オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





<<第1幕>>

物語はスコットランド王の宮廷で起こる。

<第1場>
王宮の居室。
鏡の前で着飾っているジネヴラ。
ダリンダ、小姓と侍女達。

Cavatina

GINEVRA
愛らしさと色気と明るさで
私があの人の目に
もっと美しく映りますように。
(彼女が鏡から立ち上がると、小姓と侍女達出て行く)

Recitativo

DALINDA
つまり王女、恋してらっしゃるのね?

GINEVRA
私の心は恋する思いをかき立てる
気高い炎で燃えているわ。

DALINDA
王であるお父様は
それを認めていらして?

GINEVRA
むしろ御推奨よ。

DALINDA
お愛し続けなさいな、心ゆくまで。
(出て行こうとする)


<第2場>
ジネヴラ、ポリネッソ、戻って来たダリンダ。

POLINESSO
ジネヴラ?

GINEVRA
まあ、厚かましい!ちょっとダリンダ!

POLINESSO
あなたの美しい瞳から離れていると
私は生きた心地がしない。
だから許してください、もしあなたに・・・

GINEVRA
公爵、今までだってあなたに会うのが
迷惑だったのに
愛を告白した今は もっと迷惑よ。

Aria

GINEVRA
ティシフォネ(復讐の女神)だって
あなたほど私の目に
おぞましく映らないわ。
私達をからかう愛の神は
あなたには燃える心を
私には氷の心を与えたのね。
(出て行く)


<第3場>
ポリネッソとダリンダ。

Recitativo

POLINESSO
高慢ちきな美女め!

DALINDA
公爵様、努力しても無駄ですわ・・・
彼女は諦めるのです、だってアリオダンテが・・・

POLINESSO
…そいつがオレのライバルか?

DALINDA
いえもう二人は相思相愛で。

POLINESSO
おやじは何と言ってるんだ?

DALINDA
王も二人の仲を認めていますわ。
もう公爵様に勝ち目はないでしょう?
(愛情を込めて彼を見つめながら)

Aria

DALINDA
瞳を開いて
他の人の秘めた思いに気づいてください。
あなたに恋焦がれている人がいるのに
まだあなたは気づいていない。
口には出さずとも
かすかな溜息で
彼女はあなたに知らせる
ああ!この胸に燃える美しい炎を。
(出て行く)

<第4場>
ポリネッソ、ひとりで。

Recitativo

POLINESSO
オレの望みよ、どうする?
こうしてお前は私オレを捨てるのか?
いや、やるんだポリネッソ!
ダリンダが貴様に愛を告白したじゃないか。
ライバルを王座から蹴落とすために
大芝居を打ってやるぜ。

Aria

POLINESSO
ボロをまとった策略は
役立たずの
嫌われものだ。
それはごまかしと言う。
だがもしより美しく
着飾ろうものなら
男らしく上手くやったと
褒められる。
(出て行く)


<第5場>
王宮の庭。
アリオダンテ、後にジネヴラ。

Cavatina

ARIODANTE
ここでは小川も芝もブナの木も
彼らの言葉で
恋する私に愛を語っている。

Recitativo

ARIODANTE
私は永遠に君を愛する、私の大切な人よ。
(ジネヴラが現れる)

GINEVRA
永遠に変わらぬ心を・・・私もあなたにそう言うわ。

ARIODANTE
君は私の君主、私はその奴隷だ。

GINEVRA
アリオダンテ
愛の神のおかげで
恋する魂は もう君主ではないわ。
そして心を支配する人は奴隷ではない。

ARIODANTE
びっくりして ちょっと信じられないが。

GINEVRA
じゃあ私の右手を
あなたへの愛の証に。

Duetto

GINEVRA E ARIODANTE
この手を取って(取ります)
私の忠誠の証(褒美)です。

過酷な運命の
手ひどい仕打ちも
私の中のこんなにも甘美な情熱を
消すことはできないでしょう。

(手を差し伸べながら一緒に歌っていると、王が二人の間に入って、アリオダンテと娘の手を取る)



<第6場>
アリオダンテ、ジネヴラ、王、オドアルド、そして衛兵。

Recitativo

RE(王)
うろたえることはないぞ
美しい恋する魂達よ!

GINEVRA
お父様!

ARIODANTE
我が王!

