オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





<第2部>
(結婚の契約)


<第1場>

(アストン卿宅の執務室にて、エンリコとノルマンノ。エンリコは小さなテーブルの近くに腰掛けている。ノルマンノが来る)


【ノルマンノ】
ルチア様は間もなく貴方の所に到着します。

【エンリコ】
震えながら彼女を待っている。
輝かしい結婚の儀を祝うために
既に城には、高貴な身内の者たちが
集まっている。ほどなくアルトゥーロが
来るだろう・・・

(苛立ちながら立ち上がる)

もし頑固な彼女が、敢えて反対したら?・・・

【ノルマンノ】
ご心配なく。貴方の敵の長きにわたる
不在の間、
我々が奪った手紙、彼が新しい恋に
燃えているとう嘘は、
ルチア様の中の
盲目の愛を消すでしょう。

【エンリコ】
彼女が来る!・・・偽物の手紙を

(ノルマンノは手紙を渡す)

よこすのだ。そして出かけるのだ、
エジンバラへの道に。
そして称賛の中に
アルトゥーロを連れてくるのだ。

(ノルマンノは出かける)

<第2場>

(ルチアは入り口の近くで立ち止まる。顔の青白さ、当惑した眼差し、それらは彼女の苦しみと
精神的な錯乱の初期症状を表している)

【エンリコ】
近くにくるのだ、ルチア

(ルチアは機械的に数歩前に出て、エンリコのことを見つめ続ける)

今日のお前はもっと喜んでいるものと
思っていた、今日という日はお前のための
婚礼の儀が行われる日なのに。
私を見て黙っているのか?

【ルチア】
恐ろしく致命的な青白さが
私の顔を覆う。
静かに貴方を責めているのです
私の苦しみ・・・私の痛み
神が貴方をお許し下さいますよう、
貴方の非人道的な行為を。
そして、私の痛みを。

【エンリコ】
私の無慈悲には理由がある
お前に不適切な愛情を燃やした奴が原因だ・・・
しかし過去の事は静かにしておこう・・・
私はまだお前の兄なのだ。
私の胸の怒りは抑えた、
お前も正気でない愛は消すのだ。
高貴な花婿殿が・・・

【ルチア】
止めて・・・ああ!止めて。

【エンリコ】
なに?

【ルチア】
別の人に私の誓約を立てたのです。

【エンリコ】
(怒りながら)
出来るはずがない・・・

【ルチア】
エンリコ!・・・

【エンリコ】
そのような事は出来るはずがないのだ!・・・

【ルチア】
別の人に私の誓約を立てたのです。

【エンリコ】
(落ち着きながら)
もう十分だ。

(ノルマンノから受け取った手紙を渡す)

この手紙が十分に言うだろう、
どれほど残酷で不遜な奴を愛していたのかを!
読むのだ!

【ルチア】
(読む。驚きと心からの心配が彼女の表情に表れる。全身に震えが走る)
心臓が飛び出しそうだ!

【エンリコ】
(彼女を助けながら)
お前はよろめいている!・・・

【ルチア】
惨めな私!・・・
ああ!雷が落ちたようだ!
涙に苦しみ・・・
苦悩に憔悴し・・・
希望と・・・
命を託していました
とある心に・・・
死の瞬間が
私にやって来たのです。
あの不誠実な心は
他の者に体を与えてしまった!・・・

【エンリコ】
狂人が不誠実な愛に火を点け、
お前は自らの血族を裏切った、
卑劣な誘惑のために。

【ルチア】
おお!神よ!

【エンリコ】
だがお前は、天から価値のある慈悲を受けたのだ。
あの不誠実な心は、他の者に体を与えてしまった!

(遠くの方から楽器の音や、騒がしい声が響いてくる)


【ルチア】
何なのでしょう!・・・

【エンリコ】
喜びの音が
聞こえるか、海岸で?

【ルチア】
それで?

【エンリコ】
花婿の到着だ。

【ルチア】
震えが
全身を駆け巡ったわ!

