オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第4幕
アメリカ

ニューオーリンズの境界上にある荒れ地

剥き出しの地面が波打っている 遠大な地平線 曇り空 夜が迫っている
マノンとデ・グリューは奥からゆっくりと進み出てくる みすぼらしい服装でやつれ果てた表情である マノンは

青ざめて疲れ果て やっとのことで彼女を支えているデ・グリューにもたれかかっている

【デ・グリュー】
(前に進みながら)
僕にしっかりともたれかかっておくれ
おお 疲れ果てた僕の最愛の人よ
ほこりっぽい​​道も
呪われた道も
もうすぐ終わることだろう

【マノン】
前に もっと前に行きましょう!
あたりの空が
暗くなってきたわ

【デ・グリュー】
僕に寄りかかるんだ!

【マノン】
そよ風はさまよっているわ この大平原を
そして日は暮れて行く!
前へ!前へ!だめだわ…
(倒れる)

【デ・グリュー】
(苦しみながら)
マノン!

【マノン】
(弱ってくる)
私はもうだめ!許してください!
あなたは強いのね 羨ましいわ
女は、弱いの、諦めるわ!

【デ・グリュー】
苦しいのかい?

【マノン】
物凄く!
(デ・グリューは深く悲しむ様子を見せる マノンは彼を安心させようとする)
違うの!私何て言ったの?空しい…、
愚かな言葉ね…
ねえ 気をしっかり持って!
私は少し休みたいわ…
ほんの一瞬だけ…
私の優しい恋人さん
こちらへ来て 私の 私のもとへ!
(気絶する)

【デ・グリュー】
マノン 聞いてくれ 僕の恋人よ
答えてくれないのか 愛しい人?
ご覧 僕は泣いているだろう
僕は君に懇願してるだろう
君を愛撫し キスしてるだろう
君の金色の髪を!
ああ!マノン!僕に答えて!
黙っているのか!?
(絶望して)
悪しき運命よ!
(彼女の額に触れて)
ひどい熱だ
絶望のうちに僕は打ちのめされる
破滅の恐怖に
闇と不安の感覚に!
僕に答えて 愛しい人よ!…
黙っているのか!
(絶望して)
マノン、あなたは僕に答えてくれないのか?

【マノン】
(少しずつ意識が戻ってくる デ・グリューは彼女を地面から抱き起こす)
あなたなの 泣いているのは?
あなたなの 祈っているのは?…
あなたのすすり泣きが聞こえる
私の顔を濡らしている
あなたの燃える涙が…
ああ!あなたなの あなたなの 泣いて祈っているのは?
いとしい人よ 助けて!助けて!

【デ・グリュー】
おおいとしい人!おおマノン!
ああ!マノン!僕の愛する人!
おお 僕のマノン!

【マノン】
渇きが私を苦しめるの…
いとしい人よ 助けて 助けて!

【デ・グリュー】
僕の血をみな
あなたの命のために!
(彼は困り果てて遠くを見つめ それから遠い地平線の方を確かめに奥に走って行く そして戻ってきてマノンに絶望して告げる)
何もない!何もないんだ!
乾いた荒れ地…水は一滴もない…
おお動かない空!おお神よ
子供のときに私が
祈りを捧げた神よ
救いを 救いを!

【マノン】
そう…救いよ!あなたならできるわ
私を助けて!見て…、
私はここに横たわっているわ!
そして、あなたは、地平線の向こうを見に行ってきて
そして探して 探してきて 丘か小屋を
もっと先に行って 嬉しい知らせを話して
喜びの言葉と一緒に戻って来て!

デ・グリューはマノンを土地の小高いところに横たえて しばし行くか留まるか決心ができない様子であったが それから少しずつ離れて少し行き 奥に辿りつくと再び振り返って絶望のまなざしでマノンを見つめ そして突然決心がついたように走り去る 地平線は暗くなってきている 苦悩がマノンを圧倒して 取り乱し おびえ 倒れる

ただひとり 絶望し 見捨てられているわ…
この寂しい荒野に!
恐いわ!私のまわりで空が暗くなって行く…
ああ、私は一人!
そしてこの深い砂漠で 私は死んで行くのね
残酷な苦しみ、ああ!ひとり捨てられて
私は見捨てられた女!
(立ち上がって)
ああ!私は死にたくない!
いいえ!私は死にたくない!
すべてがもう終わったのね
安息の地は私には思えたのに…
ああ!私の呪われた美貌が
新たな怒りに火をつけて…
彼から私を引き裂こうとしたの 今すべての
私の恐ろしい過去がよみがえり
私の目の前に横たわっている
ああ!血で汚されているわ
ああ!すべては終わってしまった
平和な隠れ場所を 墓を呼び出している…
いいえ!私は死にたくないわ…いとしい人よ 助けて!

