オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





<<第二幕>>

第1場


ドリンダひとり

N. 17 - Arioso

DORINDA
あなたが苦しみを語ってくれるときは
恋するナイチンゲールよ
歌い、泣いて
私の苦しみに寄り添ってくれているみたい

第2場

オルランドとドリンダ

Recitativo

ORLANDO
優しいドリンダよ、なぜ
あんなことを言いふらすのだ
オルランドがイザベラ様に惚れ込んで、愛しているなどと?

DORINDA
私が?騎士様、それは誤解です
私はアンジェリカ様のことをお話ししたのに・・

ORLANDO
聞かせろ、どのアンジェリカのことをおまえは言ってるんだ?

DORINDA
私と一緒にいた、あのひとです。
そしてメドーロ様と去っていきました。
メドーロ様は彼女にとても愛されていて
私も彼を愛していて
お慕いしていたのだけれど
私は騙されたままでした
でもこの飾り物をいただきました

(彼に宝飾品を見せる)

ORLANDO
なんだこれは、天よ!これはまさしく
ジリアンテ様が私に賜り
彼女に差し上げた腕輪ではないか。ああもう疑いない
彼女が私を裏切ったことは。
だが、どいつがあえて
私の恋敵になろうというのか?
カフカスの王か?ムーア人のフェラグートか?

DORINDA
もう申しました、メドーロという名だと
若くて美しい
素晴らしい身体のかた。 ああ、彼を忘れるなんて
できない!いまも私の目にはいるものすべてが、
メドーロ様のように思えて、いつもため息をついてしまいます

N. 18 - Aria

DORINDA
草原のほうへ目を向ければ
私のメドーロを
どの花の中にも見いだせる
森や小川を見渡せば
ときには波が、ときには葉が
私にささやいてくれるみたい
君のメドーロはそこで
愛していると言ってくれてるよと

(退場)

第3場

オルランドひとり

Recitativo

ORLANDO
こんな仕打ちをするとは
冷酷なアンジェリカ!
私の愛に、私の忠誠に?
ああ、私から逃れようとしても無駄なこと
アケロンテ(冥界の嘆きの川)の流れまで
私の怒りと、私の剣がおまえを追いかけていくぞ!

N. 19 - Aria

ORLANDO
天よ!もしおまえが許すのなら
ああ!私の胸へと
なんとか剣を突き刺せるようにしてくれないか
この悪しき苦しみから
惨めなわが心が
剣によって、せめて
抜け出す糸口となるように

(退場)

第4場

遠くに海が見え、片側は月桂樹の森、
もう片方は洞窟の入口
アンジェリカ、メドーロとゾロアストロ

Recitativo

ZOROASTRO
盲目の愛のためにとんでもない危険に
身を晒しているぞ、軽率な恋人たちよ!

ANGELICA
オルランドから遠ざかる必要があるのです

ZOROASTRO
で、もし彼があなたたちに追いついたら?

MEDORO
私にだって胸の内には覚悟があります

ANGELICA
私を想っているからきっと彼は決して残酷にならないでしょう

ZOROASTRO
彼に不実であった者に情けをいだくでしょうか?
彼の怒りから逃れるため歩みを早めなさい
あなた方を助けるため私も出来る限りのことをしましょう

N. 20 - Aria

ZOROASTRO
濃い霧のさなかでは
われらの心はたえずさまよう
盲目の神を導きとするならば
崩れ落ちそうな崖の上で
危険が差し迫っている
理性が光を与えてくれなければ

(退場)

第5場

アンジェリカとメドーロ

Recitativo

ANGELICA
このいとしき草木と
私はお別れしなくてはならない、なんと悲しいこと!

MEDORO
愛する人よ、この草木は誠実に愛し合っていた私たちを
ずっと覚えてくれているだろう

ANGELICA
でもこうしてはいられないわ
先を急がなくては
行って馬に馬銜をつける支度をして
私はここであなたを待っているから

MEDORO
私はあなたのいかなる指図もやる準備ができている
さらば草原よ!さらば泉よ!さらば月桂樹よ!