RE
静かに!
満ち足りたお前達の仲間に
わしも入れてくれないかね。
(ジネヴラに)
お前は我が人生と
心の一部なのだから。
(アリオダンテに)
そして君はもう一方の・・・

ARIODANTE
(ひざまづいて)
王たるあなたの御もとに・・・

RE
立つのじゃ、愛するアリオダンテよ。
わしもこの歳になると
娘のことや王国の将来を考えねばならぬ。
お前以外に花婿として王として相応しい者が
思い浮かばないのじゃ。

GINEVRA
神よ!大きな喜びを・・・

ARIODANTE
素晴らしい未来を・・・

GINEVRA
…この心が保ち続けるなら・・・

ARIODANTE
…この心が受け入れるなら・・・

ARIODANTE E GINEVRA
…これは愛の奇跡というもの。

RE
さあ娘よ行くのじゃ、近づく婚礼に備えて。
お前の心にはさらなる満足を
その顔にはよりたくさんの装飾品を
その髪にはより多くの宝石を。

Aria

GINEVRA
飛べ、愛の神達よ
大いに喜ぶ二つの美しい心を
祝福するために!
あまりの嬉しさに
言葉もないほど
ただただ喜びがほとばしる。
(出て行く)


<第7場>
アリオダンテ、王、オドアルド、衛兵。

Recitativo

RE
すぐに行け、オドアルド、祝賀の準備だ。
そして高貴な婚礼で
明日が幸せと喜びの日になるように。

ODOARDO
そしてこの王宮、王国、世界が喜びで満ちるように。
(出て行く)

RE
そしてお前、ジネヴラと同じく
愛するアリオダンテよ
王の手からこの贈り物を受けるがよい。
我が身と娘と王座以上のものを
わしはそなたに与えることはできない。

Aria

RE
ラッパの音と共に
この喜びを広めるため
この知らせが世界中に伝わるように。
運命はこれ以上喜ばしい日を
送り届けることはできないと
天がほがらかに鳴り響く。
(出て行く)


<第8場>
アリオダンテ、ひとりで。

Recitativo

ARIODANTE
おお、幸せな私の心よ!
幾多の苦しみを経た後
ついに満足を得る時が来たのだ。

Aria

ARIODANTE
変わらぬ愛の翼で
愛の神は空を舞い
信頼と希望を
心の中で勝利させる。
もう辛い運命を
恐れる必要はなく
それどころか 美しい大切な人と一緒なら
いつも心は喜びに満ちるのだ。
(出て行く)


<第9場>
ポリネッソ、ダリンダと一緒に話しながら入って来る。

Recitativo

POLINESSO
お前の魅力は分かっているぜ、愛するダリンダ。
で、お前の力を借りて
意に沿わぬ「くびき」を振り落とし
ジネヴラと彼女の結婚と王国を
茶番にかけてあざ笑ってやりたいのさ。

DALINDA
(何ですって?ああ、幸せ!)
あなたの指図なら、公爵様・・・

POLINESSO
そうか、では今夜
ジネヴラが眠ったら
あいつの服を着て
上から下まであいつそっくりに装い
髪型もあいつのように整えて・・・

DALINDA
それから?

POLINESSO
王宮の庭の
隠しドアから
ジネヴラの振りをして
あの女の部屋へオレを入れろ。

DALINDA
でも私の貞節は?

POLINESSO
オレは高貴な女性に相応しい扱いを
心得ているさ。
これでまだ決心はつかないのか?

DALINDA
愛の力よ!
愛する人を拒むなんてできないわ。

POLINESSO
そうしたらオレの心は全てお前のものだ。

Aria

POLINESSO
美しい瞳よ、そうだお前が
今日オレの傷口を癒すのを期待しているぞ。
そしてオレの心からの愛情を捧げよう。
愛らしい眼(まなこ)よ!
(出て行く)


<第10場>
ダリンダとルルカニオ。

Recitativo

LURCANIO
ダリンダ、もう日は西に沈んだが
君の美しい瞳には より輝く太陽が昇り
私達を照らしている。

DALINDA
まあ、私をからかって。

LURCANIO
君は私が望む唯一の女性だ。

DALINDA
でも私はあなたのためでは・・・

LURCANIO
君は私の憧れなんだ。

DALINDA
もっと素晴らしいものに あなたの情熱を捧げて。
(出て行く)

