基礎 rev.2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

久しくなりましたが、基礎事項の追加記事です。
基礎 rev.1の方では、軌道の説明ぐらいしかしていないので、この記事ではデータの計測方法について書きたいと思います。

で、実際の手順を整理しますと、

①ファミモに篭って各条件ごとに飛距離・横ズレデータを集める。
②Excelで軌道分析

の2つになります。


①ファミモに篭って各条件ごとに飛距離・横ズレデータを集める。

これに関しては、わざわざ自分が説明するまでもなく、わかりやすくまとめて下さっている方々が大勢います。
リンクを勝手に張る形となりますので、要請があった場合はリンクは削除します。


ペダンチック パンヤ
いわずと知れたパンヤの有名サイト。
自分も最初はここで勉強させてもらいました。

かにっ子のパンヤ生活
こちらも有名人、カニーナさんのブログ。


上のサイトの内容を細かく読んでいけば、ぶっちゃけこのサイトなんかいらないです。
ですけど、そこにはない付加価値を下でつけられるように努力します。


②Excelで軌道分析

まずどのように軌道を計測していくかというと、最小2乗法を用いて誤差が少なくなるような軌道を算出します。
この過程で独自性が出せればと思っています。

では、必要なデータの整理から。
自分の場合は、縦軌道と横軌道を別のものとして扱っています。
細かいことを言うと、風の角度によって相互間で影響が出るらしいんですが、自分もその辺りはまだよく分かっていません。
今後の課題ですね。

ショットパワー = SP
データは風横100%を前提。

  • ①高低差10mづつの飛距離データ -30,-20,-10,-5,0,5,10,20ぐらいあれば理想
  • ②高低差10mづつの横ズレデータ    上と同じ
  • ③ ①と②をSP80・SP90・SP100ごとに集める。

これが必要なデータになります。
実際にデータを取るホールは、以下のところになると思います。
PW以外は出しやすいので、駄目使用のファミモでも頑張ればどうにかなる…か?

PW16H +15
PW6H +6
BM10H +5
SC1H +-0
SC10H -6
IS10H -18
IC10H -27


とりあえずこの記事はここまでです。
次の3ではExcelでの回帰を扱いたいと思います。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。