オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第四部 - 壊れた偶像

バール神は混乱し その偶像は
粉々に砕け散った
エレミヤ書48章

第1場
第二部と同じ宮殿の一室
ナブッコは椅子に座っているし深い眠りに落ちている


【ナブッコ】
[あえぎながら目を覚ます]
まだわしの手足はあるな!...ああ! 森の中を
喘ぎながら駆けていたのではなかったか
まるで追われる野獣のように?
ああそれは夢だった...恐ろしい夢!
[外で歓呼]
聞くがいい
戦いの雄叫びを!...ああ、わが剣よ!
わが駿馬は戦いを待ち望んでいる
乙女たちがダンスを待ち望むように!
おおわが戦士たちよ!...シオンの
至高の都市が、見よ、そびえ立つ...
あれをわれらのものとし 灰燼に帰すのだ!

【声】
[舞台裏から]
フェネーナ!

【ナブッコ】
ああわしに忠実な者どもが呼んでおるぞ
娘の名を!あれじゃ!彼女は連れられて行く
兵士たちの列の間を!
[窓の外を見ている]
ああ... これは夢か?
なぜ手が鎖に繋がれておるのじゃ?...
泣いておるぞ!...

【声】
[舞台裏から]
フェネーナに死を!

雷鳴と稲妻 ナブッコの表情が別人のようになり 扉へと駆け寄る 鍵がかけられているのに気付いて叫ぶ

【ナブッコ】
ああ、わしは囚人なのじゃ!
[回廊に戻るが、彼の目は道の上にじっと注がれる、それから額に触れると叫ぶ]
ヘブライ人の神よ、わしを許せ!
[ひざまずく]
ユダの神よ...祭壇も、神殿も
御身に捧げられしものはまた元に戻りましょう...
ああ、わしからこの巨大な苦しみを取り去り給え
その時 わしは自分の祭壇を打ち壊そう
聞き給え!...この不信心な
病んだ心にも灯ったのだ!
真の神、全能なお方
わしも永遠に信仰致しましょうぞ
[立ち上がると激しくドアをこじ開けようとする]
死の扉よ、おお開くのだ!...


第2場
アブダッロ バビロニアの兵士たち 前場の登場人物

【アブダッロ】
陛下
どこに行かれようとされる?

【ナブッコ】
好きにさせてくれ...

【アブダッロ】
あなた様は出て行かれたいのですか
あなた様の心の病を皆の者に侮辱させるために?

【兵士たち】
おお ここで我々は皆 あなた様をお守りしております!

【ナブッコ】
[アブダッロに]
何を言っておる?...この心は
もはや失われてはおらぬ... アブダッロ 剣じゃ
わが剣を...

【アブダッロ】
[驚き 喜んで]
王座を奪い返すために
さあこれを、王様!...

【ナブッコ】
わしはフェネーナを救いたいのじゃ

【アブダッロ 兵士たち】
倒されましょう 倒されましょう 悪しき者どもは
イナゴのように 大地の上に!
あなた様によってわれらは再び輝くのを見るのです
アッシリアの上に太陽が!

【ナブッコ】
わが勇敢な兵士たちよ、わしに従え
この日に心は開かれたのじゃ
常にない炎が燃えておるぞ
アッシリアの王にわしは戻るのだ!
この剣は閃光を発し
悪しき者どもは大地に倒れるであろう
皆 見るであろう 輝くのを
わが王冠に太陽の

【アブダッロ 兵士たち】
...われらは再び輝くのを見るのです...


第3場
第3部と同じ空中庭園
ザッカーリア アンナ フェネーナ バールの神官 賢者たち ヘブライ人たち 衛兵たち 民衆
バールの神官は神殿の柱廊の下の生贄の祭壇のそばに斧を手にした二人の処刑執行人と共に立っている。暗くて陰気な音楽がフェネーナと死刑を宣告されたヘブライ人たちの到着を告げる。フェネーナは衛兵と賢者たちに囲まれて歩み出て行く。舞台の真ん中に着くと彼女はザッカーリアの前で立ち止まり、ひざまずく



【ザッカーリア】
さあ殉教の印のシュロの枝を手に
行きなされ 勝利の道を 乙女よ
あまりにも長い亡命生活から
あなたの故郷の天国へと! ...急いで!

【フェネーナ】
ああ天が開かれます!
主のもとへとこの魂は焦がれてゆく...
私に微笑んで下さって、何百の、何百の
永遠の喜びを私にお示し下さいます!
おお 星たちの輝きよ、お別れです!
私を光で神は照らして下さる!
もう この脆い、おもりとなった肉体より
魂は飛び出し 天へと飛んで行こうとしています!