【エンリコ】
お前には新婚生活が待っている!

【ルチア】
私には墓が待っているのです!

【エンリコ】
今は重要な時なのだ!

【ルチア】
目にベールが掛かっているようです!

【エンリコ】
聞くのだ。
グリエルモが亡くなった・・・
マリアが王座につくであろう・・・
打ちのめされてしまったのだ
私の信奉する勢力が・・・

【ルチア】
ああ!震えてしまう!・・・

【エンリコ】
絶壁から
アルトゥーロが引き上げてくれるのだ、
彼だけが!・・・

【ルチア】
それで?それで私は?

【エンリコ】
私を助けねばならない。

【ルチア】
エンリコ!

【エンリコ】
花婿のところに来るのだ!

【ルチア】
別の人に誓ったのです!

【エンリコ】
私を助けねばならない・・・

【ルチア】
しかし!・・・

【エンリコ】
やらねばならない!

(離れようとする)

【ルチア】
おお、天よ!・・・おお、神よ!

【エンリコ】
(ルチアの所に戻り、早口に、しかし力強い口調で)
お前が私を裏切れば、
私の運命は終わりを告げる・・・
お前は私の名誉と命を奪い、
お前は私に斧を用意することになる・・・
そして、夢で見るのだ
私の怒り狂う影を!・・・
その血まみれの斧が
常にお前の目の前にあるだろう!

【ルチア】
(涙でいっぱいの目を天に向ける)
私が泣くのをご覧になっている神よ・・・
この心を読み取った神よ、
もし天では私の苦しみが、地上でのように
拒まれたりしないのであれば、
永遠の神よ、私から取り上げて下さい、
この絶望的な人生を・・・

【エンリコ】
ああ!その血まみれの斧が
常にお前の目の前にあるだろう!

【ルチア】
ああ!私は不幸です、
死は私にとって良いことなのです!

(エンリコは急いで去る。ルチアは椅子に崩れ、しばらく黙っている)

<第3場>

(ルチアはやって来たライモンドを見て、気にしながらそちらの方に起きる)

【ルチア】
それで?

【ライモンド】
貴女の希望の最後の光も消えました!
信じていたのです、貴女の疑いを。お兄様が全ての道を閉ざし、そうしてフランスの
愛を誓った方への手紙を
届かなくしているのだと。
私自身が貴女の書いた手紙を
確実な手段で届けました・・・
無駄だったのです!返事はありません・・・
これは不誠実さをはっきりとさせています!

【ルチア】
それで、私への助言は?

【ライモンド】
運命に屈するのです。

【ルチア】
それでは、あの誓いは?・・・

【ライモンド】
まだそのような事を!
結婚の誓いとは、
司祭が祝福しないものは
天にも
世間にも認められないのです。

【ルチア】
ああ!私の精神が説得に屈してしまう・・・
しかし、私の心は
それに耳を貸そうとしない。

【ライモンド】
それに勝つのです。

【ルチア】
おお、なんと不運な恋なのでしょう!

【ライモンド】
さあ、屈するのです。でないと、より多くの
災いが貴女にのしかかってきます・・・
私の気持ちに免じて、
亡くなられたお母様のために、
お兄様の危険が貴女を動かし、
心を動かしてくださいますように・・・
でなければ、あの世でお母様は
貴女のために恐怖で震えるでしょう。

【ルチア】
ああ!ああ!黙って・・・

【ライモンド】
お母様のために!お兄様のために!

【ルチア】
黙って・・・あなたの勝ちです・・・
私はそれほど冷酷ではありません。

【ライモンド】
おお!なんという喜びを私に与えたのか!
おお!なんという影を消し去ったのか!
貴女の身内のために、ルチア様自身を
犠牲として差し出して下さい。
この大きな犠牲は
天に書き込まれることでしょう。
もし人々の憐れみが
貴女に与えられなくても、
神がおられます、貴女の涙を
拭って下さいます。

【ルチア】
私を導いて下さい・・・支えて下さい・・・
私には分からないのです!
長い苦しみとなるでしょう、
私の人生は!

