※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2010年6月18日


深刻な歌詞不足を懸念し、歌詞について話し合い。
紆余曲折の末、メインテーマは「ザリガニ」となる。
ザリガニから連想される単語をひたすら捻出、以下の語句が列挙される。

卵が黒いつぶつぶ 足の数
エビ ハサミ カサブタ
エビもどき 川←河でない 色←青がレア
共食い 群れで行動 表面の触感
触覚 夕方
生臭い カマボコ 水が黄ばむ
魚を食う 夏・夏休み 飼育

※太字は部門員によって重要と判断されたもの。
一部おかしいものも見え隠れするが、気にするほどではない。
この後、部門長都合により退席。1年3名でキーワードから歌詞のフローを作成。

●主人公は大人、歌詞は回想。
 学校の飼育係に任命される
 ↓
 初めは嫌がりつつも係の仕事全うす
 ↓
 段々ザリガニに愛着がわく
 ↓ここで転機
 ザリガニさん消滅or死亡
 (ザリガニさんとイチャイチャしてるのが気にくわない人たちの仕業)
 ↓ここで現在に戻る(回想終わり)
 主人公は現在社会的弱者(NEET・リストラ組・うつ病患者etc)

以上のような物語を考えた。
コンセプトは「最後の最後、一気にテンション落ちる物語」
物語全体は幸せムード。しかしところどころにいじめを連想させる表現(但しぎりぎり気付かない程度の伏線)
最後1コーラスまたは2コーラスの歌詞で一気に落とす。どん底まで。
聴き終えてもう一度歌詞を読み直したら「これイジメじゃねーか……」と気づくのが理想。
ザリガニさんの死亡(or消滅)要因にあわせて主人公の現状を考える。
例えばザリガニさんが潰されていた場合「今の僕は圧力に潰されかけて……」
ザリガニさんが地面に叩きつけられていたなら「投身自殺、さよなら人生……」のように
なんらかの形でザリガニと主人公を最終的にはリンクさせる、という構想。

この日の内容はここまでです。
私らの考えた物語のフローから歌詞を作ってくれる方、またはザリガニ連想ゲームの単語から歌詞捻出していただける方、大歓迎です。
現在絶望的に歌詞が足りません。別のテーマの歌詞もおいしくいただきますのでどうぞ宜しくおねがいします。


編集者:しなぎれ



名前:
コメント:













以下広告

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|