オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





<<第2部>>


No. 27 - Symphony

【第1場】

(のどかな田園風景。眺望は森と滝で飾られた美しい山で終わっている。ジューノーとイリスが別々の乗り物で降りてくる。ジューノーは孔雀にひかれた二輪馬車に、イリスは虹に乗っている。乗り物から降りた二人が顔を合わせる。)

No. 28 - Recitative

<ジューノー>
イリス、待ちくたびれました、
サモス島 から飛んできたというのに
こんなに戻りが遅いなんて

<イリス>
全速力で駆ける太陽でも
まだ軌道の半分も進んでませんわ、
あなた様の途方もない命令を遂行するために
私が海と陸を三回も行ったり来たりしている間に。

<ジューノー>
さあ、それでセメレはどこにいるの?

<イリス>
キタイロン山が堂々とそびえ立ち
ケクロピアの地からボイオティアを分かつ所をご覧ください
その丘の高い頂
人々の目が届き及ばぬ先に
ジュピターの命によりヴァルカンが腕をふるって
新しく建てた宮殿を御覧なさいまし!

No. 29 - Air

その人目を避けた隠れ家で
彼女はひっそりと甘い生活を送る。
ジュピターの求めに応じ、愛の神、美の女神達が皆
彼女の喜びに仕える。
その隠れ家で・・・

No. 30 - Recitative

<ジューノー>
もう結構、それ以上聞きたくないわ!

No. 31 - Accompagnato

目覚めよ、サトゥルヌス、怠惰な眠りから!
忌々しいセメレを捕まえて、メチャクチャにしてちょうだい!
誇り高きキタイロンの山頂に登り、
あの女をひっつかんで、怒りに任せてズタズタにし、
三途の川に落とすのよ!
落とせ、落とせ、落とせ、落とせ
夜の闇底に転げ落として
彼女が二度と光を見られないようにするのよ。
この権威ある笏(しゃく)を私が振るえば、
地獄にかける誓いとなるわ!

(自分に)

この呪いを聞いて、天よ、怖れ慄きなさい!

(イリスに)

呪われたアゲノール一族なぞ一人たりとも容赦しないわ。

No. 32 - Recitative

<イリス>
お聞きください、強大な女王様
乗り越えるべき障害物がどんなものか詳しくお話しますので。

No. 33 - Accompagnato

門は固くかんぬきが掛けられ
その入口は二匹の恐ろしいドラゴンが守っています。
近づこうとすれば鋭いトゲを激しくゆすり
真鍮の翼をバタつかせます。
そしてぞっとするようなウロコを逆立てて
たちまち彼らは燃え盛る千の目を見開き
それらは決して眠ることを知りません。


No. 34 - Air

<ジューノー>
行きましょう、イリス、立ち去りましょう
できるだけ早く(一日に行ける距離よりできるだけ遠く)
スキュティアの丘を越えてミオティア湖まで
急ぎ、飛ぶのです!
そこにいる眠りの神ソムヌスを
その静かな部屋のふかふかした寝床から離して
騒音と灯で安からな眠りを妨げるのです
ソムヌスがふたたび眠りに付くことは
私が心に誓った復讐を、彼が果たすまでは
ドラゴンを眠らせるまでは、許しません
行きましょう...

(退出)

【第2場】

(セメレの宮殿の一室。眠っているセメレ、キューピッドと西風の神が仕えている)

Air

(おそらく初演以前にカット)

<キューピッド>
さあおいで西風よ、キューピッドが歌う中を
その絹のような翼で彼女を扇いでおくれ。
私は新たな欲望に火をつけ
消えかけた炎を再び燃やそう。
私が(矢を射って)彼女を傷つけている間に
彼女の周りで踊っておくれ。
そして喜びで
彼女の夢を満たしておくれ。
さあおいで西風よ・・・

(セメレが目を覚まし、起き上がる)

No. 35 - Air

<セメレ>
おお眠りよ、なぜお前は私の元を去るの?
なぜお前の夢心地の喜びはどこかへ行ってしまうの?
おお眠りよ、もう一度私を騙して。
さ迷う私の愛をこの腕に返してちょうだい!