【ライモンド】
そうだ、元気を出すのだ。
なんという影を消し去ったのか!

(出発する)
PARTE SECONDA:
"Il contratto nuziale"


Scena Prima

(Gabinetto negli appartamenti di Lord Asthon. Enrico e Normanno. Enrico è seduto presso un tavolino: Normanno sopraggiunge.)

NORMANNO
Lucia fra poco a te verrà.

ENRICO
Tremante L'aspetto.
A festeggiar le nozze illustri
Già nel castello i nobili congiunti
Giunser di mia famiglia; in breve Arturo
Qui volge...

(sorgendo agitatissimo)

E s'ella pertinace osasse d'opporsi?...

NORMANNO
Non temer: la lunga assenza
Del tuo nemico, i fogli
Da noi rapiti, e la bugiarda nuova
Ch'egli s'accese d'altra fiamma,
in core di Lucia
spegneranno il cieco amore.

ENRICO
Ella s'avanza!... Il simulato foglio

(Normanno gli dà un foglio)

Porgimi, ed esci sulla via che tragge
Alla città regina di Scozia;
e qui fra plausi, e liete grida
Conduci Arturo.

(Normanno esce.)

Scena Seconda

(Lucia si arresta presso la soglia: la pallidezza del suo volto, il guardo smarrito, e tutto in lei annunzia i patimenti ch'ella sofferse ed i primi sintomi d'un'alienazione mentale)

ENRICO
Appressati, Lucia.

(Lucia si avanza alcuni passi macchinalmente, e sempre figgendo lo sguardo immobile negli occhi di Enrico)

Sperai più lieta in questo dì vederti,
In questo dì, che d'imeneo le faci
Si accendono per te.
Mi guardi, e taci?

LUCIA
Il pallor funesto orrendo
Che ricopre il volto mio
Ti rimprovera tacendo
Il mio strazio... il mio dolore.
Perdonar ti possa Iddio
L'inumano tuo rigor.
E il mio dolor.

ENRICO
A ragion mi fe' spietato
Quel che t'arse indegno affetto...
Ma si taccia del passato...
Tuo fratello io sono ancor.
Spenta è l'ira nel mio petto
Spegni tu l'insano amor.
Nobil sposo...

LUCIA
Cessa... ah! cessa.

ENRICO
Come?

LUCIA
Ad altr'uomo giurai mia fè.

ENRICO
(iracondo)
Nol potevi...

LUCIA
Enrico!...

ENRICO
Nol potevi!...

LUCIA
Ad altr'uomo giurai mia fè.

ENRICO
(raffrenandosi)
Or basti.

(porgendole il foglio, ch'ebbe da Normanno)

Questo foglio appien ti dice,
Qual crudel, qual empio amasti!
Leggi!

LUCIA
(legge: la sorpresa, ed il più vivo affanno si dipingono nel suo volto, ed un tremito l'investe dal capo alle piante)
Il core mi balzò!

ENRICO
(accorrendo in di lei soccorso.)
Tu vacilli!...

LUCIA
Me infelice!...
Ahi!... la folgore piombò!
Soffriva nel pianto...
languìa nel dolore...
La speme...
la vita riposi
in un core...
L'istante di morte
è giunto per me.
Quel core infedele
ad altra si diè!...

ENRICO
Un folle ti accese, un perfido amore:
Tradisti il tuo sangue
per vil seduttore

LUCIA
Oh! Dio!

ENRICO
Ma degna dal cielo ne avesti mercè:
Quel core infedele ad altra si diè!

(si ascoltano echeggiare in lontananza festivi suoni, e clamorose grida)

LUCIA
Che fia!...

ENRICO
Suonar di giubilo
Senti la riva?

LUCIA
Ebbene?

ENRICO
Giunge il tuo sposo.