Aria

LURCANIO
我が太陽の愛らしい光が
今私から消えていく。
一体なぜ?
その光がなければ私は生きていけない。
そこから発する情熱は
私の心に生気を与え
私に火を付け 今も燃え
私が死ぬまで燃え続けるだろう。
(出て行く)


<第11場>
ダリンダ、ひとりで。

Recitativo

DALINDA
ああ、この恋する心は
他の人への炎で燃えているのよ。
そしてずっと永久に変わらないわ。

Aria

DALINDA
初めての愛の炎は
この心にとてもいとおしいから
恋する魂は
それを消そうとはしないわ。
私は心変わりしないし
決してつれなくすることもないわ。
この心は永遠に
彼を思うの。
(出て行く)


<第12場>
魅惑的な渓谷。
アリオダンテ、辺りの美しさに見とれながら。

Recitativo

ARIODANTE
どこもかしこも
喜びに心弾んでいるようだ。


<第12場>
ジネヴラとアリオダンテ。

Recitativo

GINEVRA
どんな幸運の星が
私をあなたに導くのかしら、愛する人?

ARIODANTE
君がその星なんだよ。

GINEVRA
心穏やかに、あなた。
もう私達のゴールはすぐそこよ。
私達の幸せな婚礼が明日を彩るでしょう。

ARIODANTE
ここで幸せに暮らしている
優美なニンフ達、恋する羊飼いの娘達よ。
踊りと歌で
私達の喜びを祝福しておくれ。

Sinfonia.

Duetto

GINEVRA E ARIODANTE
私の心に
この上なき喜びと希望が芽吹くなら
それは忠実な愛のたまもの。

移り気な愛しか知らぬ者は
本当の喜びや幸福を
手にする望みはないのだ。

(合唱)

CORO
美しい魂達よ、忠実な恋人達よ
お前達の愛を大いに楽しみなさい。
それは心に至福をもたらす。

GINEVRA E ARIODANTE
私の心に
この上なき喜びと希望が芽吹くなら
それは忠実な愛のたまもの。

CORO, GINEVRA E ARIODANTE
皆が 歓喜するお前達の
変わらぬ愛と希望に
倣おうと努めるように。

Ballo
Ninfe, Pastori e Pastorelle.

Gavotte
Musette I: Lentement
Musette II: Andante
Allegro

Coro

CORO, GINEVRA E ARIODANTE
皆が 歓喜するお前達の
変わらぬ愛と希望に
倣おうと努めるように。
ATTO PRIMO

L'azione si svolge presso la corte del Re di Scozia

SCENA I°
Gabinetto Reale
Ginevra allo specchio in atto di acconciarsi.
Dalinda, paggi e damigelle.

Cavatina

GINEVRA
Vezzi, lusinghe, e brio
rendano il volto mio
più vago al mio tesor.
S’alza sullo specchio, e li Paggi, e le Damigelle partono.

Recitativo

DALINDA
Ami dunque, o signora?

GINEVRA
Avvampa il core
di nobil fiamma, che vi accese amore.

DALINDA
Il Re tuo genitore,
l’approva?

GINEVRA
Anzi il fomenta.

DALINDA
Segui ad amar, fa’ l’alma tua contenta.
in atto partire


SCENA II°
Ginevra, Polinesso e Dalinda, che ritorna.

POLINESSO
Ginevra?

GINEVRA
Tanto ardire? Olà Dalinda!

POLINESSO
Lungi da’ tuoi bei rai
viver non può il mio cor; quindi perdona
se a te…

GINEVRA
Duca, se mai
fosti noioso oggetto a gli occhi miei,
or che amante ti scopri, or più lo sei.

Aria

GINEVRA
Orrida a gl’occhi miei,
quanto, signor, tu sei
Tesifone non è.
Amor, di noi per gioco,
il core a te di foco
di gelo fece a me.
Parte.


SCENA III°
Polinesso e Dalinda.

Recitativo

POLINESSO
Orgogliosa beltade!

DALINDA
Signore, in vano tenti…
lascia d’amarla. Io credo che Ariodante…

POLINESSO
…è mio rival?

DALINDA
Anzi gradito amante.

POLINESSO
E il genitor?

