オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_revolve



"アリオダンテ"

対訳


チーム・ヘンデル募集中

資料


アリアへジャンプ!

登場人物

  • IL RE DI SCOZIA / RE(スコットランド王)
  • GINEVRA(ジネヴラ)・・・王の娘
  • ARIODANTE(アリオダンテ)・・・騎士、ジネヴラの許婚者
  • LURCANIO(ルルカニオ)・・・アリオダンテの兄弟
  • POLINESSO(ポリネッソ)・・・公爵
  • DALINDA(ダリンダ)・・・ジネヴラの侍女
  • ODOARDO(オドアルド)・・・王の側近

あらすじ

  • スコットランドの王女ジネヴラとアリオダンテは婚約していて、王もアリオダンテを王位継承者として認めている。一方ポリネッソは、自分こそがジネヴラと結婚して、王位につきたいと企む。そこで彼は、自分に愛情を抱いているダリンダを利用して、その野望を実現しようとする。

訳者より

  • 「アリオダンテ」は「オルランド」「アルチーナ」と並んで、アリオストの叙事詩「狂乱のオルランド」に題材を得た「アリオスト三部作」のうちの1つです。また「ジュリオ・チェーザレ」を中心とした1724年頃をヘンデル・オペラの最初の傑作期とすると、その約10年後の第二傑作期を代表する作品でもあります。わかりやすい展開に加えて、アリオダンテ歌手の技巧と表現力を堪能できる名アリア、ジネヴラ狂乱の場、バレエ・シーンなど、多くの見所・聴き所があります。(REIKO)
  • この作品の登場人物のなかで、最も重要な人物はポリネッソだと思うのですね。もし彼がいなかったとしたら、ジネヴラとアリオダンテは何の障害もなく結婚し、シャン、シャン、シャンで終わって、そもそもこの「アリオダンテ」という物語は成立してはいません。ポリネッソというワルが登場して、ひっかき回したからこそドラマが生じたわけです。(KOH)

ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱 更新情報

rss 訳者のブログです

ヘンデルのカンタータ歌詞の意味を考える 更新情報

rss 訳者のブログです

Blogs on アリオダンテ

  • 「アリオダンテ」を含む口コミが見つかりません。

アリオダンテとは

  • アリオダンテの51%は柳の樹皮で出来ています。
  • アリオダンテの39%は苦労で出来ています。
  • アリオダンテの7%は白インクで出来ています。
  • アリオダンテの2%は罠で出来ています。
  • アリオダンテの1%は砂糖で出来ています。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|