オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





<<第3幕>>

55. Symphony

<第1場>

(リカスとトラキア人達)

56. Recitative

【リカス】
トラキアの住民達よ、おまえ達の勇敢な長(おさ)を悼め
敵を振り切り 命がけの危険から生還した者が
不名誉にも一人の女の手に倒れたのだ

【第一のトラキア人】
おお、悲しい知らせ!

【リカス】
英雄が生贄に備えてたたずみ
神殿が華々しく壮麗に飾られていたところへ
この手が不運にも 彼に差し出したのだ
愛を回復する証として デイアネイラの名で
とんでもない服を
湧き上がる喜びを示す微笑みとともに
ヘラクレス様は彼のたくましい肩に
その危険な贈り物を羽織った しかし祭壇の炎が
彼の手足に温かな光を放ち始めると
おぞましい策略により毒を含んだその服は体に張り付き
彼のあらゆる節々を通じて猛毒を撒き散らしたのだ
激痛のため気も狂わんばかりに 
彼は苦悶する体を神殿の床に投げ出す
そしてその恐ろしい服を引き裂いて脱ごうとするも
引きちぎれた皮膚の裂け目から血が流れ出て
凄まじい彼の叫び声が天井のアーチにこだまする!

57. Air

【リカス】
ああ 未曾有の痛ましい光景
ああ 栄光の太陽がかくも低く沈んだ!
我らの悲しみをどんな言葉で伝えられようか?
勇ましく不運な長(おさ)よ、さらば!

58. 【トラキア人達の合唱】
暴君らは今や恐れることはないだろう
打ち負かされた奴隷の首を踏みつけることを
恐ろしい姿に生まれついた怪物達は
再び世界を苦しめて うめき声を上げさせるだろう
刑罰を受ける恐れは無くなったのだ
この世の仇を討つ者はもういない!

<第2場>

(ゼウスの神殿 ヘラクレス、祭司と付き人達)

59. Accompagnato

【ヘラクレス】
おおゼウスよ、ここは何という国だ、何と忌々しい風土だ
強烈な太陽で焼け焦がされているのか?熱い、熱い
炎が私を襲い焼き尽くす ああ死ぬ
楽にさせてくれ、どうか情けを! 激しい怒りで気が狂う
地獄を越えるほどの苦痛だ
私の熱い血管の中を
炎が液体のように流れ 瞬く間に猛毒が回る
北風の神よ、北から一陣の風が
私の胸を吹き抜けるようにしてくれないか!
そうでなければ海の神よ、 どうか注いでくれ
海を寄せ集めた洪水を私の胸の中に
そして私の沸騰する血液を冷やしてくれ!

60. Recitative

【ヒュロス】
偉大なるゼウス様、彼の苦しみを和らげてください!

【ヘラクレス】
私が耐えた数知れない難業はこのためだったのか?
おおヘラよ、エウリュステウスよ、私はおまえ達を放免するぞ!
おまえ達の悪意の極みをデイアネイラに明け渡せ
過ちを犯した、残酷な裏切り者デイアネイラ!
ああ、この忌まわしい服!私の引き裂かれた脇腹にへばりつき
私の生き血を飲み尽くす

【ヒュロス】
ああ、わが父よ!

【ヘラクレス】
わが息子よ、死にゆく父の頼みを分かってくれ!
まだ私の息があるうちに、私をオイテ山の頂に運ぶのだ
その雲に覆われた丘の頂上で
高いオークの木やそびえる糸杉を切り倒し
火葬用の薪を積み上げたら その上に私を横たえてくれ
そして焚きつけに火をともすのだ 私が炎の翼に乗り
天に昇って神々の仲間入りをするように!

【ヒュロス】
素晴らしい考えです! ゼウスの息子にふさわしい!

【ヘラクレス】
わが痛みはますます酷くなる ああ早く、息子よ
私を栄光ある死の舞台へと運んでくれ!

【ヒュロス】
何という英雄の死に様!