(デ・グリューが急いで戻ってくる マノンは彼の腕の中に倒れ込む)
あなたの愛しい腕の中で
最後の時を!
(笑顔を無理に作り 期待している振りをしながら)
何かありましたの
嬉しい知らせは?

【デ・グリュー】
(巨大な悲しみと絶望と共に)
何もない…地平線上には何もないんだ
僕には分かったんだ…遠くまで
遠くまで目を凝らしたけれど 無駄だった!

【マノン】
私は死にます…闇が降りて来ていますわ…
夜が私の上に降りて!

【デ・グリュー】
不吉な幻が
あなたを襲い あなたを苦しめているんだ
この胸の鼓動のもとに安らいで
また元気を取り戻してくれ!

【マノン】
あなたをとても愛して 私は死んで行くの…
もう言葉は出ないけれど
思い通りには でもこれだけは
あなたに言えるわ あなたをとても愛していると!
おお愛しいひと!最後の魅惑を
言葉にならない陶酔を!
私の最後の願いを!
あなたを愛しています あなたをとても愛しています!

【デ・グリュー】
(彼女の顔に触れ それから注意深く独白)
(死の冷たさだ 神よ
最後の希望も打ち砕くのですか!)

【マノン】
私の愛しい人 あなたは泣いているのね…
今は涙ではなくて
キスの時なのよ
時は過ぎて行く…私にキスして!

【デ・グリュー】
おお限りない
僕の喜び…あなたは炎だ
永遠の愛の…

【マノン】
炎は消えてしまうわ…
話して お願い!話して…ああ!

【デ・グリュー】
マノン!

【マノン】
…あなたの声がもう聞こえない…
ああ!
(重く情熱を込めて)
ここに ここに来て 私のそばに
あなたの顔を近づけてほしいの…
こうやって…そう…私にキスして…
私のそばに来て あなたを感じるわ! ああ!

【デ・グリュー】
あなたなしでは…望みはない
僕も君の後を追うよ!

【マノン】
(最後の努力、力を振り絞って)
いけませんわ!
さようなら…夜は暗いわ…私は寒い…
可愛かったかしら
あなたのマノンは?覚えていますか?
(あえぎながら)
…教えて…明るかったのかしら
私の青春は?
太陽を…もう…私は見ることはないのね!

【デ・グリュー】
何と言うこと!

【マノン】
私の罪は忘れられるでしょう
けれど 私の愛は…死なないのです…
(死ぬ)

(デ・グリューは悲しみのあまりに狂ったように、マノンの体に意識を失って倒れる)
ATTO QUARTO
In America

Una landa interminata sui confini della Nuova Orleans.

Terreno brullo ed ondulato. Orizzonte vastissimo. Cielo annuvolato. Cade la sera.
Manon e Des Grieux si avanzano lentamente dal fondo; sono poveramente vestiti e hanno l'aspetto di persone affrante. Manon,
pallida, estenuata, si appoggia sopra Des Grieux che la sostiene con fatica.

DES GRIEUX
avanzandosi
Tutta su me ti posa,
o mia stanca diletta.
La strada polverosa,
la strada maledetta
al termine s'avanza.

MANON
Innanzi, innanzi ancor!
L'aria d'intorno
orsi fa scura.

DES GRIEUX
Su me ti posa!

MANON
Erra la brezza nella gran pianura
e muore il giorno!
Innanzi! Innanzi! no …
Cade.

DES GRIEUX
con angoscia
Manon!

MANON
sempre più debole
Son vinta! Mi perdona!
Tu sei forte, t'invidio;
Donna, debole, cedo!

DES GRIEUX
Tu soffri?

MANON
Orribilmente!
Des Grieux si mostra profondamente addolorato. Manon si sforza di rassicurarlo.
No! che dissi? … una vana,
una stolta parola …
Deh, ti consola!
Chieggo breve riposo …
Un solo istante …
Mio dolce amante,
a me t'appressa, a me!
Sviene.

DES GRIEUX
Manon, senti, amor mio.
Non mi rispondi, amore?
Vedi, son io che piango,
io che imploro,
io che carezzo e bacio
i tuoi capelli d'oro!
Ah! Manon! rispondi a me!
Tace!?
con disperazione
Maledizion!
toccandole la fronte
Crudel febbre l'avvince.
Disperato mi vince
un senso di sventura,
un senso di tenebre e di paura!
Rispondimi, amor mio! …
Tace!
con sconforto
Manon, non mi rispondi?