(彼らの名前を樹の皮に刻みつける)

N. 21 - Aria

MEDORO
緑の月桂樹よ、われらの名前を
いつまでも結びつけ保っていておくれ
私たちの心が結びついているように
そしてこれを見たものに話してくれ、
どの手が、いつ、どのように
こんなに美しく刻みつけたのかを。
もしおまえが、見たものにわれらの愛をうらやましがらせ
ため息をつかせようと望むなら

(退場)

第6場

アンジェリカひとり

Recitativo

ANGELICA
たくさんの危機とたくさんの苦悩のあとで
いま父の国へ
メドーロとともに幸せに帰りましょう
オルランドにはひどい裏切りを
私はしてしまう、この名誉と生命は彼のおかげなのに
でもなにができるの?彼にだってよくわかるはずよ
ひと目で魅入られてしまうと
力も、美徳も、手柄も何の役にも立たないのよ

N. 22 - Aria

ANGELICA
彼が私を恩知らずと言うことはできないでしょう
私はこの美しい矢に
射止められてしまったのだから
もし愛の神が攻撃したなら
彼でさえも防ぐことはできない
その運命の弓を

(退場)

第7場

オルランドひとり

Recitativo

ORLANDO
どこに、どこに導くのだ、おおフリアイよ
私をさすらわさせ動揺させて?
私の目から隠れていた
不埒な二人を見つけだすのだ

(木の皮に刻まれたものを読む)

なんだこれは?ああ!
この木に刻まれているのは
罪深きアンジェリカとメドーロの名前
彼らの不実な愛、 にもかかわらず私は死なないのか!
だがこれを刻んだ手はどこにある?
おそらくこの洞窟が
彼らの隠れ家で、 彼女が潜んでいるのだろう
あらゆる目に見えぬ深い溝まで
ぜんぶじっくりと探してやる

(洞窟の中へ入る)

第8場

アンジェリカ、あとからオルランド

ANGELICA
私の愛する恋人は出発の準備を
もうすっかり整えてくれたわ
さようなら、とうとうお別れなの、大好きな木々よ

N. 23 - Aria

ANGELICA
みどりの木々よ、楽しき草地よ、
優雅な小川よ、苔むした洞窟よ
天があなたがたに優しくありますように
あなた達の秘密の陰を
悪い風や残酷な雨雲が
決してその憩いをかき乱さぬように

Recitativo

ORLANDO
ああ裏切り者、ここにいたか!

ANGELICA
誰か助けて?ああ神よ!

(森へ逃げる、オルランドは彼女を追いかける、
そこへメドーロが出てくる)

第9場

メドーロひとり

MEDORO
ああ、なんてことだ、アンジェリカが
騎士に追われ、森へ逃げていこうとしている
大急ぎで後を追わねば

(森の中へ行く)

第10場

逃げるアンジェリカ、あとからオルランド

ANGELICA
愛の神よ、愛しき神よ!
私を助けて
あなたの神の力にお願いします
ああ、メドーロ!メドーロ!

ORLANDO
メドーロを呼んでも無駄だ

ANGELICA
どこかへ隠れられないの?

ORLANDO
逃げられないぞ、 あの世へでも行かぬ限りは

アンジェリカは海に向かって逃げる、オルランドが追いかけた時、
大きな雲が降りてきて、 アンジェリカを隠し、
彼女を取り囲んだ四人の守護神とともに虚空へ連れ去る


第11場

オルランドひとり

N. 24 - Recitativo accompagnato

ORLANDO
ああステュクスの亡霊め!ああ悪辣な幽霊め、
不実な女をいま隠したな、
なぜわが愛を侮辱し
わが正義の怒りを彼女に下させぬのか?
ああ、惨めに嘲笑され
もう私は裏切り者に殺された!
このことで私の心は引き裂かれた
私は幽霊だ、いまや幽霊となった私が望むのは
あそこを下り嘆きの国へと渡ること。
ステュクスの渡し船がここにある。
カロンテには悪いが
もう私は黒い波を切って進んでいる。さあ、煙が立ち込めた
プルートの宮殿の入口だ、屋根が焼け焦げているぞ

ORLANDO
いまやケルベロスは吠えたて、
また冥界の
これも恐ろしき
青ざめた復讐の女神が
私の方へとやってくる
だが復讐の女神よ、私ひとりが苦しんできたのだ
どこにいる?こいつはメドーロだ
プロセルピナの腕の中に
逃げているのが見える。さあ、急いで彼女を引き剥がしてやる。
ああ、プロセルピナが泣いている!
私の怒りは和らいでしまう
地獄でも愛により涙するのなら

ORLANDO
美しき瞳よ、泣かないでくれ、
涙はこの地獄でも
皆に憐れみを呼び覚ますから
美しき瞳よ、泣かないでくれ、
いや、ああ、瞳よ、泣くがいい、泣け
おまえの魅力には耳を貸さぬぞ
ダイヤモンドのような強い心が私にはあるから
わが怒りは決して鎮まりはせぬ
そうだ、瞳よ、泣くがいい、泣け

洞窟の中へ怒り狂って飛び込むと、洞窟が爆発する
馬車に乗った魔術師が現れ、両腕でオルランドを掴み
虚空へ消え去る
ATTO SECONDO

Scena prima

Bosco.
Dorinda sola.

