken ihn verwirrt und heften ihn wieder mit steigender Sehnsucht aufeinander

ISOLDE
mit bebender Stimme
Tristan!

TRISTAN
überströmend
Isolde!

ISOLDE
an seine Brust sinkend
Treuloser Holder!

TRISTAN
mit Glut sie umfassend
Seligste Frau!

Sie verbleiben in stummer Umarmung. Aus der Ferne vernimmt man Trompeten

RUF DER MÄNNER
von aussen auf dem Schiffe
Heil! König Marke Heil!

BRANGÄNE
die, mit abgewandtem Gesicht, voll Verwirrung und Schauder sich über den Bord gelehnt hatte, wendet sich jetzt dem Anblick des in Liebesumarmung versunkenen Paares zu und stürzt händeringend voll Verzweiflung in den Vordergrund
Wehe! Weh!
Unabwendbar
ew'ge Not
für kurzen Tod!
Tör'ger Treue
trugvolles Werk
blüht nun jammernd empor!

Tristan und Isolde fahren aus der Umarmung auf

TRISTAN
verwirrt
Was träumte mir
von Tristans Ehre?

ISOLDE
Was träumte mir
von Isoldes Schmach?

TRISTAN
Du mir verloren?

ISOLDE
Du mich verstossen?

TRISTAN
Trügenden Zaubers
tückische List!

ISOLDE
Törigen Zürnens
eitles Dräun!

TRISTAN
Isolde!

ISOLDE
Tristan!

TRISTAN
Süsseste Maid!

ISOLDE
Trautester Mann!

BEIDE
Wie sich die Herzen
wogend erheben!
Wie alle Sinne
wonnig erbeben!
Sehnender Minne
schwellendes Blühen,
schmachtender Liebe
seliges Glühen!
Jach in der Brust
jauchzende Lust!

TRISTAN
Isolde!
Isolde mir gewonnen!

ISOLDE
Tristan!
Welten-entronnen,
du mir gewonnen!

BEIDE
Du mir einzig bewusst,
höchste Liebeslust!

Die Vorhänge werden weit auseinandergerissen; das ganze Schiff ist mit Rittern und Schiffsvolk bedeckt, die jubelnd über Bord winken, dem Ufer zu, das man, mit einer hohen Felsenburg gekrönt, nahe erblickt. --- Tristan und Isolde bleiben, in ihrem gegenseitingen Anblick verloren, ohne Wahrnehmung des um sie Vorgehenden

BRANGÄNE
zu den Frauen, die auf ihren Wink aus dem Schiffsraum heraufsteigen
Schnell, den Mantel,
den Königsschmuck!
Zwischen Tristan und Isolde stürzend
Unsel'ge! Auf!
Hört, wo wir sind!
Sie legt Isolde, die es nicht gewahrt, den Königsmantel an

ALLE MÄNNER
Heil! Heil! Heil!
König Marke Heil!
Heil dem König!

KURWENAL
lebhaft herantretend
Heil Tristan,
glücklicher Held!
Mit reichem Hofgesinde
dort auf Nachen
naht Herr Marke.
Hei, wie die Fahrt ihn freut,
dass er die Braut sich freit!

TRISTAN
in Verwirrung aufblickend
Wer naht?

KURWENAL
Der König!

TRISTAN
Welcher König?

Kurwenal deutet über Bord

ALLE MÄNNER
die Hüte schwenkend
Heil! König Marke Heil!

Tristan starrt wie sinnlos nach dem Lande

ISOLDE
in Verwirrung
Was ist, Brangäne?
Welcher Ruf?

BRANGÄNE
Isolde! Herrin!
Fassung nur heut!

ISOLDE
Wo bin ich? Leb' ich?
Ha! Welcher Trank?

BRANGÄNE
verzweiflungsvoll
Der Liebestrank.

ISOLDE
starrt entsetzt auf Tristan
Tristan!

TRISTAN
Isolde!

ISOLDE
Muss ich leben?
Sie stürzt ohnmächtig an seine Brust

BRANGÄNE
zu den Frauen
Helft der Herrin!

TRISTAN
O Wonne voller Tücke!
O truggeweihtes Glücke!

ALLE MÄNNER
Ausbruch allgemeinen Jauchzens
Kornwall Heil!

Trompeten vom Lande her. Leute sind über Bord gestiegen, andere haben eine Brücke ausgelegt, und die Haltung aller deutet auf die soeben bevorstehende Ankunft der Erwarteten. Der Vorhang fällt schnell


All rights reserved
© Maria Fujioka