オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





<<第1幕>>


1.- Overture

<第1場>

(テッサリア、トラキアの宮殿
デイアネイラ、リカス、トラキア人達)

2. Accompagnato

【リカス】
見たまえ、何という悲しみに沈んだ彼女の表情
嘆きに満ち、ふさぎこんで妃は腰を下ろしている
彼女は泣いている、朝の暁から日暮れまで
闇深き夜から空が赤らむ夜明けまで
ヘラクレス様の運命を知る由もなく
あの方の不在を嘆き 打ちひしがれている

3. Air

【リカス】
もうやめておくれ、運命よ、 厳しい仕打ちは
お守りください、偉大なるゼウス様よ、英雄の命を
栄光の花輪で 彼の行いを飾り
そしてああ、嘆き悲しんでいる妻に彼を返したまえ!
もうやめておくれ、運命よ…(繰り返し)

4. Accompagnato

【デイアネイラ】
ああ、ヘラクレス!なぜ私のそばに居てくれないの?
帰って、帰ってきて、わが英雄よ、私の腕に!
ああ神よ、愛する人…心より愛する人が側にいないのは
どんなに激しく心痛むことでしょう、この私のように!

5. Air

【デイアネイラ】
世界は昼が過ぎ去ってしまうと
暗闇の中 太陽の不在を嘆くわ
私も同じ、私の胸を温めこの目を元気づけてくれる
あの大切な光を奪われて
これ以上ない深い悲しみの闇に沈み
勇ましい長(おさ)の不在を嘆くの

6. Recitative

【リカス】
妃よ、元気をお出し下さい、望みを高く持つのです
しばらくすれば彼は戻って来るかもしれません
待ちこがれるあなたの腕を再びたたえるために

【デイアネイラ】
いいえ、あり得ないわ!彼は決して戻ってこない

【リカス】
断じてそうあらぬように、天よ、そして
徳と無垢な心、そして愛を見守る全ての力よ!

<第2場>

(そこへヒュロスが入ってくる)

【デイアネイラ】
我が息子、不在の父の愛しい面影!
あなたの母を安心させるような知らせはあって?

【ヒュロス】
なんとしても父の消息を知りたく思い
私は祭司らに命じ 聖なる生贄を捧げて
天の意志を探るよう命じました 祭壇から煙が立ち昇り
屠られた生贄が血を流し──するとどうでしょう!
聖なる壁の辺りに突然後光が輝いたのです!
祭司はそれを幸運の兆しと認め
神が降りてきたかと思うやいなや
神殿が揺れ、後光は消え失せたのです
そして真夜中よりも暗い闇がその場所を覆いました

【リカス】
何と恐ろしいことが!

【ヒュロス】
ついに聖なる祭司は
神がかって予言を口にしました

7. Air

【ヒュロス】
「神が、神が私に宿って私の胸を満たしている
私の眼に映るのは未来の光景だ
勇ましい長(おさ)が死んで横たわり
オイテ山の高い頂から炎が立ち昇るのが見える」

8. Recitative

【ヒュロス】
彼は言いました、神託の昂奮が彼の胸を去ったと
そして予言者は気を失い地面に倒れたのです

【デイアネイラ】
では私はどうしたらいいの なんて酷い神のお告げ
私の悲しみは わが苦しむ魂に重くのしかかり
すぐにも私を暗黒の世界へと沈めるでしょう!
そこで再び私は我がヘラクレスを見るんだわ
彼が槍を振り回したり、固い弓を押し曲げ
耳を傾ける亡霊達に彼の苦労話を語っているのを

9. Air

【デイアネイラ】
ギンバイカの木陰に身をゆだね
エリュシオン(極楽浄土)を蛇行する流れの側で
この上なく甘美に結ばれる私達は
永遠に続く至福と愛の証(あかし)となるでしょう

10. Recitative

【ヒュロス】
気を落としてはいけません、希望を高く持ち
悲しみを乗り越えるのです 我が愛しい父の運命について
私が確実な情報を得るまでは  明日陽が昇ったら
あなたのヒュロスは敬虔な旅に出ることにします
英雄を捜すために世界中を歩き回り
もし彼がまだ生きていたら、あなたの元へ連れ帰り
そうでなければ探索のうちに命を落とすでしょう

11. Air

【ヒュロス】
北を行く川の流れが凍りつき
氷の足かせで立ち往生している所を
強烈な太陽の光が
熱せられたリビアの砂を焼き焦がす所を
名誉と愛と義務に導かれて
私は果敢に進み行く

12. 【トラキア人達の合唱】
ああ親思いの、あふれる愛よ!
行け、若き勇士よ、おまえの徳を示すのだ!
不滅の名声はおまえのもの
そして天も同情しておまえに力を貸す!
なんと親思いの…(繰り返し)

<第3場>

13. Recitative

【リカス】
もう心配は要りません!高貴なるヘラクレス様は
生きておられます、 彼が武力で跡形もなく倒壊させ
我が物にしたオイカリアから、勝利して帰ってきます!

