オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_color_ii





第4幕

聖ラザロの刑務所の中庭
深夜

アンドレア・シェニエは灯りとなるランタンの下に座って 小さなボードの上に黒鉛でできた鉛筆で熱心に何か書き込んでいる それから手を止めて適切な言葉や韻のことを考え込んでいる ルーシェが彼のそばにいる


シュミットが中庭に入り、ルーシェに近づく。

【シュミット】
市民よ 申し訳ないが もう夜も遅いので

シェニエを指差す、ルーシェは彼に黙るよう合図する 上着から金を取り出し それをシュミットに与える

【ルーシェ】
待ってくれ もう少しだけ!

シュミット退場

【シェニエ】
(書く手を止めて)
もうこれ以上は…

【ルーシェ】
読んでくれ!

【シェニエ】
ほんの数節しか…

【ルーシェ】
読んでくれ!

【シェニエ】
五月の美しい日が
風のくちづけと
太陽の光の愛撫で
大空へと消え去って行くように
くちづけを私は韻から
愛撫を詩から受けて
絶頂へと上り詰めるのだ
自らの存在の
進みゆく天球は
万人の運命に従い
すでに私には近づいてきたのだ
死の時が
たぶん 私が最後に
この詩を書きあげる前に
死刑執行人が告げるのだろう
この命の終わりを
良かろう!詩篇よ 最後の女神よ!
もう一度与えてくれ お前の詩人に
輝かしい霊感を
いつもの炎を
私は お前に お前が生き生きと
私の心臓から迸り出ている間に
与えよう 韻に この冷たい
吐息を ひとりの死に行く者の

ルーシェはシェニエを抱擁する シュミットが戻ってきて二人の友は握手をして別れて行く

マテューが現れてラ・マルセイエーズを口ずさむ

監獄のドアがノックされる シュミットが急いで戻って来て開ける するとジェラールがマッダレーナと共に現れる ジェラールは同伴者を指して許可証を見せる

【ジェラール】
彼女には許可されている
最後の面会が…

【シュミット】
(さえぎって)
あの死刑囚に?

【ジェラール】
アンドレア・シェニエだ

【シュミット】
承知しました

【マッダレーナ】
(ジェラールに)
あなたの誓いを忘れないで下さいね
(シュミットに)
聞いて!明日で有罪判決を受けた人の中に
若い女性がいたでしょ

【シュミット】
レグリエーですな

【マッダレーナ】
でも彼女は生きるべきよ!

【シュミット】
処刑のリストからどうやって削るんです
女の名前を?

【マッダレーナ】
何が問題なの 名前が
呼ばれた時に別の人が
それに答えるなら?

【シュミット】
(ジェラールに)
いいでしょう!ですが別の人とは?

【マッダレーナ】
ここにいるわ!

【シュミット】
(ジェラールに)
この人がですか?
(マッダレーナに)
あなたが 市民?

ジェラールはうなずく マッダレーナはシュミットに宝石と小さな袋を手渡す

【マッダレーナ】
(シュミットに)
あなたにこれを!宝石よ
これはお金

シュミットは袋を開き 金が輝くのを見る

【シュミット】
奇妙な出来事だ こんな
ご時世に!
(ジェラールに)
私は嫌ですよ…お分かりでしょ?…
(ギロチンのジェスチャーをする)
私は何も知らない!
レグリエーの名で 乗って下さいよ
さっさとね!
私は何も知らないんですからね!何も!
(マッダレーナの手からレグリエーに渡される外出許可証を受け取り 金と宝石をしまってから囚人を呼びに行く)


マッダレーナは泣いているジェラールに近づく

【マッダレーナ】
私は祝福します 運命を!
私は祝福します 死を!

【ジェラール】
おおマッダレーナ あなたは死を
最も望ましい運命にするつもりか!
(シュミットがシェニエと近づいてきた音を聞いて 第二の中庭へと走り去る)
彼らを救わねば!ロベスピエールのもとへ行こう!

シェニエが入ってくる
ランタンの光の中でマッダレーナを見る

【シェニエ】
あなたのそばで静められる
このさまよう私の魂は
あなたはゴールだ すべての願いの
すべての夢の すべての詩の!
(愛情を込めて彼女を見て)
あなたの目の中に
虹が見える
限りない空にかかっている
私はあなたを見る この緑のうねりの
あなたの大きな瞳の中 この魂が漂っているのを!