MANON
rinvenendo poco a poco, mentre Des Grieux la solleva da terra

Sei tu che piangi?
Sei tu che implori? …
tuoi singulti ascolto
e mi bagnano il volto
le tue lagrime ardenti …
Ah! sei tu, sei tu che piangi e implori?
Amor, aita! aita!

DES GRIEUX
O amore! O Manon!
Ah! Manon! amor mio!
O mia Manon!

MANON
La sete mi divora …
amore, aita, aita!

DES GRIEUX
Tutto il mio sangue
per la tua vita!
Si guarda intorno smarrito, poi corre verso il fondo scrutando l'orizzonte lontano. Poi ritorna, disperato, verso Manon.
È nulla! nulla!
Arida landa … non un filo d'acqua …
O immoto cielo! O Dio,
a cui fanciullo anch'io
levai la mia preghiera,
un soccorso, un soccorso!

MANON
Sì … un soccorso! Tu puoi
salvarmi! … Senti,
qui poserò!
E tu scruta il mister dell'orizzonte,
e cerca, cerca monte o casolar;
Oltre ti spingi e con lieta favella
lieta novella poi vieni a recar!

Des Grieux adagia Manon sopra un rialzo di terreno, poi resta ancora irresoluto in preda a fiero contrasto. Indi s'allontana a poco a poco; giunto nel fondo rimane di nuovo dubbioso e fissa Manon con occhi disperati; quindi, con improvvisa risoluzione parte correndo. L'orizzonte si oscura. L'ambascia vince Manon; è stravolta, impaurita, accasciata.

Sola, perduta, abbandonata …
in landa desolata!
Orror! Intorno a me s'oscura il ciel …
Ahimè, son sola!
E nel profondo deserto io cado,
strazio crudel, ah! sola abbandonata,
io, la deserta donna!
alzandosi
Ah! non voglio morir!
No! non voglio morir!
Tutto dunque è finito.
Terra di pace mi sembrava questa …
Ahi! mia beltà funesta,
ire novelle accende …
Strappar da lui mi si volea; or tutto
il mio passato orribile risorge,
e vivo innanzi al guardo mio si posa.
Ah! di sangue s'è macchiato.
Ah! tutto è finito.
Asil di pace ora la tomba invoco …
No! non voglio morir … amore, aita!

Entra Des Grieux precipitosamente; Manon gli cade fra le braccia.
Fra le tue braccia amore,
l'ultima volta!
sforzandosi a sorridere e simulando speranza
Apporti
tu la novella lieta?

DES GRIEUX
con immensa tristezza e sconforto
Nulla rinvenni … l'orizzonte nulla
mi rivelò ... lontano
spinsi lo sguardo invano!

MANON
Muoio … scendon le tenebre …
su me la notte scende!

DES GRIEUX
Un funesto delirio
ti percuote, t'offende.
Posa qui dove palpito,
in te ritorna ancor!

MANON
Io t'amo tanto e muoio …
Già la parola manca
al mio voler, ma posso
dirti che t'amo tanto!
O amore! ultimo incanto,
ineffabile ebbrezza!
O mio estremo desir!
Io t'amo, t'amo tanto!

DES GRIEUX
Le tocca il volto, poi fra sé attento:
(Gelo di morte! Dio,
l'ultima speme infrangi!)

MANON
Mio dolce amor, tu piangi …
Non è di lagrime,
ora di baci è questa;
Il tempo vola … baciami!

DES GRIEUX
O immensa
delizia mia ... tu fiamma
d'amore eterna …

MANON
La fiamma si spegne …
Parla, deh! parla … ahimè!

DES GRIEUX
Manon!

MANON
… più non t'ascolto …
ahimè!
affannosamente ed appassionatissimo
Qui, qui, vicino a me,
voglio il tuo volto …
Così ... così ... mi baci ...
vicino a me. Ancor ti sento! ahimè!

DES GRIEUX
Senza di te …perduto,
ti seguirò!

MANON
con ultimo sforzo, imperiosa
Non voglio!
Addio ... cupa è la notte ... ho freddo …
era amorosa
la tua Manon? Rammenti?
affannando
… dimmi … la luminosa
mia giovinezza?
Il sol … più non … vedrò!

DES GRIEUX
Mio Dio!

MANON
Le mie colpe travolgerà l'oblio,
ma l'amor mio ... non muor …
Muore.

Des Grieux, pazzo di dolore, cade svenuto sul corpo di Manon.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|