オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第一部 - エルサレム

かく 主はおっしゃられた
"見よ、わたしはこの町を与えるだろう
バビロンの王の手に
町は炎で焼かれるだろう"
エレミヤ書 32章

第1場
エルサレムのソロモンの神殿の内部
ヘブライ人、レビたちと乙女たち

【全員】
祭祀の飾りよ 落ちて砕け散れ
ユダの民よ 喪服をまとえ!
怒れる神の怒りの代弁者として
アッシリアの王はわれらの上に襲いかかる!
野蛮な軍勢の恐ろしき咆哮が
聖なる神殿の中でとどろいている!

【レビたち】
白いベールを、乙女らよ、引き裂くがよい
懇願の腕を上げて叫ぶのだ
けがれなきくちびるからの命の祈りは
主のもとに上ってゆく心地よい香りだ
祈るのだ 乙女らよ!...お前たちによって
敵の激しい怒りも鎮められるやも知れぬ!

全員地面にひれ伏す

【乙女たち】
偉大な神よ、風の翼に乗ってお飛びになり
震える雲から雷を放たれるお方よ
追い散らし破壊したまえ、アッシリアの軍隊を
ダビデの娘たちに喜びが戻ってくるように!
私たちは罪を犯しました...けれど、天に私たちの祈りが届き
お慈悲を受けて、過ちに赦しが得られますように!..

【全員】
ああ!信仰なき者らに不敬な声で叫ばせてはならぬ

【ヘブライ人とレビたち】
「イスラエルの神は恐れのあまり身を隠したか?」と

【全員】
御身の子らが餌食とならぬよう
御身の永遠の力を軽蔑している愚か者どもの!
ダビデの王座に座らせぬように
愚かな偶像に取り巻かれたアッシリアの侵略者を!

立ち上がる


第2場
ザッカーリア フェネーナ アンナ 前場の人々

【ザッカーリア】
[フェネーナの手を取って]
希望を持て、おお子らよ!神は
そのお力の証を与え給うたのだ
そして、私の力の中にもたらし給うたのだ
その貴重な証を
[フェネーナを指さして]
敵の王の子が
われらに平和をもたらすことができよう

【全員】
喜びの日の太陽が
われらのためにまた昇るのだろう!

【ザッカーリア】
恐怖に駆られてはならぬ! 信じるのだ
神の永遠の救いを
エジプトの あの海辺で
主はモーセに命を与え給うた
そしてまたギデオンの百人の
軍勢を無敵にし給うたのだ
今まで 窮地にあって
神を信じて死んだものがあったであろうか?

【全員】
喜びの日の太陽が...

【ザッカーリア】
恐怖に駆られてはならぬ!...
今まで 窮地にあって....

【全員】
ああ、何の物音だ


第3場
イズマエーレ(ユダヤ人の兵士たちと共に)、前場の人々

【イズマエーレ】
[猛然と]
アッシリアの王が攻めて参るぞ
彼は全世界を敵にしておるようだ
その傲慢な大胆さで!

【ヘブライ人とレビたち】
まずは命を...

【ザッカーリア】
おそらくは天は終わらせ給うであろう
彼の悪しき大胆さも
このシオンの遺跡に
侵略者が休むことはできぬのじゃ
[イズマエーレにフェネーナを委ねて]
アッシリアの乙女たちの中で一番のお方を
貴殿に委ねましょうぞ

【全員】
ああ、神よ、お慈悲を!

【ザッカーリア】
太陽の輝く前の夜のように、
風の中を舞う埃のように
お前は大きな試練の内に消えるのだ
偽りのバール神め
御身、アブラハムの偉大な神であるお方
彼と戦うために 降り来たれ
御身のしもべたちに掻き立て給え
侵略者に死をもたらす炎を

【全員】
太陽の輝く前の夜のように...

【ザッカーリア】
太陽の輝く前の夜のように...

全員退場する。フェネーナとイズマエーレ残る


第4場
イズマエーレとフェネーナ

【イズマエーレ】
フェネーナ!...  おおわが愛する君よ!

【フェネーナ】
復讐の日に
愛を語った人がいたでしょうか?

【イズマエーレ】
不幸なひとよ!今どれほど
一層美しく私の目に映っていることか
あのときよりも バビロンにユダの使者として
私が行った時よりも!あなたは私を救いだしてくれた
牢獄から 危険を冒してまで
そしてまたあなたは嫉妬深く残酷な
あなたの姉の監視をものともせず
私への熱烈な愛に駆られて
追いかけてきてくれた!...

