オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第三幕 - ジプシー女の息子

<第1場>
野営地。右手にはルーナ伯爵の大テント、司令部の印の旗が翻っており、遠く彼方にはカステロールの城が聳えている。あたり一面に武装した兵士たち、ある者は賭けごとをし、またある者は武器の手入れを、別の者たちはぶらぶら歩き回っている、そこへ伯爵のテントからフェランドが出てくる

【数人の兵士たち】
今は他愛ないサイコロ遊び、だがすぐに
全く別の勝負を楽しませて貰うことになるぞ

【他の者たち】
血が拭き取られたこの剣も
またすぐに血まみれになるぞ!

(大勢の射手の一団が戦場を通り過ぎる)

【数人の兵士たち】
頼んでいた援軍だ!

【他の者たち】
勇敢そうに見えるぞ!

【全員】
これ以上攻撃を遅らせまいぞ
カステロールへの攻撃を延ばすことはできぬ

【フェランド】
いかにも、勇敢な仲間たちよ
我らが司令官は心に決めておられる あの要塞を
明日、四方より攻撃することを
そこには豊かな戦利品が
望む以上のものが 眠っているだろう
勝利せよ、さすればそれは我らのもの

【全員】
その言葉に胸が高鳴るぞ!
鳴れ 響け 進軍のラッパよ
武器を取れ
戦闘だ、攻撃だ
明日には我が軍の旗が
あの塔のてっぺんに翻る
かつてこれほどに勝利がほほ笑んでくれたことはない
今我らが希望に胸ふくらませているほどには!
褒賞が我らを待っている。栄光が
たくさんの富が そして栄誉が!

(散らばって行く)


<第2場>
伯爵
テントより出てきて厳しい眼差しをカステロールに向ける

【伯爵】
恋敵の腕の中にあの人が!そんな考えが
責め苦をもたらす悪魔のようにどこまでも
私につきまとうのだ!...恋敵の腕の中に!...だが私は行くぞ
もうすぐ夜明けが来れば
私はお前たちを引き離しに行くのだ...おおレオノーラよ!

(騒ぎが聞こえる)


<第3場>
フェランドと前場の登場人物

【伯爵】
何があったのだ?

【フェランド】
この陣営の近くを
ひとりのジプシーの女がうろついていて 
わが軍の斥候から
驚いて逃げ出したものですから、当然の疑念として
敵の間者ではないかと
女の後を追ったのでございます

【伯爵】
追いついたか?

【フェランド】
捕らえてございます

【伯爵】
見たことがあるか
その女を お前は?

【フェランド】
いえ、
警備隊長から
報告を受けただけですので

【伯爵】
やってきたな

(騒ぎは近づいてくる)


<第4場>
前場の登場人物、斥候によって両手を縛られて連れてこられるアズチェーナ、他の兵士たちの一群

【斥候たち】
歩け、魔女め、歩け

【アズチェーナ】
助けとくれ!...放しとくれ...おお手荒だね
あたしが一体何をしたって言うんだい?

【伯爵】
こちらに連れてこい
(アズチェーナは伯爵の前に引き出される)
聞きたいことがある
正直に答えよ!

【アズチェーナ】
なんだってんだい!

【伯爵】
どこへ行こうとした?

【アズチェーナ】
知らないね

【伯爵】
何だと?

【アズチェーナ】
ジプシーの習いさ
あてどなく歩くのは
放浪の歩みをね
家の屋根は大空だし
世界中が故郷なのさ

【伯爵】
ではどこから来たのだ?

【アズチェーナ】
ビスカヤからさ これまであそこの
あの禿げ山を住み家にしてたからね!

【伯爵】
(ビスカヤからだと!)

【フェランド】
(何だと!...おお何たる疑念か!)

【アズチェーナ】
貧しい暮らしをしてたけど
あたしは満足していたよ
たったひとつの希望の息子がいたからね
でもあたしを置いていった!...あたしを忘れてね、恩知らずめ!
見捨てられたあたしはさまよい歩いてるんだ
息子を探しながら
その子のおかげで あたしはこの心に
恐ろしい苦しみを味わって来たんだけどね!...
だけど深い愛情も感じてるのさ
この世のどんな母親も感じたことがない程の!

