オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii



"ヘラクレス"

対訳


アリアへジャンプ!

物語の前に

  • ゼウスとアルクメネの間に生まれたヘラクレスは、ゼウスの正妻ヘラの迫害と共に生き、またそれを卓越した力と知恵で乗り越える中で、英雄としての名声を確固たるものとした。
  • 有名な12の難業を達成後、ヘラクレスはカリュドンの王女デイアネイラと結婚する。彼はある時妻と息子ヒュロスと共に川を渡ることになり、まずヘラクレスがヒュロスを担いだ。そしてデイアネイラは渡し守のネッソス(ケンタウロス族の1人)に任せたが、ネッソスがデイアネイラを犯そうとしたので、怒ったヘラクレスは毒矢でネッソスを射抜いた。
  • ネッソスは死の間際に「自分の血には愛を蘇らせる効力がある」とデイアネイラに言い残し、それを信じた彼女はネッソスの血を採っておいた。しかしその血は、触れただけで皮膚が焼けただれる猛毒なのであった…

訳者より

  • 音楽劇「ヘラクレス」は、ギリシャ神話を題材とした英語台本による演奏会形式の劇的作品で、「セメレ」と対をなすヘンデル円熟期の傑作です ──── とは現代における評価で、初演当時はどちらも評判が良くありませんでした。劇場はお客が入ってナンボの世界です。自ら興行主でもあったヘンデルは、その後この世俗路線を完全にあきらめ、宗教的オラトリオによって作曲家人生の終盤を固めていくことになります。個人的には、それがどうしようもなく残念だと何度も感じながらの訳出作業でした。この路線でもっと続けて欲しかったのですが…

ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱

rss 訳者のブログです

Blogs on ヘラクレス

ヘラクレスとは

  • ヘラクレスの72%は回路で出来ています。
  • ヘラクレスの17%は勢いで出来ています。
  • ヘラクレスの4%は下心で出来ています。
  • ヘラクレスの4%は黒インクで出来ています。
  • ヘラクレスの2%は信念で出来ています。
  • ヘラクレスの1%は食塩で出来ています。






|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|