※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_NAME1]">皇帝セレンティス17世</Text>
 
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0000]">陛下、バルトニアの女王グウェンドリンよりお手紙を預かって参りました。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0001]">陛下、バルトニアの女王グウェンドリンよりお手紙を預かって参りました。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0002]">陛下、バルトニアの女王グウェンドリンよりお手紙を預かって参りました。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0003]">陛下、バルトニアの女王グウェンドリンよりお手紙を預かって参りました。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0004]">ふむ、答えよ。バルトニア王家の使いというのは、いつも城門から礼儀正しく入城する代わりに、罠や仕掛けをかいくぐって異国の王の間に上がりこんで来るものなのかね?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0005]">ふむ、答えよ。バルトニア王家の使いというのは、いつも城門から礼儀正しく入城する代わりに、罠や仕掛けをかいくぐって異国の王の間に上がりこんで来るものなのかね?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0006]">ふむ、答えよ。バルトニア王家の使いというのは、いつも城門から礼儀正しく入城する代わりに、罠や仕掛けをかいくぐって異国の王の間に上がりこんで来るものなのかね?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0007]">ふむ、答えよ。バルトニア王家の使いというのは、いつも城門から礼儀正しく入城する代わりに、罠や仕掛けをかいくぐって異国の王の間に上がりこんで来るものなのかね?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0008]">いえ、その…。お詫びいたします、陛下。ですが衛兵に入城を拒まれてしまったのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0009]">いえ、その…。お詫びいたします、陛下。ですが衛兵に入城を拒まれてしまったのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0010]">いえ、その…。お詫びいたします、陛下。ですが衛兵に入城を拒まれてしまったのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0011]">いえ、その…。お詫びいたします、陛下。ですが衛兵に入城を拒まれてしまったのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0012]">そしてそなたは女王の命に従ったというわけだ。たしかに、アガリア人の気質というのは余もよく知っておる。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0013]">そしてそなたは女王の命に従ったというわけだ。たしかに、アガリア人の気質というのは余もよく知っておる。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0014]">そしてそなたは女王の命に従ったというわけだ。たしかに、アガリア人の気質というのは余もよく知っておる。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0015]">そしてそなたは女王の命に従ったというわけだ。たしかに、アガリア人の気質というのは余もよく知っておる。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0016]">ご気分を悪くされたのなら謝ります。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0017]">ご気分を悪くされたのなら謝ります。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0018]">ご気分を悪くされたのなら謝ります。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0019]">ご気分を悪くされたのなら謝ります。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0020]">余の気分を害したと? いやいや。このような暮らしの中では得がたい刺激であったぞ。では、伝言を聞かせてもらおう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0021]">余の気分を害したと? いやいや。このような暮らしの中では得がたい刺激であったぞ。では、伝言を聞かせてもらおう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0022]">余の気分を害したと? いやいや。このような暮らしの中では得がたい刺激であったぞ。では、伝言を聞かせてもらおう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0023]">余の気分を害したと? いやいや。このような暮らしの中では得がたい刺激であったぞ。では、伝言を聞かせてもらおう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0024]">バルトニアはアンデッドによって攻められております、陛下。死者が墓場より蘇り、村々を襲っているのです。 \n 女王グウェンドリンは、アンデッドの影がこの国にも及んでいるのかどうか、そして陛下に援軍をお願いできるかどうかをお尋ねしたいと申しております。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0025]">バルトニアはアンデッドによって攻められております、陛下。死者が墓場より蘇り、村々を襲っているのです。 \n 女王グウェンドリンは、アンデッドの影がこの国にも及んでいるのかどうか、そして陛下に援軍をお願いできるかどうかをお尋ねしたいと申しております。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0026]">バルトニアはアンデッドによって攻められております、陛下。死者が墓場より蘇り、村々を襲っているのです。 \n 女王グウェンドリンは、アンデッドの影がこの国にも及んでいるのかどうか、そして陛下に援軍をお願いできるかどうかをお尋ねしたいと申しております。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0027]">バルトニアはアンデッドによって攻められております、陛下。死者が墓場より蘇り、村々を襲っているのです。 \n 女王グウェンドリンは、アンデッドの影がこの国にも及んでいるのかどうか、そして陛下に援軍をお願いできるかどうかをお尋ねしたいと申しております。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0028]">陛下、もしよろしければ、女王へのお返事を伺いたく存じます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0029]">陛下、もしよろしければ、女王へのお返事を伺いたく存じます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0030]">陛下、もしよろしければ、女王へのお返事を伺いたく存じます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0031]">陛下、もしよろしければ、女王へのお返事を伺いたく存じます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0032]">ああ、だがその前に…。そなたのような若く精強なアガリア人に頼みたいことが一つある。準備はできておるか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0033]">ああ、だがその前に…。そなたのような若く精強なアガリア人に頼みたいことが一つある。準備はできておるか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0034]">ああ、だがその前に…。そなたのような若く精強なアガリア人に頼みたいことが一つある。準備はできておるか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0035]">ああ、だがその前に…。そなたのような若く精強なアガリア人に頼みたいことが一つある。準備はできておるか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0036]">いつでもお応えできます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0037]">いつでもお応えできます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0038]">いつでもお応えできます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0039]">いつでもお応えできます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0040]">よろしい。ならば後でまた来るがよい。そなたに丁度よい任務がある。 \n そうそう、差し支えなければ帰るときは正門を使ってはどうかな? 衛兵には通すよう伝えておこう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0041]">よろしい。ならば後でまた来るがよい。そなたに丁度よい任務がある。 \n そうそう、差し支えなければ帰るときは正門を使ってはどうかな? 衛兵には通すよう伝えておこう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0042]">よろしい。ならば後でまた来るがよい。そなたに丁度よい任務がある。 \n そうそう、差し支えなければ帰るときは正門を使ってはどうかな? 衛兵には通すよう伝えておこう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I2c_0043]">よろしい。ならば後でまた来るがよい。そなたに丁度よい任務がある。 \n そうそう、差し支えなければ帰るときは正門を使ってはどうかな? 衛兵には通すよう伝えておこう。</Text>
 
</TextLibrary>