【フェランド】
(こやつの顔は!)

【伯爵】
教えてくれ
長い間その山の中に住んでいたのか?

【アズチェーナ】
長い間ね、そうさ

【伯爵】
では覚えてはおらぬか
ひとりの男児、この伯爵家の子息が
城より誘拐されて
十五年ほど前であろうか、あそこへ連れて行かれたのを?

【アズチェーナ】
あんたは...言っとくれ...あんたは誰なんだい?...

【伯爵】
誘拐された子供の兄だ

【アズチェーナ】
(ああ!)

【フェランド】
アズチェーナの隠し切れない恐怖に感づいて
(違いない!)

【伯爵】
では聞いたことは
なかったというのか その話を?

【アズチェーナ】
あたしが?...ないよ...もういいだろ
息子を探しに行かせておくれよ

【フェランド】
行かせぬぞ 不埒者!

【アズチェーナ】
(ああ!)

【フェランド】
殿は見ておられますぞ
あの恐ろしい 忌わしい行為を
なした...

【伯爵】
最後まで言え

【フェランド】
その者こそこやつです

【アズチェーナ】
(フェランドにそっと)
(お黙り!)

【フェランド】
こやつです 弟君を
焼き殺したのは!

【伯爵】
ああ!邪悪な!

【合唱】
この女なのか!

【アズチェーナ】
そんなの嘘さ

【伯爵】
お前の運命からは
もう逃れられぬぞ

【アズチェーナ】
ああ!...

【伯爵】
その戒めを
もっときつく縛れ

(兵士たちはその通りにする)

【アズチェーナ】
ああ!神様!...ああ、神様!...

【合唱】
泣き叫べ

【アズチェーナ】
(絶望して)
どうして来ないんだい
おおマンリーコ、あたしの息子よ...
助けてはくれないのかい
お前の可哀想な母さんを?

【伯爵】
本当なのか?
マンリーコの母親だと?

【フェランド】
震えが走るぞ!...

【伯爵】
おお運命が!...わが手のうちに!

【アズチェーナ】
ああ、緩めとくれよ、野蛮人ども
あたしを締めつけるこの縄を
こんな酷い責め苦は
ゆっくりと殺されるようなもんだ
あの非道な父親より
もっと邪悪な息子だね
震えるがいいさ...神様は哀れな者の味方さ
お前は神様に罰せられるんだよ!

【伯爵】
お前の息子なのか、薄汚いジプシー女め
あの反逆者は?...
ならば お前を拷問すれば
奴の心を傷つけることができるな!
喜びがこの胸を満たすぞ
言葉に尽くせぬほどの!...
私みずから、灰となった弟の
仇がたっぷりとうてるのだからな!

【フェランド、コーラス】
忌わしき火刑の薪の山を
ああ、お前は間もなく見ることになるぞ
だがお前の刑罰はひとつでは済まぬ
これはこの世での炎だ!...
地獄の炎が
永遠にお前を焼き続け
そこで苦しみながら燃え続けるのだ
お前の魂は!

(伯爵の合図で、兵士たちはアズチェーナを引き立てて行く。彼はテントに入る、フェランドがあとに続く)


<第5場>
カステロールの礼拝堂に隣接する部屋、
背後にはバルコニー
マンリーコ、レオノーラとルイス

【レオノーラ】
何の武器の轟音でしょう ちょうど今聞こえたのは?

【マンリーコ】
危険が迫っています
もはや隠しても無駄だ!
明日の夜明けには
私たちは攻撃されるでしょう!

【レオノーラ】
ああ!何をおっしゃいますの!

【マンリーコ】
しかし、我らは敵に
勝利するでしょう...
我々は彼らの大胆さ、勇気と剣をに引けを取らないのですから!
(ルイスに)
お前は行ってくれ、戦闘の指揮を
私のいない短い間は、お前に託す
ぬかりなく頼むぞ!