【第3場】

(そこへジュピター登場する)

No. 36 - Recitative

<セメレ>
もうこれ以上あなたが側にいない辛さで
耐えがたい思いをさせないで。
あなたは私の心を愛するように作りあげたのだから
もうこれ以上私を苦しめないで
疑いや恐れ、醜い嫉妬で。

No. 37 - Air

<ジュピター>
疑いや恐れは脇に置き、
楽しいことだけ考えなさい。
私が人の姿をしていても
人の愚かさを持っているとは思わぬように。
疑いや恐れは・・・

No. 38 - Recitative

お前は生身の人間で、
休息と眠りの時が要る。
私はいなかったわけではなく、
キューピッドがお前と一緒だった時
私もそこにいた。
キューピッドと私はひとつなのだよ。

No. 39 - Air

<セメレ>
愛を欲しがり
至福のため息をつき
激しく求めて
我を失う
もしこれが愛ならば、あなただけじゃなく
私もキューピッドとひとつなのね。
理由もないのに疑って
そうでなければ絶望し
軽々しく信じて
無用に恐れる
もしこれが愛ならば、あなただけじゃなく
私もキューピッドとひとつなのね。
愛を・・・

No. 40 - Chorus

<キューピッドと西風の神>
どれだけ心をとらえ、愛おしいことか
恋人が心を痛め気遣ってくれるのは!
孤独や絶望が過ぎ去ると
なんとニンフは喜ばしい表情をしていることか!
どれだけ心をとらえ・・・

No. 41 - Recitative

<セメレ>
ああ、だめ!

<ジュピター>
いとしいセメレ、なぜため息をつく?
どんな細やかな悲しみが
お前のやわらかな胸をふくらませるのか?
なぜ美しい瞳を
瞬きでふるわせるのか
風に舞うかのように?
濡れた情熱の瞳の中に
何か新しく生まれた望みが現れているのか?
話してごらん、そうしたら叶えられる!

<セメレ>
自分の幸せのことを思えば
ため息も出るし身も震えるわ。
だって私はいつか死んでしまう
未だ人間の女よ。
だからあなたが私の元を去ると
いくら愛や美の神々に
取り囲まれていても
恐怖が私を襲って
どうしようもなく劣った自分の性質(たち)を
意識してしまうから
孤独を求め
世を避けたい気持ちになるの。

<ジュピター>
(傍白)
彼女(あれ)の言わんとするところはわかり過ぎるほどわかる、
だが了解してはいけない。
彼女は不死身になることを狙っている、
とんでもない野望を持って。

No. 42 - Air

すぐにも彼女(あれ)を楽しませなければ、
彼女が何やかや言わないように。
色男は二重につらいよ
ニンフの嫌味を聞かなきゃならないし、
それを聞いても蹴らなきゃならないし。
すぐにも彼女を・・・

No. 43 - Chorus

<キューピッドと西風の神>
さあ永遠の少年キューピッドが
心地良い喜びに浸るあなた達を悦楽へと誘う。

No. 44 - Recitative

<ジュピター>
私の指図で、
今この瞬間にも
2枚の翼を持った西風の神(ゼピュロス)たちが
羽根布団の寝床から
お前の愛してやまないイノを起し、
一緒に
ここへ飛んでくる、
さわやかな大気の中を通ってね。

<セメレ>
私、妹に会えるのね?
幼い日々を共に過ごした
愛しい相手と。

<ジュピター>
ごらん、彼女はやってくる、
だが私の姿は見えない。
なぜなら私は
お前にだけ見えるようになっているからだ。
私が休んでいる間、起きていて彼女に会い、
歓迎してやるがいい。
今ここの景色はすべて桃源郷(アルカディア)のものに変わる、
幸せなニンフたちと若者たちのいるところだ。
そこでは彼らは嫉妬に狂うことなく恋をし、
痛みなしで愛の甘さを楽しんでいる。

No. 45 - Air

<ジュピター>
お前の歩み行くところはどこも、涼しい風が草地を吹き渡り、
お前が座ると、木々は繁って緑陰を作るよ。
お前の進み行くところどこでも、色づく花々が高く伸び、
お前が目を向けるところすべてで、万物が生き生きするよ。
お前の・・・

(退出する)

【第4場】

(セメレとイノ、顔を合わせ抱き合う。 
ニンフと若者達の合唱)

No. 46 - Recitative

<セメレ>
ようこそ妹、ここまでの道のりはどんなだったの?

