説明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基礎の最後で配布したExcelの使い方を説明しようと思います。
要望があった訳ではないんですが、なんか中途半端なのが後味悪いので。。



上がメインのシートになります。

まず、SP別に5つのデータが必要となります。
別に100と90と80じゃなくてもいいんですが、やっぱり分かりやすいので。
それにデータも5個じゃなくてもいいんですが、最低限それぐらい集める必要があると思うので5個にしときました。

飛距離に関しては、高低差と飛距離を調べます。
それらを表に入れていくだけなので、非常に簡単だと思います。
飛距離は平坦な所に向けて打たなくても計測できるので、ISなんかを使えば高低差-40なんていうデータも取れます。

横ずれは平坦な所に打たないと分からないので、中々ほねが折れます。
ズレはピクセルで入力していきます。
640*480でプレイしている場合、真中が320pxとなります。


そして図の3pが今回の横ずれですが、これを最大拡大していき何ピクセル上にあるのかを調べます。
ペイントで最大拡大すれば問題ないでしょう。


こんな感じです。
図の中にはマウスが写ってませんが、ホントは3Pのマーク上に置いてあります。
右下の数字がピクセルで、左の物が必要になる数値です。
211で表に入れると0.98ですね。
ゲージ3つがそれぐらいなので丁度でしょう。

まあこんな感じで5つ×3のデータを集めて入力すれば、最後のシートに必要なもんが出力される仕組みです。
よければ使ってみて下さいー。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。