オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





交響間奏曲
皆が教会から出てくる。ルチアは舞台を横切り、家の中へと入って行く

<情景 乾杯の合唱>
ローラ、トゥリッドゥと合唱

【男たち】
家に 家に帰ろう
友よ そこでは待ってるぜ
俺たちの女房が
さあ行こう
今こそ この喜びが
魂を癒してくれるうちに
ぐずぐずしないで さあ行こう

【女たち】
家に 家に帰りましょう
お友達 そこでは待ってるのよ
私たちの旦那が
さあ行きましょう
今こそ この喜びが
魂を癒してくれるうちに
ぐずぐずしないで さあ行きましょう

[コー​​ラスは去って行く]

【トゥリッドゥ】
[去ろうとするローラに]
ローラさん
行ってしまうのかい
さよならも言わずに?

【ローラ】
私は家に帰るわ
アルフィオに会ってないから!

【トゥリッドゥ】
心配しないで
広場に来るだろうさ
[コーラスに]
ところでここにいる皆さん方
グラスを一緒に空けませんか
[全員は、居酒屋のテーブルにやって来て、グラスを手に取る]
万歳 泡だつワインよ
きらめくグラスの中の
恋人の笑顔のように
そこには優しい喜びがある!
万歳 純粋なワインよ
われらの心を陽気にさせる
暗い気分を溺れさせるのさ
やさしい陶酔の中に


【合唱】
万歳 泡だつワインよ...
[乾杯が繰り返される]

【トゥリッドゥ】
[ローラに]
あなたの愛する人のために!
飲もう

【ローラ】
[トゥリッドゥに]
あなたの幸運に!
[飲む]

【トゥリッドゥ】
飲もう!

【合唱】
飲もう!万歳 ワインよ!

[アルフィオ入ってくる]

<フィナーレ>
アルフィオと前場の登場人物

【アルフィオ】
やあ みんな!

【合唱】
アルフィオさん ようこそ

【トゥリッドゥ】
ようこそ!
ぼくたちと一緒に飲んでくださいよ
[グラスを満たして]
さあ、グラスがいっぱいだ。

【アルフィオ】
[拒否して]
ありがとよ だがお前のワインを
受ける訳にゃいかねえんだ
毒になるからな
俺の胸の中で

【トゥリッドゥ】
[ワインを投げ捨てる]
お好きなように!

【ローラ】
ああ!どうなってしまうのかしら?

【何人かの女たち】
[ローラに]
ローラさん
ここから離れましょうよ

すべての女性はローラを連れて退場する

【トゥリッドゥ】
他に何か言うことはまだあるんですか?

【アルフィオ】
俺か?何もないぜ!

【トゥリッドゥ】
それならぼくはあなたのご要求に従いましょう

【アルフィオ】
今すぐにか?

【トゥリッドゥ】
今すぐです!

[アルフィオとトゥリッドゥは抱き合い トゥリッドゥはアルフィオの右耳を噛む]

【アルフィオ】
トゥリッドゥよ、
よくも噛んでくれたな
[意味ありげに]
よく分かってるようだな
お互い何をしたいかが!

【トゥリッドゥ】
アルフィオさん!
悪いのが僕だってことは良く分かってる
そして僕は誓おう
神の名にかけて
きっと犬を殺すように
僕は喉をかっ切られるだろう
だけど..僕が生きていなければ
棄てられてひとり残るんだ...
可哀そうなサンタが!...
彼女は僕に身を任せた...
[激情に駆られて]
だから僕もやってやるさ あなたの心臓に
僕のナイフを突き立てることを!

【アルフィオ】
[冷たく]
兄弟よ
お前の好きなようにしろや
俺は待ってるぜ
あの畑の裏で

[出て行く]

<

ルチアとトゥリッドゥ>

【トゥリッドゥ】
母さん
このワインは強いね それに
今日はあまりにも多くのグラスを
飲み過ぎたかも知れない ...
僕はちょっと外に出て行くよ
でもその前に
僕を祝福しておくれよ
ちょうどあの日のように
僕が出征した
そしてそれから...母さん...聞いてくれよ...
もし僕が...戻ってこなかったら...
母さんがなっておくれよ
サンタの母親に
僕は誓ったんだ
結婚してあいつを幸せにするって

【ルチア】
何でそんなことを言うんだい、息子や?

【トゥリッドゥ】
ああ!何でもないよ!
このワインが僕に言わせてるんだ!
僕のことを神様に祈っておくれ!
キスしてくれよ、母さん...
もう一度キスを...さよなら!
[母親を抱いて駆け出して行く]

<ルチア、サントゥッツァと合唱>

【ルチア】
[絶望して 舞台裏に行く]
トゥリッドゥ!何を言ってるんだい?
トゥリッドゥ? トゥリッドゥ?ああ!
[サントゥッツァが現れる]
サントゥッツァ!...

