"Semele"

対訳



訳者のツイッター



アリアへジャンプ!

あらすじ

  • テーバイの王カドモスの娘セメレは、ボイオティアの王子アタマスと婚約していた。しかしセメレが本当に愛しているのは、神々の王ジュピター。彼女は何とかアタマスとの結婚を避けたいと願う。

訳者より

  • えっ、ヘンデルにこんな作品があるの!?と驚かないでください。「水上の音楽」や「メサイア」で、健全かつ神聖なヘンデルのイメージが出来上がっている人は、「セメレ」の不倫愛やベッド上の駆け引きを含む情欲丸出しの展開に、今まで信じてきたもの(あるとすればですが)が、音を立てて崩壊する体験を味わうことでしょう。この作品は本来「音楽劇」で、舞台装置や演技を伴わない演奏会用にもかかわらず、その劇的・視覚的な内容から現在ではオペラ風上演で人気となっています。セメレ歌手が(後ろ向きとはいえ)全裸!になったり、ジュピター役とベッドで濃厚に絡んだりするR-18な舞台は、よくある演出家の勝手な読み替えや妄想ではありません。作品自体がそのような性質を持っているのです。

  • 第3部のおしまいのところで唐突にアポロが登場しますが、これはどういうことなんでしょうか。普通ならジュピターがでてくるところです。アポロが登場するにあたり、神様たちの間で以下のようなやりとりがあったのかもしれません。

訳者のブログ

ヘンデルと(戦慄の右脳改革)音楽箱


ヘンデルのカンタータ歌詞の意味を考える


アルチーナのブログ


Blogs on セメレ