N. 17 - Arioso

DORINDA
Quando spieghi i tuoi tormenti
amoroso rosignolo
par che canti e piangi allor,
e accompagni il mio dolor.

Scena seconda

Orlando e Dorinda.

Recitativo

ORLANDO
Perché, gentil Dorinda,
così vai pubblicando
ch'ha rapito Isabella, e l'ama Orlando?

DORINDA
Io? Signor, mal intese
ch'il riferì, d'Angelica parlai...

ORLANDO
Dimmi, di quale Angelica tu intendi?

DORINDA
Di quella, ch'era meco,
e poi se n'è partita
col suo Medoro, da lei tanto amato
ch'amavo pure anch'io
ch'era l'idol mio
e me lasciò schernita
sebben questo gioiello m'ha donato.

(gli fa vedere il gioiello)

ORLANDO
Che miro, oh ciel! Questo è il maniglio appunto
che già di Ziliante a me fu dono,
e ch'io dopo a lei diedi. Ah! Più non posso
dubitar ch'ella sia, che me tradisce.
Ma chi è costui, che ardisce
d'esser a me rivale?
È il re circasso? O Ferraguto il moro?

DORINDA
Già v'ho detto, che chiamasi Medoro
ed è giovane e bello
d'una bona struttura. Ahi! Che non posso
scordarlo! Ed ora tutto quel che miro
parmi che sia Medoro, e ognor sospiro.

N. 18 - Aria

DORINDA
Se mi rivolgo al prato
veder Medoro mio
in ogni fior mi fa.
Se miro il bosco, o 'l rio
mi par che mormorando
or l'onde, ora le fronde
dicano sì ch'amando
qui 'l tuo Medoro sta.

(parte)

Scena terza

Orlando solo.

Recitativo

ORLANDO
È questa la mercede
Angelica spietata!
Del mio amor, di mia fede?
Ah! Non vi gioverà da me fuggire;
che sino d'Acheronte sulla strada
vi giungerà il mio sdegno, e la mia spada!

N. 19 - Aria

ORLANDO
Cielo! Se tu il consenti,
deh! Fa' che nel mio seno
possa anche il ferro entrar;
perché a un sì rio dolore
dal misero mio core
sappia col ferro almeno
l'uscita ritrovar.

(parte)

Scena quarta

Veduta di mare in lontano; da una parte boschetto di lauri, e dall'altra una bocca di grotta.
Angelica, Medoro e Zoroastro.

Recitativo

ZOROASTRO
A qual rischio vi espone
incauti amanti un cieco amor?

ANGELICA
È d'uopo lontanarsi da Orlando.

ZOROASTRO
E s'ei vi giunge?

MEDORO
Ho core anch'io nel petto.

ANGELICA
Forse per me non sarà mai crudele.

ZOROASTRO
E avrà pietà di chi gli fu infedele?
Affrettatene i passi per fuggir il suo sdegno
e l'opra mia per vostro aiuto impegno.

N. 20 - Aria

ZOROASTRO
Tra caligini profonde
erra ognor la nostra mente
s'ha per guida un cieco nume.
Di rovina sulle sponde
è in pericolo imminente
se ragion non le dà il lume.

(parte)

Scena quinta

Angelica e Medoro.

Recitativo

ANGELICA
Da queste amiche piante
dovermi allontanar, quanto mi spiace!

MEDORO
Conserveranno ogn'ora, o mio bel core
la memoria fedel del nostro amore.

ANGELICA
Ma del nostro cammino
è tempo ormai di seguitarne il corso;
vanne ed appresta a' corridori 'l morso,
ch'io qui t'attendo.

MEDORO
Pronto d'ogni tuo cenno esecutor son io.
Addio prati! Addio fonti! Allori addio!

(scolpisce i loro nomi nella scorza degli alberi)

N. 21 - Aria

MEDORO
Verdi allori sempre unito
conservate il nostro nome
come unito sarà il cor.
E poi dite a chi lo miri
da qual mano, quando, e come
fosse in voi sì ben scolpito
se volete, che sospiri
invidiando il nostro amor.