【デイアネイラ】
何と嬉しい知らせ、暗愚な世界に日が昇り
干からびた地面に雨が降るような喜びだわ!
でたらめの予言などどこかにお行き!
どんな気がかりも吹き飛んでおしまい!

14. Air

【デイアネイラ】
消え去れ、我が苦悶よ、さあ飛んでお行き
朝日を受ける雲のように!
我が英雄は見つけたのね
月桂樹の冠を頂いて
天が優しくなり
運命が味方するのを
湧き出る喜びが私の悲痛を抑え
高まる思いが私の心を満たす
消え去れ、我が苦悶よ…(繰り返し)

15. Recitative

【リカス】
捕虜達の列が、血のにじんだ傷を隠しもせず
枷(かせ)に屈従しながら 覇者に付き従う
だがこの素晴らしい勝利の眺めをさらに華やかにするのは
美しいイオレ、オイカリアの王女だ
勝利の喜びが美しい捕虜でより大きくなる

【ヒュロス】
私はあの可哀相な王女に心揺さぶられる
なんとか彼女の枷を外してやれないものか
だが待てよ、彼女の父、尊大なエウリュトスはどこに?

【リカス】
彼はヘラクレス様との一戦で、その剣に倒れました

【デイアネイラ】
もういいわ、さあ急いで、あなたの主人の到着を待つのよ!

(デイアネイラ退出)

【リカス】
どれくらい早く 深い悲しみが喜びに変わるのだろう!

16. Air

【リカス】
嬉しさがもたらす 微笑みの時が
絹のような翼に乗せ再び運んでくるのは
喜びの瞬間
戻ってきた楽しみが悲嘆を追いやる
よどんだ流れが再び動き出し
昼が夜の後に続くように
嬉しさがもたらす 微笑みの時が…(繰り返し)

17. 【トラキア人達の合唱】
誰も悲観することはない、いずれ安堵の時が訪れるだろう
そして天は私達を今わの際から救い出してくれるのだ

(退出)

<第4場>

(宮殿前の広場
捕虜として連行されるイオレとオイカリアの乙女達)

18. Recitative

【イオレ】
こんな惨めなイオレに信心深く従うおまえ達
私自身よりも あなた達まで囚われたことがずっと心苦しいわ
可哀相な乙女達!私の運命があなた達を台無しにしたのね
何かとてつもなく大きな山が崩れ落ちて
近くの建物を倒し あたり一面が廃墟と化すように

【第一のオイカリア人】
あなた様は今でも私達が仕えるべき女性です!

【イオレ】
ああ悲しいことに、エラスティア
囚われの身は、破壊的な死のように
全てをおとしめるわ、 奴隷も同じことよ
でももし神が態度を和らげ、失われた自由を
私達に返してくれたなら ── ああ! ── どれほど早く
お世辞上手の希望が甘い飲み物を用意してくれるかしら!
期待しても無駄!だめだわ、永遠にさようならよ
若く自由だった時の陽気な微笑みと 無邪気な喜び
ああ、悲しい記憶だこと!

19. Air

【イオレ】
神々の娘、輝く自由よ!
あなたと共に幾多の恵みが行き渡り
幾多の喜びがあなたと連れだち
最愛の神を歓呼して迎える
でもああ、あなたは翼を得て飛び立ち
あなたの王座を取り囲んでいた恵みも
喜びも 全てあなたと一緒にどこかに行き
私の前から永遠に奪われてしまった
神々の娘…(繰り返し)

20. Recitative

【イオレ】
ああ お聞きなさい、勝者が来るわ!

<第5場>

(そこへ ヘラクレスと従者達が登場)

21. March

22. Recitative

【ヘラクレス】
天の力、とりわけ私がその不死の腹部から
生を受けた、神々の父(ゼウス)のおかげだ!
今や私の長く辛い労苦は終わり
ヘラ様の怒りも和らいだ  さあ喜んで
休息し、今までの難業のあれこれを振り返ろう
オイカリアの陥落は私の手柄に加えられ
我が栄光の頂を高く押し上げることだ

(イオレの方を向きながら)

美しい王女よ、もう泣くな!その鎖は忘れていいぞ
トラキアではお前は自由だ、オイカリアにいるのと同じくな

【イオレ】
私をお許し下さい、心広き勝利者よ
我が愛する父を、我が友を、祖国を失った悲しみを
抑えられないことを  ですが私はそれらを思い起こし
かつて慈しんだことを忘れることができません