【マッダレーナ】
もうあなたと離れることはありません
お別れを言うことも!
私は死にに来たのです あなたと一緒に!
苦しみも終わりです!
あなたを愛しながら死ぬのですから!
ああ!この唇から最後の言葉を
聞き取ろうとしてるのは それは彼 アモールです!

【シェニエ】
あなたはゴールだ 私の全存在が目指す!

【シェニエ マッダレーナ】
私たちの愛は魂の愛!

【マッダレーナ】
ひとりの母親を救うのです
マッダレーナは夜明けにはその名が
死ぬために イディア・レグリエーになる
(中庭を見て)
ご覧になって?ほのかな朝焼けの光が
もう暗い廊下を照らしていますわ
(シェニエの胸に身を投げ 彼を腕でしっかりと抱く)

私を抱きしめて!キスしてください!愛するお方!

【シェニエ】
(激しく彼女にキスして)
美しさの誇りよ!
(彼女に再びキスする)
あなたの勝利だ 魂の!
あなたの愛は すばらしき恋人よ
海であり 空であり 太陽の光だ
そして星の光…
…世界だ!それは世界なのだ!

【マッダレーナ】
愛するお方!愛するお方!

【シェニエ マッダレーナ】
私たちの死は愛の勝利!

【シェニエ】
ああ祝福あれ 祝福あれ この運命に!

【マッダレーナ】
死の時とともに
永遠になりましょう!

【シェニエ】
死よ!

【マッダレーナ】
限りなきものよ!

【マッダレーナ シェニエ】
愛よ!愛よ!

ドラムロールが護送車の到来を告げる

【シェニエ マッダレーナ】
あれは死!

【シェニエ】
やって来る 太陽と共に!

【マッダレーナ】
来るのですね 朝と一緒に!

【シェニエ】
ああ やって来る 夜明けのように!

【マッダレーナ】
茜色の太陽と一緒に!

【シェニエ】
やって来るのだ 私たちのもとに天から
バラやスミレのヴェールに包まれて!

【マッダレーナ シェニエ】
愛よ!愛よ!限りない!
愛よ!愛よ!

【シュミット】
アンドレア・シェニエ!

【シェニエ】
私だ!

【シュミット】
イディア・レグリエー!

【マッダレーナ】
私です!

【マッダレーナ シェニエ】
(馬車に乗りながら)
万歳 死を共に!
馬車が遠ざかるとジェラールが再び現れる
彼は面会できなかったロベスピエールによって書かれたメモを手にしている「かのプラトンでさえも 共和国から詩人を追放したのだ」と
ATTO QUARTO

Il cortile delle prigioni di S. Lazzaro.
Notte alta.

Andrea Chénier sta seduto sotto alla lanterna che dà luce, e scrive sopra una piccola assicella con una matita fatta di un pezzo di piombo, scrive ora con foga, ora arrestandosi e riflettendo come in cerca di qualche parola o rima. Roucher gli è vicino.

Schmidt entra nel cortile e si avvicina a Roucher:

SCHMIDT
Cittadino, men duol, ma è tardi assai.

Indicandogli Chénier, Roucher gli fa cenno di tacere; si fruga indosso e trova un po' di danaro e lo dà a Schmidt.

ROUCHER
Pazienta ancora un attimo!

Schmidt parte.

CHÉNIER
cessa di scrivere
Non più…

ROUCHER
Leggi!

CHÉNIER
Pochi versi…

ROUCHER
Leggi!

CHÉNIER
Come un bel dì di maggio
che con bacio di vento
e carezza di raggio
si spegne in firmamento,
col bacio io d'una rima,
carezza di poesia,
salgo l'estrema cima
dell'esistenza mia.
La sfera che cammina
per ogni umana sorte
ecco già mi avvicina
all'ora della morte,
e forse pria che l'ultima
mia strofe sia finita,
m'annuncerà il carnefice
la fine della vita.
Sia! Strofe, ultima Dea!
ancor dona al tuo poeta
la sfolgorante idea,
la fiamma consueta;
io, a te, mentre tu vivida
a me sgorghi dal cuore,
darò per rima il gelido
spiro d'un uom che muore.

Roucher abbraccia Chénier. Schmidt ritorna, i due amici si stringono la mano e si separano commossi.

.Mathieu, fuori, vocalizza la Marseillaise.

Battono alla porta della prigione. Schmidt ritorna in fretta e va ad aprire. È Gérard, e con lui è Maddalena. Gérard presenta le carte di permesso, indicando la sua compagna.

GÉRARD
Viene a costei concesso
un ultimo colloquio…

SCHMIDT
interrompendolo
Il condannato?

