オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


コンパニオン2 シリーズ III マルチメディアスピーカーシステム



"アルチーナ"

対訳


アリアへジャンプ!

全幕(動画対訳)

チーム・ヘンデル

  • 「アルチーナ」伝言板(翻訳に格闘するメンバーの軌跡)
ActⅠ ActⅡ ActⅢ

資料





登場人物

  • ALCINA(アルチーナ)・・・魔女、ルッジェーロを愛している
  • RUGGIERO(ルッジェーロ)・・・騎士、ブラダマンテの婚約者だがアルチーナに心奪われている
  • BRADAMANTE(ブラダマンテ)・・・ルッジェーロの婚約者、自身の弟リッチャルドに男装している
  • MORGANA(モルガーナ)・・・魔女、アルチーナの妹、オロンテの恋人
  • ORONTE(オロンテ)・・・アルチーナの将軍、モルガーナの恋人
  • MELISSO(メリッソ)・・・ブラダマンテの供
  • OBERTO(オベルト)・・・行方不明の父アストルフォを捜している少年

あらすじ

  • 騎士ルッジェーロはブラダマンテという婚約者がありながら、アルチーナの魔力に捕らわれ、魔法の島で愛の生活に溺れている。ブラダマンテは弟リッチャルドの姿に男装し、メリッソと共にアルチーナの島へルッジェーロを探しに行くが、彼らを出迎えたモルガーナは凛々しい「リッチャルド」に一目惚れしてしまう。

訳者より

  • 「アルチーナ」は、魔法の島・美しい森・豪奢な宮殿などファンタジックな舞台で、人間と魔女の悲恋物語が展開する、ヘンデル魔法オペラの傑作です。ヘンデルがロンドンで名を上げた「リナルド」では、第二幕で魔女アルミーダが敵のリナルドに恋するも、思い叶わず嘆くくだりが見せ場の1つになっていますが、このテーマをオペラ全体に拡大したのが「アルチーナ」と言えます。(REIKO)
  • 今回、チームヘンデルに参加し、初めて訳にチャレンジしたのが「アルチーナ」でした。元々この作品は私がバロックオペラを聴くきっかけになった作品で、テレビ放映されたものを見た際、現代的な演出だった事もあり、良く分からない部分も多かったのですが、とにかくヘンデルの音楽に魅了された作品でした。(ALCINA)

ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱 更新情報

rss 訳者のブログです

アルチーナのブログ 更新情報

rss 訳者のブログです

Blogs on アルチーナ

アルチーナとは

  • アルチーナの78%は着色料で出来ています。
  • アルチーナの16%は果物で出来ています。
  • アルチーナの3%は大人の都合で出来ています。
  • アルチーナの2%は祝福で出来ています。
  • アルチーナの1%は優雅さで出来ています。



オペラ


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|