(parte)

Scena sesta

Angelica sola.

Recitativo

ANGELICA
Dopo tanti perigli, e tanti affanni
ora al paterno regno
con Medoro farò lieto ritorno.
Troppo ingrata ad Orlando
mi rendo, è ver, cui debbo onor, e vita.
Ma che far posso? Egli ben sa per prova
che agli incanti d'un volto
né forza, né virtù, né merto giova.

N. 22 - Aria

ANGELICA
Non potrà dirmi ingrata
perché restai piagata
da un così vago stral.
Se quando amor l'offese
ei pur mal si difese
dall'arco suo fatal.

(parte)

Scena settima

Orlando solo.

Recitativo

ORLANDO
Dove, dove guidate o Furie
che m'agitate il piede errante?
Per ritrovar l'indegna
coppia, che si nascose a gli occhi miei.

(legge sopra la scorza degli alberi)

Ma che rimiro? Oh dèi!
Scolpiti in queste piante
i nomi rei d'Angelica e Medoro
e 'l lor perfido amore, e pur non moro!
Ma dov'è quella man, che li ha scolpiti?
Forse che in questo speco
del loro amor ricetto, ella s'asconde;
ne cercherò ben tutte
le più cieche voragini profonde.

(entra nella grotta)

Scena ottava

Angelica e poi Orlando.

ANGELICA
Tutto a poter partire
ha già disposto il mio gradito amante.
Addio, dunque vi lascio, amiche piante.

N. 23 - Aria

ANGELICA
Verdi piante, erbette liete
vago rio, speco frondoso
sia per voi benigno il ciel.
Delle vostre ombre segrete
mai non turbi 'l bel riposo
vento reo, nembo crudel.

Recitativo

ORLANDO
Ah perfida, qui sei!

ANGELICA
Chi mi soccorre? Oh numi!

(fugge nel bosco. Orlando la seguita,
quando esce Medoro)

Scena nona

Medoro solo.

MEDORO
Ohimè! Che miro! Angelica seguita
da un cavalier fuggendo va nel bosco?
Volo a correr sull'orme.

(va nel bosco)

Scena decima

Angelica fuggendo, e poi Orlando.

ANGELICA
Amor, caro amore!
Assistimi tu
tuo nume imploro
ah Medoro! Medoro!

ORLANDO
Medoro chiami invan.

ANGELICA
Dove m'ascondo?

ORLANDO
Non fuggirai, se non vai nell'altro mondo.

Angelica fugge verso il mare, Orlando la seguita, quando discende una gran nube, che asconde Angelica,
e la porta via in aria accompagnata da quattro Geni, che la circondano.

Scena undicesima

Orlando solo.

N. 24 - Recitativo accompagnato

ORLANDO
Ah stigie larve! Ah scellerati spettri,
che la perfida donna ora ascondete,
perché al mio amor offeso
al mio giusto furor non la rendete?
Ah misero e schernito,
l'ingrata già m'ha ucciso!
Sono lo spirto mio da me diviso
sono un'ombra, e qual ombra adesso io voglio
varcar là giù ne' regni del cordoglio.
Ecco la stigia barca.
Di Caronte a dispetto
già solco l'onde nere: ecco di Pluto
le affumicate soglie, e l'arso tetto.

ORLANDO
Già latra Cerbero
e già dell'Erebo
ogni terribile
squallida furia
se n' viene a me.
Ma la furia, che sol mi diè martoro
dov'è? Questo è Medoro.
A Proserpina in braccio
vedo che fugge. Or a strapparla io corro.
Ah! Proserpina piange!
Vien meno il mio furore
se si piange all'inferno anco d'amore.

ORLANDO
Vaghe pupille, non piangete, no
che del pianto ancor nel regno
può in ognun destar pietà;
vaghe pupille, non piangete, no.
Ma sì, pupille, sì piangete, sì
che sordo al vostro incanto
ho un core d'adamanto,
né calma il mio furor;
ma sì, pupille sì piangete sì.

Si getta furiosamente dentro alla grotta, che scoppia, vedendosi il Mago nel suo carro, che tiene fra le braccia Orlando, e fugge per aria.


Creative Commons License
To the extent possible under law,
TRASIMEDE has waived all copyright
and related or neighboring rights
to the Japanese text above.
This work is published from Japan.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|