GÉRARD
Andrea Chénier.

SCHMIDT
Sta ben.

MADDALENA
a Gérard
Il vostro giuramento vi sovvengo.
a Schmidt
Odi! Fra i condannati di domani
è una giovane donna.

SCHMIDT
La Legray.

MADDALENA
Orbene, viver deve!

SCHMIDT
Or come cancellare dalla lista
il nome suo?

MADDALENA
Che importa il nome
se in sua vece un'altra
per lei risponderà?

SCHMIDT
a Gérard
Sta ben! Ma, e l'altra?

MADDALENA
Eccola!

SCHMIDT
a Gérard
Lei?
a Maddalena
Tu, cittadina?

Gérard accenna di sì col capo. Maddalena porge gioielli e una piccola borsa a Schmidt.

MADDALENA
a Schmidt
A voi! Gioielli son.
Questo è denaro.

Schmidt apre la borsa e vi vede rilucere l'oro.

SCHMIDT
Evento strano in tempo di
assegnati!
a Gérard
Io non vorrei…Capite?…
fa il gesto della ghigliottina
Io non so nulla!
Al nome della Legray, salite
in fretta!
Io non so nulla! Nulla!
prende dalle mani dl Maddalena la carta di permesso da dare alla Legray, mette via il denaro e gioielli e va a prendere il prigioniero,

Maddalena si avvicina a Gérard piangente.

MADDALENA
Benedico il destino!
Benedico la morte!

GÉRARD
O Maddalena, tu fai della morte
la più invidiata sorte!
udendo avvicinarsi Schmidt con Chénier, si allontana, correndo verso il secondo cortile
Salvarli! Da Robespierre ancora!

Entra Chénier.
Alla luce della lanterna ravvisa Maddalena.

CHÉNIER
Vicino a te s'acqueta
l'irrequieta anima mia;
tu sei la meta d'ogni desio,
d'ogni sogno, d'ogni poesia!
la guarda amorosamente
Entro al tuo sguardo
l'iridescenza scerno
de li spazi infiniti.
Ti guardo; in questo fiotto verde
di tua larga pupilla erro coll'anima!

MADDALENA
Per non lasciarti son qui;
non è un addio!
Vengo a morire con te!
Finì il soffrire!
La morte nell'amarti!
Ah! Chi la parola estrema dalle labbra
raccoglie, è Lui, l'Amor!

CHÉNIER
Tu sei la meta dell'esistenza mia!

CHÉNIER, MADDALENA
Il nostro è amore d'anime!

MADDALENA
Salvo una madre.
Maddalena all'alba ha nome
per la morte Idia Legray.
guardando nel cortile
Vedi? La luce incerta del crepuscolo
giù pe' squallidi androni già lumeggia.
colle braccia avviluppando stretto a sè Chénier gli si abbandona tutta sul petto
Abbracciami! Baciami! Amante!

CHÉNIER
baciandola con violenza
Orgoglio di bellezza!
la bacia ancora
Trionfo tu, de l'anima!
Il tuo amor, sublime amante,
è mare, è ciel, luce di sole
e d'astri…
…È il mondo! È il mondo!

MADDALENA
Amante! Amante!

CHÉNIER, MADDALENA
La nostra morte è il trionfo dell'amor!

CHÉNIER
Ah benedico, benedico la sorte!

MADDALENA
Nell'ora che si muore
eterni diveniamo!

CHÉNIER
Morte!

MADDALENA
Infinito!

MADDALENA, CHÉNIER
Amore! Amore!

Il rullo dei tamburi annuncia l'arrivo della carretta.

CHÉNIER, MADDALENA
È la morte!

CHÉNIER
Ella vien col sole!

MADDALENA
Ella vien col mattino!

CHÉNIER
Ah, viene come l'aurora!

MADDALENA
Col sole che la indora!

CHÉNIER
Ne viene a noi dal cielo,
entro un vel di rose e viole!

MADDALENA, CHÉNIER
Amor! Amor! Infinito!
Amor! Amor!

SCHMIDT
Andrea Chénier!

CHÉNIER
Son io!

SCHMIDT
Idia Legray!

MADDALENA
Son io!

MADDALENA, CHÉNIER
salendo sulla carretta
Viva la morte insiem!
Mentre s'allontana la carretta Gérard riappare.
Tiene in mano il biglietto scritto da Robespierre per non vederlo: "Perfino Platone bandì i poeti dalla sua Repubblica.


Creative Commons License
この日本語テキストは、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
@ 藤井宏行



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|