DALINDA
Approva
gli affetti lor, e che sperar tu puoi?
Guardandolo teneramente

Aria

DALINDA
Apri le luci, e mira
gli ascosi altrui martiri:
v’è chi per te sospira,
e non l’intendi ancor.
E in tacita favella
col fumo de’ sospiri,
ti scopre, oh Dei! la bella
fiamma, che le arde il sen.
Parte.

SCENA IV°
Polinesso solo.

Recitativo

POLINESSO
Mie speranze, che fate?
Cosi mi abbandonate?
No. Fa’ cuor, Polinesso!
Giacché Dalinda a te si scopre amante,
alziam mole d’ingegno,
per atterrar il mio rivale al regno.

Aria

POLINESSO
Coperta la frode
di lana servile,
si fugge, e detesta,
e inganno s’appella.
Si chiama con lode
prudenza virile
s’avvien che si vesta
di spoglia più bella.
Parte.


SCENA V°
Giardino reale.
Ariodante, poi Ginevra.

Cavatina

ARIODANTE
Qui d’amor nel suo linguaggio
parla il rio, l’erbetta, e ‘l faggio
al mio core innamorato.

Recitativo

ARIODANTE
T’amerò dunque sempre, idolo mio.
Ginevra le si presenta

GINEVRA
Alma costante pur, ti dico anch’io.

ARIODANTE
Tu sovrana, io vassallo!

GINEVRA
Ariodante,
mercè del Nume Arciero
più sovrana non è quest’alma amante;
servo non è, chi ha del mio cor l’impero.

ARIODANTE
Quasi attonita l’alma ancor nol crede.

GINEVRA
Dunque la destra mia,
di cio che t’offre amor pegno ti sia.

Duetto

GINEVRA E ARIODANTE
Prendi (prendo) da questa mano
il pegno (il premio) di mia fé.

Del fato più inumano
il barbaro rigore,
mai così bell’ardore
estinguer possa in me.

Mentre replicano il Duetto, porgendosi la mano, il Re entra nel mezzo, e prende la mano di Ariodante e della figlia.


SCENA VI°
Ariodante, Ginevra, Re, Odoardo e guardie


Recitativo

RE
Non vi turbate,
bell’ alme innamorate!

GINEVRA
Padre!

ARIODANTE
Mio Re!

RE
Tacete!
e dei vostri contenti
me a parte ancor prendete,
a Ginevra
che della vita, e degli spirti miei
una parte sei tu;
ad Ariodante
l’altra tu sei.

ARIODANTE
in atto di inginocchiarsi
Alle tue reggie piante …

RE
Sorgi, amato Ariodante;
in questa età degg’ io,
alla figlia pensar, pensar al regno,
né s’offre al pensier mio
di te più degno sposo, e Re più degno.

GINEVRA
A tanta gioia, oh Dei!

ARIODANTE
A tanta sorte…

GINEVRA
…Se resiste il cor mio…

ARIODANTE
…Se il cor non muore…

ARIODANTE E GINEVRA
…È prodigio d’amore.

RE
Or va’ figlia, comparti
per le nozze vicine
più contenti al al tuo core,
più vezzi al volto tuo, più gemme al crine.

Aria

GINEVRA
Volate, amori,
di due bei cori
la gioia immensa a celebrar!
Il gaudio è tanto,
che come è quanto,
dir non saprei debba esultar.
Parte.


SCENA VII°
Ariodante, Il Re, Odoardo e guardie.

Recitativo

RE
Vanne pronto, Odoardo,
le pompe a preparar; e il novo giorno
sia coll’ alto Imeneo lieto e giocondo.

ODOARDO
E goda questa reggia, il regno, il mondo.
parte

RE
E tu al par di Ginevra,
amato Ariodante,
dalla man del tuo Re gradisci il dono;
più darti non poss’io,
se me stesso ti dò, la figlia, e il trono.

Aria

RE
Voli colla sua tromba
la fama in tutto il mondo
le gioie a pubblicar!
Il ciel lieto rimbomba,
che giorno più giocondo
sorte non può mandar.
Parte.


SCENA VIII°
Ariodante solo.

Recitativo

ARIODANTE
Oh, felice mio core!
dopo tanti tormenti
pur giungesti alla sfera dei contenti.

Aria

ARIODANTE
Con l’ali di costanza
alza il suo volo Amor,
fa trionfar nel cor,
fede, e speranza.
Non devo più temere
di sorte il rio tenor,
ma col mio bel tesor,
sempre godere.
Parte.


