※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_NAME1]">エリスタラ</Text>
 
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0000]">わたしに果たすべき使命ができた。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0001]">わたしに果たすべき使命ができた。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0002]">わたしに果たすべき使命ができた。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0003]">わたしに果たすべき使命ができた。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0004]">一体なんですか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0005]">そりゃなんだ?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0006]">一体なんでしょう?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0007]">一体なんなの?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0008]">ドラゴンナイトの盟約として、わたしはドラゴン領にいるクリスタルの血族に彼女が死んだことを伝えなければならない。そして、供とする別のドラゴンを探さなければ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0009]">ドラゴンナイトの盟約として、わたしはドラゴン領にいるクリスタルの血族に彼女が死んだことを伝えなければならない。そして、供とする別のドラゴンを探さなければ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0010]">ドラゴンナイトの盟約として、わたしはドラゴン領にいるクリスタルの血族に彼女が死んだことを伝えなければならない。そして、供とする別のドラゴンを探さなければ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0011]">ドラゴンナイトの盟約として、わたしはドラゴン領にいるクリスタルの血族に彼女が死んだことを伝えなければならない。そして、供とする別のドラゴンを探さなければ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0012]">なるほど。ですが、それは難しいでしょうね。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0013]">なるほどな。だが、そいつぁちょっと難ありだぜ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0014]">なるほど。ですが……それには少々問題があるようですわね。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0015]">なるほどね。でもそれは難しいと思うわ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0016]">どういう事だ?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0017]">どういう事だ?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0018]">どういう事だ?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0019]">どういう事だ?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0020]">私は以前、ドラゴン領まで旅をしたことがあります。しかし、ドラゴンたちは立ち去ってしまっていたんです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0021]">俺は前にドラゴン領を通ったんだが…。ドラゴンはあそこから去っていったみたいだぜ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0022]">私はドラゴン領を旅したことがあるのです。ですが、ドラゴンたちは去ってしまっていたのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0023]">私が以前ドラゴン領を通った時のことだけど、ドラゴンたちは立ち去ってしまってたの。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0024]">去っただって? 彼らがドラゴン領を離れるなんて…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0025]">去っただって? 彼らがドラゴン領を離れるなんて…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0026]">去っただって? 彼らがドラゴン領を離れるなんて…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0027]">去っただって? 彼らがドラゴン領を離れるなんて…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0028]">本当です。どこへ行ってしまったのかはわかりませんが、私は死の国のミノタウルスが彼らを連れ去ったんじゃないかと考えています。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0029]">でも、本当なんだよ。どこに行っちまったのかわからねえが、死の国のミノタウルスがドラゴン領にまで目をつけてきたのかもな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0030]">ですが事実ですわ。どこへ消えてしまったのか…。死の国のミノタウルスが、彼らを連れ去った、とも考えているのですが…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0031]">だけどそうなのよ。どこに消えちゃったのかはわからないけど、私は死の国のミノタウルスが連れて行っちゃったんじゃないかと思うわ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0032]">ドラゴン、すべてをか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0033]">ドラゴン、すべてをか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0034]">ドラゴン、すべてをか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0035]">ドラゴン、すべてをか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0036]">ケルトラクスを除いてね。彼はきっと、騒ぎの中でも眠り続けていたに違いありません。ミノタウルスも彼を起こそうとは思わなかったでしょうし。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0037]">ケルトラクスは別だ。あいつはどんな事があっても目を覚まさねえだろうしな。ミノタウルスだってあいつを起こそうとはしないだろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0038]">ケルトラクスは別ですわ。彼は、騒ぎの間も目を覚まさなかったでしょうからね。ミノタウルスも、彼を起こすほど愚かではないでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0039]">ケルトラクス以外はね。彼は何があっても目を覚まさないだろうし…。ミノタウルスだって、彼を起こすほどバカじゃないと思うわ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0040]">ならば、ケルトラクスに会う必要がある。それがわたしの使命だ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0041]">ならば、ケルトラクスに会う必要がある。それがわたしの使命だ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0042]">ならば、ケルトラクスに会う必要がある。それがわたしの使命だ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0043]">ならば、ケルトラクスに会う必要がある。それがわたしの使命だ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0044]">ケルトラクスとは会ったことがあります。ですが彼は……きっとあなたを食べてしまうでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0045]">ケルトラクスか、あいつには会ったことがあるが…。あんた、食われちまうぜ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0046]">ケルトラクスには一度会ったことがあります。彼に会えば、きっと食べられてしまいますわよ?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0047]">ケルトラクスねぇ…。前に会ったことがあるけど、あなたきっと食べられちゃうわよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0048]">彼にはその権利がある。わたしは彼の血族を裏切ってしまったんだ……いかなる罰をもわたしに下すことができる。一緒に来てくれるか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0049]">彼にはその権利がある。わたしは彼の血族を裏切ってしまったんだ……いかなる罰をもわたしに下すことができる。一緒に来てくれるか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0050]">彼にはその権利がある。わたしは彼の血族を裏切ってしまったんだ……いかなる罰をもわたしに下すことができる。一緒に来てくれるか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0051]">彼にはその権利がある。わたしは彼の血族を裏切ってしまったんだ……いかなる罰をもわたしに下すことができる。一緒に来てくれるか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0052]">いいでしょう。できる限り手助けはしますが…。でも、ドラゴンに食べられるつもりはありませんよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0053]">ああ、できるだけ手伝ってやるよ。だけど食われるのだけはゴメンだぜ!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0054]">もちろん、助けになるのなら何でもしましょう。しかし、ドラゴンに食べられるのは別ですわ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3D2a_0055]">ええ、できる限り手伝うわ。でも、ドラゴンに食べられるのはちょっとね…。</Text>
 
</TextLibrary>