【サントゥッツァ】
[ルチアの首のまわりに腕を投げ出して]
おお!母さん!

[遠くでざわめきが聞こえる]

【女たち】
[走ってきて]
トゥリッドゥが殺されたよ!

[全員が大きな叫びを上げる]
Intermezzo sinfonico
Tutti escono di chiesa,
Lucia traversa la scena ed entra in casa.

Scena, Coro e Brindisi
Lola, Turiddu e Coro

UOMINI
A casa, a casa,
Amici, ove ci aspettano
Le nostre donne,
Andiam.
Or che letizia
Rasserena gli animi
Senza indugio corriam.

DONNE
A casa, a casa,
Amiche, ove ci aspettano
I nostri sposi,
Andiam .
Or che letizia
Rasserena gli animi
Senza indugio corriam.

Il coro si avvia.

TURIDDU
a Lola che s'avvia
Comare Lola,
Ve ne andate via
Senza nemmeno salutare?

LOLA
Vado a casa:
Non ho visto compar Alfio!

TURIDDU
Non ci pensate,
Verrà in piazza.
al Coro
Intanto amici, qua,
Beviamone un bicchiere.
Tutti si avvicinano alla tavola dell'osteria e prendono i bicchieri.
Viva il vino spumeggiante
Nel bicchiere scintillante,
Come il riso dell'amante
Mite infonde il giubilo!
Viva il vino ch'è sincero
Che ci allieta ogni pensiero,
E che annega l'umor nero,
Nell'ebbrezza tenera.

CORO
Viva il vino spumeggiante, ecc.
Si riprende il brindisi.

TURIDDU
a Lola
Ai vostri amori!
Beve

LOLA
a Turiddu
Alla fortuna vostra!
Beve

TURIDDU
Beviam!

CORO
Beviam! Viva il vin!

Entra Alfio.

Finale
Alfio e detti

ALFIO
A voi tutti salute!

CORO
Compar Alfio, salute.

TURIDDU
Benvenuto!
Con noi dovete bere:
Empie un bicchiere
Ecco, pieno è il bicchiere.

ALFIO
respingendolo
Grazie, ma il vostro vino
Io non l'accetto.
Diverrebbe veleno
Entro il mio petto.

TURIDDU
Getta il vino
A piacer vostro!

LOLA
Ahimè! che mai sarà?

ALCUNE DONNE
a Lola
Comare Lola,
Andiamo via di qua.

Tutte le donne escono conducendo Lola.

TURIDDU
Avete altro a dirmi?

ALFIO
Io? Nulla!

TURIDDU
Allora sono agli ordini vostri.

ALFIO
Or ora?

TURIDDU
Or ora!

Alfio e Turiddu si abbracciano. Turiddu morde l'orecchio destro di AIfio.

ALFIO
Compare Turiddu,
Avete morso a buono...
con intenzione
C'intenderemo bene,
A quel che pare!

TURIDDU
Compar Alfio!
Lo so che il torto è mio:
E ve lo giuro
Nel nome di Dio
Che al par d'un cane
Mi farei sgozzar,
Ma... s'io non vivo,
Resta abbandonata...
Povera Santa!...
Lei che mi s'è data...
con impeto
Vi saprò in core
Il ferro mio piantar!

ALFIO
freddamente
Compare,
Fate come più vi piace;
Io v'aspetto qui fuori
Dietro l'orto.

Esce.


Lucia e Turiddu

TURIDDU
Mamma,
Quel vino è generoso, e certo
Oggi troppi bicchieri
Ne ho tracannati...
Vado fuori all'aperto.
Ma prima voglio
Che mi benedite
Come quel giorno
Che partii soldato.
E poi... mamma... sentite...
S'io... non tornassi...
Voi dovrete fare
Da madre a Santa,
Ch'io le avea giurato
Di condurla all'altare.

LUCIA
Perché parli così, figliuol mio?

TURIDDU
Oh! nulla!
È il vino che mi ha suggerito!
Per me pregate Iddio!
Un bacio, mamma...
Un altro bacio... addio!
L'abbraccia ed esce precipitosamente.

Lucia, Santuzza e Coro

LUCIA
disperata, correndo in fondo
Turiddu?! Che vuoi dire?
Turiddu? Turiddu? Ah!
Entra Santuzza
Santuzza!...

SANTUZZA
Getta la braccia al collo di Lucia
Oh! madre mia!

Si sente un mormorio lontano.

DONNE
correndo
Hanno ammazzato compare Turiddu!

Tutti gettano un grido.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|