(ルイス去る)


<第6場>
マンリーコとレオノーラ

【レオノーラ】
何と言う陰鬱な光が
私たちの婚礼に輝くのでしょう!

【マンリーコ】
不吉な予感は
ああ、捨ててしまいなさい 愛しい人よ!

【レオノーラ】
どうすればそのように?

【マンリーコ】
愛が...崇高な愛が
この瞬間に心の底に語りかける
ああ!そうなのだ、愛する人よ、その時
私はあなたのものとなり、あなたは私のものとなって
私は、最も恐れを知らぬ勇者となり
腕には力がみなぎるだろう
もしも私の運命の書の中に
あの1頁に 私は敵の刃に貫かれて
犠牲者の中に数えられると
書かれていたとしても
死の際に 私の熱い憧れは
あなたのもとに届くだろう
ただ 天国に先に行くだけだと
死も私にはそう思えるのだろう

(近くの礼拝堂からオルガンの音が聞こえてくる)

【二人】
聖なる調べの波が
清らかにこの心へと降りてくる!
さあ、祭壇は私たちに開かれている
清らかな愛の喜びに

(喜び勇んで聖堂に歩み入ろうとする時、ルイスが急いでやってくる)

【ルイス】
マンリーコ様

【マンリーコ】
何だ?

【ルイス】
ジプシーの女が
連行されています 枷をはめられて...

【マンリーコ】
おお 何と!

【ルイス】
人でなしどもの手で
もう薪に火がつけられて...

【マンリーコ】
(バルコニーに近づいて)
ああ神よ!手足が震える
曇りがわが目を覆う!

【レオノーラ】
怒りで震えているわ!

【マンリーコ】
当然だ!...分かってください...私は

【レオノーラ】
何だというの?

【マンリーコ】
息子なのだ!...
ああ!悪党どもめ!…この卑劣な光景に
ほとんど私の息は止まりそうだ
仲間たちを集めてくれ 急いで
ルイスよ...行け...戻るのだ...急いで

(ルイス立ち去る)

火刑台の恐ろしい炎が
この身に火をつけ 燃え立たせた!
悪党どもめ、火を消せ! さもなくばすぐに
貴様らの血で消してやる!
あなたを愛する以前に、私はあの人の息子なのです
あなたの嘆きも 私を止めることはできない
哀れな母さん、すぐ助けに行くぞ
それが叶わぬなら、一緒に死ぬために行くのだ!

【レオノーラ】
こんな衝撃には耐えられない
おお いっそ死んでしまった方がましだわ!

(ルイスは武装して帰ってくる)

【ルイス 兵士たち】
戦いへ、戦いへ!さあすぐにでも
あなたと共に戦い、共に死にましょう

マンリーコは慌ただしく退場 ルイスと兵士たちがそれに続く 武器や武具の立てる騒音が舞台裏から聞こえてくる
PARTE TERZA - Il figlio della Zingara

SCENA I
Accampamento. A destra il padiglione del Conte di Luna, su cui sventola la bandiera in segno di supremo comando; da lungi torreggia Castellor. Scolte di Uomini d'arme dappertutto; alcuni giuocano, altri puliscono le armi, altri passeggiano, poi Ferrando dal padiglione del Conte

ALCUNI ARMIGERI
Or co' dadi, ma fra poco
Giocherem ben altro gioco.

ALTRI
Quest'acciar, dal sangue or terso,
Fia di sangue in breve asperso!

Un grosso drappello di balestrieri attraversa il campo

ALCUNI
Il soccorso dimandato!

ALTRI
Han l'aspetto del valor!

TUTTI
Più l'assalto ritardato
Or non fia di Castellor.

FERRANDO
Sì, prodi amici; al dì novello è mente
Del capitan la rocca
Investir d'ogni parte.
Colà pingue bottino
Certezza è rinvenir più che speranza.
Si vinca; è nostro.