61. Air

【ヒュロス】
この出来事の噂が広まらぬようにせよ
自惚れたオイカリアの征服された城壁まで!
落胆していた敵はその頭をもたげ
彼らを征服した者の死に勝ち誇るだろう
この出来事の…(繰り返し)

(退出、ヘラクレスは運び出される)

<第3場>

(宮殿、デイアネイラ独り)

62. Accompagnato

【デイアネイラ】
私はどこへ逃げよう? どこへこの罪深い頭を隠そう?
ああ見当外れの愛が取り返しの付かない間違いを犯した!
ああ、残酷なネッソスよ、あなたはなんて報復をしたの!
哀れな私!私の手でヘラクレスが死んだのよ!
この不孝な手が私の主人に傷を負わせ
彼を早すぎる死に追いやったのだわ!狂ってしまいたい!
私を鎖でつないで、復讐の女神達よ、その鉄のベッドに
そして私の罪深い亡霊を棘のついた鞭で打ってちょうだい!
ほら見て、彼女達が来る! 蛇と共にアレクトが
残忍なメガイラが、そして怒り狂ったティシポネが!
見て!恐ろしい姉妹達が立ち上がって
その禍々しい姿が空を汚す!
見て!彼女達にそなわる蛇のような鞭を!
すさまじい咆哮が苦悶する私の耳をつんざく!
私を彼女達の憎しみに満ちた視界から隠して
親切な暗黒の夜陰よ!
ああ悲しいことに、罪ある者は解放されることがない
心の中まで追ってくる復讐の怒りから!

<第4場>

(デイアネイラ、そこへイオレがやって来る)

63. Recitative

【デイアネイラ】
ほら、この災禍を引き起こした美しい張本人だわ!
私の前から逃げて、嫌われた女魔法使いよ、逃げて
私の手に負えない怒りがあなたを襲って
天の風に全て散り散りにしてしまわないように!
悲しいかな、怒りがこみ上げる! あの美しい乙女に罪はない
ただ一人 私が全ての元凶なのよ!

【イオレ】
あらゆる楽しみ、父の愛情
祖国、そして尊い自由を ヘラクレスの力により
奪い取られましたが、それでも私は同情せずにいられません
この不幸な一家の計り知れない悲しみに

64. Air

【イオレ】
私の胸は優しい哀れみで満ちています
人が悲しむのを目の当たりにすれば
そして同じ痛みを感じます
たとえどこに天運が不幸を見舞おうとも
私の胸は…(繰り返し)

<第5場>

(そこへゼウスの祭司、ヒュロス、リカス、トラキア人達が来る)


65. Recitative

【ゼウスの祭司】
妃よ、お喜びを、 自ら天を目指したその手により
ヘラクレスはゼウス様の宮廷に昇って行ったのです!

【デイアネイラ】
話してください、祭司よ、何を意味しているの この暗く
不可解なお告げは?
彼は死に、それはこの手が死に追いやったこと
悲しくとも余りに確かよ、血まみれの私の心には分かるわ

【祭司】
彼自らの指示により オイテ山の頂に運ばれ
火葬の積み薪の上に英雄は身を横たえました
炎がパチパチと音を立て彼のたくましい四肢を包むと
その時です、見よ、一羽のワシが雲間より身をかがめ
燃え盛る薪めがけて急降下してきたのです!
しばしそこに止まると、また素早く飛んで
上空へと戻って行きます 驚いた私達は聖なる森に
意見を求めました そこでは託された神の言葉を
話すオークの木々がゼウス様の意思を示してくれるのです
ここで偉大なる父は彼の子孫の運命をこう言明しました
「彼の死すべき部分は炎によって喰い尽くされたが
不死の部分はオリンポスへと運ばれ
そこに集う神々と共に暮らしている!」

66. Air

【リカス】
アトラスに代わり天空を支えた彼が
今や横たわる大地を下に見る
光り輝く住まい
神々と同じ所に
新たに仲間入りした客人は
血色の良い唇で
泡立つ神酒をすすって
神々と祝宴を共にする

67. Recitative

【デイアネイラ】
相反する激情を言い表す言葉が見つからないわ
私の胸中で争っている激情: 悲しみと驚きと喜びが
私の心を打ちのめしたかと思うと高ぶらせる

【祭司】
(イオレに)
気高い乙女よ、あなたの運命もまたゼウス様が
気にかけないわけがありません 彼はこう命じています:
「婚姻の神はこの上なく清い愛の喜びを冠するだろう
オイカリアの王女とヘラクレスの息子に」

【ヒュロス】
何とヒュロスは幸いだろう、美しいイオレが
天の贈り物を受け入れ、その通りにしてくれたら!

【イオレ】
ゼウス様のお定めにイオレが逆らえましょうか?