【フェネーナ】
ああ!どうして私に思い出させるのですか!...奴隷なのです
私は今ここでは!...

【イズマエーレ】
けれど私は道を開きたいのです
自由への あなたのために!

【フェネーナ】
気の毒な方!...逆らっていらっしゃいますわ
今 神聖な義務に!

【イズマエーレ】
来てください!...あなたもまた
私のために逆らっている...来てください!私の胸は
あなたに道を開くでしょう 千の...


第5場
アビガイッレ(何人かの兵士を伴って)、前場の登場人物

イズマエーレが秘密の扉を開こうとしたとき アビガイッレが剣を手に登場する、ヘブライ人の格好をしたバビロニアの戦士が続く


【アビガイッレ】
戦士たちよ、神殿は占拠したぞ!...

【フェネーナとイズマエーレ】
[驚いて]
アビガイッレ!...

アビガイッレはふたりの恋人に気付いて立ち止まり、苦々しげにあざ笑うようにイズマエーレに言う

【アビガイッレ】
勇敢な戦士!愛だけが
あなた知っている武器なのですか?
[フェネーナに]
アッシリアの乙女の心の中に
このような炎があるのは不浄に思えますわ!
[怒りとともに]
どのような神さまがあなたたちを救うの? 新婚の床は
あなたたちが入る墓となるわ...
私の復讐の雷は
もうあなたたちの上に落ちようとしていますわ!
[少しの間を置いた後 イズマエーレの手を取り、静かに言う]

私はあなたを愛しておりました!...王国もこの心も
あなたの心のためになら差し上げていたでしょう!
私のこの愛は熱狂のようなもの
生でも死でも、あなたに与えることができましょう
ああ!もしもあなたが私を愛して下されば 私は
あなたの民を救うことさえできたのに!

【イズマエーレ】
いいや!...私は、あなたに命を差し上げることはできます
しかし私の心は差し上げられません
この運命に私は満足しています
私は自分のために震えることは知りません。
しかし、私の涙に
わが民のため あなたに語りかけさせてください

【フェネーナ】
ああ 私は今 御身に向かって叫び、御身を感じております
真のイスラエルの神よ
私のためにではなく 激しい試練のうちに
御身を私の祈りが動かしますように
ああ 護りたまえ わが兄弟を
私を罰して泣かせ給え!

【アビガイッレ】
私はとてもあなたを愛していました...

【イズマエーレ】
しかし、私の涙に...


第6場
ヘブライの女たちと男たち レビたち 見張りを断念して神殿に入ってきた兵士たち 更にザッカーリアとアンナ


【ヘブライの女たち】
[あわてて入ってくる]
彼を見ましたか?...稲妻のごとく
群衆の中に分け入った!

【老ヘブライ人たち】
血まみれの剣を振りかざし
彼は今こそやって来る!

【レビたち】
[厳かに]
兵士たちが空しくもその胸を
聖なる神殿の盾となしてくれておる!

【女たち】
永遠なる神に呪われております
私たちの祈りも、私たちの涙も!

【女たち レビたち 老人たち】
ああ 亡くなった人々は幸せだ
この日のくる前に!

【ヘブライの兵士たち】
[武装を解いて登場]
王がもうすぐ来る!馬に乗って
神殿に向かって来る途中だ
まるで黒い竜巻のようだ
いたるところを廃墟にしながら

【ザッカーリア】
[急いで入ってくる]
ああ 厚かましや!...降りようともせぬ
猛り立つ馬よりも!

【全員】
何たる災いだ!誰が守るのだ
今や、主の神殿を?

【アビガイッレ】
[偽装した兵士たちと進み出て叫ぶ]
万歳 ナブッコ王!

舞台裏からの叫び

【声】
万歳!

【ザッカーリア】
[イズマエーレに]
誰がこの不敵な者どもを通したのじゃ?

【イズマエーレ】
[偽装したバビロニア兵を指して]
偽の服装です!...

【アビガイッレ】
無駄なことです
プライドなどは...さあ 王がやって参ります!


第7場
神殿に侵入してきたバビロニア兵たちが舞台全体に広がる。ナブッコは寺の入り口に馬に乗って現れる


【ザッカーリア】
何をしようとしておる?...
[ナブッコに立ちふさがって]
ああ震えよ、罰あたりめ!
これは神のおわすところじゃぞ!

【ナブッコ】
神について話すことなどあるか?

【ザッカーリア】
[フェネーナを捕らえ、彼女に短剣を振り上げてナブッコに叫ぶ]

貴様が神殿を穢す前に
貴様の娘を刺し貫くぞ
この短剣で!

