オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第二部 - 邪悪

見よ...!
主の旋風が現れ出でて
不信心な者の頭上に落ちるであろう
エレミヤ書 30章

第1場
宮殿の一室
アビガイッレ

【アビガイッレ】
[手に紙を持って急いで入ってくる]
お前を見つけて良かったわ おお宿命の文書よ!...懐の内に
お前を王は隠していたのね、私に与えるために
恥辱を!...アビガイッレ この奴隷の子に!
いいでしょう!...それならそれで!ナブッコの娘だと
アッシリア人たちは信じているのですから
私はここで何者なの?...奴隷よりも酷いわ!王位を
王は年下のフェネーナに譲ろうとしているし
兵士たちに交じって ユダを打ち滅ぼすことだけに
心奪われている!...私を他人の愛し合っているところを
監視させようと戦場からここへ呼び戻したのよ!...ああ邪悪だわ
みんな、その上狂ってる!... このアビガイッレの
心など分かりもしないでしょう...
みんなの上に私の怒りが
襲いかかるのを見るでしょう!...ああ! 滅びよフェネーナ...
偽の父も!...王国も!...
私もまた滅びるがいい、おお死をもたらす怒りよ!

かつては私も開いていたわ
喜びに心を
まわりのすべてが語るのを
私に神聖な愛のことを
私も泣いた 他人の涙のために
苦しんだわ 他人の嘆きのために
ああ!誰があの失われた魅惑を
私に戻してくれるの 一日だけでも?


第2場
バールの大司教、賢者たち、王国の貴人たち、前場の登場人物

【アビガイッレ】
誰が近づいてきてるの?

【大司教】
[おののきながら]
恐ろしい光景を
わしの目は見てしまったのだ!

【アビガイッレ】
ああ!何とおっしゃいました?...

【大司教】
フェネーナは穢れておる
ヘブライ人どもに自由を与えおって...

【アビガイッレ】
ああ!...

【大司教】
...この呪われた騒乱を
今 誰が抑えることができましょう?
権力はあなたへと委ねられるのですぞ...

【アビガイッレ】
[熱烈に]
何ですって?

【大司教】
すべてはすでに準備できております

【大司教 賢者 王国の貴人たち】
われらはすでに噂を広げております
王が戦に倒れたと...
あなたが女王となることを民は求めております
アッシリアの地を救うために
あとは一歩を踏み出すのみ...運命はあなた様のもの!
勇気を持たれよ!...

【アビガイッレ】
[大司教に]
ご一緒にさあ!参りましょう!...
おお忠実な方々よ、あなた方のような強さを
この女も持たぬわけではありません!...
王座に就きましょう 既に黄金に輝き
血にまみれている王座に
私の復讐はうまく放たれるでしょう
その座より稲妻となって
王の笏が私のものとなることを
すべての国民は見るでしょう
ああ!王家の娘とて来るでしょう
この賤しき奴隷に哀願しに

【大司教 賢者 王国の貴人たち】
そしてバール神の復讐は
あなた様の復讐とともにとどろき渡りましょうぞ

【アビガイッレ】
王座に就きましょう...

【大司教 賢者 王国の貴人たち】
そしてバール神の...


第3場
王宮の広間 奥の方は他の部屋に続いている
右手には回廊に続く扉、左手には王の居室に続く扉。夜。広間はたったひとつのランプで照らされている


【ザッカーリア】
[法典を持ったひとりのレビと共に登場]
来たれ レビよ! ...聖なる
法典を持って!新たなる奇跡を
わしに神はさせようとしている!...わしを下僕として遣わし
イスラエルの栄光のために、
異教徒どもの闇を引き裂かんと
御身は預言者たちの唇を
稲妻で打ち給う、全能の神よ!
アッシリアに強い口調で
御身は語り給う 私の唇を通して!
その時 御身を賛美する歌声は
神殿すべてに響き渡るだろう
打ち砕かれた偶像の上に
御身の法が下るのであろう

レビと共にフェネーナの部屋に入って行く


第4場
レビたちが右側の扉から注意深く入ってくる、その後奥からイズマエーレが現れる

【レビたち】
何の用件だ?誰がわれらを呼び出したのだ
こんな夜にこんな変な場所に?

【イズマエーレ】
祭祀長のご希望です...

【レビたち】
イズマエーレ!

【イズマエーレ】
兄弟よ!

【レビたち】
恐ろしや!
去れ!... 出て行け!

【イズマエーレ】
お慈悲を賜らんことを!

【レビたち】
主に呪われた者よ!
呪われた者には兄弟などおらぬ...
話しかけるものとて一人もいないのだ!
至るところで激しい嘆きが上がり
そいつの不信心な耳に風がその嘆きを届けるのだ!
彼の額には稲妻のように
神の怒りの烙印がきらめいておる!
その唇に毒を塗ろうとも無駄なこと
その胸に短剣を突き立てても無駄なのだ!

