オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





<<第1部>>


No. 1 - Overture

【第1場】

(カドモス、アタマス、セメレ、イノ、祭司達の合唱。
ジューノーの神殿の光景。祭壇の側に黄金の女神の像がある。新たな捧げ物が供される度に、それに続いて祭司達が儀式を執り行う。祭壇から炎が立ち上ると、ジューノーの像が身をかがめているように見える。)

No. 2 - Accompagnato

<祭司>
見よ!幸を告げる閃光がきらめき
ジューノー様が我々の供物を受けておられる。
喜ばしい匂いが勢い良く立ち上り
するとどうだ、黄金の像が身をかがめている!

No. 3 - Chorus

<祭司達>
幸福のきざしが我々の儀式を祝福し
あなたの恋人達は、必ずや成功の冠を頂くだろう。
安らかな昼間と実り多き夜が
ジューノー様が認めた二人のお供をする。

No. 4 - Recitative, arioso and duet

<カドモス>
娘よ、よいか
よく言うことを聞くのだ!
快く承諾して
親を安心させてくれ。
もう先延ばしをすることはならぬ。
この幸いなる日に。

<アタマス>
ああ、誠実な恋人の祈りを聞いてくれ!
この幸いなる日に
もう先延ばしはやめてくれないか。

No. 5 - Accompagnato

<セメレ>
(傍白)
ああ、どうしよう!
今やどんな逃げ道が私に残されているというの?
私の苦境はあまりに様々で
悩み深きもの!
どうかジュピター、私を助けて!
セメレはあなたの愛を断ち切り
人間の熱い思いに身をまかすことが出来るの?
そんな裏切りにあなたが復讐せずにいるわけないわよね。
でも(アタマスとの結婚を)拒んだら、父の仕打ちが怖いわ。

No. 6 - Air

お願いジュピター、どちらを選べばいいか私に教えて。
おとなしく結婚する気にさせてくれるか
でなければ拒む手助けをしてちょうだい!
どちらを選べばいいか私に教えて。
でなければ拒む手助けをしてちょうだい!

No. 7 - Air

朝方のヒバリは私とその調べを合わせ
さえずる喉を私の悩みに協和させる。
沈む夕日も昇る朝日も私は嘆くだけ
彼が居なくても戻ってきても等しく悲しいのだから。
朝方のヒバリは・・・

No. 8 - Recitative

<アタマス>
ごらん、彼女の恥じらう視線
ごらん、ため息と共に彼女の胸が高鳴っているのを。
これが愛ゆえのため息なら
私にとってこれ以上幸せなことはない。

No. 9 - Air

結婚の神よ、急いで松明の用意を。
愛の神はもう彼の松明に火をつけたぞ!
一つの安らかな吐息が絶望を追いやった。
私の過去の痛みはそれを補って余りある報いを得たのだ。
愛の神よ、急いで・・・

No. 10 - Recitative

<イノ>
ああ、セメレは言いなりになって
私を不幸にしたのね!
もうこの気持を隠しておけないわ、
吐き出さないと
心の中で燃え上がって
焼き尽くされてしまう。
でもアタマス、
私には言えない!

<アタマス>
美しいイノが
悲しげな口調で私に訴えている。
その顔色は冴えず
目には涙をためて!

<イノ>
ああ、セメレ!

<セメレ>
イノが私に何か訴えてるわ。
でも私を避けているみたい!
どういうことなの、私の妹?
話してちょうだい!

<イノ>
あなたが私から幸せを奪ったのだわ!

No. 11 - Quartet

<カドモス>
なぜこんな時に悲しんでいる?
せっかくの儀式が台なしではないか。
彼か、いや彼女か、お前の苦しみを癒せるのは?
それとも私か?誰に訴えているのだね?

<イノ>
みんなによ!でもきっと全部無駄だわ。

<アタマス>
私なら君の苦しみを癒すことができるかい?

<セメレ>
私ならあなたの痛みを鎮められる?

<カドモス、アタマス、セメレ>
お前は誰に訴えているのか?