SCENA IX°
Polinesso e Dalinda, parlando assieme.

Recitativo

POLINESSO
Conosco il merto tuo cara Dalinda,
e col tuo mezzo io voglio
scuotere il giogo indegno,
render scherni a’ disprezzi
lasciar Ginevra, e le sue nozze, e il regno.

DALINDA
(Che sento? oh me felice!)
Al tuo cenno, Signor…

POLINESSO
Si in questa notte
quando dorme Ginevra,
ti adorna di sue vesti,
cerca imitarla in tutto,
disponi come lei le chiome….

DALINDA
E poi?

POLINESSO
Per la segreta porta
del reale giardino
nelle sue stanze m’introduci, e fingi
di Ginevra il sembiante.

DALINDA
Ma il mio onor?

POLINESSO
So il rispetto
che si conviene a nobile donzella.
E non risolvi ancor?

DALINDA
Forza d’amore!
nulla si può negar a chi s’adora.

POLINESSO
Tutto sarà per te poscia il mio core.

Aria

POLINESSO
Spero per voi, sì, sì
begli occhi in questo dì sanar mie piaghe.
E a voi sacrar voglio
gli affetti del cor mio, pupille vaghe!
Parte.


SCENA X°
Dalinda e Lurcanio.

Recitativo

LURCANIO
Dalinda, in occidente
già cade il sole, e ne’ bei lumi tuoi
un sol più chiaro ecco ne spunta a noi.

DALINDA
Signor, meco tu scherzi.

LURCANIO
Sei la mia sola speme.

DALINDA
Non son per te, Signor…

LURCANIO
Sei l’idol mio.

DALINDA
Ergi a scopo maggiore il tuo desio.
Parte

Aria

LURCANIO
Del mio sol vezzosi rai
v’ascondete ora da me;
ma perchè?
Senza voi viver non so.
Quell’ardor, che da voi scese,
che m’accese, e m’arde ancora,
e arderà per sin ch’io mora
quel la vita al cor donò.
Parte.


SCENA XI°
Dalinda sola.

Recitativo

DALINDA
Ah! che quest’alma amante
arde per altro foco,
e in eterno sarà sempre costante.

Aria

DALINDA
Il primo ardor
è così caro a questo cor,
che estinguerlo non vuol
quest’alma amante.
Io son fedel,
né mai crudel,
e sempre a lui sarà
il cor costante.
Parte.


SCENA XII°
Valle deliziosa.
Ariodante, ammirando la bellezza del loco.

Recitativo

ARIODANTE
Pare, ovunque mi aggiri,
che incontri il gaudio e ‘l brio.


SCENA XIII°
Ginevra e Ariodante.

Recitativo

GINEVRA
E qual propizia stella
mi guida a te, mio ben?

ARIODANTE
Tu sol sei quella.

GINEVRA
Consolati, mio caro;
già siam vicini al porto, e il novo giorno
del bel nostro Imeneo ne anderà adorno.

ARIODANTE
Felici abitator di questo suolo,
Ninfe leggiadre, e amanti pastorelle,
le nostre gioie intanto
venite a celebrar col ballo, e il canto.

Sinfonia.

Duetto

GINEVRA E ARIODANTE
Se rinasce nel mio cor,
bella gioia, bella speme,
la produce un fido amor.

Chi non sa costante amar,
vero gaudio, vero bene
non isperi di trovar.

Coro

CORO
Si godete al vostro amor,
alme belle, fidi amanti,
questo fa beato il cor.

GINEVRA E ARIODANTE
Se rinasce nel mio cor,
bella gioia, bella speme,
la produce un fido amor.

CORO, GINEVRA E ARIODANTE
Cerchi ognuno d’imitar
la costanza, la speranza
che vi fa lieti esultar.

Ballo
Ninfe, Pastori e Pastorelle.

Gavotte
Musette I: Lentement
Musette II: Andante
Allegro

Coro

CORO, GINEVRA E ARIODANTE
Cerchi ognuno d’imitar
la costanza, la speranza
che vi fa lieti esultar.


Creative Commons License
To the extent possible under law,
REIKO & KOH have waived all copyright
and related or neighboring rights
to the Japanese text above.
This work is published from Japan.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|