【イズマエーレ】
[絶望して]
生ける神の愛のため
その呪詛はやめてくれ!
この恐怖に私は狂いそうだ!
ああ!死を 慈悲のために!

【レビたち】
呪われた者には...

【イズマエーレ】
やめてくれ!ああ!
ああ!死を...


第5場
フェネーナ、アンナ、ザッカーリアと法典を手にしたレビ


【アンナ】
おお兄弟よ お許しください!
ひとりのヘブライの女を彼は救ったのですから

【レビたち】
おお!それはどういうことだ?

【ザッカーリア】
賛歌を立ち昇らせよ
永遠なるお方のもとに!...それは本当のことじゃ!

【フェネーナ】
しかし 何の騒ぎでしょう!

【イズマエーレ ザッカーリア レビたち】
ああ!天よ!何ごとだ!


第6場
老臣アブダッロ、前場の人物たち

【アブダッロ】
[息を切らして]
王家の女性よ!...ああ お逃げ下さい!...不吉な叫びが
王の死を告げておりまする!

【フェネーナ】
ああ 父上が!

【アブダッロ】
お逃げを!...民は今やアビガイッレを求め
ここの者どもを糾弾しております

【フェネーナ】
ぐすぐすしている場合ではないわ?...
ここに私は留まっていてはいけないわ!...その悪しき
反乱軍のただ中に飛び込んでいかなくては...

【イズマエーレ アブダッロ ザッカーリア レビたち】
やめて下さい!おお 何たる災厄!


第7場
バールの大司教 アビガイッレ 貴人たち 賢者たち 民衆 バビロニアの女たち

【大司教】
栄光あれ アビガイッレに!
ヘブライ人どもに死を!

【アビガイッレ】
[フェネーナに]
さあ王冠を渡しなさい!

【フェネーナ】
その前に私は死にます ...


第8場
ナブッコ、群衆の間をかき分けてアビガイッレとフェネーナの間に身を投げ出し、王冠を奪い取って自分の頭に乗せる アビガイッレの前に立って彼女に向かって叫ぶ

【ナブッコ】
私の頭からこれを取れ!

全員驚愕する

【全員】
その時が近づいている
致命的な怒りの時が
皆の沈黙した表情には
既に恐怖が満ちている!
稲妻があたりに
既に翼を広げている!...
その日が近づいているのだ
喪と悲惨の日が!

【ナブッコ】
聞け わしの言うことを!...バビロニア人たちよ
わしは地面に叩きつけるぞ お前たちの神を!
そやつはお前たちを裏切り者となし
お前たちをわが権力から引き離そうとした
お前らの神も倒されたぞ、愚かなヘブライ人どもよ
わしと戦って
わしの言葉に耳を傾けよ...
神はただひとりだ...それはお前たちの王なのだ!

【フェネーナ】
[おののいて]
天よ!

【大司教】
何ということを聞いたのじゃ!...

【ザッカーリア レビたち】
ああ、愚か者め!...

【兵士たち】
ナブッコ様 万歳!

【ナブッコ】
その顔を
今よりは大地にすりつけよ!
神であるわしを、わしを崇めるのだ!

【ザッカーリア】
狂ったか!大地に、大地に
貴様の愚かな驕りをこそすりつけよ...
神は貴様の髪を掴み
貴様を王座から引き剥がそうとしておるぞ...

【ナブッコ】
向こう見ずな奴め?
[兵士たちに]
わしに忠実な者どもよ
その像の下に
この老いぼれを連れて行け
その民と共に滅びるが良い...

【フェネーナ】
ヘブライ人として私は、彼らと共に死にましょう

【ナブッコ】
[猛然と]
嘘をつくな!...邪悪な者よ 跪け
わしの像の前に!

【フェネーナ】
私はヘブライ人になったのです!

【ナブッコ】
[彼女の腕をつかんで]
ひれ伏せ!跪け!...
わしはもはや王ではない 神なのだ!!

稲妻が王のそばに落ちる ナブッコは超自然的な力に打ちのめされるのを感じる 目がゆがみ そして狂気は彼の顔つきのうちに現れる 騒ぎは深い沈黙の中に静まる


【全員】
[ナブッコを除いて]
おお 天が報復のために
この不遜な者を雷で撃ったのだ!

