オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第三部 - 預言

砂漠の獣たちは
バビロニアにその住み家を得るであろう フクロウと共に
そしてヤツガシラもそこに住むのだ
エレミヤ書51章

第1場
空中庭園。アビガイッレは王座についている 賢者たち 貴人たちが彼女の足元に座っている 黄金のバール神の像が立っている祭壇のそばに大司教が信者たちに囲まれて立っている
バビロニアの女たち 民衆 兵士たち

【バビロニアの女たち 民衆 兵士たち】
アッシリアの女王陛下は
この地上にあってはバール神に等しい力を持つお方
どこでも破滅をもたらす
異国が戦争を仕掛けたときには
今 平和の喜びのうちに
その武勇の褒賞としての平和に
女王様も幸せな日を得られましょう
喜びと愛に満ちた

【大司教】
至高の女性、アッシリアの運命を
統べ給うお方よ、祈りに耳を傾け給え
あなた様に忠実な者の!不敬なるユダの息子どもに
すべて死を与え給え、まずはあの女 あなた様の
妹君とはとても呼べない者から...
あやつはバール神を裏切ったのですぞ...

アビガイッレに執行状を渡す

【アビガイッレ】
[驚いた様子で]
私に何を求めるのですか!...


第2場
ぼうぼうのひげとボロボロの服を着たナブッコが舞台の上に現れる
老臣アブダッロに率いられた衛兵たちが丁重に付き従う

アビガイッレ ナブッコ アブダッロ

【アビガイッレ】
しかし誰が近づいてくるの?...何という大それた者
私の禁令を侵すとは?...部屋に
連れ戻しなさい その老人を!...

【ナブッコ】
[ずっと正気ではない様子で]
誰が不敬にも話しておるのじゃ
このナブッコがおる前で?

【アブダッロ】
[うやうやしく]
さあ 陛下、私のあとに!

【ナブッコ】
わしをどこに連れて行く?自分で行くぞ!...この
場所は会議の間じゃ... 止まれ!...見えぬのか?
皆わしを待っておるぞ...わが体を
なぜ支えおる? わしは弱っておるのは事実じゃ
だがそれを知られてはならぬ!... 信じさせたいのじゃ
まだわしが強大であると...放せ...わしは
自分の座は自分で見つけるぞ...
[王座に近づき上ろうとする]
あの女は誰じゃ?
おお 何と不敬な!

【アビガイッレ】
[王座から降りて]
席を外せ 忠実な者どもよ!

全員退場する ナブッコとアビガイッレのみ


第3場
ナブッコとアビガイッレ

【ナブッコ】
女 お前は誰じゃ?...

【アビガイッレ】
王座を守る後見人として
ここに座っておりました!...

【ナブッコ】
お前がか?...わが王座の?嘘をつけ!
わしの命を受けておると?...
おお 詐欺師め!

【アビガイッレ】
病であなた様は倒れておいででした...民は
ヘブライの反乱に悲鳴をあげております
さあ王家の印を押して下さいませ
あなた様への請願に!
[刑の執行状を見せて]
悪しき者どもに死を...

【ナブッコ】
何のつもりだ?...

【アビガイッレ】
ご署名を賜われますか?

【ナブッコ】
気掛かりなことが!...

【アビガイッレ】
拒まれるのですか?...
では立ち上がりなさい 幸運なヘブライ人たち!
栄光の讃歌を響かせなさい
お前たちの神の!...

【ナブッコ】
わしは何を聞いておるのか?

【アビガイッレ】
臆病な怖れに取りつかれて
もはやナブッコはいないのですね!

【ナブッコ】
嘘じゃ!死を、死を
イスラエルのすべての民に与えよ!
寄こせ!

印を押してアビガイッレに返す

【アビガイッレ】
[喜んで]
おお 私の幸いなる運命よ!
最後の段階も乗り越えたわ!

【ナブッコ】
おお!...だがフェネーナが!

【アビガイッレ】
邪悪な女です!
偽りの神に身を捧げた
[行こうとする]
ああ 滅びよ!

執行状をふたりの衛兵に渡す 彼らは直ちに出て行く

【ナブッコ】
[彼女を止めて]
あれはわしの血を分けた者じゃ!

【アビガイッレ】
もう救うことはできません!