ナブッコは馬から降りる

【ナブッコ】
[独白]
(放っておこう、わしの怒りは
一層激しく爆発するのだ
震えるのだ 愚か者ども わがの怒りの前に!
みな生贄となるのじゃ 今!...
血の海の中に 涙と呻きとともに
不敬なるシオンは浸されようぞ!)

【フェネーナ】
父上、私にお慈悲を お心の上に!
すぐにでも私に死がもたらされます
不幸な者たちをお許しください
そうすればあなたの娘は救われるのです!

【アビガイッレ】
(私の怒りの衝動は静まっている
新たな希望が私に輝いたために
彼女は、私と恋人を争う唯一の女
それがここで復讐の犠牲となるのだから!)

【イズマエーレ ザッカーリア ヘブライ人たち】
(御身 王たちの心までも御意のまま
変え給うお方、おお大いなる神よ われらを救い給え
御身の子らに 目を向け給え
既に酷い鎖に繋がれようとしている子らに!)

【ナブッコ】
不敬なるシオンは...
血の海で...

おお敗者どもよ 地に頭をつけよ!
勝者はわしなのじゃ
わしは汝らの神に戦いを挑んだ
だがその神とやらはどうした?
やつはわしを恐れているのじゃ
愚か者めら 誰が逆らえようぞ?

【ザッカーリア】
[フェネーナに短剣を振り上げ]
悪しき者よ、見よ!いけにえとして
最初にこの女を殺すぞ
貴様は血に渇いておるのか?ならば注いでやろう
貴様の娘の胸の血を!

【ナブッコ】
やめろ!

【ザッカーリア】
[刺そうとする]
いや、死ぬのだ!

【イズマエーレ】
[突然短剣を奪い取り、フェネーナは父親の腕の中に飛び込む]

哀れな娘よ
愛があなたを救うのだ!

【ナブッコ】
[激しい喜びで]
わが怒りは、もはや抑えられぬ
敗れし者どもを残忍に虐殺せよ
[バビロニア人たちに]
略奪せよ、神殿を燃やせ
情けをかけるは罪であるぞ!
母親が胸でかばおうと無駄じゃ
子供らの盾となろうともな

【アビガイッレ】
この呪われた民は
この地上から根絶されるのでしょう
けれど、私に戦いを挑むこの愛も
そのとき消えてしまうの?
もしも心の願いは満たされなくても
憎しみは満たされることにはなるのでしょうけれど!

【アンナ フェネーナ イズマエーレ】
哀れな人、激しい愛情が
彼/私の瞼にヴェールをかけてしまった!
ああ、彼/私をこんなにも掻き立てた愛は
彼/私を恥辱で包んでしまった!
ああ、この不幸な者のもとに来ませんように
惨めさが、そうお祈りします!

【ザッカーリア ヘブライ人たち】
人々から拒絶されるが良い
兄弟を裏切った者として!
貴様の名は忌わしきものとして
罵られるのだ あらゆる時に!
ああ、この悪しき者より逃れよと
大地も天も叫ぶであろう!

【ナブッコ】
略奪せよ...
PARTE PRIMA - Gerusalemme

Così ha detto il Signore:
"Ecco, io do questa città
in mano del re di Babilonia;
egli l'arderà col fuoco".
Geremia XXXII

SCENA I
Gerusalemme: interno del tempio di Salomone.
Ebrei, Leviti e Vergini ebree

TUTTI
Gli arredi festivi giù cadano infranti,
il popol di Giuda di lutto s'ammanti!
Ministro dell'ira del Nume sdegnato
il rege d'Assiria su noi già piombò!
Di barbare schiere l'atroce ululato
nel santo delùbro del Nume tuonò!

LEVITI
I candidi veli, fanciulle, squarciate,
le supplici braccia gridando levate;
d'un labbro innocente la viva preghiera
è dolce profumo che sale al Signor.
Pregate, fanciulle!... In voi della fiera
falange nemica s'acqueti il furor!

Tutti si prostrano a terra

VERGINI
Gran Nume, che voli sull'ale dei venti,
che il folgor sprigioni dai nembi frementi,
disperdi, distruggi d'Assiria le schiere,
di David la figlia ritorna al gioir!
Peccammo!...Ma in cielo le nostre preghiere
ottengan pietade, perdono al fallir!...

TUTTI
Deh! l'empio non gridi, con baldo blasfema:

EBREI e LEVITI
"Il Dio d'Israello si cela per tema?"