TUTTI
Tu c'inviti a danza!
Squilli, echeggi la tromba guerriera,
Chiami all'armi,
alla pugna, all'assalto;
Fia domani la nostra bandiera
Di quei merli piantata sull'alto.
No, giammai non sorrise vittoria
Di più liete speranze finor!...
Ivi l'util ci aspetta e la gloria,
Ivi opimi la preda e l'onor.

Si disperdono


SCENA II
Il Conte
Uscito dalla tenda volge uno sguardo bieco a Castellor

CONTE
In braccio al mio rival! Questo pensiero
Come persecutor demone ovunque
M'insegue!... In braccio al mio rival!... Ma corro,
Surta appena l'aurora,
Io corro a separarvi... Oh Leonora!

Odesi tumulto


SCENA III
Ferrando e detto

CONTE
Che fu?

FERRANDO
Dappresso il campo
S'aggirava una zingara: sorpresa
Da' nostri esploratori,
Si volse in fuga; essi, a ragion temendo
Una spia nella trista,
L'inseguir...

CONTE
Fu raggiunta?

FERRANDO
È presa.

CONTE
Vista
L'hai tu?

FERRANDO
No; della scorta
Il condottier m'apprese
L'evento.

CONTE
Eccola.

Tumulto più vicino


SCENA IV
Detti, Azucena, con le mani avvinte, trascinata dagli Esploratori, un codazzo d'altri soldati

ESPLORATORI
Innanzi, o strega, innanzi...

AZUCENA
Aita!... Mi lasciate... O furibondi,
Che mal fec'io?

CONTE
S'appressi.
Azucena è tratta innanzi al Conte
A me rispondi
E trema dal mentir!

AZUCENA
Chiedi!

CONTE
Ove vai?

AZUCENA
Nol so.

CONTE
Che?

AZUCENA
D'una zingara è costume
Mover senza disegno
Il passo vagabondo,
Ed è suo tetto il ciel,
Sua patria il mondo.

CONTE
E vieni?

AZUCENA
Da Biscaglia, ove finora
Le sterili montagne ebbi a ricetto!

CONTE
(Da Biscaglia!)

FERRANDO
(Che intesi!... O qual sospetto!)

AZUCENA
Giorni poveri vivea,
Pur contenta del mio stato;
Sola speme un figlio avea...
Mi lasciò!... m'oblìa, l'ingrato!
Io deserta, vado errando
Di quel figlio ricercando,
Di quel figlio che al mio core
Pene orribili costò!...
Qual per esso provo amore
Madre in terra non provò!

FERRANDO
(Il Suo volto!)

CONTE
Di', traesti
Lunga etade tra quei monti?

AZUCENA
Lunga, sì.

CONTE
Rammenteresti
Un fanciul, prole di conti,
Involato al suo castello,
Son tre lustri, e tratto quivi?

AZUCENA
E tu, parla... sei?...

CONTE
Fratello del rapito.

AZUCENA
(Ah!)

FERRANDO
notando il mal nascosto terrore di Azucena
(Sì!)

CONTE
Ne udivi
Mai novella?

AZUCENA
Io?... No... Concedi
Che del figlio l'orme io scopra.

FERRANDO
Resta, iniqua...

AZUCENA
(Ohimè!..)

FERRANDO
Tu vedi
Chi l'infame, orribil opra
Commettea...

CONTE
Finisci.

FERRANDO
È dessa.

AZUCENA
piano a Ferrando
(Taci)

FERRANDO
È dessa che il bambino
Arse!

CONTE
Ah! perfida!

CORO
Ella stessa!

AZUCENA
Ei mentisce...

CONTE
Al tuo destino
Or non fuggi.

AZUCENA
Deh!...

CONTE
Quei nodi
Più stringete.

I soldati eseguiscono

AZUCENA
Oh! Dio!... Oh Dio!...

CORO
Urla pure.

AZUCENA
con disperazione
E tu non m'odi,
O Manrico, o figlio mio?...
Non soccorri all'infelice
Madre tua?

CONTE
Sarebbe ver?
Di Manrico genitrice?

FERRANDO
Trema!...