【ナブッコ】
[顔を覆って]
何と!

【アビガイッレ】
ここに別の娘が...

【ナブッコ】
ひざまずけ
奴隷め お前の主人に!

【アビガイッレ】
愚かな!...私はそれを言うのを待っていました!...
私が奴隷?私が奴隷?

【ナブッコ】
[アビガイッレが奴隷の生まれであることを記した書類を懐に探しながら]
真実を知るがよい

【アビガイッレ】
[自分の懐からその書類を取り出し びりびりに引きちぎる]
こうしてお返ししますわ 哀れな人
この偽りの書類を!

【ナブッコ】
(ああどれほどの恥辱が積もるのか
この白髪の上に!
むなしくこの凍りつく右手を
かつては恐れられた剣に伸ばすのだが!
ああ、哀れな老いぼれよ!
お前は王だった者の影でしかないのだ)

【アビガイッレ】
(おお 待ち望んできた栄光の
日よ お前はやっと来たのね!)

【ナブッコ】
(何たる惨めさじゃ!)

【アビガイッレ】
(王座の価値はずっと大きいわ
失った父などよりも!
ついに民もひざまずくのです
この賤しい奴隷の足元に)

【ナブッコ】
(何たる惨めさじゃ!)...

【アビガイッレ】
(足元にひざまずくのです...)

舞台裏からトランペットの音が聞こえてくる

【ナブッコ】
ああ、何の音じゃ!

【アビガイッレ】
死を告げる響きですわ
あなたが命じたヘブライ人たちの!

【ナブッコ】
衛兵よ これへ!...わしは裏切られた!
衛兵ども!
[何人かの衛兵が入ってくる]

【アビガイッレ】
おお 愚かな人...まだ逆らうのですか?
この衛兵たちは私が残しておいたのよ
あなただけのために、おお囚われ人よ!

【ナブッコ】
囚われ人じゃと?...

【アビガイッレ】
そう!...この奴隷のね
あなたの力を軽蔑している!

【ナブッコ】
ああ、許してくれ、ああ、許してくれ
この狂える父親を!
ああ、娘を私に戻してくれ
この父親から奪わないでくれ!
女王たるお前よ、君主たるお前よ
アッシリアの民を呼び出してくれ
この老いぼれは懇願しているだけじゃ
自らの最愛の者の命を

【アビガイッレ】
出て行って!私に譲歩を求めても無駄よ
私が心動かされることはない あなたの遅すぎた涙などで
あなたはこんなではなかった、おお不敵な老人よ
私を屈辱の中に置いていたときには

【ナブッコ】
ああ、許してくれ!...
ああ、許してくれ...

【アビガイッレ】
無駄よ!
私が心動かされることはない...
出て行って!無駄よ!
ああ、彼らにも分かるでしょう この奴隷に
王家のマントがふさわしいかが!
分かるでしょう 私が穢すかどうかが
アッシリアの栄光を!

【ナブッコ】
ああ、許してくれ...

第4場
ユーフラテス川のほとり
ヘブライ人たちが鎖に繋がれて強制的に働かされている

【ヘブライ人たち】
行け わが思いよ 金色の翼に乗って
行って安らぐのだ 斜面や丘の上に
暖かく 柔らかく香り立つところ
そよ風が甘く香るふるさとに!
ヨルダン川の岸辺に挨拶しておくれ
シオンの倒された塔にも...
おお わが祖国よ とても美しく そして失われた!
おお 思い出よ とてもいとおしく そして不幸な!
金の竪琴よ 預言者たちが言葉を紡ぐ
なぜ黙っているのだ 柳の下に吊るされて?
思い出をこの胸に再び掻き立てて
われらに語ってくれ 過ぎ去った日々のことを!
あのエルサレムの運命に似て
悲しき嘆きの響きを紡げ
でなければ主に掻き立てさせよ
この苦しみを耐えさせてくれる調べを!


第5場
ザッカーリア 前場の登場人物たち

【ザッカーリア】
おお 誰だ泣いておるのは?臆病な女のように
誰が主に嘆きの声を上げておる?
おお立ち上がれ、苦悩する兄弟たちよ
私の唇を通して主が語っておられる!
未来の暗闇の中でわしは見るのだ...
邪悪な鎖が断ち切られるのを!...
すでにこの悪しき地に襲いかかっている
ユダのライオンの怒りが!

