※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_NAME1]">帝国の衛兵</Text>
 
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0000]">用件を言え!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0001]">用件を言え!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0002]">用件を言え!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0003]">用件を言え!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0004]">私はバルトニアから女王の使いで参りました。皇帝にお伝えすることがあります。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0005]">俺はバルトニア女王の使いだよ。皇帝に伝言を頼まれてるんだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0006]">私はバルトニア女王の使いです。皇帝陛下への伝言を持ってまいりました。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0007]">私は女王の使いでバルトニアから来たの。皇帝に言伝を頼まれているのだけど。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0008]">伝言だと、ええ? 陛下は下々の者とはお会いにならん。早々に立ち去るがいい。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0009]">伝言だと、ええ? 陛下は下々の者とはお会いにならん。早々に立ち去るがいい。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0010]">伝言だと、ええ? 陛下は下々の者とはお会いにならん。早々に立ち去るがいい。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0011]">伝言だと、ええ? 陛下は下々の者とはお会いにならん。早々に立ち去るがいい。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0012]">しかし、私は女王の個人的な使者として…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0013]">わかってねえな、俺は女王に頼まれて…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0014]">しかし、私は女王の使節として…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0015]">だけど、女王に頼まれているのよ。私は…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0016]">お前がどんな用件だろうが知ったことじゃない。すぐに立ち去るか、牢屋にぶち込まれるかだ。わかったら行け!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0017]">お前がどんな用件だろうが知ったことじゃない。すぐに立ち去るか、牢屋にぶち込まれるかだ。わかったら行け!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0018]">お前がどんな用件だろうが知ったことじゃない。すぐに立ち去るか、牢屋にぶち込まれるかだ。わかったら行け!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2b_0019]">お前がどんな用件だろうが知ったことじゃない。すぐに立ち去るか、牢屋にぶち込まれるかだ。わかったら行け!</Text>
</TextLibrary>