※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

想い出の温度



Prologue
 宵闇に佇む、木々の影。
 漆黒の天空に月はなく、微星の瞬きが大地を輪郭付ける。
 刹那に過ぎゆく時の歯車。
 陽の昇りを待ち焦がれながら眠りに就く広葉樹の深緑。
 葉擦れのさざめき、水のささやき。風は流れ、森は語る。
 ふと眼を開くと、その光景には一人の少女。
 蒼に染まりつつある地平線を背に、明るい翠の瞳が彼方を見つめる。
 それは、かつての彼女の姿。救いを必要としなかった姿。
 風景の中に有る彼女は、それを重ねるにはあまりに違いすぎていた 


          少女に救いを

                      Prologue end









  • テスト -- りっく (2010-03-05 22:53:03)
名前:
コメント:






        2008 Bit All Rights Reserved

以下広告

添付ファイル
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|