【ヘブライ人たち】
おお 未来よ!

【ザッカーリア】
頭蓋骨の上で 骨の上で休もうと
やってくるだろう ハイエナが ヘビが
風にあおられた埃の中は
致命的な沈黙が支配するだろう!
唯一 フクロウだけがその悲しい嘆きを
あたりに響かせるのだ 夜がやってくる頃
ひとつの石でさえ かの誇り高き
バビロニアのことを異国人に語ることはない!

【ヘブライ人たち】
ああ、何という炎がこの老人のうちに燃えているのか!
彼の唇を通して主が語っておられるのだ!
そうだ すぐに邪悪な鎖は断ち切られ
ユダの勇気は奮い立つのだ!

【ザッカーリア】
ひとつの石でさえ...
PARTE TERZA - La profezia

Le fiere dei deserti
avranno in Babilonia la loro stanza insieme coi gufi,
e l'upupe vi dimoreranno.
Geremia LI

SCENA I
Orti pensili. Abigaille è sul trono. I Magi, i Grandi sono assisi ai di lei piedi; vicino all'ara ove sorge la statua d'oro di Belo sta coi seguaci il Gran Sacerdote.
Donne babilonesi, Popolo e Soldati

DONNE BABILONESI, POPOLO e SOLDATI
È l'Assiria una regina,
pari a Bel potente in terra;
porta ovunque la ruina
se stranier la chiama in guerra:
or di pace fra i contenti,
degno premio del valor,
scorrerà suoi dì ridenti
nella gioia e nell'amor.

GRAN SACERDOTE
Eccelsa donna, che d'Assiria il fato
reggi, le preci ascolta
de' fidi tuoi! Di Giuda gli empi figli
perano tutti, e pria colei che suora
a te nomar non oso...
Essa Belo tradì...

Presenta la sentenza ad Abigaille

ABIGAILLE
con finzione
Che mi chiedete!...


SCENA II
Nabucco con ispida barba e lacere vesti presentasi sulla scena.
Le Guardie, alla cui testa è il vecchio Abdallo, cedono rispettosamente il passo.
Abigaille, Nabucco, Abdallo

ABIGAILLE
Ma chi s'avanza?... Qual audace infrange
l'alto divieto mio?... Nelle sue stanze
si tragga il veglio!...

NABUCCO
sempre fuori di sé
Chi parlare ardisce
ov'è Nabucco?

ABDALLO
con divozione
Deh!Signore, mi segui!

NABUCCO
Ove condur mi vuoi? Lasciami!... Questa
è del consiglio l'aula... Sta'!... Non vedi?
M'attendon essi... Il fianco
perché mi reggi? Debole sono, è vero,
ma guai se alcuno il sa!... Vo' che mi creda
sempre forte ciascun... Lascia...Ben io
troverò mio seggio...
S'avvicina al trono e fa per salirvi
Chi è costei?
Oh qual baldanza!

ABIGAILLE
scendendo dal trono
Uscite, o fidi miei!

Si ritirano tutti, meno Nabucco ed Abigaille


SCENA III
Nabucco ed Abigaille

NABUCCO
Donna, chi sei?...

ABIGAILLE
Custode
del seggio tuo qui venni!...

NABUCCO
Tu?...del mio seggio? Oh frode!
Da me ne avesti cenni?...
Oh frode!

ABIGAILLE
Egro giacevi... Il popolo
grida all'Ebreo rubello;
porre il regal suggello
al voto suo dêi tu!
Gli mostra la sentenza
Morte qui sta pei tristi...

NABUCCO
Che parli tu?...

ABIGAILLE
Soscrivi?

NABUCCO
Un rio pensier!...

ABIGAILLE
Resisti?...
Sorgete, Ebrei giulivi!
levate inni di gloria
al vostro Iddio!...

NABUCCO
Che sento?

ABIGAILLE
Preso da vil sgomento,
Nabucco non è più!

NABUCCO
Menzogna! A morte, a morte
tutto Israel sia tratto!
Porgi!

Pone il suggello e rende la carta ad Abigaille

ABIGAILLE
con gioia
Oh mia lieta sorte!
L'ultimo grado è fatto!

NABUCCO
Oh!... ma Fenena!