<イノ>
たくさんの国と街を越えて飛んできたの、
丘や谷や不毛の砂漠も越えたわ。
やせた荒地やじめじめした湿地を越え、
恐ろしい獣たちが巣くう森も越えてきたのよ。
道もないところを飛んでくるスピードは大変なものだったわ、
一度も地上に降りることはなかったし。
空を飛んでいる間に教えてもらったのだけど、
ジュピター様がそうするようにお決めになったのですって。

No. 47 - Air

あ、聴いて、天国の様子が変わってきたわ、
もう静かではなくなって、
うっとりするような音楽でいっぱいよ。
静かな雰囲気が急になんて魅力的になったのかしら、
全ての和音が驚き目覚めたようだわ!
みんな心が有頂天になって
熱くなったと思うと、また少し冷めたりするのね。

No. 48 - Duet

<セメレ、イノ>
それでは用意を、永遠の歌い手達よ、
神々の吟遊詩人は竪琴を奏で、
全員合唱の輪に加わって!

No. 49 - Chorus

<ニンフと若者達>
天上の歌で喜びに満ちる大地を祝福しよう。
そしてその終わりなき歌を高みへと上げよう、
全てが神々しいものとなるように!
ACT TWO


No. 27 - Symphony

Scene 1

(A pleasant country, the prospect terminated by a beautiful mountain adorn'd with woods and waterfalls. Juno and Iris descend in different machines. Juno in a chariot drawn by peacocks; Iris on a rainbow; they alight and meet)

No. 28 - Recitative

JUNO
Iris, impatient of thy stay,
From Samos have I wing'd my way
To meet thy slow return.

IRIS
With all his speed not yet the sun
Through half his race has run,
Since I, to execute thy dread command,
Have thrice encompass'd sea and land.

JUNO
Say, where is Semele's abode?

IRIS
Look, where Cithaeron proudly stands,
Bœotia parting from Cecropian lands.
High on the summit of that hill,
Beyond the reach of mortal eyes,
By Jove's command and Vulcan's skill,
Behold a new-erected palace rise!

No. 29 - Air

There, from mortal cares retiring,
She resides in sweet retreat.
On her pleasure, Jove requiring,
All the Loves and Graces wait.
There...

No. 30 - Recitative

JUNO
No more, I'll hear no more!

No. 31 - Accompagnato

Awake, Saturnia, from thy lethargy!
Seize, destroy the cursed Semele!
Scale proud Cithaeron's top,
Snatch her, tear her in thy fury,
And down to the flood of Acheron
Let her fall, let her fall, fall, fall,
Rolling down the depths of night,
Never more to behold the light.
If I th'imperial scepter sway, I swear
By hell!

(Herself)

Tremble, thou universe, this oath to hear!

(To Iris)

Not one of curst Agenor's race to spare.

No. 32 - Recitative

IRIS
Hear, mighty queen, while I recount
What obstacles you must surmount.

No. 33 - Accompagnato

With adamant the gates are barr'd,
Whose entrance two fierce dragons guard.
At each approach they lash their forky stings
And clap their brazen wings;
And as their scaly horrors rise,
They all at once disclose
A thousand fiery eyes
Which never know repose.

No. 34 - Air

JUNO
Hence, Iris, hence away,
Far from the realms of day!
O'er Scythian hills to the Maeotian lake
A speedy flight we'll take!
There Somnus I'll compel
His downy bed to leave, and silent cell;
With noise and light I will his peace molest,
Nor shall he sink again to pleasing rest,
Till to my vow'd revenge he grants supplies,
And seals with sleep the wakeful dragons' eyes.
Hence...

(Exeunt)

Scene 2

(An apartment in the palace of Semele. She is sleeping, Loves and Zephyrs waiting)

Air

(probably cut before the first performance)

CUPID
Come, Zephyrs, come, while Cupid sings,
Fan her with your silky wings!
New desire I'll inspire,
And revive the dying flames.
Dance around her
While I wound her,
And with pleasure
Fill her dreams.
Come, Zephyrs, come …

(Semele awakes and rises)

No. 35 - Air

SEMELE
O sleep, why dost thou leave me,
Why thy visionary joys remove?
O sleep, again deceive me,
To my arms restore my wand'ring love!