【声】
[舞台裏から]
万歳 ナブッコ様!

【全員】
あの叫びは何だ!

【声】
[舞台裏から]
万歳 ナブッコ様!

【ザッカーリア】
儀式が行われるぞ!

第4場
剣を抜いてナブッコが駆け込んでくる、兵士たちとアブダッロが続く

【ナブッコ】
不敬な者ども 止めるのじゃ! あの忌わしき偶像を
兵士たちよ 打ち砕いて大地に叩きつけよ

偶像は自然に倒れて砕け散る

【全員】
神の奇跡だ!

【ナブッコ】
ああ、イスラエルよ 戻れ
喜びに満ちた故郷の地へと!
お前の新しい神の神殿よ立ち上がれ...
この神だけが偉大なり、そして強大なり!
この邪悪な暴君を神は狂わせたが
悔い改めた王の胸には平安を与え給うたのだ...
アビガイッレの心を掻き乱し給いて
かの悪しき女は自ら毒をあおった!
この神だけが偉大なり、そして強大なり!
娘よ、地に伏して神を讃えようぞ

【全員】
[ひざまずいて]
全能なるエホヴァよ
御身を感じぬ者があろうか?
ただの塵でない者があろうか
御身の前で?
御身が虹を架けられ給うか?...
すべては喜びである
御身が稲妻を走らせ給うか?...
逃れられる者はもはやない

彼らは立ち上がる


最終場
アビガイッレ ふたりの兵士に支えられて登場

【ナブッコ】
ああ!誰をわしは見ているのじゃ?

【全員】
哀れな女が
なぜ今ここに?

【アビガイッレ】
[フェネーナに]
私に...死んでゆく...生気のない私に...
与えてください...あなたの許しを!
フェネーナ!私は罪を犯しました...
罰を受けました...それは当然のこと!
[イズマエーレに]
来て!...
[ナブッコに]
二人の愛をお許しください...
あなたに彼らの望みをお任せ致します!...
ああ...誰が取り除いてくれるのでしょう この鉄のような
私の罪のとてつもない重さを!
[ヘブライ人たちに]
ああ!あなたたちは言いましたね、人々よ
神は苦しむ者を救い給うと
御身を呼び求めます...あなたたちの神を..私は崇拝しましょう...
私を呪わないでください...

【ヘブライ人たち】
神は救い給う...

【アビガイッレ】
私を呪わないでください......

倒れて死ぬ

【全員】
倒れたぞ!

【ザッカーリア】
[ナブッコに]
エホヴァに仕える者は
王の中の王になろう!...
PARTE QUARTA - L'idolo infranto

Bel è confuso: i suoi idoli
sono rotti in pezzi.
Geremia XLVIII

SCENA I
Appartamento nella Reggia, come nella Parte seconda
Nabucco è seduto sovra un sedile, e trovasi immerso in profondo sopore

NABUCCO
svegliandosi tutto ansante
Son pur queste mie membra!... Ah! fra leselve
non scorrea anelando
quasi fiera inseguita?
Ah sogno ei fu...terribil sogno!
Applausi al di fuori
Or ecco,
il grido di guerra!... Oh, la mia spada!
Il mio destrier, che alle battaglie anela
quasi fanciulla a danze!
Oh prodi miei!... Sonne,
la superba cittade, ecco, torreggia...
sia nostra, cada in cenere!

VOCI
di dentro
Fenena!

NABUCCO
Oh sulle labbra de' miei fidi il nome
della figlia risuona! Ecco! Ella scorre
tra le file guerriere!
S'affaccia alla finestra
Ohimè!... traveggo?
Perché le mani di catene ha cinte?...
Piange!...

VOCI
di dentro
Fenena a morte!

Tuoni e lampi.Il volto di Nabucco prende un'altra espressione; corre alla porta e, trovatala chiusa, grida:

NABUCCO
Ah, prigioniero io sono!
Ritorna alla loggia, tiene lo sguardo fisso verso la pubblica via, indi si tocca la fronte ed esclama:
Dio degli Ebrei, perdono!
S'inginocchia
Dio di Giuda!...l'ara, il tempio
a Te sacro, sorgeranno...
Deh mi togli a tanto affanno
e i miei riti struggerò.
Tu m'ascolti!... Già dell'empio
rischiarata è l'egra mente!
Dio verace, onnipossente,
adorarti ognor saprò.
Si alza e va ad aprire con violenza la porta
Porta fatal, oh t'aprirai!...