TUTTI
Non far che i tuoi figli divengano preda
d'un folle che sprezza l'eterno poter!
non far che sul trono davidico sieda
fra gl'idoli stolti l'assiro stranier!

Si alzano


SCENA II
Zaccaria, Fenena, Anna, e detti

ZACCARIA
tenendo per mano Fenena
Sperate, o figli!Iddio
del suo poter die' segno;
Ei trasse in poter mio
un prezioso pegno;
additando Fenena
del re nemico prole
pace apportar ci può.

TUTTI
Di lieto giorno un sole
forse per noi spuntò!

ZACCARIA
Freno al timor! v'affidi
d'Iddio l'eterna aita.
D'Egitto là sui lidi
Egli a Mosè die' vita;
di Gedeone i cento
invitti Ei rese un dì...
Chi nell'estremo evento
fidando in Lui perì?

TUTTI
Di lieto giorno ecc.

ZACCARIA
Freno al timor! ecc.
Chi nell'estremo ecc.

TUTTI
Oh quai gridi


SCENA III
Ismaele (con alcuni Guerrieri ebrei), e detti.

ISMAELE
Furibondo
dell'Assiria il re s'avanza;
par ch'ei sfidi intero il mondo
nella fiera sua baldanza!

EBREI e LEVITI
Pria la vita...

ZACCARIA
Forse fine
vorrà il cielo all'empio ardire:
di Son sulle ruine
lo stranier non poserà.
consegnando Fenena ad Ismaele
Quella prima fra le Assire
a te fido.

TUTTI
Oh Dio, pietà!

ZACCARIA
Come notte a sol fulgente,
come polve in preda al vento,
sparirai nel gran cimento,
dio di Belo menzogner.
Tu, d'Abramo Iddio possente,
a pugnar con noi discendi;
ne' tuoi servi un soffio accendi
che sia morte allo stranier.

TUTTI
Come notte ecc.

ZACCARIA
Come notte ecc.

Escono tutti, meno Fenena ed Ismaele


SCENA IV
Ismaele e Fenena

ISMAELE
Fenena!!... O mia diletta!

FENENA
Nel dì della vendetta
chi mai d'amor parlò?

ISMAELE
Misera!oh come
più bella or fulgi agli occhi miei d'allora
che in Babilonia ambasciador di Giuda
io venni! Me traevi
dalla prigion con tuo grave periglio,
né ti commosse l'invido e crudele
vigilar di tua suora,
che me d'amor furente
perseguitò!...

FENENA
Deh! che rimembri!... Schiava
or qui son io!...

ISMAELE
Ma schiuderti il cammino
io voglio a libertà!

FENENA
Misero!...Infrangi
ora un sacro dover!

ISMAELE
Vieni!... Tu pure
l'infrangevi per me... Vieni! il mio petto
a te la strada schiuderà fra mille...


SCENA V
Abigaille (con alcuni Guerrieri), e detti.

Mentre Ismaele fa per aprire una porta segreta, entra colla spada in mano Abigaille, seguìta da alcuni Guerrieri babilonesi celati in ebraiche vesti

ABIGAILLE
Guerrieri, è preso il tempio!...

FENENA e ISMAELE
atterriti
Abigaille!!...

Abigaille s'arresta improvvisamente nell'accorgersi dei due amanti, indi con amaro sogghigno dice ad Ismaele:

ABIGAILLE
Prode guerrier! d'amore
conosci tu sol l'armi?
a Fenena
D'assira donna in core
empia tal fiamma or parmi!
con ira
Qual Dio vi salva? Talamo
la tomba a voi sarà...
di mia vendetta il fulmine
su voi sospeso è già!
Dopo breve pausa prende per mano Ismaele e gli dice sottovoce:
Io t'amava!... il regno e il core
pel tuo core io dato avrei!
Una furia è quest'amore,
vita o morte ei ti può dar.
Ah! se m'ami, ancor potrei
il tuo popol salvar!

ISMAELE
Ah no!... la vita io t'abbandono,
ma il mio core nol poss'io;
di mia sorte io lieto sono,
io per me non so tremar.
Ma ti possa il pianto mio
pel mio popolo parlar.

FENENA
Ah!già t'invoco, già ti sento,
Dio verace d'Israello:
non per me nel fier cimento
ti commova il mio pregar.
Oh proteggi il mio fratello,
e me danna a lagrimar!

ABIGAILLE
Io t'amava ecc.

ISMAELE
Ma ti possa ecc.