<イノ>
みんなによ!でもきっと全部無駄だわ。

(少し遠くで雷の音が聞こえ、祭壇の火が消える)


No. 12 - Chorus

<祭司達>
この不吉な前兆を退けよ、 あらん限りの力で!
神の誰かが我々の聖なる儀式に異を唱えている。
その仕業だ。
突然闇に覆われ 日は尽き果てて
不吉な雷を右手にとどろかせながら
雷雨の中ジュピター様が降りてくる。
我々の幸福の灯りを消すために。

(祭壇に再び火がともされる)

No. 13 - Accompagnato

<カドモス>
再び吉兆の閃光がきらめいたぞ。
ジューノー様が我々の供物を受けておられる。

(再び火が消える)

また火の勢いが弱り、消えていく。
ジューノー様は認めておられるのに
ジュピター様は怒って、反対しているのだ。

No. 14 - Recitative

<アタマス>
結婚の神ジューノー様、ぜひお力を、アタマスのお願いです!

<セメレ>
(傍白)
あなただけよジュピター、あなたのセメレが愛してるのは!

(雷鳴の大きな音がして、祭壇が傾く)

No. 15 - Chorus

<祭司達>
止めろ、誓いを交わすのを止めるんだ!
これ以上式を続けたらバチが当たるぞ。
逃げろ、早くこの聖なる場所から離れるんだ!
この不気味な抵抗は悪い知らせだ。
逃げろ、ジュピター様の逆鱗から逃れるんだ!

(退出)

【第2場】

(アタマスとイノ)

No. 16 - Recitative

<アタマス>
おお、アタマス、苦悶に打ちひしがれたお前!
そしてこれに耐えねばならないのか?
愛から、希望から、手にしかけたものから引き離され
またたく間に深い絶望に突き落とされた!

No. 17 - Air

<イノ>
絶望したあなた、こちらに目を向けて
嘆いている娘を見て頂戴。
涙を流しため息をつくことでは
あなたの悲哀は私のに似ているわ。
絶望したあなた・・・

No. 18 - Recitative

<アタマス>
彼女が泣いている!
優しい娘が 心優しく哀れんで
嘆く私を見て泣いている!
セメレも同情するだろうに
イノが悲しんでいるのを見れば。

No. 19 - Air

君の美しい声が私の気持ちを語るだろうに
失意の私を哀れんでくれるのなら。
そして甘い旋律を持ってすれば
逃げた美しい彼女の気持ちも惹けるだろうに。
君の美しい声が・・・

No. 20 - Recitative

<イノ>
見損なったわ、
あなたは全然私のことをわかってないのね。
どこからそんな優しさが生まれるの?
どこからそんな哀れみが生まれるの?
無神経で無節操な人、
ああ、だめ、あなたをとがめることはできないわ!
だってまさか私に秘めた気持があったとは
わからなかったでしょうし、
哀れんでもらいたかった相手がセメレのライヴァルだという
変なことになっているとは考えもしなかったでしょう?

<アタマス>
ああ、何ということだ
彼女がそんな恋心を抱いていたなんて!

No. 21 - Duet

<イノ>
あなたが不幸にしたのよ、
こちらを見ないで!
過ちが私をとがめ、
恥かしさが募るわ、
あなたが不幸にしたのよ、
こちらを見ないで!

<アタマス>
命をかけて償おう。
私が知らなかった
あなたが抱えていた心の痛みを。
私を避けるのはやめておくれ。

<一緒に>
恋しただけで
二人は不幸になった!

【第3場】

(彼らの所へカドモスが、付き添いの者と共に登場)

No. 22 - Recitative

<カドモス>
ああ、愛に恵まれぬ哀れな王子よ!
ああ、こんな惨めな親があるだろうか!
良いか、アタマス
これほど悲しいことはないぞ、覚悟はいいか
私と一緒に、共に失ったものを嘆く心の備えをするのだ!

<アタマス>
運命がまた何か災いをもたらすとでも?
それともセメレが・・・?

No. 23 - Accompagnato

<カドモス>
恐怖に追い立てられ、大あわてで
私達はジューノー様の神殿から逃げ去った。
どうにか私達が真鍮の門を通り過ぎると
青い炎の冠を優美に頂いたセメレの姿が。
そのゆらぐ炎は
彼女の豊かな髪にきらめいていた。
私達がひどく驚いてこれを見ていると
稲妻よりも速く巨大なワシが急降下して
紫の翼を広げ
舞い降りた。
そのクチバシは黄金のように、眼光は星のごとくきらめき
胸を飾る羽毛は雪と競うばかりの白銀だった。
それは突然、震えている娘をつかむと
目の前から空高く舞い上がり、彼女を連れ去った。
その姿が小さくなるにつれ、あたりには
天上の香りと神々しい気配が立ち込めた。

No. 24 - Recitative

<アタマス>
ああ何と、私にはとんでもなく悪い予兆がする!