【ナブッコ】
誰がわしから王の笏を奪うのじゃ?...
何という恐ろしい亡霊がわしを追うのだ?...
誰がこの髪を ああ 掴むのだ?...
誰がわしを締め付ける?... 誰がわしを地に倒す?
誰なのだ?誰なのだ?...
ああ!娘よ!...お前すらも
弱っているわしを救いには来ぬのか?...
ああ 亡霊のみがわしには見える...
燃える炎の短剣を持って!
血で真っ赤な空が
わしの頭の上に降ってくる!
ああ!なぜわしの目より
涙が出てきたのか?
誰が私を支えてくれるのじゃ?...わしは気が遠くなる!...

【ザッカーリア】
天が
罰したのだ 驕れる者を!

【アビガイッレ】
[ナブッコの頭から落ちた王冠を拾い上げて]
けれど バールの民の
栄光が消え去ることはないのですわ!
PARTE SECONDA - L'empio

Ecco...!
il turbo del Signore è uscito fuori
cadrà sul capo dell'empio.
Geremia XXX

SCENA I
Appartamenti nella Reggia
Abigaille

ABIGAILLE
esce con impeto, avendo una carta fra le mani
Ben io t'invenni, o fatal scritto!... in seno
mal ti celava il rege, onde a me fosse
di scorno!... Prole Abigail di schiavi!
Ebben!... sia tale! Di Nabucco figlia,
qual l'Assiro mi crede,
che sono io qui?... peggior che schiava!Il trono
affida il rege alla minor Fenena,
mentr'ei fra l'armi a sterminar Giudea
l'animo intende!... Me gli amori altrui
invia dal campo a qui mirar!... Oh iniqui
tutti, e più folli ancor!... d'Abigaille
mal conoscete il core...
Su tutti il mio furore
piombar vedrete!... Ah sì! cada Fenena...
il finto padre!... il regno!...
Su me stessa rovina, o fatal sdegno!

Anch'io dischiuso un giorno
ebbi alla gioia il core;
tutto parlarmi intorno
udia di santo amore;
piangeva all'altrui pianto,
soffria degli altri al duol;
ah! chi del perduto incanto
mi torna un giorno sol?


SCENA II
Il Gran Sacerdote di Belo, Magi, Grandi del Regno, e detta

ABIGAILLE
Chi s'avanza?

GRAN SACERDOTE
agitato
Orrenda scena
s'è mostrata agl'occhi miei!

ABIGAILLE
Oh! che narri?...

GRAN SACERDOTE
Empia è Fenena,
manda liberi gli Ebrei;...

ABIGAILLE
Oh!...

GRAN SACERDOTE
... questa turba maledetta
chi frenare omai potrà?
Il potere a te s'aspetta...

ABIGAILLE
vivamente
Come?

GRAN SACERDOTE
Il tutto è pronto già.

GRAN SACERDOTE, MAGI E GRANDE DEL REGNO
Noi già sparso abbiamo fama
come il re cadesse in guerra...
te regina il popol chiama
a salvar l'assiria terra.
Solo un passo...è tua la sorte!
Abbi cor!...

ABIGAILLE
al Gran Sacerdote
Son tuo!va'!...
Oh fedel, di te men forte
questa donna non sarà!...
Salgo già del trono aurato
lo sgabello insanguinato;
ben saprà la mia vendetta
da quel seggio fulminar.
Che lo scettro a me s'aspetta
tutti i popoli vedranno,
ah! regie figlie qui verranno
l'umil schiava a supplicar.

GRAN SACERDOTE, MAGI E GRANDE DEL REGNO
E di Belo la vendetta
con la tua saprà tuonar.

ABIGAILLE
Salgo già ecc.

GRAN SACERDOTE, MAGI E GRANDE DEL REGNO
E di Belo ecc.


SCENA III
Sala nella Reggia che risponde nel fondo ad altre sale.
A destra una porta che conduce ad una galleria, a sinistra altra porta che comunica cogli appartamenti della Reggente. È sera. La sala è illuminata da una lampada.

ZACCARIA
esce con un Levita che porta la tavola della Legge
Vieni, o Levita! ... Il santo
codice reca! Di novel portento
me vuol ministro Iddio!...Me servo manda,
per gloria d'Israele,
le tenebre a squarciar d'un'infedele.
Tu sul labbro de' veggenti
fulminasti, o sommo Iddio!
All'Assiria in forti accenti
parla or tu col labbro mio!
E di canti a te sacrati
ogni tempio suonerà;
sovra gl'idoli spezzati
la tua Legge sorgerà.

Entra col Levita negli appartamenti di Fenena


SCENA IV
Leviti, che vengono cautamente dalla porta a destra, indi Ismaele che si presenta dal fondo

LEVITI
Che si vuol? chi mai ci chiama
or di notte in dubbio loco?

ISMAELE
Il Pontefice vi brama...

LEVITI
Ismael!!!

ISMAELE
Fratelli!

LEVITI
Orror!!!
Fuggi!... va'!