Scene 3

(To them enter Jupiter)

No. 36 - Recitative

SEMELE
Let me not another moment
Bear the pangs of absence;
Since you have form'd my soul for loving,
No more afflict me
With doubts and fears and cruel jealousy!

No. 37 - Air

JUPITER
Lay your doubts and fears aside,
And for joys alone provide.
Though this human form I wear,
Think not I man's falsehood bear.
Lay your doubts …

No. 38 - Recitative

You are mortal and require
Time to rest and to repose.
I was not absent,
While Love was with thee
I was present:
Love and I are one.

No. 39 - Air

SEMELE
With fond desiring,
With bliss expiring,
Panting,
Fainting,
If this be Love, not you alone,
But Love and I are one.
Causeless doubting,
Or despairing,
Rashly trusting,
Idly fearing,
If this be Love, not you alone,
But Love and I are one
With fond …

No. 40 - Chorus

LOVES AND ZEPHYRS
How engaging, how endearing,
Is a lover's pain and care!
And what joy the nymph's appearing
After absence or despair!
How engaging …

No. 41 - Recitative

SEMELE
Ah me!

JUPITER
Why sighs my Semele?
What gentle sorrow
Swells thy soft bosom?
Why tremble those fair eyes
With interrupted light,
Where hov'ring for a vent,
Amidst their humid fires,
Some new-form'd wish appears?
Speak, and obtain!

SEMELE
At my own happiness
I sigh and tremble,
For I am mortal,
Still a woman;
And ever when you leave me,
Though compass'd round with deities
Of Loves and Graces,
A fear invades me,
And conscious of a nature
Far inferior,
I seek for solitude
And shun society.

JUPITER
(apart)
Too well I read her meaning,
But must not understand her:
Aiming at immortality
With dangerous ambition.

No. 42 - Air

I must with speed amuse her
Lest she too much explain.
It gives the lover double pain
Who hears his nymph complain,
And hearing, must refuse her.
I must...

No. 43 - Chorus

LOVES AND ZEPHYRS
Now Love that everlasting boy invites
To revel while you may in soft delights.

No. 44 - Recitative

JUPITER
By my command
Now at this instant
Two winged Zephyrs
From her downy bed
Thy much lov'd Ino bear,
And both together
Waft her hither,
Through the balmy air.

SEMELE
Shall I my sister see,
The dear companion
Of my tender years?

JUPITER
See, she appears,
But sees not me;
For I am visible
Alone to thee.
While I retire, rise and meet her,
And with welcomes greet her.
Now all this scene shall to Arcadia turn,
The seat of happy nymphs and swains;
There without the rage of jealousy they burn,
And taste the sweets of love without its pains.

No. 45 - Air

JUPITER
Where'er you walk, cool gales shall fan the glade;
Trees, where you sit, shall crowd into a shade.
Where'er you tread, the blushing flow'rs shall rise,
And all things flourish where'er you turn your eyes.
Where'er...

(Exit)

Scene 4

(Semele and Ino meet and embrace. Chorus of Nymphs and Swains)

No. 46 - Recitative

SEMELE
Dear sister, how was your passage hither?

INO
O'er many states and peopled towns we pass'd,
O'er hills and valleys, and o'er deserts waste;
O'er barren moors, and o'er unwholesome fens,
And woods where beasts inhabit dreadful dens.
Through all which pathless way our speed was such,
We stopp'd not once the face of earth to touch.
Meantime they told me, while through air we fled,
That Jove did thus ordain.

No. 47 - Air

But hark, the heav'nly sphere turns round,
And silence now is drown'd
In ecstasy of sound.
How on a sudden the still air is charm'd
As if all harmony were just alarm'd!
And ev'ry soul with transport fill'd,
Alternately is thaw'd and chill'd.

No. 48 - Duet

SEMELE, INO
Prepare then, ye immortal choir,
Each sacred minstrel tune his lyre,
And all in chorus join!

No. 49 - Chorus

NYMPHS AND SWAINS
Bless the glad earth with heav'nly lays,
And to that pitch th'eternal accents raise,
That all appear divine!


Creative Commons License
To the extent possible under law,
Team Handel have waived all copyright
and related or neighboring rights
to the Japanese text above.
This work is published from Japan.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|