68. Duet

【イオレ】
ああ、 皆の人望厚い王子よ
ゼウス様があらゆる障害を取り払われたので
私の傷ついた心が志すものが分かります
それは天により賛同された情熱に報いること

【ヒュロス】
ああ王女よ、その気高い魅力は
私の胸に熱望以上の火をつける
何と素晴らしい喜びだろう この腕が
愛と聖なる統治を同時に手にするのは!

【イオレ】
私はもう悲しみません、 あらゆる幸福が
あなたに戻ってきたのが分かりますから

【ヒュロス】
私はこれ以上求めない、この世の徳が皆
あなたの中で一つになっていると気づいたから

69. Recitative

【祭司】
自由を得た者達よ、さあ、どこの国でも
喜びの調べで不死の長(おさ)を歌い讃えよ
彼は徳によって星のように輝く館へと昇ったのだ

70. 【トラキア人達の合唱】
おまえの心地良い賛美の調べは彼のものだ
自由が奏でる無限に続く歌の旋律よ!
彼の名を畏れるあまり、圧制は陽光を避け
隷属は夜の深みにその頭を隠す
幸せな国が 天に昇った彼のおかげで
平和と自由より流れ出た神の恵みを受けている間は
おまえの心地良い…(繰り返し)
ACT THREE

55. Symphony

Scene 1

(Lichas and Trachinians)

56. Recitative

LICHAS
Ye sons of Trachin, mourn your valiant chief,
Return'd from foes and dangers threat'ning death
To fall, inglorious, by a woman's hand.

FIRST TRACHINIAN
Oh, doleful tindings!

LICHAS
As the hero stood
Prepar'd for sacrifice, and festal pomp
Adorn'd the temple, these unlucky hands
Presented him, in Dejanira's name,
A costly robe, the pledge of love's renewal.
With smiles that testified his rising joy,
Alcides o'er his manly shoulders threw
The treach'rous gift. But when the altar's flame
Began to shed its warmth upon his limbs,
The clinging robe, by cursed art envenom'd,
Through all his joints dispers'd a subtle poison.
Frantic with agonizing pain, he flings
His tortur'd body on the sacred floor,
Then strives to rip the deadly garment off,
But with it tears the bleeding, mangled flesh;
His dreadful cries the vaulted roof returns!

57. Air

LICHAS
O scene of unexampl'd woe,
O sun of glory sunk so low!
What language can our sorrow tell?
Gallant, unhappy chief, farewell!

58. CHORUS OF TRACHINIANS
Tyrants now no more shall dread
On necks of vanquish'd slaves to tread.
Horrid forms of monstrous birth
Again shall vex the groaning earth.
Fear of punishment is o'er,
The world's avenger is no more!

Scene 2

(The Temple of Jupiter. Hercules, Priest and Attendants)

59. Accompagnato

HERCULES
O Jove, what land is this, what clime accurst,
By raging Phoebus scorch'd? I burn, I burn,
Tormenting fire consumes me. Oh, I die,
Some ease, ye pitying powers! I rage, I rage,
With more than Stygian pains.
Along my feverish veins,
Like liquid fire the subtle poison hastes.
Boreas, bring thy northern blast,
And through my bosom roar!
Or, Neptune, kindly pour
Ocean's collected flood
Into my breast and cool my boiling blood!

60. Recitative

HYLLUS
Great Jove, relieve his pains!

HERCULES
Was it for this unnumber'd toils I bore?
O Juno and Eurystheus, I absolve ye!
Your keenest malice yield to Dejanira's,
Mistaken, cruel, treach'rous Dejanira!
Oh, this curst robe! It clings to my torn sides
And drinks my vital blood.

HYLLUS
Alas, my father!

HERCULES
My son, observe thy dying sire's request!
While yet I live, bear me to Œta's top;
There, on the summit of that cloud-capped hill,
The tow'ring oak and lofty cypress fell,
And raise a funeral pile: upon it lay me.
Then fire the kindling heap, that I may mount
On wings of flame, to mingle with the gods!

HYLLUS
O glorious thought! Worthy the son of Jove!

HERCULES
My pains redouble. Oh, be quick, my son.
And bear me to the scene of glorious death!

HYLLUS
How is the hero fall'n!