ISMAELE
Pietade invoco!

LEVITI
Maledetto dal Signor!
Il maledetto non ha fratelli...
non v'ha mortale che a lui favelli!
Ovunque sorge duro lamento
all'empie orecchie lo porta il vento!
Sulla sua fronte come baleno
fulge il divino marchio fatal!
Invano al labbro presta il veleno,
invano al core vibra il pugnal!

ISMAELE
con disperazione
Per amor del Dio vivente
dall'anàtema cessate!
Il terror mi fa demente!
Oh! la morte per pietà!

LEVITI
Il maledetto ecc.

ISMAELE
Cessate! Ah!
Ah! la morte ecc.


SCENA V
Fenena, Anna, Zaccaria ed il Levita che porta la tavola della Legge

ANNA
Oh fratelli, perdonate!
Un'ebrea salvata egli ha.

LEVITI
Oh! che narri?

ZACCARIA
Inni levate
all'Eterno!...È verità!

FENENA
Ma qual sorge tumulto!

ISMAELE, ZACCARIA e LEVITI
Oh! ciel! che fia!


SCENA VI
Il vecchio Abdallo, e detti

ABDALLO
tutto affannoso
Donna regal!... Deh fuggi!... infausto grido
annunzia del mio re la morte!

FENENA
Oh padre!

ABDALLO
Fuggi!... Il popolo or chiama Abigaille,
e costoro condanna.

FENENA
Oh che più tardo?...
Io qui star non mi deggio!... In mezzo agli empi
ribelli correrò...

ISMAELE, ABDALLO, ZACCARIA e LEVITI
Ferma! Oh sventura!


SCENA VII
Il Gran Sacerdote di Belo, Abigaille, Grandi, Magi, Popolo, Donne babilonesi

GRAN SACERDOTE
Gloria ad Abigaille!
Morte agli Ebrei!

ABIGAILLE
a Fenena
Quella corona or rendi!

FENENA
Pria morirò...


SCENA VIII
Nabucco, il quale si è aperta la via in mezzo allo scompiglio, si getta fra Abigaille e Fenena; prende la corona, e postasela in fronte grida ad Abigaille:

NABUCCO
Dal capo mio la prendi!

Terrore generale

TUTTI
S'appressan gl'istanti
d'un'ira fatale;
sui muti sembianti
già piomba il terror!
le folgori intorno
già schiudono l'ale!...
apprestano un giorno
di lutto e squallor!

NABUCCO
S'oda or me!... Babilonesi,
getto a terra il vostro Dio!
Traditori egli v'ha resi,
volle tôrvi al poter mio;
cadde il vostro, o stolti Ebrei,
combattendo contro me.
Ascoltate i detti miei...
V'è un sol Nume... il vostro re!

FENENA
atterrita
Cielo!

GRAN SACERDOTE
Che intesi!...

ZACCARIA e LEVITI
Ahi stolto!...

GUERRIERI
Nabucco viva!

NABUCCO
Il volto
a terra omai chinate!
me Nume, me adorate!

ZACCARIA
Insano! a terra, a terra
cada il tuo pazzo orgoglio...
Iddio pel crin t'afferra,
già ti rapisce il soglio...

NABUCCO
E tanto ardisci?
ai Guerrieri
O fidi,
a piè del simulacro
quel vecchio omai si guidi,
ei pèra col suo popolo...

FENENA
Ebrea con lor morrò.

NABUCCO
furibondo
Tu menti!... O iniqua, pròstrati
al simulacro mio!

FENENA
Io sono ebrea!

NABUCCO
prendendola pel braccio
Giù! pròstrati!...
non son più re, son Dio!!

Il fulmine scoppia vicino al re;Nabucco pare sospinto da una forza sopranaturale; stravolge gli occhi, e la follia appare in tutti i suoi lineamenti. A tanto scompiglio succede un profondo silenzio

TUTTI
eccetto Nabucco
Oh come il cielo vindice
l'audace fulminò!

NABUCCO
Chi mi toglie il regio scettro?...
Qual m'incalza orrendo spettro?...
Chi pel crine, ohimè, m'afferra?...
chi mi stringe?... chi m'atterra?
chi? chi?...
Oh! mia figlia!... e tu pur anco
non soccorri al debil fianco?...
Ah fantasmi ho sol presenti...
hanno acciar di fiamme ardenti!
E di sangue il ciel vermiglio
sul mio capo si versò!
Ah! perché, perché sul ciglio
una lagrima spuntò?
Chi mi regge?... io manco!...

ZACCARIA
Il cielo
ha punito il vantator!

ABIGAILLE
raccogliendo la corona caduta dal capo di Nabucco
Ma del popolo di Belo
non fia spento lo splendor!


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|