CONTE
Oh sorte!... in mio poter!

AZUCENA
Deh, rallentate, o barbari,
Le acerbe mie ritorte...
Questo crudel supplizio
È prolungata morte...
D'iniquo genitore
Empio figliuol peggiore,
Trema... V'è Dio pe' miseri,
E Dio ti punirà!

CONTE
Tua prole, o turpe zingara,
Colui, quel traditore?...
Potrò col tuo supplizio
Ferirlo in mezzo al core!
Gioia m'innonda il petto,
Cui non esprime il detto!...
Meco il fraterno cenere
Piena vendetta avrà!

FERRANDO, CORO
Infame pira sorgere,
Ah, sì, vedrai tra poco...
Né solo tuo supplizio
Sarà terreno foco!...
Le vampe dell'inferno
A te fina rogo eterno;
Ivi penare ed ardere
L'anima tua dovrà!

Al cenno del Conte i Soldati traggon seco Azucena. Egli entra nella sua tenda, seguito da Ferrando


SCENA V
Sala adiacente alla Cappella in Castellor, con il verone nel fondo.
Manrico, Leonora e Ruiz

LEONORA
Quale d'armi fragor poc'anzi intesi?

MANRICO
Alto è il periglio! vano
Dissimularlo fora!
Alla novella aurora
Assaliti saremo!...

LEONORA
Ahimè!... che dici!...

MANRICO
Ma de' nostri nemici
Avrem vittoria... Pari
Abbiam al loro ardir, brando e coraggio!...
a Ruiz
Tu va'; le belliche opre,
Nell'assenza mia breve, a te commetto.
Che nulla manchi!...

Ruiz parte


SCENA VI
Manrico e Leonora

LEONORA
Di qual tetra luce
Il nostro imen risplende!

MANRICO
Il presagio funesto,
Deh, sperdi, o cara!...

LEONORA
E il posso?

MANRICO
Amor... sublime amore,
In tale istante ti favelli al core.
Ah! sì, ben mio, coll'essere
Io tuo, tu mia consorte,
Avrò più l'alma intrepida,
Il braccio avrò più forte;
Ma pur se nella pagina
De' miei destini è scritto
Ch'io resti fra le vittime
Dal ferro ostil trafitto,
Fra quegli estremi aneliti
A te il pensier verrà
E solo in ciel precederti
La morte a me parrà!

Odesi il suono dell'organo della vicina cappella

A DUE
L'onda de' suoni mistici
Pura discende al cor!
Vieni; ci schiude il tempio
Gioie di casto amor.

Mentre s'avviano giubilanti al tempio, Ruiz sopraggiunge frettoloso

RUIZ
Manrico?

MANRICO
Che?

RUIZ
La zingara,
Vieni, tra ceppi mira...

MANRICO
Oh Dio!

RUIZ
Per man de' barbari
Accesa è già la pira...

MANRICO
accostandosi al verone
Oh ciel! mie membra oscillano...
Nube mi copre il ciglio!

LEONORA
Tu fremi!

MANRICO
E il deggio!... Sappilo. Io son...

LEONORA
Chi mai?

MANRICO
Suo figlio!...
Ah! vili!... il rio spettacolo
Quasi il respir m'invola...
Raduna i nostri, affrettati...
Ruiz... va... torna... vola...

Ruiz parte

Di quella pira l'orrendo foco
Tutte le fibre m'arse. avvampò!...
Empi, spegnetela, o ch'io fra poco
Col sangue vostro la spegnerò...
Era già figlio prima d'amarti,
Non può frenarmi il tuo martir.
Madre infelice, corro a salvarti,
O teco almeno corro a morir!

LEONORA
Non reggo a colpi tanto funesti...
Oh, quanto meglio sarìa morir!

Ruiz torna con Armati

RUIZ, ARMATI
All'armi, all'armi! eccone presti
A pugnar teco, teco a morir.

Manrico parte frettoloso seguito da Ruiz e dagli Armati, mentre odesi dall'interno fragor d'armi e di bellici strumenti



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|