61. Air

HYLLUS
Let not fame the tidings spread
To proud Oechalia's conquer'd wall!
The baffled foe will lift his head,
And triumph in his victor's fall.
Let not fame... (da capo)

(Exeunt. Hercules borne off)

Scene 3

(The Palace. Dejanira alone)

62. Accompagnato

DEJANIRA
Where shall I fly? Where hide this guilty head?
O fatal error of misguided love!
O cruel Nessus, how art thou reveng'd!
Wretched I am! By me Alcides dies!
These impious hands have sent my injur'd lord
Untimely to the shades! Let me be mad!
Chain me, ye Furies, to your iron beds,
And lash my guilty ghost with whips of scorpions!
See, see, they come! Alecto with her snakes,
Megaera fell, and black Tisiphone!
See the dreadful sisters rise,
Their baneful presence taints the skies!
See the snaky whips they bear!
What yellings rend my tortur'd ear!
Hide me from their hated sight,
Friendly shades of blackest night!
Alas, no rest the guilty find
From the pursuing furies of the mind!

Scene 4

(Dejanira; to her Iole)

63. Recitative

DEJANIRA
Lo, the fair fatal cause of all this ruin!
Fly from my sight, detested sorceress, fly,
Lest my ungovern'd fury rush upon thee,
And scatter thee to all the winds of Heav'n!
Alas, I rave! The lovely maid is innocent,
And I alone the guilty cause of all!

IOLE
Though torn from every joy, a father's love,
My native land and dear-priz'd liberty.
By Hercules' arms, still must I pity
The countless woes of this unhappy house.

64. Air

IOLE
My breast with tender pity swells
At sight of human woe;
And sympathetic anguish feels
Where'er Heav'n strikes the blow.
My breast... (da capo)

Scene 5

(To them the Priest of Jupiter, Hyllus, Lichas and Trachinians)

65. Recitative

PRIEST OF JUPITER
Princess, rejoice, whose Heav'n-directed hand
Has rais'd Alcides to the court of Jove's!

DEJANIRA
Speak, priest, what means this dark,
mysterious greeting?
That he is dead, and by this fatal hand,
Too sure, alas, my bleeding heart divines.

PRIEST
Borne, by his own command, to Oeta's top,
Stretched on a funeral pile, the hero lay.
The crackling flames surround his manly limbs,
When lo, an eagle, stooping from the clouds,
Swift to the burning pile his flight directs!
There lights a moment, then, with speedy wing,
Regains the sky. Astonish'd, we consult
The sacred grove, where sounds oracular
From vocal oaks disclose the will of Jove.
Here the great sire his offspring's fate declar'd:
«His mortal part by eating fires consum'd,
His part immortal to Olympus borne,
There with assembl'd deities to dwell!»

66. Air

LICHAS
He, who for Atlas propp'd the sky,
Now sees the sphere beneath him lie,
In bright abodes
Of kindred gods,
A new-admitted guest,
With purple lips
Brisk nectar sips,
And shares th'ambrosial feast.

67. Recitative

DEJANIRA
Words are too faint to speak the warring passions
That combat in my breast: grief, wonder, joy
By turns deject and elevate my soul.

PRIEST
(to Iole)
Nor less thy destiny, illustrious maid,
Is Jove's peculiar care, who thus decrees:
«Hymen with purest joys of love shall crown
Oechalia's princess and the son of Hercules»

HYLLUS
How blest is Hyllus, if the lovely Iole,
Consenting, ratifies the gift of Heav'n!

IOLE
What Jove ordains, can Iole resist?

68. Duet

IOLE
O prince, whose virtues all admire,
Since Jove has every bar remov'd,
I feel my vanquish'd heart conspire
To crown a flame by Heav'n approv'd.

HYLLUS
O princess, whose exalted charms
Above ambition fire my breast,
How great my joy to fill those arms,
At once with love and empire blest!

IOLE
I grieve no more, since now I see
All happiness restor'd in thee.

HYLLUS
I ask no more, since now I find
All earthly good in thee combin'd.

69. Recitative

PRIEST
Ye sons of freedom, now, in every clime,
With joyful accents sing the deathless chief,
By virtue to the starry mansions rais'd.

70. CHORUS OF TRACHINIANS
To him your grateful notes of praise belong,
The theme of liberty's immortal song!
Aw'd by his name, oppression shuns the light,
And slavery hides her head in depths of night,
While happy climes to his example owe
The blessings that from peace and freedom flow.
To him... (da capo)

(libretto: Thomas Broughton)


Creative Commons License
To the extent possible under law,
REIKO has waived all copyright
and related or neighboring rights
to the Japanese text above.
This work is published from Japan.



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|