<イノ>
私にとってはラッキーなこと、望みがありそう!

Scene 4

(彼らのもとへ祭司と予言者達の合唱が登場)

<カドモス>
見よ、見よ、ジュピター様の祭司と聖なる予言者達が来るぞ!
セメレはどうなったのです、私にその運命を
明らかにしてください!

No. 25 - Chorus

<祭司と予言者達>
でかしたカドモス、でかしたぞ!
ジュピターがテーバイの王に挨拶いたすぞ!
もう悲しむでない
喜びは戻った。
陽気に勝利の歌を歌うのだ!
でかしたカドモス、でかしたぞ!

No. 26 - Air and Chorus

<セメレ>
果てしない悦び、果てしない愛を
セメレは天上で愉しむ!
彼女の胸にジュピターは体を埋め
今や雷鳴の威力もどこへやら。
彼の稲妻は彼女の腕に
そして雷光は彼女の瞳に身を任す。

<祭司と予言者達>
果てしない悦び、果てしない愛を
セメレは天上で愉しむ!
ACT ONE


No. 1 - Overture

Scene 1

(Cadmus, Athamas, Semele, Ino and Chorus of Priests. The scene is the temple of Juno. Near the altar is a golden image of the goddess. The Priests are in their solemnities, as after a sacrifice newly offered: flames arise from the altar and the statue of Juno is seen to bow)

No. 2 - Accompagnato

PRIEST
Behold! Auspicious flashes rise,
Juno accepts our sacrifice;
The grateful odour swift ascends,
And see, the golden image bends!

No. 3 - Chorus

PRIESTS
Lucky omens bless our rites,
And sure success shall crown your loves;
Peaceful days and fruitful nights
Attend the pair that she approves.

No. 4 - Recitative, arioso and duet

CADMUS
Daughter, obey,
Hear and obey!
With kind consenting
Ease a parent's care;
Invent no new delay,
On this auspicious day.

ATHAMAS
Oh, hear a faithful lover's prayer!
On this auspicious day
Invent no new delay.

No. 5 - Accompagnato

SEMELE
(apart)
Ah me!
What refuge now is left me?
How various, how tormenting
Are my miseries!
O Jove, assist me!
Can Semele forego thy love,
And to a mortal's passion yield?
Thy vengeance will o'ertake such perfidy.
If I deny, my father's wrath I fear.

No. 6 - Air

O Jove! In pity teach me which to choose,
Incline me to comply, or help me to refuse!
Teach me which to choose,
Or help me to refuse!


No. 7 - Air

The morning lark to mine accords his note,
And tunes to my distress his warbling throat.
Each setting and each rising sun I mourn,
Wailing alike his absence and return.
The morning lark …

No. 8 - Recitative

ATHAMAS
See, she blushing turns her eyes;
See, with sighs her bosom panting!
If from love those sighs arise,
Nothing to my bliss is wanting.

No. 9 - Air

Hymen, haste, thy torch prepare,
Love already his has lighted!
One soft sigh has cur'd despair,
And more than my past pains requited.
Hymen, haste …

No. 10 - Recitative

INO
Alas, she yields,
And has undone me!
I cannot longer hide my passion,
It must have vent,
Or inward burning
Will consume me.
O Athamas,
I cannot utter it!

ATHAMAS
On me fair Ino calls
With mournful accent,
Her colour fading,
And her eyes o'erflowing!

INO
O Semele!

SEMELE
On me she calls,
Yet seems to shun me!
What would my sister?
Speak!

INO
Thou hast undone me!

No. 11 - Quartet

CADMUS
Why dost thou thus untimely grieve,
And all our solemn rites profane?
Can he, or she thy woes relieve,
Or I? Of whom dost thou complain?

INO
Of all! But all, I fear, in vain.

ATHAMAS
Can I thy woes relieve?

SEMELE
Can I assuage thy pain?

CADMUS, ATHAMAS, SEMELE
Of whom dost thou complain?

INO
Of all! but all, I fear, in vain.

(Thunder is heard at a distance and the fire is extinguished on the altar)

No. 12 - Chorus

PRIESTS
Avert these omens, all ye pow'rs!
Some god averse our holy rites controls;
O'erwhelm'd with sudden night the day expires,
Ill-boding thunder on the right hand rolls,
And Jove himself descends in show'rs
To quench our late propitious fires.