23. Air

【イオレ】
私の父よ!ああ、私にはおぼろげに見えるわ
あの剣が致命的な傷を与えるのを
父は血を流し、苦痛のうちに倒れ
紅く染まった地面を噛みながら死んでいく
安らかにお眠り下さい、愛する父の霊よ
あなたの上を覆う土が軽くありますように!
あなたの娘の敬虔な心の中に
あなたの素晴らしさを全て残さず留めておきます

(イオレとオイカリア人達、退場)

<第6場>

24. Recitative

【ヘラクレス】
いざさらばだ、武器よ!今から時の流れは
芳醇なひとときへと私を優しく運び下って行くのだ
戦いから愛へと私は急ぎ、我が心労も
優しいデイアネイラの愛に満ちた抱擁で癒やされよう

25. Air

【ヘラクレス】
戦いの神は血にまみれた戦場を去り
きらめく槍と盾は無用となる
その間、征服した美女の魅力にすっかり参り
彼はキュテレイア(愛と美の女神)の腕で愛に浸る

26. 【トラキア人達の合唱】
この日を華やかな祝いで冠し
はじけるほど陽気に笑うのだ
祭壇には感謝の香を焚き
娘達は若者を誘って踊れ
その間音楽はにぎやかに
私達の大きな喜びを伝える!
ACT ONE


1.- Overture

Scene 1

(The Palace in Trachis, Thessaly. Dejanira, Lichas and Trachinians)

2. Accompagnato

LICHAS
See, with what sad dejection in her looks,
Indulging grief, the mournful princess sits.
She weeps from morning's dawn to shades of night,
From gloom of night to redd'ning blush of morn,
Uncertain of Alcides' destiny,
Disconsolate his absence she laments.

3. Air

LICHAS
No longer, fate, relentless frown,
Preserve, great Jove, the hero's life.
With glory's wreath his actions crown,
And oh, restore him to his mourning wife!
No longer, fate... (da capo)

4. Accompagnato

DEJANIRA
O Hercules! Why art thou absent from me?
Return, return, my hero, to my arms!
O gods, how racking are the pains of absence
To one who loves, who fondly loves, like me!

5. Air

DEJANIRA
The world, when day's career is run,
In darkness mourns the absent sun;
So I, deprived of that dear light
That warm'd my breast and cheer'd my sight,
Deplore in thickest gloom of grief
The absence of the valiant chief.

6. Recitative

LICHAS
Princess, be comforted, and hope the best!
A few revolving hours may bring him back,
Once more to bless your longing arms.

DEJANIRA
Ah no, impossible! He never will return.

LICHAS
Forbid it, Heav'n, and all ye guardian pow'rs
That watch o'er virtue, innocence and love!

Scene 2

(To Them Hyllus)

DEJANIRA
My son, dear image of thy absent sire!
What comfort bringst thou to thy mother's ear?

HYLLUS
Eager to know my father's destiny,
I bade the priests with solemn sacrifice
Explore the will of Heav'n. The altar smok'd,
The slaughter'd victim bled, when lo, around
The hallow'd walls a sudden glory blaz'd!
The priest acknowledg'd the auspicious omen,
And own'd the present god, when, in a moment,
The temple shook, the glory disappear'd,
And more than midnight darkness veil'd the place.

LICHAS
'Twas dreadful all!

HYLLUS
At length the sacred flamen,
Full of the deity, prophetic spoke:

7. Air

HYLLUS
«I feel, I feel the god, he swells my breast.
Before my eyes the future stands confest:
I see the valiant chief in death laid low,
And flames aspire from Oeta's lofty brow.»

8. Recitative

HYLLUS
He said; the sacred fury left his breast
And on the ground the fainting prophet fell.

DEJANIRA
Then I am lost. O dreadful oracle,
My griefs hang heavy on my tortur'd soul,
And soon will sink me to the realms of night!
There once again I shall behold my Hercules,
Or whirl the lance, or bend the stubborn bow,
Or to the listening ghosts his toils recount.

9. Air

DEJANIRA
There in myrtle shades reclin'd,
By streams that through Elysium wind,
In sweetest union we shall prove
Eternity of bliss and love.

10. Recitative

HYLLUS
Despair not, but let rising hope suspend
Excess of grief, 'till I have learn'd the certainty
Of my dear father's fate. Tomorrow's sun
Shall see your Hyllus bend his pious steps
To seek the hero through the travell'd globe.
If yet he lives, I will restore him to you,
Or perish in the search.

11. Air

HYLLUS
Where congeal'd the northern streams
Bound in icy fetters stand,
Where the sun's intenser beams
Scorch the burning Lybian sand,
By honour, love and duty led,
There with daring steps I'll tread.