ABIGAILLE
Perfida!
si diede al falso Dio.
per partire
Oh pèra!

Dà la carta a due Guardie che tosto partono

NABUCCO
fermandola
È sangue mio!

ABIGAILLE
Niun può salvarla!

NABUCCO
coprendosi il viso
Orror!

ABIGAILLE
Un'altra figlia...

NABUCCO
Pròstrati,
o schiava, al tuo signor!

ABIGAILLE
Stolto!... qui volli attenderti!...
Io schiava? Io schiava?

NABUCCO
cerca nel seno il foglio che attesta la nascita servile d'Abigaille
Apprendi il ver.

ABIGAILLE
traendo dal seno il foglio e facendolo a pezzi
Tale ti rendo, o misero,
il foglio menzogner!

NABUCCO
(Oh di qual onta aggravasi
questo mio crin canuto!
Invan la destra gelida
corre all'acciar temuto!
Ahi miserando veglio!
l'ombra tu sei del re)

ABIGAILLE
(Oh dell'ambita gloria
giorno tu sei venuto!)

NABUCCO
(Ahi misero!)

ABIGAILLE
(Assai più vale il soglio
che un genitor perduto!
alfine cadranno i popoli
di vile schiava al piè)

NABUCCO
(Ahi miserando ecc.)

ABIGAILLE
(... cadranno al piè ecc.)

Odesi dentro un suono di trombe

NABUCCO
Oh qual suono!

ABIGAILLE
Di morte è suono
per gli Ebrei che tu dannasti!

NABUCCO
Guardie, olà!... tradito io sono!
Guardie!
Si presentano alcune Guardie

ABIGAILLE
O stolto!...e ancor contrasti?
Queste guardie io le serbava
per te solo, o prigionier!

NABUCCO
Prigionier?...

ABIGAILLE
Sì!... d'una schiava
che disprezza il tuo poter!

NABUCCO
Deh perdona, deh perdona
ad un padre che delira!
Deh la figlia mi ridona,
non orbarne il genitor!
Te regina, te signora
chiami pur la gente assira;
questo veglio non implora
che la vita del suo cor.

ABIGAILLE
Esci! invan mi chiedi pace,
me non move il tardo pianto;
tal non eri, o veglio audace,
nel serbarmi al disonor.

NABUCCO
Ah perdona!...
Deh perdona ecc.

ABIGAILLE
Invano!
Me non move ecc.
Esci! Invano!
Oh vedran se a questa schiava
mal s'addice il regio manto!
Oh vedran s'io deturpava
dell'Assiria lo splendor!

NABUCCO
Deh perdona ecc.

SCENA IV
Le sponde dell'Eufrate
Ebrei incatenati e costretti al lavoro

EBREI
Va' pensiero, sull'ali dorate;
Va, ti posa sui clivi, sui colli,
Ove olezzano tepide e molli
L'aure dolci del suolo natal!
Del Giordano le rive saluta,
Di Sïonne le torri atterrate...
Oh mia patria sì bella e perduta!
Oh membranza sì cara e fatal!
Arpa d'or dei fatidici vati,
Perché muta dal salice pendi?
Le memorie nel petto raccendi,
Ci favella del tempo che fu!
O simile di Solima ai fati
Traggi un suono di crudo lamento,
O t'ispiri il Signore un concento
Che ne infonda al patire virtù!


SCENA V
Zaccaria e detti

ZACCARIA
Oh chi piange? di femmine imbelli
chi solleva lamenti all'Eterno?
Oh sorgete, angosciati fratelli,
sul mio labbro favella il Signor!
Del futuro nel bujo discerno...
ecco rotta l'indegna catena!...
Piomba già sulla perfida arena
del leone di Giuda il furor!

EBREI
Oh futuro!

ZACCARIA
A posare sui crani, sull'ossa
qui verranno le jene, i serpenti,
fra la polve dall'aure commossa
un silenzio fatal regnerà!
Solo il gufo suoi tristi lamenti
spiegherà quando viene la sera...
niuna pietra ove sorse l'altiera
Babilonia allo stranio dirà!

EBREI
Oh qual foco nel veglio balena!
Sul suo labbro favella il Signor!
Sì, fia rotta l'indegna catena,
già si scuote di Giuda il valor!

ZACCARIA
Niuna pietra ecc.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|