オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_revolve




対訳 【 鷲尾浩 訳 】

アリアへジャンプ!

メリザンドの歌


第2幕第1場(動画対訳)



鷲尾浩訳について

  • 鷲尾浩の著作権保護期間は終了しています。
  • メーテルリンクの著作権保護期間は戦時加算も含め2010年9月14日に終了しています。
  • 底本はこちら所収の「ペレアスとメリザンド」を使用しました。
    • 「メーテルリンク全集第4巻」 本の友社 =「マーテルリンク全集」冬夏社大正9年刊の複製
  • ドビュッシーが採用しなかった次の場を鷲尾浩訳から削除しました。「第1幕第1場」「第2幕第4場」「第3幕第1場」「第5幕第1場」。さらに、リブレットに対応させるために、鷲尾浩訳から章句の削除や前後の入れ替え、若干の追記を行いました。
  • 旧仮名遣いの多くは現代仮名遣いに改めました。現代とは異なる用法の送りがなの多くは、現代人にも読解可能と思われる限り、原文のままとしました。当用漢字表にない漢字も同様に、読解可能と思われる限り、原文のままとしました。
  • 役名を現在一般的に用いられている名に改編しました。(例:「ゴロウド」>「ゴロー」)
  • いくつかの文言を改編しました。そのうち最も多い改編となったのは「妾」>「私」です。鷲尾浩訳では「妾」はメリザンドとジュヌヴィエーヴが一人称を使うときに当てられて、「わらわ」(女性が自分をへりくだって言う語)と読むらしいのですが、第3幕あたりからメリザンドの一人称は「私」に変化します。仏語原文は当然全編「je」で統一されていること、仏語の「vous」に対して話すときのみ「妾」を使っているわけではないこと、「妾」は現代では「わらわ」よりも「めかけ」で通っていることを考慮し、「私」に統一しました。
  • 底本では第3幕の「メリザンドの歌」に「私は日曜の正午の生まれ」とは別の英語の詩「Thirty years I've sought, my sisters」が置かれ訳者注として日本語訳がつけられています。よって、第3幕の「メリザンドの歌」には拙訳を掲載し オレンジ色 で示しました。

Blogs on ペレアスとメリザンド

ペレアスとは

  • ペレアスの49%は電力で出来ています。
  • ペレアスの35%は厳しさで出来ています。
  • ペレアスの11%は媚びで出来ています。
  • ペレアスの4%はやさしさで出来ています。
  • ペレアスの1%は保存料で出来ています。

メリザンドとは

  • メリザンドの77%は利益で出来ています。
  • メリザンドの12%は優雅さで出来ています。
  • メリザンドの5%は海水で出来ています。
  • メリザンドの2%は見栄で出来ています。
  • メリザンドの2%は汗と涙(化合物)で出来ています。
  • メリザンドの1%は真空で出来ています。
  • メリザンドの1%はツンデレで出来ています。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|