LUCIA
Un brivido
Mi corse per le vene!

ENRICO
A te s'appresta il talamo!...

LUCIA
La tomba a me s'appresta!

ENRICO
Ora fatale è questa!

LUCIA
Ho sugli occhi un vel!

ENRICO
M'odi.
Spento è Guglielmo... ascendere
Vedremo in trono Maria...
Prostrata è nella polvere
La parte ch'io seguia...

LUCIA
Ah! Io tremo!...

ENRICO
Dal precipizio
Arturo può sottrarmi,
Sol egli!...

LUCIA
Ed io? Ed io?...

ENRICO
Salvarmi devi.

LUCIA
Enrico!

ENRICO
Vieni allo sposo!

LUCIA
Ad altro giurai!

ENRICO
Devi salvarmi...

LUCIA
Ma!...

ENRICO
Il devi!

(in atto di uscire)

LUCIA
Oh ciel!.. Oh ciel!

ENRICO
(ritornando a Lucia, e con accento rapido, ma energico)
Se tradirmi tu potrai,
La mia sorte è già compita...
Tu m'involi onore, e vita;
Tu la scure appresti a me...
Ne' tuoi sogni mi vedrai
Ombra irata e minacciosa!...
Quella scure sanguinosa
Starà sempre innanzi a te!

LUCIA
(volgendo al cielo gli occhi gonfi di lagrime)
Tu che vedi il pianto mio...
Tu che leggi in questo core,
Se respinto il mio dolore
Come in terra in ciel non è.
Tu mi togli, eterno Iddio,
Questa vita disperata...

ENRICO
Ah! Quella scure sanguinosa
starà sempre innanzi a te

LUCIA
Ah! Io son tanto sventurata,
Che la morte è un ben per me!

(Enrico parte affrettatamente. Lucia si abbandona su d'una seggiola, ove resta qualche momento in silenzio.)

Scena Terza

(Lucia vendendo giungere Raimondo, gli va incontro ansiosissima)

LUCIA
Ebben?

RAIMONDO
Di tua speranza l'ultimo raggio tramontò!
Credei, al tuo sospetto, che il fratel chiudesse
tutte le strade, onde sul Franco suolo,
all'uomo che amar giurasti
Non giungesser tue nuove:
Io stesso un foglio da te vergato,
per secura mano recar gli feci...
Invano! Tace mai sempre...
Quel silenzio assai D'infedeltà ti parla!

LUCIA
E me consigli?

RAIMONDO
Di piegarti al destino.

LUCIA
E il giuramento?...

RAIMONDO
Tu pur vaneggi!
I nuziali voti
Che il ministro di Dio non benedice
nè il ciel,
nè il mondo riconosce.

LUCIA
Ah! cede persuasa la mente...
Ma sordo alla ragion
resiste il core.

RAIMONDO
Vincerlo è forza.

LUCIA
Oh, sventurato amore!

RAIMONDO
Ah! Cedi, cedi o più sciagure
ti sovrastano infelice...
Per le tenere mie cure,
Per l'estinta genitrice
Il periglio d'un fratello
deh ti mova; e cangi il cor...
O la madre nell'avello
fremerà per te d'orror.

LUCIA
Ah! Ah! Taci...

RAIMONDO
La madre! Il fratello!

LUCIA
Taci... taci: tu vincesti...
Non son tanto snaturata.

RAIMONDO
Oh! qual gioia in me tu desti!
Oh qual nube hai dissipata!...
Al ben de' tuoi qual vittima
offri Lucia, te stessa;
e tanto sacrifizio
scritto nel ciel sarà.
Se la pietà degli uomini
a te non fia concessa;
v'è un Dio, che tergere
il pianto tuo saprà.

LUCIA
Guidami tu... tu reggimi..
Son fuori di me stessa!..
Lungo crudel supplizio
La vita a me sarà!

RAIMONDO
Si, figlia, coraggio.
Qual nube hai disgombrata!

(Partono.)


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ SuperSE



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|