"利口な女狐の物語"

対訳

資料



あらすじ

  • 夏の昼下がりの峡谷。森番が居眠りをすると、動物達が登場する。蚊がダンスを踊りはじめ、カエルが森番の顔の上に落ちる。びっくりして飛び起きた森番の前に、子どもの女狐の姿が映る。森番は、いやがる女狐ビストロウシュカをつかまえて、家に帰っていく。

訳者より

  • 今回は『利口な女狐の物語』を訳しました。これはもちろんチェコ語です。私は、ヤナーチェクのオペラが好きなので、参考書でチェコ語の文法を独学したのですが、ドイツ語ほどには理解していません。そのため、単語を一つ一つ辞書で引いて何とか訳しましたが、モラヴィア方言なので、辞書に無い言葉が多く、多くの単語は類推できるのですが、一部まったく意味不明の箇所もあります。その場合には、いくつかの英訳を見比べて訳しました。

訳者のブログ


Blogs on 利口な女狐の物語

正常に検索結果を取得できませんでした。