SCENA VI
Donne, Uomini ebrei, Leviti, Guerrieri che a parte a parte entrano nel tempio non abbadando ai suddetti, indi Zaccaria ed Anna

DONNE EBREE
entrando precipitosamente
Lo vedeste?... Fulminando
egli irrompe nella folta!

VECCHI EBREI
Sanguinoso ergendo il brando
egli giunge a questa volta!

LEVITI
che sorvengono
De' guerrieri invano il petto
s'offre scudo al tempio santo!

DONNE
Dall'Eterno è maledetto
il pregare, il nostro pianto!

DONNE, LEVITI e VECCHI
Oh felice chi morì
pria che fosse questo dì!

GUERRIERI EBREI
entrando, disarmati
Ecco il rege! sul destriero
verso il tempio s'incammina,
come turbine che nero
tragge ovunque la ruina.

ZACCARIA
entrando precipitoso
Oh baldanza!... né discende
dal feroce corridor!

TUTTI
Ahi sventura! chi difende
ora il tempio del Signor?

ABIGAILLE
s'avanza co' suoi Guerrieri travestiti e grida:
Viva Nabucco!

Grida nell'interno

VOCI
Viva!

ZACCARIA
ad Ismaele
Chi il passo agl'empi apriva?

ISMAELE
additando i Babilonesi travestiti
Mentita veste!...

ABIGAILLE
È vano
l'orgoglio... il re s'avanza!


SCENA VII
Irrompono nel tempio e si spargono per tutta la scena i Guerrieri babilonesi. Nabucco presentasi sul limitare del tempio a cavallo

ZACCARIA
Che tenti?...
opponendosi a Nabucco
Oh trema, insano!
Questa è di Dio la stanza!

NABUCCO
Di Dio che parli?

ZACCARIA
corre ad impadronirsi di Fenena, e alzando verso di lei un pugnale grida a Nabucco:
Pria che tu profani il tempio,
della tua figlia scempio
questo pugnal farà!

Nabucco scende da cavallo

NABUCCO
da sé
(Si finga, e l'ira mia
più forte scoppierà.
Tremin gl'insani del mio furore!
vittime tutti cadranno omai!...
In mar di sangue fra pianti e lai
l'empia Sonne scorrer dovrà!)

FENENA
Padre, pietade ti parli al core!
vicina a morte per te qui sono!
Sugl'infelici scenda il perdono,
e la tua figlia salva sarà!

ABIGAILLE
(L'impeto acqueta del mio furore
nuova speranza che a me risplende;
colei, che il solo mio ben contende,
sacra a vendetta forse cadrà!)

ISMAELE, ZACCARIA ed EBREI
(Tu che a tuo senno de' regi il core
volgi, o gran Nume, soccorri a noi,
china lo sguardo su' figli tuoi,
che a rie catene s'apprestan già!)

NABUCCO
L'empia Sonne ecc.
In mar di sangue ecc.

O vinti, il capo a terra!
Il vincitor son io.
Ben l'ho chiamato in guerra,
ma venne il vostro Dio?
Tema ha di me: resistermi,
stolti, chi mai potrà?

ZACCARIA
alzando il pugnale su Fenena
Iniquo, mira! vittima
costei primiera io sveno:
sete hai di sangue? versilo
della tua figlia il seno!

NABUCCO
Ferma!

ZACCARIA
per ferire
No, pèra!

ISMAELE
ferma improvvisamente il pugnale, e Fenena corre nelle braccia del padre
Misera,
l'amor ti salverà!

NABUCCO
con gioia feroce
Mio furor, non più costretto,
fa' dei vinti atroce scempio;
ai Babilonesi
saccheggiate, ardete il tempio,
fia delitto la pietà!
Delle madri invano il petto
scudo ai pargoli sarà.

ABIGAILLE
Questo popol maledetto
sarà tolto dalla terra,
ma l'amor che mi fa guerra
forse allor s'estinguerà?
Se del cor nol può l'affetto,
pago l'odio almen sarà!

ANNA, FENENA ed ISMAELE
Sciagurato, ardente affetto
sul suo/mio ciglio un velo stese!
Ah l'amor che sì lo/mi accese
lui/me d'obbrobrio coprirà!
Deh non venga maledetto
l'infelice, per pietà!

ZACCARIA ed EBREI
Dalle genti sei rejetto,
di fratelli traditore!
il tuo nome dèsti orrore,
fia l'obbrobrio d'ogni età!
"Oh fuggite il maledetto",
terra e cielo griderà!

NABUCCO
Saccheggiate ecc.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|