12. CHORUS OF TRACHINIANS
O filial piety, O gen'rous love!
Go, youth inspir'd, thy virtue prove!
Immortal fame attends thee,
And pitying Heav'n befriends thee!
O filial piety... (da capo)

Scene 3

13. Recitative

LICHAS
Banish your fears! The noble Hercules
Lives, and from sacked Oechalia, which his arms
Have levell'd with the ground, returns a conqueror!

DEJANIRA
O joyful news, welcome as rising day
To the benighted world, or falling showers
To the parched earth! Ye lying omens, hence!
Hence, every anxious thought!

14. Air

DEJANIRA
Begone, my fears, fly hence, away,
Like clouds before the morning ray!
My hero found,
With laurels crown'd,
Heav'n relenting,
Fate consenting,
Springing joys my griefs control,
And rising transports swell my soul.
Begone, my fears... (da capo)

15. Recitative

LICHAS
A train of captives, red with honest wounds,
And low'ring on their chains, attend the conqueror.
But more to grace the pomp of victory,
The lovely Iole, Oechalia's princess,
With captive beauty swells the joyful triumph.

HYLLUS
My soul is mov'd for the unhappy princess,
And fain, methinks, I would unbind her chains;
But say, her father, haughty Eurytus?

LICHAS
He fell in single combat by the sword of Hercules.

DEJANIRA
No more, but haste, and wait thy lord's arrival!

(Exit Dejanira)

LICHAS
How soon is deepest grief exchanged for bliss!

16. Air

LICHAS
The smiling hours of joyful train
On silken pinions waft again
The moments of delight.
Returning pleasures banish woe,
As ebbing streams recruited flow,
And day succeeds to night.
The smiling hours.... (da capo)

17. CHORUS OF TRACHINIANS
Let none despair; relief may come though late,
And Heav'n can snatch us from the verge of fate.

(Exeunt)

Scene 4

(A square before the PaIace. Iole and Oechalian virgins, led captive)

18. Recitative

IOLE
Ye faithful followers of the wretched Iole,
Your bonds sit heavier on me than my own.
Unhappy maids! My fate has dragg'd you down
Like some vast pile, that crushes with its fall
The neighb'ring domes, and spreads wide ruin round it.

FIRST OECHALIAN
You are our mistress still!

IOLE
Alas, Erastia,
Captivity, like the destroyer death,
Throws all distinctions down, and slaves are equal.
But if the gods relent, and give us back
To our lost liberty -- ah me! -- how soon
The flatt'rer hope is ready with his cordial!
Vain expectation! No, adieu for ever,
Ye smiling joys and innocent delights
Of youth and liberty! Oh, sad remembrance!

19. Air

IOLE
Daughter of gods, bright liberty!
With thee a thousand graces reign,
A thousand pleasures crowd thy train
And hail the loveliest deity.
But thou, alas, hast wing'd thy flight,
The graces that surround thy throne
And all the pleasures with thee gone,
Remov'd for ever from my sight.
Daughter of gods... (da capo)

20. Recitative

IOLE
But hark, the victor comes!

Scene 5

(To them Hercules and attendants)

21. March

22. Recitative

HERCULES
Thanks to the pow'rs above, but chief to thee,
Father of gods, from whose immortal loins
I drew my birth! Now my long toils are o'er,
And Juno's rage appeas'd. With pleasure now,
At rest, my various labours I review.
OechaIia's fall is added to my titles
And points the rising summit of my glory.

(Turning to Iole)

Fair princess, weep no more! Forget these bonds,
In Trachin you are free, as in Oechalia.

IOLE
Forgive me, generous victor, if a sigh
For my dear father, for my friends, my country,
Will have its way. I cannot yet forget
That such things were, and that I once enjoy'd them.

23. Air

IOLE
My father! Ah, methinks I see
The sword inflict the deadly wound:
He bleeds, he falls in agony,
Dying he bites the crimson ground.
Peaceful rest, dear parent shade,
Light the earth be on thee laid!
In thy daughter's pious mind
All thy virtues live enshrin'd.

(Exeunt Iole and Oechalians)

Scene 6

24. Recitative

HERCULES
Now farewell, arms! From hence, the tide of time
Shall bear me gently down to mellow age.
From war to love I fly, my cares to lose
In gentle Dejanira's fond embrace.

25. Air

HERCULES
The god of battle quits the bloody field,
And useless hang the glitt'ring spear and shield,
While, all resign'd to conqu'ring beauty's charms,
He gives a Ioose to Iove in Cytherea's arms.

26. CHORUS OF TRACHINIANS
Crown with festal pomp the day,
Be mirth extravagantly gay.
Bid the grateful altars smoke,
Bid the maids the youths provoke
To join the dance, while music's voice
Tells aloud our rapt'rous joys!


Creative Commons License
To the extent possible under law,
REIKO has waived all copyright
and related or neighboring rights
to the Japanese text above.
This work is published from Japan.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|