(Flames are rekindled on the altar)

No. 13 - Accompagnato

CADMUS
Again auspicious flashes rise,
Juno accepts our sacrifice.

(The fire is again extinguished)

Again the sickly flame decaying dies:
Juno assents, but angry Jove denies.


No. 14 - Recitative

ATHAMAS
Thy aid, pronubial Juno, Athamas implores!

SEMELE
(apart)
Thee, Jove, and thee alone, thy Semele adores!

(A loud clap of thunder; the altar sinks)

No. 15 - Chorus

PRIESTS
Cease, cease your vows, 'tis impious to proceed,
Begone, and fly this holy place with speed!
This dreadful conflict is of dire presage,
Begone, and fly from Jove's impending rage!

(Exeunt)


Scene 2

(Athamas and Ino)

No. 16 - Recitative

ATHAMAS
O Athamas, what torture hast thou borne,
And oh, what hast thou yet to bear?
From love, from hope, from near possession torn,
And plung'd at once in deep despair!

No. 17 - Air

INO
Turn, hopeless lover, turn thy eyes,
And see a maid bemoan,
In flowing tears and aching sighs,
Thy woes too like her own.
Turn, hopeless lover...

No. 18 - Recitative

ATHAMAS
She weeps!
The gentle maid, in tender pity,
Weeps to behold my misery!
So Semele would melt
To see another mourn.

No. 19 - Air

Your tuneful voice my tale would tell,
In pity of my sad despair;
And with sweet melody compel
Attention from the flying fair.
Your tuneful voice…

No. 20 - Recitative

INO
Too well I see,
Thou wilt not understand me.
Whence could proceed such tenderness?
Whence such compassion?
Insensible, ingrate,
Ah no, I cannot blame thee!
For by effects, unknown before,
Who could the hidden cause explore,
Or think that love could act so strange a part,
To plead for pity in a rival's heart?

ATHAMAS
Ah me, what have I heard,
She does her passion own!

No. 21 - Duet

INO
You've undone me,
Look not on me!
Guilt upbraiding,
Shame invading,
You've undone me,
Look not on me!

ATHAMAS
With my life I would atone
Pains you've borne,
To me unknown.
Cease to shun me.

BOTH
Love alone
Has both undone!

Scene 3

(To them Enter Cadmus, attended)

No. 22 - Recitative

CADMUS
Ah, wretched prince, doom'd to disastrous love!
Ah me, of parents most forlorn!
Prepare, O Athamas, to prove
The sharpest pangs that e'er were borne,
Prepare with me our common loss to mourn!

ATHAMAS
Can fate, or Semele, invent
Another, yet another punishment?

No. 23 - Accompagnato

CADMUS
Wing'd with our fears and pious haste,
From Juno's fane we fled.
Scarce we the brazen gates had pass'd,
When Semele around her head
With azure flames was grac'd,
Whose lambent glories in her tresses play'd.
While this we saw with dread surprise,
Swifter than lightning downward tending,
An eagle stoop'd, of mighty size,
On purple wings descending,
Like gold his beak, like stars shone forth his eyes,
His silver plumy breast with snow contending.
Sudden he snatch'd the trembling maid,
And soaring from our sight convey'd,
Diffusing ever as he less'ning flew
Celestial odour and ambrosial dew.

No. 24 - Recitative

ATHAMAS
Oh prodigy, to me of dire portent!

INO
To me I hope, of fortunate event!

Scene 4

(Enter to them Chorus of Priests and Augurs)

CADMUS
See, see, Jove's Priests and holy Augurs come,
Speak, speak of Semele, and me declare the doom!


No. 25 - Chorus

PRIESTS, AUGURS
Hail Cadmus, hail!
Jove salutes the Theban king!
Cease your mourning,
Joys returning,
Songs of mirth and triumph sing!
Hail Cadmus, hail!

No. 26 - Air and Chorus

SEMELE
Endless pleasure, endless love,
Semele enjoys above!
On her bosom Jove reclining,
Useless now his thunder lies;
To her arms his bolts resigning,
And his lightning to her eyes.

PRIESTS, AUGURS
Endless pleasure, endless love
Semele enjoys above!


Creative Commons License
To the extent possible under law,
Team Handel have waived all copyright
and related or neighboring rights
to the Japanese text above.
This work is published from Japan.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|