SCENA II
Abdallo, Guerrieri babilonesi, e detto

ABDALLO
Signore,
ove corri?

NABUCCO
Mi lascia...

ABDALLO
Uscir tu brami
perché insulti ognun alla tua mente offesa?

GUERRIERI
Oh noi tutti qui siamo in tua difesa!

NABUCCO
ad Abdallo
Che parli tu?... La mente
or più non è smarrita... Abdallo, il brando,
il brando tuo...

ABDALLO
sorpreso e con gioia
Per conquistare il soglio
eccolo, o re!...

NABUCCO
Salvar Fenena io voglio.

ABDALLO e GUERRIERI
Cadran, cadranno i perfidi
come locuste al suolo!
Per te vedrem rifulgere
sovra l'Assiria il sol!

NABUCCO
O prodi miei, seguitemi,
s'apre alla mente il giorno;
ardo di fiamma insolita,
re dell'Assiria io torno!
di questo brando al fulmine
cadranno gli empi al suolo;
tutto vedrem rifulgere
di mia corona al sol.

ABDALLO e GUERRIERI
...vedrem rifulgere ecc.


SCENA III
Orti pensili, come nella Parte terza
Zaccaria, Anna, Fenena, il Sacerdote di Belo, Magi, Ebrei, Guardie, Popolo
Il Sacerdote di Belo è sotto il peristilio del tempio presso un'ara espiatoria ai lati della quale stanno in piedi due sacrificatori armati di asce. Una musica cupa e lugubre annuncia l'arrivo di Fenena e degli Ebrei condannati a morte; Fenena s'inoltra circondata dalle Guardie e dai Magi. Giunta nel mezzo della scena, si ferma e si inginocchia davanti a Zaccaria

ZACCARIA
Va': la palma del martirio,
va', conquista, o giovinetta;
troppo lungo fu l'esiglio;
è tua patria il ciel! ... t'affretta!

FENENA
Oh dischiuso è il firmamento!
Al Signor lo spirto anela...
Ei m'arride, e cento e cento
gaudi eterni a me disvela!
O splendor degl'astri, addio!
Me di luce irradia Iddio!
Già dal fral, che qui ne impiomba,
fugge l'alma e vola al ciel!

VOCI
di dentro
Viva Nabucco!

TUTTI
Qual grido è questo!

VOCI
di dentro
Viva Nabucco!

ZACCARIA
Si compia il rito!

SCENA IV
Nabucco, accorrendo con spada sguainata, seguìto da Guerrieri e da Abdallo

NABUCCO
Empi, fermate! L'idol funesto,
guerrier, frangete qual polve al suol.

L'idolo cade infranto da sé

TUTTI
Divin prodigio!

NABUCCO
Ah torna Israello,
torna alle gioie del patrio suol!
Sorga al tuo Nume tempio novello...
Ei solo è grande, è forte Ei sol!
L'empio tiranno Ei fe' demente,
del re pentito diè pace al sen...
d'Abigaille turbò la mente,
sì che l'iniqua bebbe il veleno!
Ei solo è grande, è forte Ei sol!...
Figlia, adoriamlo prostrati al suol.

TUTTI
inginocchiati
Immenso Jehovah,
chi non ti sente?
chi non è polvere
innanzi a te?
Tu spandi un'iride?...
Tutto è ridente.
Tu vibri il fulmine?...
L'uom più non è.

Si alzano


SCENA ULTIMA
Entra Abigaille sorretta da due Guerrieri

NABUCCO
Oh! chi vegg'io?

TUTTI
La misera
a che si tragge or qui?

ABIGAILLE
a Fenena
Su me... morente... esanime...
discenda... il tuo perdono!
Fenena! io fui colpevole...
Punita... or ben ne sono!
ad Ismaele
Vieni!...
a Nabucco
costor s'amavano...
fidan lor speme in te!...
Or... chi mi toglie al ferreo
pondo del mio delitto!
agli Ebrei
Ah! tu dicesti, o popolo:
"Solleva Iddio l'afflitto".
Te chiamo... te Dio... te venero...
non maledire a me...

EBREI
"Solleva Iddio..."

ABIGAILLE
...non maledire a me...

Cade e muore

TUTTI
Cadde!

ZACCARIA
a Nabucco
Servendo a Jehovah,
sarai de' regi il re!...


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|